福利厚生サービス・代行の関連情報

コピー完了

記事TOP

福利厚生サービスとは?導入メリットや選び方・注意点

最終更新日:(記事の情報は現在から92日前のものです)
福利厚生サービスは、健康や教育ができる魅力的なツールです。保険やレジャーなどの機能も搭載されており、人材不足や離職率などの課題を解決したい企業におすすめです。本記事では、福利厚生サービスの概要やメリット、比較ポイントについて解説します。

【厳選】おすすめ福利厚生サービスをまとめてチェック!
福利厚生サービスの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ福利厚生サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ福利厚生サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

福利厚生サービスとは

福利厚生サービスとは、企業が従業員に提供するさまざまな福利厚生の一部または全部を外部の専門業者に委託するサービスのことです。

たとえば、健康診断、保険、社員旅行、食事補助、レジャー施設の利用、カウンセリングなどがあります。福利厚生サービスを利用することで、企業は従業員のモチベーションや満足度を高めるとともに、人事管理の効率化やコスト削減を図れます。

福利厚生サービスが必要とされている背景

近年、日本では少子高齢化や人口減少により、優秀な人材の確保や定着が難しくなっています。

また、働き方改革やコロナ禍の影響で、従業員のニーズや価値観が多様化しているる傾向にあり、企業は従業員に対して、給与や賞与だけでなく福利厚生やワークライフバランスを重視することが求められています。

しかし、福利厚生の提供や管理には、人事担当者の負担やコストがかかります。こうした課題を解決するために、従業員のニーズに応え、人事業務の効率化やコスト削減を図れる福利厚生サービスが注目されています。

福利厚生サービスの導入メリット

福利厚生サービスを導入することで、次のようなメリットがあります。

  • 従業員満足度の向上
  • 担当者の負担軽減
  • 離職率の低下・採用活動の促進

従業員満足度の向上

福利厚生サービスを導入することで、自社で手配するよりも幅広いサービスを従業員に提供できるため、働くうえでの満足度の向上につながります。自社への愛着や信用も生まれやすくなるでしょう。

担当者の負担激減

福利厚生を自社で手配する場合、提供先や契約条件などを調べたり交渉したりと制度のあらゆる手続きを自社の担当者が行っていましたが、福利厚生サービスでは、サービスの担当者が運用から管理までを行うため、自社の担当者の負担を大きく削減できます。

本来の業務に集中できるため、業務効率も高まります。

離職率の低下・採用活動の促進

福利厚生が充実することで、従業員にとって働きやすさや生活の充実を促すため、離職率の低下につながるでしょう。

また、給与や賞与だけではなく、ワークライフバランスを重視していることをアピールできるため、採用活動においてもメリットといえます。

福利厚生サービスの種類

福利厚生サービスには、大きく分けて次の種類があります。

  • パッケージプラン
  • カフェテリアプラン

パッケージプラン

あらかじめ一人あたりの月額費用が決まっている定額タイプの福利厚生サービスです。複数のサービスがパッケージ化されており、従業員が好きなサービスを選んで利用できます。

幅広いジャンルの福利厚生が揃っており、費用別にいくつかのプランを用意しているサービスもあります。

カフェテリアプラン

従業員に一定ポイントを支給して、ポイントの範囲内でサービスを選ぶタイプの福利厚生サービスです。独自の福利厚生との組み合わせも可能なため、自社の特徴や要望の傾向に合わせて対応できます。

オリジナルの福利厚生を提供や、利用率の促進につながる工夫が可能です。

福利厚生サービスを選ぶときの比較ポイント

福利厚生サービスを選ぶときには、次のポイントを比較して選ぶとスムーズです。

従業員の要望に応えられる内容か

福利厚生サービスを選ぶときには、従業員の要望に応えられる内容かどうかを確認しましょう。ニーズや価値観はさまざまであり、一律に決められた福利厚生では満足できないケースもあるでしょう。

福利厚生サービスを選ぶときには、従業員の年齢や性別、ライフステージなどを考慮して、幅広い種類を扱う福利厚生を提供しているサービスを選びましょう。

企業規模にあったサービスか

企業規模によって、福利厚生の予算や管理体制、従業員のニーズや期待も異なります。企業規模が大きい場合は、従業員が多いためニーズも多岐に渡るため、カフェテリアタイプが適しています。

一方、中小規模の企業の場合は、パッケージタイプが適しているといわれています。コストや運用の負担がそれぞれ異なるため、企業の規模に応じて、予算や管理のしやすさ、従業員の満足度を考慮してサービス選ぶと良いでしょう。

利用を促す工夫があるか

福利厚生サービスを導入しても、利用しなければ効果を見込めません。福利厚生サービスを選ぶときには、利用を促す工夫があるかどうかを確認することも重要です。

従業員が福利厚生サービスを利用するためには、利用のメリットや方法を知る必要があります。また、利用のハードルや不安を取り除く必要があります。福利厚生サービスを選ぶときには、利用の周知や教育、利用の簡便さや安全性、利用の評価やフィードバックなどを行っている業者を選ぶと良いでしょう。

おすすめの福利厚生サービス

次の記事では、おすすめの福利厚生サービスを多く紹介しています。福利厚生サービスを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

福利厚生サービス満足度ランキング!おすすめ紹介・導入メリット
福利厚生サービスをアウトソーシングする動きが加速しています。企業主導の流れが変化したのはなぜか?制度の基本から従業...
詳細を見る

福利厚生サービスを導入する際の注意点

福利厚生サービスを導入する際には、次のような注意点があります。

予算は適切か

福利厚生サービスを導入する際には、予算が適切かどうかを検討することが重要です。福利厚生サービスは、従業員の満足度や生産性を高めることで、業績にも貢献する投資であり長く運用することが前提となります。しかし、福利厚生サービスのコストが企業の収益を上回る場合は、逆効果となることも考えられます。

福利厚生サービスを導入する際には、従業員のニーズや期待、福利厚生サービスの効果やコスト、競合他社の状況などを分析し無理なく運用を続けられる範囲で予算を決めましょう。

導入の周知を行う

福利厚生サービスを導入する際は、周知を徹底して行いましょう。従業員は福利厚生サービスの存在や内容をしっかりと把握できていないままでは、利用率や効果も低くなります。

導入の周知を行う際には、導入の目的や背景、福利厚生の内容や価格、利用方法などを従業員にわかりやすく説明しましょう。

福利厚生サービスの導入で人事負担を軽減しながら生産性向上へ

福利厚生サービスとは、企業が従業員に提供するさまざまな福利厚生を外部の専門業者に委託することです。福利厚生サービスを利用することで、企業は従業員の満足度やモチベーションを高めるとともに、人事管理の効率化やコスト削減を図れます。

福利厚生サービスの導入を検討する際は、従業員の要望に応えられる内容が充実しているか、企業規模にあったサービスか、利用を促す工夫があるかなどのポイントを比較することが重要です。

福利厚生サービスを導入して、従業員の満足度向上や業務の生産性向上へつなげましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

福利厚生サービス・代行選び方ガイド_20231212.pptx (2).pdf
福利厚生サービス・代行
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
福利厚生サービス・代行の最近更新された記事