Article square balloon green
2016-12-22

クロス集計とは?Excelのピボットテーブル機能の活用法をご紹介

その他その他ビジネス
Large

クロス集計をマスターしてデータを見やすくまとめよう

アンケートを実施したときには、Excelで表を作って結果をわかりやすくまとめることがありますね。グラフの作り方はさまざまですが、複数の質問を掛け合わせて行うクロス集計ではピボットテーブルを駆使するときれいにまとまりますよ。今回はクロス集計やピボットテーブルの内容を説明するとともに、表の作り方を説明していきます。

そもそもクロス集計とは?

アンケートを取るときに、複数の質問を投げかけることがありますね。集まった回答をまとめるときに、ひとつひとつの質問ごとに集計結果を表にすることを単純集計と言います。例えば使用している商品とユーザーの年齢を聞いたときに、商品に関する結果とユーザーの年齢の集計を別々に行う行為が単純集計に当たります。
これに対し縦軸に使用している商品、横軸にユーザーの年齢層と質問を掛け合わせてつくるグラフがクロス集計です。
クロス集計をすることによって、どの年代からどの商品に人気が集まっているのか知ることができ、単純集計よりも高いアンケート効果を感じられるでしょう。
メーカーや広告会社では販売戦略をたてたり、リスティング広告を打ち出したりするときに有効な集計方法と考えられています。

ピボットテーブルとクロス集計の相性

ピボットテーブルとは表計算ソフトであるExcelにある機能のひとつで、あらかじめ登録したリストのなかから必要なデータを取り出して、あらゆる方向から集計や分析を行ってくれるツールです。ピボットテーブルには縦軸と横軸があるので、クロス集計表にはぴったりで、データさえ入力すれば自動的に表やグラフのみならず、レポートも作成してくれます。表が完成した後で抽出したい点があればオートフィルタ機能で絞り出すこともできるので大変便利です。
ただしわかりやすい表を作成するためには、ピボットテーブルの正しい作成方法とアンケートの集計方法を心得なければいけません。方法については次章以降で説明していきます。

ピボットテーブルによるクロス集計表の作り方

ピボットテーブルの作成方法は簡単ですが、慣れていない人にとってはどこを触ればいいのかわからないのかもしれません。手順を説明していきます。

  1. Excelを開いて「挿入」タブにある「ピボットテーブル」を選択します。
  2. ピボットテーブルのウィンドウが出たら範囲を確認してピボットテーブルの配置場所を決めます。
  3. Kボタンを押すとピボットテーブルが配置されます。画面右下のツールメニューからフィールドリストを選択してマウスでドラックします。フィールドリストは日付、カテゴリ、商品名、販売価格、数量、売上高、担当者の6つにわけられているので、縦と横軸にあったフィールドをそれぞれ選択しましょう。
  4. 表を元にグラフを作りたいときには、ピボットテーブル表内の任意のセルをカレント状態にしてグラフ作成ボタンをクリックしましょう。カレント状態にしないとグラフにしたい範囲を上手く指定することができません。

グラフを作成する際には単一選択型である場合は帯、複数選択型である場合は折れ線グラフや棒グラフにすると非常にわかりやすいです。

ピポットテーブルを使用するときの注意点

ピボットテーブルは例え入力ミスがあって、表を作成した後に変更を施したくなることがありますよね。その際に直接データの値を変更したとしても、自動で再計算はされません。変更を行う際にはピボットテーブルをカレント状態にして、「ピボットテーブルツール」→「オプション」→「タブ」へと進みます。こうすることによってデータを変更することができるでしょう。

プラスアルファで覚えておきたいピボットテーブルの裏技

基本的なクロス集計表を作成できるようになったら、今度は応用を覚えてさらに情報を充実させましょう。よく使われているのはピボットテーブル上にある「差分」機能です。
差分機能を使うことによって数字の増減を表すことができ、どのように変化しているのかが一目瞭然でわかります。差分以外にも比で出すこともできるので、表を作成した後にプラスしてみましょう。

クロス集計で成果を出すためには

どんなにピボットテーブルを活かした立派な表やグラフを作成できたとしても、アンケートの内容がよくないと意味を成しません。アンケートをとる対象によっても違いますが、複雑化したアンケートは答えにくく集計するにも大変な手間がかかるので、なるべく単一選択型のアンケートに統一しましょう。アンケートをとる内容は事前に吟味し、完成したものは一度第三者に確認してもらうとミスの見落としがありません。

ピボットテーブルとクロス集計を理解しよう

アンケートの分析方法にはさまざまな種類がありますが、ピボットテーブルを使ったクロス集計はExcel上で簡単にできるため、ぜひ覚えておきたいものです。はじめは覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、慣れればものの数分で表やグラフを完成することができるでしょう。上手に表をつくれば、マーケティングや広告効果に役立てることができます。

ボクシルとは

ボクシルとは、クラウドやSaaSを中心としたBtoBサービスの比較・検索サイトです。
無料登録することで、サービス資料の閲覧や、詳細情報、問い合わせをすることができます。
もちろん資料のダウンロードも無料です。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
こんなときに、便利なのがボクシルです。
また掲載していない情報についてもサービス担当者にチャットで問い合わせることも可能です!

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事