ウイルス対策・不正アクセス対策のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
3点
ソフトが軽く、アップデートが頻繁。比較的、前のバージョンでは、メモリの浪費的な部分があったようですが、最新版では高速化もされていて使い勝手も良いです。LiveUpdateという自動更新もされるので、勝手にアップデートされて、とても便利です。一般的なウィルス対策ソフトの中で、一番有名で、実績のある優秀なソフトではないでしょうか。二年ほど使っていますけど優秀かと言われるとそんなことは無いです 何せノートンの保護は大体が「みんなが使ってないから危ない」「最近できたから危ない」というどこでもできるような基準で判断しています。 そのせいで新しくできたファイルをダウンロードしてもすぐに消されてしまい、それを手動で復元することが習慣となってしまいます。 結果本当にウイルスだったとしても復元してしまい、セキュリティの意味がなくなってしまいます。 優秀と言い張るならちゃんとダウンロードファイルの内部を解析してから言ってほしいです。 無料で良いセキュリティソフトはいっぱいあるのでそっちのほうが良いと思います。
4点
ノートンのアンチウイルスソフトをいつも使用しています。パソコンがウイルスにかかって大切なデータがなくなったり流用されたりするととても困るので、ウイルス対策ソフトは絶対いれています。便利に使っています。
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
ウイルス/スパイウェア対策
情報なし
未知の攻撃対策
情報なし
ファイアウォール
情報なし
迷惑メール対策
情報なし
動作の軽さ
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
情報なし
ウイルス/スパイウェア対策
利用可能
未知の攻撃対策
利用可能
ファイアウォール
利用可能
迷惑メール対策
利用可能
動作の軽さ
利用可能
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
3,480-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
10,129-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
149,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
9,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
820,000-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
6,024-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
初期費用
6,998-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
情報なし
AppGuard(アップガード)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
標的型攻撃対策 i-FILTER × m-FILTERの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Capy(キャピー)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
PCの操作をシッカリ記録『LB アクセスログ2』の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Img no document
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
「検知型」ではなく「OS Protect型(防御型)」製品
AppGuardは、従来のアンチウィルス製品のようにマルウェアを検知し駆除するのではなく、システムへの攻撃を防御する製品です。OSプロテクト型では、理論上OSまですり抜けてきた攻撃を防御可能です。すべての脅威に対して最終的に防御を行う製品であるため、OSを守る最終防衛ラインの位置づけになる製品です。
2.
特許技術の「自動継承」により簡易な設定で利用可能
特許技術“アイソレーションテクノロジー(Isolation Technology)”を用い、感染リスクの高いアプリケーションを起動時にコンテナ化し、プロセスの隔離・監視を行います。 従来型の製品では「マルウェアを探し出して駆除」を行う後追いため、対応が追い付かないのが現状ですが、AppGuardは従来型とは異なった「防御型」のため、未知・既知関係なくシステムを脅威より防御することが可能です。
3.
内閣サイバーセキュリティセンターガイドライン準拠製品
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、平成30年7月25日に「政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」を更改しました。不正プログラム対策も明記されており、既知及び未知の不正プログラムの検知及びその実行の防止の機能を有するソフトウェアを導入することが基本対策事項となっています。 AppGuardは上述のNISCガイドラインに「単体製品」で準拠しております。
詳細を確認
1.
セキュアDNS
偽サーバへリダイレクトするを防止する機能になります。 誤ったDNS情報を登録するとURLはただしのに、別のサイトにリダイレクトされる危険性があり、DNSに誤った情報が登録されてしまったことが原因です。 この機能では、avast! 社が運営する独自のDNSを暗号化通信で利用する事により、ブラウザで偽サイトに繋げられてしまうリダイレクトを防止します。
2.
アンチスパム機能
サイトから隠された画像やSpam業者のURLリンク、あるいは特定の文章 の構造などをキーにして作成された定義ファイルやク ラウド上のデータベースを参照してSpamを検出し、接続を防止する機能になります。
3.
無料で利用可能
個人はもちろんのこと、中小企業の場合は無償で利用可能です。 利用者は世界186カ国で約2億3000万ユーザーを抱えており 世界中から最新のウイルス情報を収集し、品質についても十分なウイルス対策ソフトになります。
詳細を確認
1.
メール検知
外部からの受信メールをスキャンし、クライアント端末への感染と 社内拡散を防ぎます。マルウエア感染はWebサイトとメールからの感染が 主になるため、メールからのマルウエア検知をすることにより、社内拡散リスクを低減することが可能になっています。
2.
リアルタイム防御
シグネチャベースでの対策はもちろんのこと ヒューリテック手法での検知機能も実装しています。 その為既知のマルウエアはもちろんのこと、未知のマルウエアについても 検知・遮断を行うことも可能になっています。
3.
約4億人の利用実績
全世界で4億人の利用実績があります。 無償バージョンは非商用かつ私的利用に限り無償で利用でき 世界中からウイルス情報を収集しています。 企業向けのライセンスは 公式サイトからダウンロードし利用することが可能です。
詳細を確認
1.
多階層防御により強固で軽快なセキュリティ対策を実現
クライアントPCを脅かす様々な脅威に対して「侵入前の対策」「侵入中の対策」「侵入後の対策」の階層ごとに最適な処理を行なうことで、低負荷で高い防御力を実現します。特に、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network™(SPN)」との連携による解析、分析処理に基づき、セキュリティシステム全体としての能力を高めています。
2.
軽快さと高い防御力を実現する「スマートスキャン」
ウイルスバスター コーポレートエディションは、高度な相関分析を行うトレンドマイクロのクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network™」と連携し、ファイルレピュテーション技術を利用してクライアントPCやサーバを防御します。 搭載されているスマートスキャンは、ウイルスのパターンファイルをすべてクライアントPCに配信するのではなく、使用頻度の低い大半をスキャンサーバ側に保持します。不正な疑いのあるファイルを見つけた場合には、クライアントに保持したパターンやキャッシュメモリで該当する情報が無いときに限り、クライアントからクラウド上のSmart Protection Serverに問い合わせを行なうという新しいアーキテクチャを採用しています。
3.
標的型サイバー攻撃対応
標的型サイバー攻撃における出口対策として、攻撃者が攻撃をするための制御操作を行なうC&Cサーバ(コマンドアンドコントロールサーバ)との通信を、「止める」、「知らせる」、「可視化する」対策を提供します。通信を止めて実被害を予防するとともに標的型サイバー攻撃を把握することで適切に対応できます。
詳細を確認
1.
未知の脆弱性攻撃を防御
メールでの標的型攻撃では、取引関係者や知人を語った駆使したメールが送り付けられ、 メールに添付されているPDFファイルなどを開かせることでバックドアを仕掛け、攻撃コードや本体マルウェアが実行されます。 「FFR yarai」の搭載するZDPエンジンは、標的型攻撃マルウェアで利用されるコード実行型脆弱性に焦点を絞り、 その99%以上の脆弱性を汎用的な仕組みでカバーします。
2.
サンドボックスエンジンで検知
仮想環境上でプログラムを実行し、その挙動でマルウェアを検出します。また、昨今の高度なマルウェアは仮想環境の存在を察知して挙動を停止したり、マルウェアが持つ本来の挙動を行う前に、意図的に本来の挙動と関係ない動きをして、Sandboxによる検知を回避するマルウェアも存在します。「FFR yarai」のSandboxエンジンでは、このようなアンチSandbox技術を検知することでマルウェアと判定するロジックも搭載しています。
3.
標的型攻撃に特化したホスト型IPS
標的型攻撃では、Webブラウザを乗っ取ることで通信を偽装し、あたかも正常な通信であるかのように見せかけることで、ネットワーク監視システムや通信ログの監視をすり抜けるものがあります。「FFR yarai」のHIPSエンジンでは、このような振る舞いを検知します。また、その他にもキーロギング、異常なネットワークアクセス、自身の再実行など、マルウェアによく見られるさまざまな挙動を監視し、防御することもできます。
詳細を確認
1.
感染経路の 98%※を止める 堅牢な メールセキュリティ
「m-FILTER」Ver.5は、標的型攻撃の98%を占める、メールを感染経路にした攻撃を止めます。メールの危険性を判定し、必要に応じて隔離。無害化処理された安全なメールしか受信させないことで、メールによるマルウェアの侵入を防ぎます。「i-FILTER」との連携により、危険メールに内包されるURLはアクセス禁止にすることができます。
2.
感染経路の 残り2%※と 流出経路を止める Webセキュリティ
「i-FILTER」Ver.10は、残り2%のマルウェア感染源となる悪意あるWebサイトへのアクセスや、ファイルのダウンロードなどを制御し、さらに”流出”の経路となる「C&Cサーバー」はもちろん、「i-FILTER」DB未登録のURLへのアクセスをブロックすることで、標的型攻撃を防ぎます。
3.
標的型攻撃対策を実現するアーキテクチャ
「m-FILTER」Ver.5 ×「i-FILTER」Ver.10 の連携によって標的型攻撃対策を実現できるアーキテクチャ ( http://www.daj.jp/bs/ifmf/security/ ) ※IPA「コンピューターウイルス・不正アクセスの届け出状況および相談状況」より
詳細を確認
1.
「ボット(bot)」からの不正アクセスを防ぐ
パスワードリストを使った「パスワードリスト攻撃」、ポイントプレゼントを狙った「不正会員登録」、問合せフォームへの不正な書込みを行う「SPAM攻撃」など、ボットからのアクセスをパズルCAPTCHA/アバターCAPTCHAで判別。不正ログイン、不正登録、不正書込みを防ぎます。
2.
「なりすまし」不正アクセスを防ぐ
アクセス場所、時間帯、デバイスなど様々なパラメーターからご本人普段の行動との「違い」から他人がなりすまして不正にサービスを利用しているかをリスクベース認証で検知します。「なりすましログイン」、「不正なポイント交換」、「不正送金/不正ショッピング」、「不正な登録情報変更」を防ぎます。
3.
アクセス時点でブラックIPからのアクセスを判別
自社サイトへの攻撃だけではなく、Capyサービスを利用している他社サイトを攻撃したブラックIPアドレスをリアルタイムに共有し、判別します。ブラックIPアドレスはリアルタイムに更新されるので、今、危険なIPアドレスを判定。踏み台にされやすいプロキシ・クラウドサーバー経由のIPアドレスも検知します。
詳細を確認
1.
多層防御機能で新種ウイルスなどの脅威を防御
標的型攻撃」「脆弱性攻撃」など、高度化、巧妙化が進むサイバー攻撃に対抗する機能は、ヒューリスティックだけではありません。ファイルやプログラムがエンドポイントに侵入、動作するタイミングで、各種プロアクティブ検出機能がデータの中身や振る舞いをチェックし、悪意のあるプログラムによる被害を未然に防ぎます。また、ボットなどによる外部との通信を検出、防御する出口対策機能も搭載しています。
2.
軽快な動作
ウイルス定義データベースのファイルサイズが小さいことに加え、新種や亜種のウイルスを検出する独自開発のヒューリスティックエンジンと、2種類*のウイルス定義データベースを併せて 利用した効率的なウイルス検出方法により、クライアントPCやサーバーの負荷を軽減することで軽快な動作を実現。オーストラリアの独立系ベンチマークテス ト会社のPassMark Softwareのさまざまなパフォーマンステストにおいて、高い評価を獲得しています。
3.
導入・運用コストをトータルで削減
ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズの価格体系は、他社セキュリティ製品からの乗り換え等にも配慮。導入・運用コストをトータルで削減することが可能です。 他社サポート期間の保証で、乗り換えも安心 他社ウイルス対策ソフトからお乗り換えの際は、お持ちの他社ウイルス対策ソフトの残りサポート期間を保証します。
詳細を確認
1.
専用サーバーは不要、パソコン1台から始められます
ログファイルは任意の場所に保存可能 ログファイルの暗号化と自動転送機能 マイナンバーなど、個人情報を管理するPCを監視
2.
評価版のお貸出しあり
ボリュームライセンス、コーポレートパックのご購入を検討のお客様へ評価版の貸し出しを行っております。制限のある体験版とは異なり、一定期間、すべての機能を評価、検証することができますので、製品をより安心してご導入していただくことができます。
3.
多数のPCに導入する場合のご負担を軽減
LB アクセスログ2の設定情報(記録する項目、ログフィルター、保存先他)を他のPCにエクスポートして、多数のPCに導入する場合の管理者の負荷を減らすことができます。インストール、設定までを画面表示せずに完了させるサイレントインストールも可能です。 ※ コーポレートパック、ボリュームライセンスで利用可能
詳細を確認
1.
防御力No.1
2011年のAV-TESTで 6社中NO1の防御率を出しています。 ウイルス定義ファイルをすり抜けても、レピュテーションで警告を行い それでも侵入されればプロセスの挙動を監視して不審なプロセスを停止します。
2.
USB対策、リモート電源管理を標準搭載
USBメモリからウイルスが自動起動しないようにできます。また、特定メーカーのUSBメモリのみ使用許可、読み取り専用などにもでき、効果的な情報漏えい対策ができます。また、リモートから自動的にPCの電源をON/OFFしたりタスクを実行したりできます。電気料の安い夜間にPCを自動的にONにしてスキャンを実行させたり、使用していないPCの電源をOFFにすることが可能です。
3.
簡単、使いやすい管理画面で一元管理
使いやすくなった管理画面から全ての機能を一元的に管理できます。 全ての機能の導入や設定、ログ、レポーティングを一元的に管理できます。 シンプルでわかりやすい管理コンソールにより、管理作業を容易に行うことができ、セキュアかつ効率的な管理環境を提供します。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
3人
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
10人
最低利用期間
1年
最低利用人数
5人
最低利用期間
1年
最低利用人数
100人
最低利用期間
1年
10人〜10000人の会社におすすめ
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
20人
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
12人
最低利用期間
1年
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし