コピー完了

記事TOP

オプトインとは | オプトアウトとの違いや意味・方式などを解説

最終更新日時:
公開日時:
記事公開時点での情報です。
メルマガをはじめとするメール配信システムには、「オプトイン」と「オプトアウト」の大きく分けて2つの方式があります。オプトインとは?という疑問からオプトアウト方式が使われなくなった理由など、徹底的に解説します!

商品の情報を流したりキャンペーンの情報を流したりするときに不可欠なツールとして使われるのがメルマガなどのメール配信システムです。
今回の記事ではそんなメール配信の1つの方式であるオプトインについて徹底的に解説します!

オプトインとは?

オプトインとは、消費者が情報の受け取りを明示的に許諾することをいいます。

特定のWebサービスを利用したとき、メールアドレス記入欄の下に「メルマガの配信を希望する」という表示を見たことがあると思います。その表示に対して「はい」と回答する行為をオプトインといいます。

オプトアウトとの違い

オプトアウトとは、消費者が情報の受け取りを明示的に拒否することをいいます。

企業から消費者にメールが送られた場合、そのメールの配信を拒むことを「オプトアウト」と呼びます。

オプトインとオプトアウトの最大の違いは、最初にアプローチをするのが「企業」か「消費者」かの違いです。
オプトインでは消費者が興味のある情報に対して企業にメールの配信を依頼しますが、オプトアウトでは企業が先にメールを送ることが前提になっています。

オプトアウト方式についてもっと詳しく

2008年に施行された迷惑メール対策関連の改正法によって、広告のメールはオプトイン方式に限られることとなりました。つまり、現在オプトアウト方式は採用されていません。

また、個人情報を公開したり、第三者に流出したりすることを拒む意思表示をオプトアウトと呼ぶ場合もあります。

ビジネスにおけるオプトインの採用

オプトアウト方式が廃止されたことからもわかるように、現在は「消費者が欲しいと言ったモノやコトを与える」というのがビジネスの常識になっています。

インターネットで膨大な量の情報を瞬時に手に入れることができるようになったため、消費者は自ら必要な情報を選別できるようになりました。いかに自社の長所をアピールしつつ、サービスを気に入ってもらうかが重要なポイントななってきます。


オプトイン方式のメール配信システムをお探しの方は以下の記事をご覧ください。

また、メール配信を活用したメールマーケティングについて知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

メール配信システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
メール配信システムの最近更新された記事