Article square balloon green
2018-04-12

RPO(採用代行)のメリット・活用事例を徹底解説

現在では多くの企業がRPOを活用し始めています。本記事ではRPOの導入メリット・活用事例を紹介し、おすすめのサービス内容とその特徴について解説していきます。RPOの導入を検討する企業の方は必見です。
採用代行・アウトソーシングサービス(RPO)
Large

RPOとは

RPOとは「Recruitment Process Outsourcing」の略で、採用アウトソーシングという意味です。これは企業の採用活動を代行する人材サービスのことで、採用担当者の負担を軽減するために利用されます。本記事では、そんなRPOのメリットや活用事例を徹底解説します。

RPOが必要とされる理由

RPOが必要とされる理由は4つあります。

  • 採用手法が多様化した
  • 人事がコア業務に集中できるようになる
  • 候補者一人あたりにかかる時間が増えた
  • 人事担当者を増員できない

このように現在、採用活動は時間がかかるものであり、かつ人事のマンパワーだけでは負担が大きすぎる業務になりました。そこで、少しでも人事がコア業務に集中できるようRPOが必要とされているのです。

RPOの2つのメリット

RPOを利用することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。以下では、RPOのメリットを2つ紹介します。

プロによる採用活動が可能

いくら会社の人事担当者といえども、これまで採用活動を行った経験が短ければ、失敗をしてしまうこともあります。しかし、 RPOを利用することによって、プロによる採用活動が可能であるため、安定した人材確保と業務品質管理ができます。

工数の削減が可能

人事担当者は採用活動のすべてを1人で担おうとすると、その業務内容は膨大な量になります。しかし、RPOを利用することによって、業務の工数を削減でき、絶対にやらなくてはいけないコア業務に集中できるようになります。

RPOのデメリット

RPOを利用するメリットは多い一方で、デメリットもあることを忘れてはいけません。以下では、RPOのデメリットを2つ解説します。

ノウハウがたまらない

人材採用というのは、実際にその業務を行うことによってノウハウが蓄積されていくものであるため、プロのノウハウを利用できる分、自社にノウハウを蓄積できないというデメリットがあります。

コストがかさむ

自社で人材採用をすべてまかなうことができれば、人事担当者の人件費だけで済みますが、RPOを利用した場合には委託費用が発生するため、余分なコストがかかってしまいます。

しかし、これに関しては費用対効果の問題であるため、一概にコストとは言い切れないケースもあります。

RPOの導入事例

RPOの導入することによって、どのようなことが実現できるのでしょうか。以下では、実際に導入した場合の事例を紹介します。

新卒・中途採用を同時に進めることが可能に

人事担当者が少数である場合には、新卒採用と中途採用を同時並行させることはとても大変なことです。しかし、大手サービス業を営むA社では、即戦力になる中途採用も必要であれば、フレッシュな風を吹かしてくれる新卒社員もどちらも必要でした。

そこでRPOを導入することによって、自社でコア業務に専念できるようになったうえに、新卒・中途採用も同時並行して進めることができるようになりました。

業務フローが改善された

全国に1,800店舗を持つ小売業B社は、採用活動における業務フローを明確にし、どの店舗にも安定して人材を確保することに悩んでいました。しかし、RPOで地域によってアプローチの仕方が違う部分にも対応でき、これにより業務フローが改善されました。

応募者の質が向上した

製造業を営むC社は、毎年変わる就活状況についていくことができず、なかなか安定して人材の確保ができないのが課題でした。しかし、RPOを利用することによって、プレエントリー数を2倍に増やし、企業に対する理解が深い応募者が増えました。その結果、自社の求める人物像にあった人材を採用できるようになり、効率よく人材採用を行えるようになりました。

おすすめのRPOサービス

ここからは、おすすめのRPOサービスを紹介します。これからRPOを導入しようと検討している企業の方は必見です。

Addeco

  • 安心して利用できるサービスクオリティ
  • 採用の全プロセスをサポート
  • 海外のノウハウと国内で培ってきたノウハウが強み

Addecoは、採用の全プロセスをサポートするRPOサービスを提供しています。海外のノウハウと国内で培ってきた総合人材サービスの強みを生かした、ミスマッチのない採用活動を提案します。

リクルートキャリア

  • ベンダーフリーで採用チャネルを一本化
  • 採用計画数の多い企業向き
  • リクルートグループ以外のサービスも活用

リクルートキャリアは、リクルートグループ以外のサービスも活用するため、より顧客の結果にコミットしたサービスを提供するRPOです。採用成功に向けたプロジェクトチームを編成し、戦略立案から実行までを行ってくれるので、安定した業務品質を実現します。

randstad

  • 世界70か国以上でRPOのサービスを提供
  • 企業のエンプロイヤーブランド・採用力を高める
  • 中途採用の全プロセスをオーダーメイドでサポート

randstadは、中途採用の全プロセスをオーダーメイドでサポートするRPOです。すでに世界70か国以上でRPOのサービスを提供しているため、費用対効果の高いソリューションを提供します。

neo career

  • 東京・宮崎・セブの3拠点
  • 3,000社以上の企業の採用をサポート
  • 規模の大小や新卒・中途・アルバイトの雇用形態問わない

neo careerは、企業規模の大小や新卒・中途・アルバイトの雇用形態問わないため、どのような会社でも利用できるRPOサービスです。これまで延べ3,000社以上の企業の採用活動を支援したノウハウを生かして、失敗しない人材採用を提供します。

ツナグ・ソリューションズ

  • 全国280社、75,000店舗が導入
  • 「地域」×「ターゲット」×「予算」の観点でサポート
  • 365日稼働の応募受付専門コールセンターを用意

ツナグ・ソリューションズは、365日稼働の応募受付専門コールセンターを配備するなどする徹底サポートがあるため、全国280社、75,000店舗が導入している人気なRPOです。このサービスでは、「地域」×「ターゲット」×「予算」の観点でサポートをしてくれるため、自社にあった採用活動を実現します。

HUMANAGE

  • 採用を実現するための戦略的パートナーとしてサポート
  • 採用戦略の見直しや振り返りを徹底
  • 応募者満足度の向上に欠かせない「丁寧な採用」

HUMANAGEは、応募者満足度の向上に欠かせない丁寧な採用を実現するために、企業の戦略的パートナーとしてサポートします。特に採用戦略の見直しや振り返りを徹底することでミスマッチが起こるのを防ぎます。

RPO導入で人材採用活動の改善を

RPOを導入することで、これまで非効率だった人材採用活動を効率化させることができます。自社でやるべき部分と、プロに任せててもいい部分を明確に線引きすることによって、より人事担当者がコア業務に専念できるようになります。ぜひこれを機会にRPOの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

他にも人材採用活動を効率化を助ける「採用管理システム」について、以下の記事で紹介していますので参考にご覧ください。

採用管理システム徹底比較51選 | 価格・特徴・クラウド【2018年版】 | ボクシルマガジン
51個の採用管理システムを、雇用形態を問わずに総合的に使えるものから、新卒・中途・リファラル・アルバイトなどに特化...
採用管理システム(ATS)とは | ツール30選比較【2018年最新版】 | ボクシルマガジン
ATS(採用管理システム)とは、応募者が採用のどの段階にいて、どのような評価を受けているかを追跡するシステムです。...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事