コピー完了

記事TOP

労働保険とは?雇用保険・労災保険の特徴と仕組みの違いを徹底解説

最終更新日:
公開日:
労働する際に必ずかけておく労働保険ですが、内訳を知らない人が意外多いのではないでしょうか。今回は忘れられがちな労働保険を、雇用保険と労災保険の特徴と仕組みの違いも含めて徹底的に解説していきます!

労働保険とは

労働保険とは、「雇われて働く労働者を保護するための保険」です。具体的には、労災保険(労働者災害補償保険)と、雇用保険を合わせて「労働保険」と呼ばれます。この労働保険は”強制保険”であり、労働者を雇用する事業所はもれなく加入し、保険料を納付することが求められます。
この記事では、労働保険についての基本的な考え方を解説します。

労働保険の2種類

労働保険は、「雇用保険」と「労災保険」から成ります。いずれも、労働者・会社の双方が保険料を負担します。この2つは目的も支給方法も違うものですが、保険料の徴収にあたっては「労働保険」として合わせて行われます。まずは、この2種類の保険の内容をおさえておきましょう。

雇用保険とは

労働者が職を失った場合に、次の職が見つかるまでの間、一定期間の給付を行うものです。教育訓練等も行われます。”失業保険”と呼ばれることもあります。また、この保険料からは、働く環境を守るための助成も行われます。例えば、事業者向けに雇用維持のための助成金、新規の雇用のための助成金、職場環境改善を図る助成金、労働者のキャリアアップのための助成金など、幅広いものがあります。

保険料の負担割合は、事業の種類により細かく定められています。従業員負担分は、給与から天引きされる形で支払われます。

労災保険とは

労働者が業務中(通勤中)に何らかの損害を受けた際に、厚生労働省からの認定を受ければ、保険料が支給されるものです。イメージとしては、一般の医療保険のようなもの。毎年保険料を支払い、万一の場合に備えます。

これは、労働者のための保険にも思えますが、実は事業主を守るための意味合いが強い保険。労働者が業務上にケガなどをした場合、事業主は様々な補償を行う義務があります。それらは全て事業主の負担となるのですが、それを補償してくれるのが労災保険なのです。

労災保険料は、すべて事業主が負担します。労働者が支払うことはありません。

雇用保険の加入・支給条件

雇用保険の適用事業所

基本的には、全ての会社が雇用保険の対象=適用事業所となります。適用事業所となれば、強制的に加入することが求められます。ただ、個人経営の農林水産業で、労働者が5人未満の場合は、この対象となりません。

雇用保険の対象となる労働者

対象となるのは、1週間に20時間以上働き、31日以上継続して雇用される見込がある労働者です。この条件に当てはまれば、正社員ではなくても、パート・アルバイトの人も雇用保険の対象となります。

また、従来は雇用保険の新規加入には年齢制限がありましたが、2016年の10月に雇用保険の改正が行われ、65歳以上の人でも加入できる様になりました。

雇用保険の給付を受けるには

労働者が雇用保険の給付を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 雇用保険の適用事業所で働くこと
  • 1年以上雇用保険に加入していること(複数の会社で働いている場合は、その合計が1年以上あれば良い)
    ※会社の倒産などで失業した場合など、6ヶ月以上加入していれば良い場合もあります。
  • 失業後、働く意志があって就職活動をしていること
    ※毎月一定数以上の就職活動※が必須です。

※就職活動:ハローワークから求人に応募する、ハローワークの就職説明会に参加する、職業訓練を受けるなど

労災保険の加入・支給条件

労災保険の適用事業所

労働者を雇っていれば、すべての事業所が対象となります。しかし、雇用保険と同様に、個人経営の農林水産業で労働者数5人未満の場合は必要ありません。

労災保険の対象となる労働者

雇用形態にかかわらず、適用事業所で雇われて働いている人は全てが対象となります。雇用保険と違うのは、労働者が個人で加入するものではなく、会社自体が加入することで、その会社で働く人全てが対象になるというものです。

労災保険の給付を受けるには

労災保険は、仕事中や通勤中に事故(ケガ、病気、死亡)や災害にあった場合に支払われます。手続きとしては、病院などで受けた診断書を持って、書類や請求書を労働基準監督署に提出することになります。

保証内容は、自己の内容や程度によって異なります。病院に通院した場合は、その医療費の8割~10割が補填されます。また、休職が必要になった場合は、その分の給料の一部が補償されます。基本的には、会社の総務・労務担当者が手続きの作業をすることが多いです。

労働保険への加入は事業主の義務

大切な従業員を守るためにも、労働保険にはしっかり加入したいもの。その目的と意味を理解すれば、大切な保険ということが分かりますよね。しっかり手続きを行い、事業主としての責務を果たしましょう。

また、事業主の皆さんは組織運営にあたって考えるべきことが多いもの。次の記事で紹介するのは、起業当初から使えるクラウドサービスです。もちろん、創業期以外にも使えるサービスばかりですので、ぜひ業務効率化にお役立てください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

労務管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社アクティブアンドカンパニー
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
労務管理システムの最近更新された記事