コピー完了

記事TOP

検索クエリ(Search query)とは?意味・活用法・キーワードとの違い

最終更新日:
公開日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
検索クエリ(Search query)とは何か、理解していない人も多いのではないでしょうか?検索クエリの意味やキーワードとの違い、活用法について解説していきます。Webマーケティングでも重要になってきますので、要チェックです。

検索クエリとは?

検索クエリとは何か、ご存じですか?

クエリ(query)とは、質問する、問い合わせるといった意味の英単語です。つまり検索クエリとは、検索画面にユーザーが入力した単語そのものを指します。検索画面に入力する単語は、ユーザーがそのとき知りたいと思った情報です。

たとえば、本記事のように検索クエリについて知りたいと思ったとき、あなたは「検索クエリ」もしくは「検索クエリとは」といったワードを検索画面に入力して、この記事に辿りついたことでしょう。このあなたが実際に検索したワードが、まさに検索クエリです。

検索クエリとは、ユーザー自身の内から湧き出たワードにあたるため、ユーザーのニーズそのものでもあるわけですね。

企業がリスティング広告で成果を上げるために、検索クエリの活用は欠かせません。検索クエリを知ることで、世の中のユーザーが真に求めているものを理解することができます。ユーザーが求めているものがわかれば、それを元にピンポイントで広告を打つことも可能です。

ただ検索クエリという言葉は聞いたことがあっても、その意味を本当に理解している人は少ないはず。そこで、検索クエリとは?という根本的なところから、活用方法まで紹介していきます。

検索クエリとキーワードの違いとは?

検索クエリと混同されるのが、キーワード。ただこの両者は、別物です。リスティング広告を行う際、管理画面上でキーワードを登録するはずです。たとえば、「青汁」と検索されたときに自社広告を表示したいのであれば、「青汁」というキーワードを登録するかと思います。

しかしユーザーは青汁というワードだけで検索するわけではありません。「美味しい青汁」や「飲みやすい青汁」と検索する人もいます。

そこで、リスティング広告用のキーワードとして「青汁」と登録しておけば、たとえユーザーが「美味しい青汁」と検索しても、そのワードの中に青汁が含まれるため、広告が表示されることとなります。

キーワードはあくまでも広告を出す側が使うワードであり、検索クエリはユーザーが使うワードなわけです。当然ですが自分たちが使うワードだけを知っていても、ユーザーのニーズは把握できません。

キーワードが自分の気持ちであれば、検索クエリが相手の気持ちということになります。相手の気持ちを理解してこそ、相互のコミュニケーションが実現可能です。そこで、キーワードだけでなく検索クエリを知って、ユーザーのニーズを知ることが大事なわけですね。

先ほどの「青汁」の例でも、キーワードだけでは、ユーザーが求めているものはわかりません。検索クエリを知らなければ、ユーザーが美味しい青汁を求めているのか、飲みやすい青汁を求めているのか、はたまたまずい青汁を求めているのかわからないわけです。

検索クエリの活用方法とは?

検索クエリが何なのか?また、ユーザーのニーズを知るためには不可欠であるということはわかったかと思います。では、具体的にどう活用していけばいいのでしょうか?

検索クエリを活用する場面は、広告を出す際と記事を書く際が多いかと思います。リスティング広告をする際、どのキーワードで検索してきたユーザーに広告を出すのか迷うでしょう。

しかし迷うと言っても、基本はすでに検索されているワードや検索数の多いワードを優先して登録し、広告を出すことになります。

ただ実際に商品を買ってくれるユーザーやサイトに訪問してくれるユーザーの中には、広告を打つ側が予想もしないような検索ワードで、その商品もしくはサイトを訪れるユーザーもいるでしょう。例えば先の青汁の例で言えば、売る側は健康効果を一番の売りにしているとします。

そこで「青汁 健康」というキーワードを登録しておき、そのワードで検索したユーザーに向けて広告を打つとします。

しかし、青汁を求めるユーザーの間では、「青汁 健康」ではなく「青汁 ダイエット」というワードで検索するユーザーが増えてきたとします。すると、「青汁 ダイエット」で検索するユーザーに向けて広告を出すことができません。このように、検索クエリを知ってユーザーのニーズを理解しなければ、広告を出すキーワードがずれてしまうこともあります。

これは記事を作成するときも一緒ですね。「青汁 ダイエット」という検索クエリが上昇しているにもかかわらず、青汁の健康効果だけを謳う記事を作成しても、ユーザーはその記事を読みたいと思いませんし、購入にもつながりません。

広告を出す、もしくは記事を作成する側が検索クエリを知らなければ、一人よがりのWEBマーケティングになってしまう可能性があるわけですね。

検索クエリとは?その意味やWEBマーケティングへの活用法を解説!まとめ

検索クエリは、ユーザーが検索するワードそのものです。そのため、検索クエリを理解することが、ユーザーのニーズを理解することにつながります。機械的な作業が多くなりがちなリスティング広告をはじめとするWEBマーケティングですが、検索クエリこそ、普段目に見えないユーザーを知るための唯一の手段と言っていいでしょう。

また以下の記事ではウェブマーケティングに欠かせないアクセス解析に役立つおすすめのクラウドサービスを比較、紹介してますのでこちらもぜひご覧ください。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事
経営企画・マーケティングのサービスに興味がありますか?
CLOSE
hPocketWorkMate
バーコードプロモーション
プラスワンリサーチのWEBアンケート作成
プラスワンリサーチのアンケート入力&集計
Fastask
Sprint
しっかり比較検討したい方はまず、一括資料請求をご利用ください。