CMS・WEB制作ソフトの関連情報

コピー完了

記事TOP

Webサイトとホームページの違いとは?ブログも含めて言葉の違いを比較解説

最終更新日:(記事の情報は現在から1587日前のものです)
似ているようで意味の違う「Webサイト」と「ホームページ」の違いを、それぞれの意味に注目しながら解説していきます。ブログの意味についても紹介しているので、あわせてご覧ください。

「Webサイト」と「ホームページ」、Web制作に関わったりやマーケティング担当にでもならない限りほとんどの人はイコールとして認識していると思います。一般的な会話の中ボクシルマガジンではインターネットで表示されるページを指して言っており、わざわざ区別する必要もないので困ることはありません。

しかしこれからWeb制作に関わったりマーケティング担当になるという方は、しっかりと2つの言葉が指す意味の違いを理解しておいた方がいいでしょう。会話にならないということはないでしょうが、恥ずかしい思いをするときもあります。

そんな状況を招かないためにも、本記事では「Webサイト」と「ホームページ」の違いを解説していきます。

1. Webサイトとは

まずWebサイトの「Web」とは、英語で「くもの巣」という意味があります。私たちが普段目にしているインターネットはハイパーテキストと呼ばれる文書で構成されており、すべてのハイパーテキストが複雑かつ大規模につながっており、これがくもの巣のように見えることから「Web」と呼ばれています。

そしてサイトとは英語の「Site(場所、用地、敷地)」という意味があり、「Building Site(建設用地)」や「New Site(新設地)」といった用語で使用されています。

2つの言葉をつなげると「インターネットの場所」という意味となり、つまりWebサイトとは普段インターネットで目にするページ全体を指す言葉として使用されています。

当メディアでいうところのボクシルマガジン全体がWebサイトとなります。そしてWebサイト全体を構成しているページ一つひとつをWebページと言います。

2. ホームページとは

ホームページのホームは英語の「Home(家庭、故郷)」であり、状況により原点や最初といった意味合いも含んでいます。そしてページはWebページからきており、この2つをつなげると「原点(最初の)ページ」となりますね。

インターネットにおける「原点ページ」とは、ブラウザを起動した際に一番最初に表示されるページのことです。例を挙げるとGoogle Chromeなら検索エンジンが真ん中に表示されているシンプルなページ、Internet ExplorerならばMSNとなります。

しかし必ずしもこれらがホームページなのではなく、ブラウザ起動時に表示されるページを別のページに設定しているのであれば、それがホームページです。

現在ではホームページもWebサイトも同じ意味で使用されている場合がほとんどであり、特に企業が運営する自社サイトに関しては「○○(企業名)のホームページ」と表現されることが多いです。普段の会話の中で「○○のWebサイト」というと何だかしっくりこないので、あえて正しい呼び方をする必要はないと思いますが、Web制作に関わるのならば区別して使用した方がいいでしょう。

ちなみに企業のWebサイトを表現する言葉として適切なのは「コーポレートサイト」です。

3. ブログとは【おまけ】

ここまでの解説で「じゃあブログって何?」と思われる方もいるかもしれないので、おまけで解説します。

ブログの語源は「Weblog(ウェブログ)」であり、初めに解説した「Web」と「Log(日記、記録)」という言葉をつなげた造語です。つまり個人ないしは数人でWeb上に公開されている日記を指します。

Weblogが略されて現在では「Blog(ブログ)」という言葉が生まれたのです。

まとめ

「Webサイト」と「ホームページ」の違い、そしておまけで「ブログ」の解説をしました。意外と知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。

何度も言うように一般的な会話の中であえて使い分ける必要はないと思います。ほとんどの方が「ホームページ=Webサイト」と認識しているので、状況に合わせて臨機応変に使い分けましょう。しかしWeb制作に関わりのある現場では注意して使い分けてください。

Webメディアとは?種類・編集業務・評価基準・代表的メディア一覧
記事やニュースを配信するサイトやブログをWebメディアと定義すれば、その種類は何通りにも分類可能でしょう。その数は...
詳細を見る
Webメディアの作り方って?構築のステップ・効果やコスト・サービスを紹介
プル型マーケティングで注目のオウンドメディアは、Webメディアそのものであるといえます。価値あるコンテンツ記事の配...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

WEB制作ソフト・CMS選び方ガイド_20240311.pptx.pdf
CMS・WEB制作ソフト
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
CMS・WEB制作ソフトの最近更新された記事