今さら聞けないコンテンツSEOとは | 基本をポイント解説・メリット・手順

最終更新日:
コンテンツマーケティングにおけるコンテンツSEOの重要性を解説!コンテンツSEOは、Webサイトを活用したマーケティングに必要不可欠な手法です。概要から注目されている理由、実際にSEOを実践するうえでのポイントについて解説していきます。
サイト制作WEB制作ソフト・CMS

ホームページを活用して見込み顧客を集客する手法は、いまや多くの企業が活用しており、方法もさまざまです。

プロモーション用のページを作成してほかの広告と組み合わせたり、SNSと連動させたり、その手法は今も進化し続けています。

近年、新しいホームページへの集客手法としてコンテンツSEOが注目されています。

マーケティングの業界では一般的となりつつある手法ですが、実は具体的に何を指しているのか明確に答えられない人も少なくないでしょう。

コンテンツSEOの基本的な説明から、実践するうえで重要となるポイントや手順を解説します。

おすすめのCMS・オウンドメディア構築サービス

パブリッシングプラットフォーム「dino」


dinoは、クラウドCMSやコンテンツ配信ネットワーク、ネイティブアドサーバーなどを一貫して提供するシステムです。

  • 独自CMSで手軽にオウンドメディア構築
  • ソーシャルメディアや外部広告との連携機能
  • Web広告配信システム連携機能によるマネタイズ

月額利用のアカウントサービスなので、自分でサーバーを契約してCMSをインストールする手間は一切かかりません。その為スピーディーに、且つコストを軽減できます。面倒なセキュリティ対策や新機能追加のアップデートも、自動で行われるので安心です。

ソーシャルメディアや外部広告と連携し、サイトへの集客が可能です。ネイティブアドの掲載による広告収益、会員限定記事による課金ビジネス、EC連携による物販モデル、優良顧客をリアル店舗へ誘導するO2Oなど、作成した記事のマネタイズ手段が豊富です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
dinoの資料を無料DL

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、Web上にあるコンテンツを活用して検索エンジンの最適化を図り、自社サイトを検索結果の上位に表示させるための活動を指します。

マーケティング的な視点から言えば、サイトユーザーと検索エンジンの双方から評価されるコンテンツを定期的にアップし、良質なサイトを運営することによって、顧客からの問い合わせの数を増やします。その結果、売り上げの向上を目指すということになります。

SEO対策(検索エンジン最適化)とは | デジタルマーケティングの基礎知識 | ボクシルマガジン
自社Webコンテンツを検索結果上位に表示させるため、検索エンジン最適化を行うのがSEOです。マーケティングにおける...

コンテンツSEOが注目されるようになった理由

コンテンツSEOが注目されるようになった背景として、検索エンジンのロボットの性能が上がったことが挙げられます。

以前のSEO対策では、Web上にアップされるコンテンツよりも、技術的な面が重視される傾向が少なからずありました。つまり、小手先のテクニックで検索順位を上げていました。

しかし、Googleなどが中心となって対策を行った結果、現在は明らかに検索結果の上位表示だけを狙ったような低品質なページは、かえって順位を低下させるようになっています。

その結果、サイト訪問者に役立つ情報を掲載している良質なホームページだけが検索順位の上位を占めるようになり、SEO対策としてサイト上のコンテンツが重視されるようになったわけです。

コンテンツSEOの3つのメリット

概要を説明したところで、コンテンツSEOに取り組む具体的なメリットについて説明します。主に以下の3つの点が挙げられます。

集客力の安定

テクニックに依存したこれまでのSEO対策では、ライバルサイトの台頭や検索エンジンによる順位の決め方(アルゴリズム)の変更によって、検索順位が低下し、結果的に集客力の低下を招く可能性がありました。

しかし、コンテンツSEOの場合、小手先のテクニックではなく、サイトの質を重視しているので、アルゴリズムによるペナルティを受けることなく、安定したサイト集客を維持できます。

また、具体的な検索回数の少ないキーワードを積み重ねて集客増加を狙うことになるため、検索ユーザーの求める情報と自社サイトのコンテンツがマッチする可能性も高くなります。

集客効果の長時間維持

リスティング広告やマス広告などでは、情報の発信から時間が経つにつれて、急速に集客効果が薄れていってしまいます。

しかし、コンテンツSEOの場合、一度サイト上に公開したコンテンツは削除されない限り、ほぼ永続的に検索エンジンから見込み顧客を集客してくれます。

短期間で爆発的に売り上げを伸ばすのがリスティング広告やマス広告だとすれば、コンテンツSEOは長期にわたって一定の売り上げを維持するために最適な手法なのです。

費用対効果が高い

コンテンツSEOは他の広告媒体に比べて、圧倒的に低コストで集客可能であり、費用対効果が抜群に高いです。

当然、検索結果の上位表示を維持するための努力は必要となりますが、良質なコンテンツをアップし続けることにより、追加の投資なしで一定の集客を狙えます。集客のためにその都度大きなコストがかかってしまう広告と比べると、非常にコストパフォーマンスがよい手法といえます。

コンテンツSEOの2つのポイント

続いて、実際にコンテンツSEOを実践するうえで重要となるポイントについて解説します。

検索エンジン側の視点

コンテンツSEOを実践するためには、現時点で検索エンジンがどのようにWebサイトの評価をしているかを知ることが重要となります。

上述のように、検索エンジン側のポリシーが変更されたことにより、これまでテクニック重視で上位表示を狙っていたサイトの順位が、どんどん下げられました。

今後もGoogleなどの評価ポリシーが変わってくる可能性がありますので、定期的に検索エンジン側が発する情報を入手し、キャッチアップできる状態にしておきましょう。

検索ユーザー側の視点

コンテンツSEOでもっとも重要なのは顧客が求めるコンテンツを提供し続けることです。

ビジネスを続けていると、ついこちらが顧客に提供したい情報を重視してしまいがちですが、一度基本に立ち返って顧客視点でコンテンツの提供ができているか自省してみる必要があります。

サイト訪問者が有用だと思える情報を提供できなければ、たとえSEOで上位表示に成功していたとしても、最終的な売り上げには結びつきません。顧客が求めている情報は何なのか、どのような問題を解決したいと思っているのかを常に考え、リサーチを欠かさないようにしましょう。

コンテンツSEOの手順

最後に、実際のコンテンツSEOの手順について、簡単に解説しておきます。

1. 商品・サービスの分析

たとえコンテンツが重要だからといって、闇雲にコンテンツを作成してアップしても成功には結びつきません。

まず、自社の商品・サービスの分析を徹底させ、それを求めている人々はどのような悩みを抱えているのかをよく分析し、考察する必要があります。つまり「顧客はだれかを詳細に知るということです。

2. キーワード選定

自社の商品・サービスとそれを求める顧客について明らかにしたら、その人々が興味を示すであろうキーワードの選定を行います。

Googleのキーワードプランナーや、関連語調査ツールを活用するなどして、キーワードを精査します。ポイントとしては、そのキーワードに検索ニーズがあるか、自社の商品・サービスに適合したものか、それによって上位表示が可能かどうかなどをチェックしましょう。

3. コンテンツ作成

キーワードが決定したら、そのキーワードに対してどういったコンテンツを作成するかを決めます。ここでライバルサイトの状況などもチェックしておきます。

自社でサイトを作成する場合は、いきなりホームページ作成ソフトを使うのではなく、文書作成ソフトやメモ帳などでしっかりと下書きをしてください。

文章の構成についてはセールスライティング(コピーライティング)の技術を活用することをおすすめします。場合によってはプロのコピーライターに依頼するのもよいでしょう。

しっかりと手間をかけて、丁寧にコンテンツを作成していく必要があります。

コンテンツSEOに対応したサービス

本記事で紹介するサービス以外にも、コンテンツSEOに対応したWeb制作ソフト・CMSに興味がある方は以下からダウンロードしてご覧ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Web制作ソフト・CMSの資料を無料DL

月間3,000CV!ボクシル編集長監修『コンテンツSEO完全ガイド』

効率的にリードを獲得したい・サービスのPRをしたい・SEOで検索上位を取りたい、、、といったご要望はありませんでしょうか。オウンドメディアを使ったコンテンツマーティングで効率的に見込み顧客を獲得することが可能ですが、ノウハウがないと何から手をつけて良いかわからないですよね。

「コンテンツSEO完全ガイド」ではコンテンツマーティング、SEO集客に関するポイントや手順について解説しています。

読者目線に立ったコンテンツ作りを心がけよう

コンテンツSEOについて、基本的な説明から、実際にSEOを実践するうえで重要なポイントについて解説してきました。

これまでのSEO対策のように、単純に技術面だけで最適化を図ろうとするのではなく、ターゲットとするユーザー層がどういった情報を求めているのかを精査し、ニーズに応えるためのコンテンツ作りに取り組むという姿勢が重要となります。

特に自社でサイトを運用している場合は、定期的に顧客のニーズをリサーチし、それにマッチした情報が提供できているかどうか確認してみましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

WEB制作ソフト・CMS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ユニソンプラネット
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事