ファイル転送サービスの関連情報

コピー完了

記事TOP

ファイル転送サービス徹底比較8選!おすすめやメリット【法人向け】

最終更新日:(記事の情報は現在から159日前のものです)
ファイル転送サービスは、メール添付が困難な大容量ファイルを送付するのに便利なサービスです。ビジネスに適したファイル転送サービスを、対応ファイルサイズやセキュリティなどの観点から徹底的に比較しました。メリットや機能も解説。

ファイル転送サービスとは

ファイル転送サービスとは、インターネット回線を利用して他のデバイスにファイルを転送できるサービスのことをいいます。サイズが大きすぎてメールでは送付できないデータや、オンラインストレージでの共有が難しいファイルを送る手段として利用できます。

ギガファイル便、Firestorageといった無料のファイル転送サービスが多くありますが、主にセキュリティの観点から、法人向けサービスの利用がおすすめです。

\料金や機能を資料で比較する!/

ファイル転送サービスのメリット

メールによるファイル送信や、オンラインストレージサービス経由でのデータ共有と比較すると、ファイル転送サービスには次のようなメリットがあります。

メールと比べて良い点

まずは機能をメールと比較。ファイル転送サービスを利用するメリットを解説します。

大容量ファイルを送信可能

ファイル送信サービスの大きなメリットは、メールでは送りにくい大容量ファイルを送信できることです。 近年は画像一つでも解像度によっては、大容量のファイルとなりかねません。ファイル転送サービスなら、多くが1GBを超えるデータ共有に対応。先方へ共有する際には、ダウンロード用URLを送るだけなので、メールやチャットの容量を圧迫しません。

内部統制やセキュリティの高さ

法人向けのファイル転送サービスなら、内部統制やセキュリティの対策へ重点のおかれたサービスを利用可能です。システムによってはISOやSOCといった第三者機関による認証を受けているケースもあります。必要に応じて導入検討時にチェックするとよいでしょう。

オンラインストレージと比べてよい点

データ共有ツールだと、クラウド上にデータを格納するオンラインストレージサービスもあります。ファイル転送サービスは、特定ファイルの共有においてオンラインストレージより利便性が高いメリットがあります。

特定ファイルの共有に優れている

オンラインストレージだと逐一権限付与が必要だったり、意図せず「ほかのファイルが見えてしまう」状態になってしまったりと、場合によっては情報漏えいの危険性があります。ファイル転送サービスなら、必要なファイルのみを提供するのでリスクを割けられます。そのため、特定のデータをセキュアな環境下で共有するのに優れています。

ファイルが自動削除される

登録したファイルが一定期間で自動削除される機能を備えたサービスがあります。機密情報がクラウド上に残り続けるリスクが減り、容量の圧迫も防げます。「大容量ファイルの送受信に使いたい」「機密情報をセキュアにやり取りしたい」が主な目的なら、自動削除機能があるとよいでしょう。

ただしこれはデメリットにもなり得ます。複数のファイルを蓄積していく“共有サーバー”としての利用ができないためです。もっとも、サーバー機能とファイル転送機能をあわせもったサービスもあるので、よく確認するようにしましょう。

ファイル転送サービスの選び方

ファイル転送サービスを選ぶ際は、次の流れで確認しましょう。

  • ファイル転送サービスの導入目的を確認する
  • ファイル転送サービスの機能を確認する
  • ファイル転送サービスを導入する際の注意点を確認する
  • ファイル転送サービスの料金・価格相場を確認する

ファイル転送サービスの導入目的を確認する

ファイル転送サービスの導入を検討する際は、まず導入目的を明確にしましょう。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
個人情報や機密情報などのファイル共有において、よりセキュリティ性を高めたい セキュリティ対策に強みを持つタイプがおすすめ
大容量データの送受信をシンプルに最小限でやり取りしたい 低コストかつ少人数で利用できるタイプがおすすめ
動画や図面、容量の大きな画像データなどをスムーズにやり取りしたい 大容量送信や超高速データ転送に対応しているタイプがおすすめ

ファイル転送サービスの機能を確認する

ファイル転送サービスでできること、利用できる機能は次のとおりです。上記の導入目的・課題をどのように解決できるか記載しているため、必要な機能を洗い出しましょう。

【基本的な機能】

機能 詳細
ファイル送受信 ファイルを送受信する機能
パスワード設定 ファイルを送る際にパスワード設定をする機能
アドレス制限 受信アドレスの指定や迷惑アドレスを制限する機能
ファイル取消 誤送信があった際にファイル公開を削除する機能
承認ワークフロー 上長承認を得たファイルのみ送信する機能

【特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
ファイル共有 社内や企業間でファイルの共有を行う機能
確認・再送 送った相手がダウンロード済みかを確認できる機能

社内外で共有フォルダを作り業務をスムーズに進めたい場合にはファイル共有機能があるものを、送信後のファイルダウンロードの状態を確認したい場合には、ダウンロード確認機能があるサービスがおすすめです。

ファイル転送サービスを導入する際の注意点を確認する

ファイル転送サービスを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
セキュリティ対策 情報漏えいをはじめとする事故発生時に備えたセキュリティ対策が万全かどうかを確認しておきましょう。
送信容量 サービスによって送信できる容量が異なります。容量に上限があるものもあるため必要な条件を満たしているか確認しておきましょう。
多言語対応・回線速度 海外への送信をすることが多い場合には、言語の対応や回線速度についても事前に確認しておきましょう。
操作性 送受信しやすいか、ヒューマンエラーが起きづらい仕様かどうかなどの操作性や使用感を、無料トライアルを活用して確認しておくと安心です。

ファイル転送サービスの料金・価格相場を確認する

ファイル転送サービスの料金は、オンプレミス型かクラウド型かで異なります。さらにクラウド型の場合は、月額従量課金タイプか月額固定費用タイプかでも料金が異なります。必要な機能と要件が搭載されているサービスの料金を確認しましょう。

さらに、サービスによっては導入規模やデータ量によって別途見積もりが必要なケースがあります。気になるサービスは公式サイトから見積もり依頼や相談の問い合わせをしましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

セキュリティ対策に強みを持つファイル転送サービス

高いセキュリティレベルでファイル転送を行えるタイプです。IPアドレスによるアクセス制限や認証・不正アクセス対策など、高度なセキュリティ対策を備えています。

個人情報や機密情報を取り扱う場合や、取引先のセキュリティポリシーに対応できるサービスを探している場合におすすめです。

クリプト便 - NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

クリプト便
クリプト便
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 国内最高のセキュリティ格付け「AAAis」を取得
  • 徹底したアクセスコントロール
  • 効果的なセキュリティ監査対策

クリプト便は、セキュリティ専門会社NRIセキュアテクノロジーズが開発・運用するクラウド型ファイル転送/共有サービスです。ファイルを転送・共有する際に自動で暗号化とウイルスチェックを行い、機密性を守ります。定期的に診断を実施することでセキュリティレベルを厳重に管理。ID・パスワードの管理、グローバルIPアドレスによるアクセス制御も可能です。誤送信防止機能を備え、いつ・誰が・どこに・何を送受信したのか、ファイル原本を含めたログも取得できます。

クリプト便の使い方?セキュアファイル転送システムの特徴と送受信方法を解説
クリプト便はファイル転送システムの一種です。通常のサービスと比較するとセキュリティが堅牢で運営会社はISMSのIS...
詳細を見る

※出典:NRIセキュアテクノロジーズ「セキュアなファイル転送やファイル共有に特化した「クリプト便」」(2021年1月19日閲覧)

Bizストレージ ファイルシェア - エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

Bizストレージ ファイルシェア
Bizストレージ ファイルシェア
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ブラウザ上で大容量ファイルの送受信が可能
  • 誤送信や情報漏えいリスクを未然に防げる
  • 容量およびユーザー数に基づく定額プラン

Bizストレージ ファイルシェアは、ファイル転送とオンラインストレージの両機能を備えたサービスです。

クライアントがBizストレージ ファイルシェアのIDを保有していなくても、メールアドレスと名前がわかれば、一度に合計2GBまでのファイルの送受信を行えます。

セキュリティ対策も充実しており、「アクセス権限設定、ファイルの暗号化保存、IPアドレスによるログイン制限、ログ機能」などに対応。取引先へのファイル転送に上長承認プロセスを組み込むことで、誤送信や情報漏えいも防げます。

eTransporter - 株式会社NSD

eTransporter
eTransporter
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ユーザー数とファイルサイズは無制限
  • 利用環境に合わせてクラウド型かオンプレミスか選択
  • ファイル公開制限やZip暗号化など充実したセキュリティ機能

eTransporterは、メールに添付できない大容量ファイルや機密性の高いデータを、簡単かつ安全に送受信できるファイル転送システムです。利用形態は、クラウド版とオンプレミス版があり、環境にあわせて導入できます。

ユーザー数やファイルサイズは無制限なので、規模の大きい企業でも問題なく利用できます。また、セキュリティ対策に力をいれており、送信後のセルフチェック機能や第三者の承認機能により、情報漏えい、誤送信を防ぎ、大事なファイルを安全にやり取りできるでしょう。

HULFT8

  • マルチプラットフォーム
  • 転送前・後処理をGUIで簡単作成
  • IoTデバイスとのデータ連携

HULFT8は、企業内、あるいはBtoBのファイル転送を行うミドルウェアです。ストレージとデバイス群でSANを構成し、高速ファイル転送を行えます。「HULFT Script」では、ファイルの転送前後に処理する内容を、わかりやすいアイコン操作で、プログラミングを使わずに生成が可能です。

低コスト・少人数での利用が可能なファイル送信サービス

低コストで始められるタイプのサービスです。無料、または、低価格で手軽に利用できます。
少人数での利用や、コストを抑えたい場合におすすめです。

tenpu

  • 誰でも操作しやすいシンプルな画面
  • 最大20GBまでアップロード可能
  • ヒューマンエラーにも対応したセキュリティ

tenpu(テンプ) は、シンプルなインターフェースが特徴のファイル転送サービスです。一度に20GBまでファイルを送信できるため、大容量の画像や動画ファイルでも安心して利用できます。情報漏えいの大きな要因である「ヒューマンエラー」にも対応しています。

オフィス宅ふぁいる便 - 株式会社オージス総研

オフィス宅ふぁいる便
オフィス宅ふぁいる便
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 豊富な機能を簡単操作で利用可能
  • 万全な企業向けセキュリティ対策
  • 月額利用料は定額制

オフィス宅ふぁいる便は、誰でも簡単かつ安全に、ファイルを送受信できるクラウド型の法人向けファイル転送サービスです。送信するファイルをアップロードすると発行される、ワンタイムURLとワンタイムパスワードを使用して、受信者がダウンロードを行います。一度に最大3GBまでのファイル送信が可能です。

送信履歴機能やダウンロード通知機能、アドレス帳などの基本機能に加え、送受信範囲の制限や一定期間でアップロードしたファイルが自動削除される機能など、誤送信を防止する機能やセキュリティ機能も充実しています。企業のルールに合わせた機能の設定もでき、シンプルな操作と豊富な機能で、社外とのファイル共有をスムーズに行えます。

大容量送信や超高速データ転送が可能なファイル転送サービス

画像や動画など容量の大きなデータのファイル転送に適したタイプです。海外や遠距離への転送にもスピーディーに対応します。

容量が大きいデータのやり取りが多く発生する場合や、インフラ環境が不安定な場所への転送をしたい場合におすすめです。

HENNGE One - HENNGE株式会社

HENNGE One
HENNGE One
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • アップロード容量と回数が無制限
  • メール添付が難しい大容量ファイル転送にも対応
  • メール誤送信対策機能も搭載

HENNGE Oneは、クラウドメールに対し、PPAP対策やメール監査、標的型攻撃対策を行えるセキュリティサービスです。添付したファイルを自動でURL化し、TO/CC/BCCに入っている受信者のみ、認証後ダウンロードできる仕組みです。

ファイル転送機能により、大容量ファイルもダウンロード専用URLによって転送できます。アップロードファイルの総容量や回数に制限がないほか、大容量ファイルの受信にも利用可能です。URL送信後も手動でストレージのアクセスを無効化できるため、誤送信対策も強化できます。

DIRECT! EXTREME - 日本ワムネット株式会社

DIRECT! EXTREME
DIRECT! EXTREME
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 最大2TBデータを転送ができる大容量
  • 独自機能にて超高速データ転送が可能
  • セキュリティチェック機能搭載

DIRECT! EXTREMEは、「WAM!NET」超大容量データを高速に転送可能なサービスです。高度なセキュリティと自動化・業務効率化の両立を実現しています。クラウドサービスとして、プロジェクト・部門単位での利用も可能です。

BOXIL SaaS AWARD

BOXIL SaaS AWARD 2024

「BOXIL SaaS AWARD(ボクシル サース アワード)」は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が毎年3月4日を「SaaSの日(サースの日)」と定め、優れたSaaSを審査、選考、表彰するイベントです。

「BOXIL SaaS AWARD 2024」の受賞サービス

「BOXIL SaaS AWARD 2024」では、エントリー式で審査する「導入事例セクション」と、データを元に定量評価する「BOXIL SaaSセクション」「BOXIL SaaS質問箱セクション」の計3つのセクションを設けています。各セクションの選考基準に従い、部門ごとにもっとも評価の高いサービスを部門1位として選出します。

受賞部門受賞サービス
BOXIL SaaSセクション ファイル転送サービス部門1位オフィス宅ふぁいる便

>>BOXIL SaaS AWARD 2024の詳細はこちら

「BOXIL SaaS AWARD Spring 2024」の受賞サービス

今回の「BOXIL SaaS AWARD Spring 2024」は、2023年1月1日から2023年12月31日までの1年間で新たに投稿された口コミ約18,000件を審査対象としており、計334サービスに、ユーザーから支持されるサービスの証としてバッジを付与しました。

Good Service 受賞サービス一覧
GigaFile便クリプト便
オフィス宅ふぁいる便

【Good Service】:「BOXIL SaaS」上に投稿された口コミを対象に、各カテゴリで総得点の高いサービスに対してスマートキャンプから与えられる称号です。

口コミ項目別No.1 受賞サービス一覧
サービスの安定性No.1GigaFile便
機能満足度No.1GigaFile便
カスタマイズ性No.1クリプト便
お役立ち度No.1GigaFile便
使いやすさNo.1GigaFile便

【口コミ項目別No.1】:「BOXIL SaaS」上に投稿された「口コミによるサービス評価」9項目を対象に、各カテゴリ、各項目において一定の基準を満たした上で、最も高い平均点を獲得したサービスに対して、スマートキャンプから与えられる称号です。

>>BOXIL SaaS AWARD Spring 2024の詳細はこちら

ファイル転送サービスでコンプライアンス向上へ

法人向けファイル転送サービスは、大容量ファイルの共有を効率化できます。またメールの誤送信、USBをはじめとする外部メディアでの持ち出し、無料サービス利用によるシャドーITの防止といった、セキュリティマネジメント上のメリットが多々あります。

セキュリティリスクが高まるなかで求められる対策レベルは向上しています。送受信ファイルの取り扱いにも気を配り、コンプライアンス向上を目指しましょう。

関連記事

Dropboxの使い方!ダウンロードから活用法・フォルダの共有・プラン容量
Dropbox(ドロップボックス)の使い方を画像付きでわかりやすく解説!ダウンロード方法やログインの仕方、ファイル...
詳細を見る
Googleドライブ容量を確認&無料で増やす方法・裏技まとめ | 知らないと損!?
Googleドライブの容量が上限に達してしまった方必見!容量を増やす方法を無料、有料それぞれ紹介。Googleドラ...
詳細を見る
Google ドライブでファイル共有する方法 | 共有権限や通知の設定も解説
メール添付できない場合や後から更新したいファイルを共有する場合、Googleドライブでの共有を利用する方法がありま...
詳細を見る
セキュリティ重視のオンラインストレージ比較 | 注意すべき点
オンラインストレージはクラウド上にデータを保存するため、セキュリティリスクがあることを認識しておきましょう。この記...
詳細を見る
【比較表あり】法人向けオンラインストレージの比較おすすめ13選!容量や料金
代表的なオンラインストレージやボクシルおすすめサービスの容量や価格、機能を徹底比較。DropboxやOneDriv...
詳細を見る
ファイルサーバーとは?機能&NASとの違いをわかりやすく解説
ファイルサーバーとNASの機能を比較しながら、その違いを説明していきます。どちらの用語も同じ意味で使われることがあ...
詳細を見る
クラウドファイルサーバー比較26選!バックアップ・ファイル管理効率化へ
おすすめのファイルサーバー・ファイル転送サービスを比較しました!特に使いやすくて便利なクラウドサービスを紹介します...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ファイル転送サービスの最近更新された記事