福利厚生サービス・代行の関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめの福利厚生サービス・代行!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から125日前のものです)
この記事では、無料トライアルを実施しているおすすめの福利厚生サービス・代行を紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入する福利厚生サービス・代行を探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめ福利厚生サービスをまとめてチェック!
福利厚生サービスの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ福利厚生サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ福利厚生サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

福利厚生サービス・代行とは

福利厚生サービス・代行とは、企業の福利厚生業務を外部の専門業者に委託するシステムです。 専門業者は、企業に代わって福利厚生サービスの企画・開発・提供・管理を一括して行ってくれます。

福利厚生サービスには、健康・ヘルスケア・育児・介護・レジャー・自己啓発などの様々なカテゴリーがあります。

無料の福利厚生サービス・代行を選ぶときのポイント

無料の福利厚生サービス・代行を選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

福利厚生の種類が豊富か確認する

福利厚生サービス・代行を選ぶ際は取り扱っている福利厚生の種類が豊富かどうか確認してください。福利厚生は従業員のニーズやライフスタイルに合わせて柔軟に選択できることが重要です。

例えば、健康や美容、スポーツ、教育、旅行、エンタメなど様々なカテゴリーの福利厚生が用意されているサービスを選びましょう。また、福利厚生の種類や内容が定期的に更新されているかもチェックしましょう。

利用方法が簡単か確認する

福利厚生サービス・代行を選ぶ際は利用方法が簡単かどうか試してみてください。福利厚生サービス・代行は従業員の満足度やモチベーションを高めるために導入するものですが、利用が面倒だと逆効果になることもあります。

例えば、スマホアプリやウェブサイトから簡単に福利厚生を申請や予約ができるサービスがあります。従業員や管理者がストレスなく福利厚生を利用できるようにしましょう。

従業員データの管理が簡単にできるか確認する

福利厚生サービス・代行を選ぶ際は従業員データの管理が簡単にできるか確認してください。従業員の入退社に合わせてデータの入力と削除が必要になるため、データの入力が煩雑だと手間がかかります。

また、従業員の福利厚生の利用状況のデータが出力できると、利用実績や効果測定などに有効に活用できます。従業員データの管理が簡単にできるか確認しましょう。

無料トライアルを実施しているおすすめの福利厚生サービス・代行

福利厚生サービス・代行には無料提供されているサービスはありません。

この項目では無料トライアルを実施しているおすすめのツールを紹介します。

miive - 株式会社miive

miive
miive
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能

miiveは、専用カードで利用するカフェテリアプラン型の福利厚生サービス・代行です。拠点格差のない福利厚生を運用でき、従業員はカードで決済するだけで利用できます。

miiveの特徴は、全国のVISA加盟店で利用できることや、利用状況をリアルタイムで確認できることです。


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

無料トライアルと有料版の違いは?よくある機能制限と注意点

福利厚生サービス・代行の無料トライアル版と有料版のよくある機能制限をまとめました。

従業員数の制限

無料版の福利厚生サービス・代行では、従業員数に上限が設けられていることが多いです。例えば、無料版では従業員数が10人までしか利用できないサービスがあります。

もし、従業員数が10人を超える場合は、有料版にアップグレードする必要があります。従業員数が少ない場合は、無料版で十分なサービスを受けられるかもしれませんが、従業員数が増えるとコストがかかることを覚えておきましょう。

利用できる福利厚生の種類の制限

無料版の福利厚生サービス・代行では、利用できる福利厚生の種類が限られていることが多いです。例えば、健康診断やフィットネス、カフェテリアプランなどの福利厚生は、有料版でしか提供されていない場合があります。

従業員のニーズに合わせて、柔軟に福利厚生を選択できるようにするには、有料版の方がおすすめです。

サポートの制限

無料版の福利厚生サービス・代行では、サポートの制限があることが多いです。例えば、電話やメールでの問い合わせができなかったり、チャットボットやFAQページでの対応に限られたりします。従業員からの問い合わせに対応するためには、人間のサポートが必要な場合もあります。

また、サポートの対応時間や返信速度も有料版よりも劣る可能性があります。そのため、サポートの制限を気にするなら、有料版の方が安全です。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

福利厚生サービス・代行選び方ガイド_20231212.pptx (2).pdf
福利厚生サービス・代行
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
福利厚生サービス・代行の最近更新された記事