指紋認証設定方法 - iPhone・Android | 用途と気をつけるべきポイント

公開日:
一般的となった「指紋認証機能」は、iPhoneやエクスペリアなどで端末のロック解除やサイトへのログイン、電子決済などさまざまなことに利用されています。生体認証としては比較的以前からある指紋認証ですが、具体的にどうすれば使えるように設定できるのでしょうか。また、どんな機能があり、弱点、将来性はどうなのでしょうか。
指紋認証設定方法 - iPhone・Android | 用途と気をつけるべきポイント

指紋認証は個人個人で異なる指紋をベースにして個人を識別するため非常に有効な認証方法で、そのため堅牢なセキュリティを持つものとなっています。現在でも活発な研究が行われている指紋認証について取り上げます。

指紋認証と生体認証

指紋による識別方法である「指紋認証」は、生体認証と呼ばれる認証方法の一つです。生体認証には指紋認証の他に網膜の虹彩パターンや、手のひらの静脈パターンによる認証など多くの種類があります。

そうした生体認証の中で、指紋認証は最も幅広く使われてきたもので、iPhoneのようなスマートフォン以外にもさまざまなところで使われています。

指紋認証

指紋はけっして同じ形はないと言われています。これを利用して個人を識別するものが指紋認証です。指紋認証は、生体認証の中では古くから行われていました。

現在では、犯罪捜査で使われるなど非常に信頼されているものです。手軽に利用でき、信頼性も高く、機器も安価となっていることから多くの場面での採用が進んでいます。

主要なデバイス

PCでの指紋認証によるログインや、部屋や建物の電子ロックなどでの利用が進んでいます。

iPhoneでは2013年発売のiPhone 5Sから指紋認証が採用されており、端末のロック解除やAmazonなど通販サイトでの認証、Apple Payなどでの支払いの際の認証などさまざまなところで活用されています。

指紋認証の設定方法

iPhoneなどスマートフォンの認証方法としては、以前から数字のパスコードを使う方法が一般的でした。
しかし、指紋認証はこの方法に比べると非常に便利なものです。具体的にどのような設定をすれば使えるのでしょうか。

iPhoneの場合

まずiPhoneで指紋認証を設定する方法を見ていきましょう。前提として指紋認証に対応しているのはiPhone 5S以降の機種となります。それ以前の機種については対応していないので注意しましょう。

1.「設定」から「Touch IDとパスコード」を開く
*Touch IDとパスコードを開くにはパスコードの入力が必要です。

2.「Touch IDとパスコード」の下にある「指紋」から「指紋の追加」を押す

3.「指でタッチ」と出るので、何度かホームボタンに指を当てて指紋を登録する

4.完了画面が出たら「完了」を押す

以上で登録は完了です。

ちなみに指紋を登録後に指紋を上手く読み取ってくれない場合があります。そのような場合は、iPhoneでもそうですがパスコードのような従来の方法での認証をする必要があります

パスコードを忘れた際の対処方法についてはこちらの記事で解説しています。

エクスペリアの場合

iPhoneの指紋認証の設定について解説してきました。今度はAndroidのスマートフォンではどのようにするのかを紹介します。

代表的な機種であるSonyのエクスペリアを例に挙げて解説します。指紋認証に対応したエクスペリアはZ5以降であり、それ以前に機種では使用できないので注意が必要です。

エクスペリアでの設定の流れは、以下のようになります。

1.「基本機能」の「設定」から「ロック画面とセキュリティ」を開く

2.「指紋設定」を開く

3.指紋の登録が始まるので指を電源ボタンに当てる

4.「指紋を追加しました」と表示されれば登録完了

以上で登録作業は完了です。

iPhoneと同様に、指紋登録後に上手く指紋を読み取ってくれない場合は従来の認証方法を使用する必要があります

指紋認証の使い道

iPhoneでもAndroid端末のエクスペリアでも、指紋認証は非常に便利です。端末のロック解除だけでなく、ネットショップの支払いサイトへのログインなどさまざまなケースで使えます。今後、さらに技術が進めばスマートフォンだけで生活のかなりの部分がカバーできるようになるでしょう。

指紋認証の使用方法

スマートフォンなどのデバイスで実際にどのようにして指紋認証を使えばいいのでしょうか。

最も多いのは、ボタンなどに指紋の読み取り装置がついており、必要な時にそれをタッチすると使えるというものです。また機種によっては、画面にタッチするとそのまま認識するものもあります。

実際に指紋認証は、画面ロックの解除だけでなく、Amazonなどオンラインショッピングの際の認証や、電子決済などでも使われています。

指紋認証の応用方法

指紋認証が活用されているのは、何も端末ロックの解除だけではありません。自宅や企業の入退室などでの解鍵や、店舗でのクレジットカードの決済、機器の利用認証などさまざまなところで利用されています。

また、最近では、より堅く効果的なセキュリティとして静脈認証など複数の生体認証を組みあせた「ハイブリッド認証」と呼ばれるものも出てきています。