電話代行(コールセンターアウトソーシング)の関連情報

コピー完了

記事TOP

電話代行とは?サービスの選び方や仕組み・導入メリットを解説

最終更新日:(記事の情報は現在から146日前のものです)
電話代行とは、自社の電話対応をプロに任せる便利なツールです。予約や問い合わせ、クレームなどの対応も搭載されており、人手不足やリモートワークなどの課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、電話代行の仕組みや導入メリット、選び方を解説します。

【厳選】おすすめ電話代行(コールセンターアウトソーシング)をまとめてチェック!
電話代行(コールセンターアウトソーシング)の比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ電話代行(コールセンターアウトソーシング)の資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ電話代行(コールセンターアウトソーシング)を比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

電話代行とは

電話代行とは、自社の電話対応をオペレーターが代わりに一時的に対応するサービスのことです。オペレーターに代行してもらうことで、セールス勧誘の電話に対応する必要がなくなり、業務に集中できます。

電話代行サービスは小規模な事業者から大企業まで、さまざまな業種や規模のビジネスシーンで活用されています。

電話代行サービスが注目される背景

電話代行サービスが注目される背景には、人手不足やリモートワークの普及、DX化の推進などの要因が挙げられます。電話対応にかかる時間やコストは、ビジネスの効率化や成長にとって大きな負担となることが課題にあります。

また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、リモートワークやテレワークが急速に普及し、在宅勤務を導入する企業も増えてきました。在宅勤務時にも企業にかかってきた電話に対応できるシステムとしても需要があります。

ほかにも、社内業務におけるDX化推進のために電話代行サービスに着目している企業も増えています。

コールセンターとの違い

コールセンターでは一般的に数十名のオペレーターを配置し、かかってきた電話への対応や架電を行います。専用の電話番号を持つため、会社の電話番号とはまた別の番号を設定しなくてはなりません。

電話代行サービスでは、会社の電話番号のまま運用でき、オペレーターが企業の社員の一員として電話応対を行い、内容を伝達してくれます。

電話代行サービスの仕組み

電話代行サービスの仕組みは、会社にかかってきた電話をサービス委託した先のオペレーターが受電します。そこで、相手の名前や担当部署、電話番号、用件を確認し、会社に取り次いでもらう仕組みです。

すぐに取り次ぎができない場合には、メールやチャットなどで用件を報告するケースもあります。在宅勤務をしている場合や会議が重なっている場合でも、折り返す旨を伝えてもらえるため安心です。

電話代行サービスの導入メリット

電話代行サービスを導入することで、次のようなメリットがあります。

  • 業務効率化
  • 採用コストの削減
  • 顧客満足度の向上
  • 機会損失の防止

業務効率化

電話代行サービスにより自社への電話に対応してもらえることで、本来の業務に集中できる環境をつくれます。また、自社の業務内容やサービス内容に精通したオペレーターが電話応対を行うことで、業務の流れや品質の維持が図れます。

採用コストの削減

電話代行サービスは、自社の電話対応にかかる人材の確保や教育にかかるコストや時間の削減にもつながります。電話応対のために新しく採用を行うとなるとそのための求人広告費や交通費、福利厚生などが必要となります。

電話代行サービスを導入すれば、すでに電話応対に関する教育や研修を受けたスタッフが対応するため、教育のためのコストや時間も不要です。委託開始となった場合にスムーズに対応できます。

顧客満足度の向上

電話代行サービスでは、依頼企業の社員の一員として電話応対を行ってもらえます。丁寧で迅速な対応は顧客の信頼や満足を高めることにもつながるでしょう。

また、電話代行サービスは自社の営業時間や休日に関係なく、24時間365日対応も可能なため顧客のニーズにも応えやすいです。

機会損失の防止

電話代行サービスでは、自社の営業時間外での電話応対も可能なため、時間外での問い合わせや会議中で出られない場合の電話にももれなく対応できます。

電話対応を確実に行えることで、電話がつながらないや応対が遅いなどのトラブルを回避しながら、機会損失を防ぎます。

電話代行サービスを選ぶときの比較ポイント

電話代行サービスを選ぶときには、次のポイントを参考にするとスムーズでしょう。

対応時間

電話代行サービスの対応時間は、基本的には自社の営業時間や休日に合わせて設定できます。しかし、電話代行サービスによっては、対応時間が限られている場合や、対応時間の延長に追加料金が発生する場合があるため、自社が必要とする時間に対応が可能かどうかの確認が大切です。

受電内容の共有方法

多くの電話代行サービスでは、受電した際に相手の名前や電話番号、用件などの確認事項をすぐにメールやチャットで共有する仕組みですが、どのような種類があるのかを事前に確認しておきましょう。

受電内容の共有方法は、メールやチャット、電話などがあります。受電内容の共有方法によっては、業務のスピードや品質に影響を与える恐れがあるため、普段よく使っているツールでも対応できるかを確認しておくと安心です。

サービスの柔軟性

自社の要望やフィードバックに応じて、電話対応の設定や品質の対応をしてもらえるかを確認しておきましょう。さらに、顧客のニーズや傾向に合わせた分析や電話対応の改善を提案してもらえるサービスもあります。必要に応じて、検討するといいでしょう。

おすすめの電話代行サービス

次の記事では、口コミ評判で人気のプロジェクト管理ツールを多く紹介しています。プロジェクト管理ツールを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

電話代行サービスおすすめ比較15選!秘書代行・電話秘書との違い
電話代行サービスをボクシルが厳選して比較!各サービスの特徴や料金をまとめて紹介し、電話代行サービスの業務内容やメリ...
詳細を見る

電話代行サービスを利用して業務効率や顧客満足度の向上を目指そう

電話代行とは、自社の電話対応を外部の専門業者に委託するサービスのことです。電話代行サービスを導入することで、業務効率化や人件費の削減、顧客満足度の向上、機会損失の防止などのメリットがあります。

電話代行サービスを選ぶときには、対応時間や受電内容の共有方法、サービスの柔軟性などの比較ポイントを参考にすると良いでしょう。

電話代行サービスは、自社の電話対応にかかる負担を軽減し、ビジネスの成長に貢献するサービスです。電話代行サービスに興味がある方は、ぜひ検討しましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

電話代行(コールセンターアウトソーシング)選び方ガイド_20230420.pptx.pdf
電話代行(コールセンターアウトソーシング)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
電話代行(コールセンターアウトソーシング)の最近更新された記事
電話代行サービスおすすめ比較15選!秘書代行・電話秘書との違い
オンライン秘書とは?依頼できることやメリット・おすすめサービス比較
予約受付対応の電話代行サービスおすすめ8選
夜間も受付可能!24時間対応の電話代行サービスおすすめ8選
カスタマーサービス代行会社を比較!導入するメリットと選び方
中小企業向け「電話代行(コールセンターアウトソーシング)サービス」おすすめ3選!選定のポイントと導入のメリット
コールセンターアウトソーシング比較19選!委託メリット・サービスの料金と特徴
電話代行(コールセンターアウトソーシング)の費用相場と料金比較・おすすめサービス
英語対応のおすすめ電話代行サービス6選!英語以外の対応言語も紹介
無料で使えるおすすめの電話代行サービス(コールセンターアウトソーシング)2選!サービスの特徴と選ぶ際のポイントを解説!