ウイルス対策・不正アクセス対策のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
未対応
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
1,800-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
7,480-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
(年額)
4,019-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
1,200-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
0-
情報なし
利用料
(年額)
480,000-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
13,700-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Deep Security® IT Protection Serviceの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
AppGuardの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
EISSの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Symantec Email Security.cloudの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
DIT Securityの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
i-FILTER×m-FILTERの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
包括的なエンドポイントの可視性および脅威の自動隔離
FortiClientは、エンドポイントを統合的に保護し、インシデント対応を自動化することが可能です。 ユーザーアイデンティティ、保護ステータス、リスクスコア、未修正の脆弱性、セキュリティイベントなどの、エンドポイントからの稼動データ収集を実現します。 未修正の脆弱性を減災してユーザーに警告するとともに、高リスクのエンドポイントや感染したエンドポイントを隔離することで、脅威の拡散を防止できます。
2.
積極的な防御およびコンプライアンスと脆弱性の管理
FortiClientは、エンドポイントの攻撃対象を削減し、エンドポイントに起因するリスクを管理します。 リモートワークで利用される端末のセキュリティは、社員1人1人の意識によって変動します。FortiClientでは、アンチエクスプロイトによって、セキュリティの脆弱性に対して包括的な保護が可能です。ほかにも、サンドボックスの統合、ビヘイビアベース・パターンベースのマルウェア検知により、マルウェアや不正スクリプト、文書ベースの高度な攻撃などを積極的に検知、ブロックします。 また、柔軟なパッチ適用オプションにより脆弱性スキャンを実行して検知し、エンドポイントにコンプライアンスを適用します。
3.
安全なリモートアクセスおよび業務を妨げない快適な接続
FortiClientは、SSLとIPSec VPNにより、エンドポイントから社内ネットワークへ、より安全にアクセスできます。二要素認証にも対応しており、第三者による不正ログインも防げます。 VPNの自動接続とAlways Up(常時接続)の機能により、高度なセキュリティを保ちながら、リモートでの快適な接続が可能です。 二要素認証を含む高度なセキュリティと、快適な接続により、在宅勤務や外出先での業務など、働く場所を問わない、安全なリモートワークが可能となります。
詳細を確認
1.
2種類の解析エンジンであらゆる攻撃を防御
SentinelOneは、「静的解析エンジン」と「動的解析エンジン」の、2種類の解析エンジンを搭載しています。 静的解析エンジンはファイル実行時ではなく、HDDにファイルが書き込まれたタイミングで機械学習エンジンによるスキャンを即時実行。マルウェアを検知した場合は、特定ディレクトリへの暗号化隔離されます。 静的解析エンジンでは検知できない、ファイルの実体を伴わないPowerShellを使ったファイルレス攻撃が増加しています。ファイルレス攻撃であっても、動的解析エンジンで検知、防御することが可能です。
2.
優れた修復機能で、企業の業務時間浪費を回避
SentinelOneでは、AIによる優れた修復機能により、専門家を呼ぶ必要がないため、セキュリティインシデント発生時に伴う時間浪費が最小限に抑えられます。 通常、セキュリティインシデントが発生した場合、専門家を呼び、被害状況やサイバー攻撃の追跡 、被害からの復旧をしなければならないため時間がかかります。SentinelOneは、専門家が行っていたマルウェア本体の隔離だけでなく、改変されたレジストリキーや一時ファイルの修復、ランサムウェアに暗号化されたファイルの復旧まで実施します。 手動で行うには、高度な知識や技術を要する修復や、復旧の作業をワンクリックで完了できるSentinelOneなら、セキュリティインシデントが発生しても企業の貴重な時間を浪費する必要はありません。
3.
セキュリティ対応力の最大化と運用の手間やコストの低減の両立
SentinelOneは、セキュリティ対応力を最大化しつつ、運用の手間とコストの低減を両立できます。機械学習により、脅威への自動対応を行いながら、多様化する攻撃に対応していくからです。 例えば、SentinelOneの機能の一つとして、不審な実行ファイルに対して算出されたハッシュ値を外部のセキュリティインテリジェンス等と照合することで、マルウェアかどうかの判定が行えます。さらに、海外拠点で挙動不審なソフトウェアの利用を発見するなど、国外のPCの状況を可視化することも可能です。 高度なセキュリティを実現しながら、類似製品と比べて30%の運用コスト削減が見込める場合もあります。
詳細を確認
1.
さまざまなセキュリティ対策をオールインワンで対応
Deep Security® IT Protection Serviceは、さまざまなセキュリティ対策をオールインワンで対応するサービスです。一つのサービスで、ウイルスや不正アクセスなどの脅威に対応できます。 オプションでオートスケール機能により追加されたサーバーを保護したり、ログやアラートの通知機能を設定といった機能追加も可能です。 通常機能だけでも強固なセキュリティ環境を構築でき、自社の事業内容や業務の仕方に応じて、より安全なセキュリティ対策を整えられます。
2.
セキュリティに関する対策と業務負担の軽減を同時に行う
Deep Security® IT Protection Serviceは、最短3営業日で導入できるため、急遽セキュリティ対策が必要になった場合でもすぐに環境を整えられます。 また、オプションでセキュリティ状況の調査を代行したり、セキュリティポリシーの策定を支援するコンサルティングも用意されています。自社の業務に合わせてオプションを活用することで、セキュリティ対策と業務負担の軽減を同時に行えます。
3.
常に最新のセキュリティ対策を維持できる
Deep Security® IT Protection Serviceなら、常に最新のセキュリティ対策を実施可能です。 セキュリティルールやシグネチャは毎日配信されるため、常に強固なセキュリティ環境を保てます。最新の脅威に関する情報は、毎週自動で生成・配布されます。これにより、自社でレポート作成や分析、パッチ配信をチェックして更新といった手間を省けます。
詳細を確認
1.
「検知型」ではなく「OS Protect型(防御型)」製品
AppGuardは、従来のアンチウィルス製品のようにマルウェアを検知し駆除するのではなく、システムへの攻撃を防御する製品です。OSプロテクト型では、理論上OSまですり抜けてきた攻撃を防御可能です。すべての脅威に対して最終的に防御を行う製品であるため、OSを守る最終防衛ラインの位置づけになる製品です。
2.
特許技術の「自動継承」により簡易な設定で利用可能
特許技術“アイソレーションテクノロジー(Isolation Technology)”を用い、感染リスクの高いアプリケーションを起動時にコンテナ化し、プロセスの隔離・監視を行います。 従来型の製品では「マルウェアを探し出して駆除」を行う後追いため、対応が追い付かないのが現状ですが、AppGuardは従来型とは異なった「防御型」のため、未知・既知関係なくシステムを脅威より防御することが可能です。
3.
内閣サイバーセキュリティセンターガイドライン準拠製品
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、平成30年7月25日に「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」を更改しました。不正プログラム対策も明記されており、既知及び未知の不正プログラムの検知及びその実行の防止の機能を有するソフトウェアを導入することが基本対策事項となっています。 AppGuardは上述のNISCガイドラインに「単体製品」で準拠しております。
詳細を確認
1.
不正アクセスの痕跡を通知してリスクの早期発見や対策が可能
EISSは、デバイスの操作ログを収集し、操作や挙動を分析・解析することで、不正アクセスの痕跡を早期発見します。リスクにすぐに気付くことで、被害を最小限に抑えられます。 EISSが検知するのは、マルウェアへの感染そのものではなく、マルウェアのアクションや挙動です。未知のマルウェアが日々発生する現代では、事前に一つひとつのマルウェアに対応し、完全に遮断するのは不可能に近いでしょう。 EISSは感染したマルウェアによるアクションを検知することで、情報漏えいを最小限に抑えます。
2.
エンドポイントから揮発性データを収集・保存
EISSは、エンドポイントの操作ログを収集するのと同時に、電源供給が途絶えると消失してしまう揮発性データも収集・保管します。 セキュリティ被害が発生した際は、迅速で適切な対処が必要です。しかし、デバイスをシャットアウトし、揮発性データが消えてしまった後では、対処に必要な被害時の状況確認ができません。 エンドポイントから揮発性データを収集・保管し、必要に応じてスナップショットとしてデータ共有することで、被害発生時の状況確認を正確に行えます。マルウェアを検出するだけでなく、被害時の状況確認をすることで迅速で適切な対応が可能です。
3.
エンドポイントごとに検出内容・レポートを確認できる
EISSの管理画面では、エンドポイントごとの検出内容やセキュリティレポートをいつでも確認できます。エンドポイントごとの状況確認と分析を強化することで、自社の課題を見つけ、より強固なセキュリティ環境を構築できます。 検出内容やレポートは、日時や端末ごとに一覧表示され、気になるものがあれば詳細内容を確認可能です。一覧表示画面では、分析結果をリスクレベルに応じて色分け表示します。リスクレベルの高い分析結果を見逃すことはありません。
詳細を確認
1.
危険なアプリやWebサイト、Wi-Fiから端末を守る
avast!は様々なアプリやソフトウェア、Webサイトの中に危険が潜んでいないかをチェックし、必要に応じて脅威からブロックしてくれます。さらにフリーのWi-Fi回線の脆弱性をも見つけ出します。 働き方が多様化している現代では、インターネット上に潜む脅威も多様化しています。 例えば、リモートワークを推進している企業では、うっかりフリーソフトをインストールしたり、カフェなどのフリーWi-Fiを利用したりしてしまうメンバーもいるかもしれません。avast!を導入すればメンバー間でリテラシーに差があっても、安心して業務を任せることができます。
2.
世界中から集まる情報で、セキュリティが強化され続ける
avast!には世界中に4億いるavast!ユーザーの端末から、ウイルスなどの最新情報がリアルタイムで集まってきます。昨日までは存在しなかった脅威に対しても、4億のユーザーから集まる情報によってすぐに対応可能です。 セキュリティ技術の向上と同時に、ウイルスやスパイウェアに関する技術も日々向上しているのが現実でしょう。avast!を使えば進化し続ける脅威に対して、常に最新のセキュリティで対抗できます。
3.
無料で使いはじめて、必要な機能を買い足せる
avast!の無料版は初期費用・月額料金・更新料をかけずに完全無料で利用でき、セキュリティソフトは無料のもので十分という方や、まずは無料版で試してみたいという方にピッタリです。 無料版を試してみて気に入ったり、欲しい機能が増えてきたら、有料版を購入しましょう。avast!の有料版は3種類あり、価格が上がるほど利用可能な機能が増えていきます。利用期間も1年・2年・3年の3段階で選べます。 有料版の機能や利用期間が細かく分かれているので、コストを抑えながらも企業ごとのニーズを満たしてくれるのもavast!の特徴です。
詳細を確認
1.
メール検知
外部からの受信メールをスキャンし、クライアント端末への感染と社内拡散を防ぎます。 マルウエア感染はWebサイトとメールからの感染が主になるため、メールからのマルウエア検知をすることにより、社内拡散リスクを低減することが可能です
2.
リアルタイム防御
シグネチャベースでの対策はもちろんのこと、ヒューリテック手法での検知機能も実装しています。そのため、既知のマルウエアはもちろんのこと、未知のマルウエアについても検知・遮断を行うことが可能になっています。 リアルタイムスキャンでは、パソコンを常に監視し、ウイルス、ワーム、トロイの木馬などの脅威から保護します。
3.
約4億人の利用実績
Aviraは、全世界で約4億人もの利用実績があります。 無償バージョンは非商用かつ私的利用に限り無償で利用でき、世界中からウイルス情報を収集しています。また、企業向けのライセンスは公式サイトからダウンロードし利用することが可能です。 ただし、有料版では「無制限のカスタマーサポート」の機能がありますが、Aviraの日本代理店はすでに撤退しているため、日本語ではサポートを受けることができない点には注意が必要です。
詳細を確認
1.
高度な電子メール攻撃を阻止
Symantec Email Security.cloudは、シマンテック独自のシステムが採用されており、最高水準の多層防御システムによって、ユーザーをスピアフィッシング、資格情報盗難、ランサムウェアなどの巧妙な新型メール脅威からユーザーを守ります。 具体的な特徴としては、不審な電子メールのリンクとWebダウンロードを隔離することで高度なスピアフィッシング攻撃を遮断したり、疑わしいWebサイトを読み取り専用モードで表示することにより、ユーザーが機密データを送信してしまうことを防ぎ、資格情報の盗難を阻止します。また、不審な電子メールの添付を隔離して、マルウェアに感染するのを防ぎます。
2.
最高の効果と精度でメール脅威を阻止
スピアフィッシング、ランサムウェア、ビジネスメール詐欺、電子メールスパムなどの巧妙なメール脅威を阻止します。具体的には、多層型の保護、脅威の隔離、スパムフィルタ処理、高度なセキュリティ電子メール分析、組み込まれたユーザー認識向上ツールや教育ツールなどでスピアフィッシングメールを阻止し、コンテンツ防御、サンドボックス、リンク保護技術によって新種の攻撃、ステルス攻撃、ゼロデイ攻撃を検出し、最新のランサムウェアをブロックします。 さらに、なりすまし防御、送信者の認証の適用、ブランド保護制御により、ビジネスメール詐欺を撃退します。
3.
環境全体で情報漏えいを防止
Symantec Data Loss Preventionとの連携により、電子メールだけでなく、エンドポイント上、ネットワーク内、ストレージ内、さらにはクラウドアプリケーション上など、どこで使用されていても機密データを検出、監視、保護することが可能です。さらに、コンテンツ認識型DLPの機能をなどに拡張することにより、クラウドベースの電子メールに移行もできます。また、ベクトル機械学習、データ完全一致、インデックス文書一致など、高度な検出技術によって機密情報を正確に特定します。これらの機密データを保護するとともに、法的要件、コンプライアンス要件も遵守します。
詳細を確認
1.
1つめのポイント
情報なし
2.
2つめのポイント
情報なし
3.
3つめのポイント
情報なし
詳細を確認
1.
外部からの攻撃対策機能
外部からの攻撃には、標的型攻撃をはじめ、ばら撒き型などの不特定多数を狙ったメール攻撃や、水飲み場攻撃などのWebを利用したものなど、さまざまな攻撃があります。それらの全ては、「i-FILTER」と「m-FILTER」を一緒に利用することで防ぐことが可能です。 メールによる「外部」からの攻撃対策としては、送信元を偽装したメールをブロックする機能、送信元偽装判定機能、添付ファイルの拡張子偽装判定機能、リンク偽装有無判定機能が「m-FILTER」に備わっています。 Webによる「外部」からの攻撃対策機能としては、「i-FILTER」のホワイトリスト運用を可能にした全く新しいデータベースによって安全と確認されたURLをデータベースに登録。データベースに登録されていないURLはアクセス禁止となるため、未知の悪性URLもブロック可能になっています。
2.
内部からの漏洩対策機能
誤送信や管理ミス、悪意ある情報の外部持ち出しなど、内部からの流出被害に対する対策も備わっています。 メールによる「内部」からの流出対策機能として、社外送信だけを一定時間保留したり、添付ファイルをZIP形式や「FinalCode」形式に自動で暗号化する機能が搭載されています。これにより、万が一のメール誤送信の際も、メールや添付ファイルからの情報漏洩を防ぐことが可能です。 Webによる「内部」からの漏洩対策としては、柔軟にポリシー設定できるアクセス制限や個人用アカウントの利用制限などの機能が備わっています。
3.
無菌室化
「i-FILTER」と「m-FILTER」は、国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を全て網羅したホワイトリストデータベースによって、オフィスの環境を常に脅威から守ります。 その結果、外部でどんな危険が潜んでいても、安全にWeb・メール・ファイルを利用できる環境を整えます。いわば業務環境の「無菌室化」です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
10人〜の会社におすすめ
最低利用人数
1人
最低利用期間
1年
1人〜10000人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
10人〜10000人の会社におすすめ
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
未対応
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし