Evernote(エバーノート)使い方・活用法完全ガイド | 無料で使いこなす裏ワザ20・名刺管理【保存版】

公開日:
最終更新日:
メモもペンも要らない革新的クラウドサービス「Evernote(エバーノート)」の使い方を解説!名刺管理なども含めその使い方と活用法を20個まとめました。また、ベーシックとプラス、プレミアムプランの違いなど、今さら聞けないevernoteの疑問にすべて答えます。【随時更新】 ※初回公開日 2016/10/03
営業名刺管理ソフト
Large

Evernoteの賢い使い方・活用法とは

Evernoteは、これまで紙で書いては捨ててきた「ノートとメモの山」を、クラウド上で一元管理できるクラウドサービスです。

サービスを開発・提供するEvernote Corporationは2007年に創業、米国カリフォルニアに本社を置くスタートアップです。

Evernote(エバーノート)は、無料プランの「ベーシック」に加えて、「プレミアム」・「企業向け」と3つの有料プランに分かれています。

Evernoteのプランは3種類(出典:Evernote Webサイト)

この記事では、Evernote(エバーノート)無料プランの賢い使い方・活用法20選を紹介します。

Evernoteの無料プラン「ベーシック」とは

Evernote(エバーノート)の無料プラン「ベーシック」でも多くの機能がありますので、しっかり使いこなしたいところです。情報整理のための裏ワザからEvernoteでの名刺管理まで、一気に紹介します。

目次

Evernoteの使い方・活用法:情報整理

1.タグで管理してキーワードでチェック

これはすでに知っている方も多いかもしれませんが、「目次」のような機能です。

Evernote(エバーノート)では記録するノートが多くなってくると、どれとどれがつながっているのかわからなくなってしまいますよね。そんな時に便利なのがこの”タグ機能”です。

この部分に自分で考えたタグを入れると、違うノートブックに入っているノートでも、キーワードで一つにまとめられるため、情報整理にはとても便利な機能です。

目次に戻る

2.ノート>ノートブック>スタックで整理整頓

スタックとは、ノートではなくて「ノートブック」として、冊子のようにある程度のくくりで情報をまとめる機能です。

たとえば、授業の資料をそれぞれノートブックに記録し、複数のノートブックを「講義資料」としてひとつにまとめています。こうすることで、ノートブックが多くなってきた時にもおおまかな括りで探していけます。

会社とプライベートで分けていたり、いろいろな用途でEvernote(エバーノート)を使っている方には便利なのではないでしょうか。

スタックの使い方は、まとめたいノートの上で右クリックし、「スタックを追加」、スタックのタイトルを入れます。あとは、そこにどんどんノートブックを追加していくだけなのでとても簡単です。

目次に戻る

3.文章だけではなく「表」も簡単作成

次に、表の作り方を紹介します。これはノートの中に表を挿入する方法です。

ノートをいじっている時に、「Excelみたいに表が使えればいいなぁ」なんて思ったことはないでしょうか。

実はEvernote(エバーノート)でも簡単に表が作れるので紹介しておきます。

ノートの上のメニューバーのところからマス目をクリックし、表のサイズを選ぶと簡単に表が完成。ノートとしての利用に夢中になることで、ついつい文章で情報を留めようとしてしまいがちですが、しっかり整理して見直したい時にはオススメです。

目次に戻る

4.ノート(ノートブック)を共有してクラウドの強みを最大限生かす

クラウドの利点は、何と言ってもこの機能でしょう。Evernote(エバーノート)では、自分がノートを見返すだけではなく、同じ情報を仲間や会社のメンバーと共有して見たり、お互いに編集し合ったりできるのです。

これにより、離れた場所にいるときはもちろん、隣で仕事をしていたとしても、リアルタイムで更新を行えるので作業が効率よく進みますね。

また、全員で共有するためのノートブックを作っておけば、その共有用ノートブック内に入ったノートが自動でシェアされます。

作業開始前からそれぞれがデータを更新することがわかっている場合には、先にノートを共有しておきましょう。

共有の仕方は次の方法があります。

ノートやノートブックを、Evernote(エバーノート)をすでに使っている人と共有する場合は、共有ボタンを選択すると、次のような画面が出るので、メールアドレスや名前を入れるだけ。

Evernote(エバーノート)を使っていない人がいる場合には、公開リンクをコピーしてメールなどで送ります。このリンクをクリックするとブラウザ上でこんな感じに共有されます。

5.順序立ててしっかり整理したい人向け「目次ノート」

次に目次ノートをつくる方法を紹介します。目次ノートとは、いろいろなノートへのリンクを1つにして目次のようにしたノートです。

まず、目次に組み込みたいノートを選択していきます。選択したら、右側の画面の「目次ノートを作成」を選択します。すると、下のように目次ページができ上がります。

ノートが多くなってくるとやはり管理が大変になってきますよね。そんな時に、上記で紹介した「タグ」と「スタック」の機能に加えて、「目次」を作ることで、検索性が飛躍的に上がること間違いなしです!

目次に戻る

Article whitepaper bgS3 0
名刺管理ソフト
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事