月収30万円の手取り額は約23万円?家賃の目安・生活水準・貯金額や職業

最終更新日: 公開日:
月収30万円は手取りに換算すると23万円程度です。一人暮らしならば十分な年収ですが、結婚して妻が専業主婦になったり、子どもを育てたりするならもう少し高年収を目指す方が良いかもしれません。年収30万円の手取り金額や生活水準、達成できる職業などを説明します。
月収30万円の手取り額は約23万円?家賃の目安・生活水準・貯金額や職業

月収20万円 月収30万円 月収40万円

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
転職後の年収アップ率60%以上の実績がある大手転職エージェント 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>月収アップを実現する転職エージェントおすすめランキングはこちら

月収30万円の手取りは約23万円

月収30万円は手取りに換算すると約23万円です。手取り金額とは会社から支払われる金額から税金や社会保険料を差し引いて実際に手元に残るお金のことを指します。

会社から支払われるお金には基本給だけではなく、残業手当、出張の日当なども含まれるので毎月定額が支払われるわけではありません。

>>平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめはこちら

月収30万円の税金や保険料

会社から支払われるお金から差し引かれる税金や社会保険料は具体的には次のとおりです。

【差し引かれるもの:目安金額】

  • 厚生年金保険料:27,000円
  • 健康保険料:15,000円
  • 雇用保険料:900円
  • 所得税(源泉徴収税額):7,000円
  • 住民税:26,000円

家族構成や住んでいる地域によっても税金や社会保険料は異なるので、実際にどの程度引かれているかは会社からの給与明細を確認してください。

月収30万円の年収は360万円

月収30万円だった場合の年収は月収×12か月分で年収360万円です。この他にもボーナスなどがあれば年収はそれだけ増加します。

手取り金額は23万円×12か月=280万円程度が目安です。

実際にどの位の年収でどの位社会保険料や税金を支払ったかは、年末調整後に会社から発行される源泉徴収票を確認してください。

月収30万円の家賃目安

家賃の目安は月収の3分の1を目安にするのが良いと言われています。

ただし、これは昔の基準で現代では携帯電話などの通信費が固定費として余分に必要なので、少なめに7万円~8万円程度を家賃の目安として考えておきましょう。

一人暮らしなら都内、地方に関わらずいろいろな選択肢があり、ファミリーだと都内の選択肢は少なくなります。

7万円~8万円の家賃だと都心で2DK以上を借りるのは難しいので、無理に都心で探さず郊外に住むのも一つの選択でしょう。

月収30万円以上を目指せる職業

月収30万円以上を目指せる仕事はいろいろあります。代表的な職業は次のとおりです。

【月収30万以上が目指せる職業】

ITエンジニアは人材が不足しており、スキルを早く身につけ経験を積めば月収30万円以上になる場合もあります。未経験からでもプログラミングスクールに通えば、短期間でエンジニアとして働ける技術を身につけることが可能です。

>>社会人向けおすすめプログラミングスクール7選はこちら

また、放送業界のように一般的に平均年収が高い業界やインセンティブがある営業職でも月収30万以上の高年収を目指せます。

また、中型、大型車などの免許が必要になりますが配達ドライバーも高年収です。

月収30万円の生活水準とは

月収30万円を稼いだ場合、生活水準はどの程度のレベルになるのかを生活費に注目して説明します。

月収30万円の生活レベル

月収30万円、配偶者と二人暮らしの場合の生活費の内訳と目安は次のとおりです。

出費項目 目安金額
家賃 80,000円
食費 50,000円
水道光熱費 15,000円
通信費 20,000円
趣味・交際費 15,000円
衣類・日用品・雑費 30.000円
貯金 20,000円

妻が専業主婦になった場合、月収30万円だと少し生活は厳しいかもしれません。子育てをするならばもう少し収入を増やした方が良いでしょう。

扶養の範囲内でパートや副業をして貯金すると、将来の見通しは良くなります。また、家計簿をつけて家計を見直すのも必要です。

月収アップの相談なら「ゲキサポ!転職」の利用がおすすめです。

クラウドワークス ママワークス サグーワークス
会員登録数100万人超え
資格・学歴・スキル不要
主婦特化の在宅仕事多数
在宅ワーク講座を無料視聴可
記事のライティングや校閲に特化した案件を紹介

一人暮らしの生活レベル

月収30万円で1人暮らしした場合の生活費内訳と目安は次のとおりです。

出費項目 目安金額
家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 10,000円
趣味・交際費 30,000円
衣類・日用品・雑費 20.000円
貯金 50,000円

一人暮らしで月収30万円もあれば十分に余裕がある生活ができます。

上記では貯金額を50,000円と見積もっていますが、貯金を減らして外食を増やしたり、趣味にお金を使ったりできるので、出費の自由度が高いです。

月収30万の女性

国税庁の民間給与統計調査結果によると、1年を通じて勤務した女性の平均給与は279万円となっており、月収にすると約23万円です。

女性は結婚や出産などによって一時的にキャリアから離脱しやすいため、事務職などの給料が低めの職種に就く方が多く、男性との間に給料格差が発生しやすいです。

ただし、薬剤師や弁護士のような難関専門資格を保有していたり、キャリアウーマンとしてバリバリ働いてたりしている方ならば月収30万円を超えるのは十分に可能でしょう。

>>>女性向け転職エージェントランキングはこちら

月収30万円の平均貯金額とは

月収30万円といっても手取り金額は23万円程度であり、家族構成によっても貯金できる金額は異なります。5つのモデルケースに分けて平均貯金額について説明します。

家族構成 貯蓄割合(手取りに対して) 貯金目安
独身・一人暮らし 10% 2万円
独身・実家暮らし 30〜40% 7万円~9万円
夫婦・子なし 15〜20% 3万円~5万円
夫婦・子あり 20% 5万円

あくまでも目安のため、無理のない程度にこの目安を参考にし、将来に向けた貯金ができると良いでしょう。

月収アップが期待できる転職エージェントTOP3

現在月収30万円に届いていない方は、転職も視野に入れて年収アップを目指しましょう。月収30万円以上の仕事が見つかるおすすめの求人サイトを5つ紹介します。

1位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

・若年層の転職活動におすすめ
・豊富な非公開求人
・サポートが充実

マイナビエージェントは20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの評判・口コミはこちら

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
・転職成功の実績No.1
・業界トップクラスの非公開求人約20万件
・相談する時間がないという人も安心

リクルートエージェントは累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っているので年収交渉力も安心。登録者限定の非公開求人が約20万件と豊富なため、希望条件に合いつつ年収もアップする求人が見つかるでしょう。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

3位:パソナキャリア

パソナキャリア
・2019年顧客満足度調査 No.1
・累計25万人の転職実績
・年収アップに期待大

パソナキャリアは、転職を支援した25万人分のノウハウを活かしたサポートで、転職後年収アップ率67.1%を誇ります。高確率で年収アップが期待できると言えるでしょう。

女性の転職にも手厚いと評判で、2019年のオリコン満足度調査でNo.1に輝きました。

パソナキャリアの評判・口コミはこちら

4位:doda

doda(デューダ)
・親身なサポートが評判
・10万件以上の求人
・自分のペースで転職活動ができる

dodaでは、「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など、細かな要望も反映して求人検索できる転職サイトです。転職エージェントも利用できるので、とりあえず求人を調査したいだけなら転職サイトを利用し、転職意欲が高まったときに転職エージェントを使うなど、自分のペースに合わせて転職活動を進められます。

dodaの評判・口コミはこちら

マンツーマン支援が受けられる「ゲキサポ!転職」

転職エージェントより徹底した転職支援を受けたい方は「ゲキサポ!転職」の利用がおすすめです。目標のキャリアを実現するために、プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで支援してくれます。
ゲキサポ!転職
・専属トレーナーがマンツーマンで支援
・年収150万アップの事例あり
・徹底した自己分析の支援

ゲキサポ!転職は、プロのキャリアアドバイザーが短期集中のマンツーマンで転職を支援してくれるサービスです。「自己分析が苦手」「転職活動がうまく進まない」「キャリア設計がわからない」など転職の悩みを相談できます。

専属トレーナーとのキャリアトレーニングや無制限のチャット相談、独自の自己分析支援などサポート体制は充実です。無料のカウンセリングも実施されているので、まずは相談してみるといいでしょう。





>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

キャリアアップを視野に転職を考えよう

月収30万円の手取り金額や生活水準について説明してきました。フリーターやアルバイト生活では達成が難しいのが月収30万円です。

結婚や子育てを将来的に考えているなら月収30万円程度は稼いだ方が良いでしょう。

現状の仕事では月収30万円を達成するのが難しい場合は、キャリアアップを視野にいれた転職活動を行った方が良いかもしれません。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェントリクルートエージェント

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェントマイナビエージェント

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチビズリーチ

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
dodadoda

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェントtype転職エージェント

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

>>>転職サイトランキングはこちら

自分の年収、本当に適切?無料の年収診断でチェックしよう

転職するかどうか判断する前に、「今の年収が適切かどうかわからない」「年収が低いと思っているけど市場価値ってどのくらいなの?」というようにお悩みの方もいらっしゃると思います。

そういうときには転職サイトの無料年収診断サービスを使ってみましょう。サイトに登録し、いくつかの質問に答えるだけで自身の市場価値を算出してくれます。


【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。