コピー完了

記事TOP

中小企業向け「販売管理システム」おすすめ9選!選定のポイントと導入のメリット

最終更新日:(記事の情報は現在から27日前のものです)
中小企業におすすめの販売管理システムをボクシル編集部が解説。販売管理システムを選定する際のポイントや導入するメリットを解説しています。この記事を読めばどの販売管理システムを導入するべきかどうかが分かります。

【厳選】おすすめ販売管理システムをまとめてチェック!
販売管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ販売管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ販売管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

中小企業が抱える販売データの管理の課題

販売管理システムを導入していない中小企業が販売データの管理で抱えている課題についてまとめていきます。あなたの企業でも同様の課題を抱えていれば、中小企業向けの販売管理システムで解決できる可能性が高いです。

顧客情報や案件情報の管理が煩雑

顧客情報や案件情報は、紙媒体やExcelなどで管理している企業が多いです。担当者によって管理方法が異なるため、情報共有がスムーズに行えず、必要な情報を探すのに時間がかかってしまいます。

また、顧客情報や案件情報の更新も手作業で行う必要があり、情報の最新性を保つのが困難です。

見積書や請求書の作成に時間がかかる

見積書や請求書の作成も手作業で行っている企業が多く、計算ミスや入力ミスが発生しやすいため、作成に時間がかかります。

また、過去の取引履歴を参照しながら作成する必要があるため、さらに時間がかかってしまい、本来注力すべき営業活動に時間を割けないという課題も抱えています。

販売実績や在庫状況の把握が困難

販売実績や在庫状況もExcelで管理している企業が多く、データの集計や分析に時間がかかるため、リアルタイムでの状況把握が困難です。

また、担当者によってデータの集計方法が異なるため、正確な情報が得られないという課題も抱えています。

中小企業が販売管理システムを導入するメリット

中小企業が販売管理システムを導入して得られるメリットは次のとおりです。

販売情報の一元管理で業務の抜け漏れやミスを防ぐ

販売管理システムを導入することで、顧客情報、案件情報、見積書、請求書、在庫状況などの情報を一元管理できるため、情報共有がスムーズに行え、業務の抜け漏れやミスを防げます。

また、データ入力の手間も軽減され、業務効率が向上します。

見積書や請求書を簡単に作成・管理・検索できる

販売管理システムには、見積書や請求書を簡単に作成できる機能が備わっているため、手作業での作成に比べて時間と手間を大幅に削減できます。また、過去の取引履歴を参照しながら作成できるため、入力ミスを防げます。

さらに、作成した見積書や請求書はシステム内で一元管理できるため、検索も簡単に行えます。

経営状況をリアルタイムで可視化して経営判断に活用できる

販売管理システムを導入することで、売上状況や在庫状況などの経営状況をリアルタイムで把握できるため、迅速な経営判断が可能になります。

また、過去のデータと比較分析することで、今後の販売戦略や在庫管理の改善につなげられます。

中小企業が販売管理システムを選定する際のポイント

中小企業が販売管理システムを選定する際は、いくつかのポイントが存在します。代表的なポイントについて解説します。

業種や業態に特化した販売管理システムを探す

販売管理システムは、業種や業態によって必要な機能が異なります。たとえば、製造業であれば生産管理機能、卸売業であれば在庫管理機能など、業種に特化した機能が搭載されているシステムを選ぶことで、より効率的に業務を遂行できます。

必要な機能を洗い出す

販売管理システムにはさまざまな機能が搭載されていますが、すべての機能が必要なわけではありません。自社の業務内容を分析し、本当に必要な機能を洗い出すことが重要です。

不要な機能にコストをかけることは避け、自社に最適なシステムを選びましょう。

販売管理システムの機能一覧!導入メリットと選び方のポイント
販売管理システムは、販売管理のほか、在庫管理や購買管理の業務を一元管理できるシステムです。本記事で販売管理システム...
詳細を見る

請求書発行のような他のシステムとの連携性を確認する

販売管理システムは、会計ソフトや顧客管理システムなど、他のシステムと連携することで、より効果を発揮します。システム導入前に、連携したいシステムとの互換性を確認し、スムーズなデータ連携が可能かどうかを確認しましょう。

クラウド型かオンプレミス型かを検討する

販売管理システムには、クラウド型とオンプレミス型があります。クラウド型は、インターネットを通じてシステムを利用するため、初期費用が抑えられ、どこからでもアクセスできるというメリットがあります。

一方、オンプレミス型は、自社内にサーバーを設置してシステムを運用するため、セキュリティ面で安心感があるというメリットがあります。自社のニーズに合わせて、どちらのタイプが適しているかを検討しましょう。

中小企業におすすめの販売管理システム9選

中小企業におすすめの販売管理システムを紹介します。

Scalebase(スケールベース) - アルプ株式会社

Scalebase(スケールベース)
Scalebase(スケールベース)
導入事例セクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Scalebase(スケールベース)はサブスクや従量課金を成功に導く、販売・請求管理システムです。Scalebase(スケールベース)は次のような特徴があります。

  • 受注から会計までを一元管理し、販売・請求の管理を効率化
  • 契約・請求情報のデータから、販売状況を可視化
  • 柔軟性に優れた料金設定や契約管理により、販売モデルやプライシングのスムーズな見直しを実現

SKit FLEXi - 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ

SKit FLEXiは販売・仕入・在庫管理、会計、情報分析をまとめて行うクラウド型の統合基幹業務システム(ERP)です。SKit FLEXiは次のような特徴があります。

  • 年商30億~500億を中心とした企業の業務・アプリ・システム基盤の運営をすべて委託可能
  • 利用者数、利用機能、データ量を必要な分だけ利用可能であり大規模な投資が不要
  • 卸売業を中心に、さまざまな複合業態に対応

楽楽販売 - 株式会社ラクス

楽楽販売
楽楽販売
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

楽楽販売は見積もり管理・受注管理、請求管理、発注管理を効率化する販売管システムです。楽楽販売は次のような特徴があります。

  • 紙やExcelと比較して1/10の管理時間に削減
  • 項目や入力画面、操作メニューを自社フローに合わせてカスタマイズ可能 -複雑な プログラミング開発は必要なく、マウス操作のみでシステムの構築が可能

SmileWorks - 株式会社スマイルワークス

SmileWorks
SmileWorks
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

SmileWorksは財務会計・販売管理・給与計算などの基幹システムを統合管理できるクラウドERPシステムです。SmileWorksは次のような特徴があります。

  • ブラウザで操作可能なため、WindowsでもMacでも使用可能
  • 法制度改定に自動対応可能
  • 取引先との伝票や帳票のやり取り、受発注の業務管理をブラウザ上でダイレクトに連携できる「EDI」を標準装備

ZAC - 株式会社オロ

ZAC
ZAC
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ZACとは、プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERPパッケージです。ZACは次のような特徴があります。

  • 基幹業務プロセスを備え、案件・プロジェクト別収支の可視化を実現
  • 赤字案件・プロジェクトを把握し、タイムリーな損益管理が可能
  • 案件・プロジェクトの売上、仕入、外注費、労務費、経費などの各種コストを同一システム上で一元管理

楽商

楽商
楽商
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

楽商は販売管理業務の効率的な運用をサポートする販売管理・在庫管理パッケージソフトです。楽商は次のような特徴があります。

  • 業界・業種特有の商習慣に対応した業種別販売管理パッケージソフトであり、クラウドとオンプレミスどちらでも導入可能
  • 標準機能以外にも機能のカスタマイズが可能
  • IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)の活用が可能

商蔵奉行クラウドはこれまで当たり前だった伝票登録や請求業務など高いレベルの業務とそのコストの削減、デジタル化を実現する販売管理、仕入れ・在庫管理システムです。商蔵奉行クラウドは次のような特徴があります。

  • サーバー不要で誰でもどこでも利用可能
  • 他社販売管理システムからのデータ移行を最短1日で実現
  • 定期的な売上計上を自動化するサブスクリプションビジネスにも対応

uconnect - 株式会社unlimited

uconnectは素早い経営の意思決定や業績向上に役立つ情報をより早く提供するための、中小企業の経営者向け粗利管理クラウドサービスです。uconnectは次のような特徴があります。

  • 案件型、工事業・建設業向け、工務店向けなど各種業種向けにカスタマイズが可能
  • 作成した見積書から自動で納品書や領収書・請求書を作成可能
  • 30日間の無料お試しが可能

弥生販売 +クラウド - 弥生株式会社

弥生販売 +クラウドは帳票の簡単発行と、販売管理から仕入・在庫管理までを一元管理できるクラウドシステムです。弥生販売 +クラウドは次のような特徴があります。

  • インストール日から30日間使用可能な無料体験版あり
  • 無料導入サポート期間中の返品フリーサービスあり
  • 明細ごとの課税区分で軽減税率8%の選択が可能であるといった税率別の集計を実現

サービス選びは比較して検討しよう

販売管理システムを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているか」他システムとの連携、運用コストなどを踏まえて検討することが重要です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくとよいでしょう。

販売管理システム比較おすすめ43選!機能・選び方・メリット
販売管理システムとは、受注から納品までの販売プロセスにおける、販売・在庫・購買状況を管理するシステムです。おすすめ...
詳細を見る
販売管理システム 選び方ガイド_20240701.pptx.pdf
販売管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
販売管理システムの最近更新された記事