コピー完了

記事TOP

ファイルサーバーとは | NASとは | 機能・メリットを徹底比較

最終更新日:
ファイルサーバーとNASの機能を比較しながら、その違いを説明していきます。どちらの用語も同じ意味で使われることがあるので、ファイルサーバーとNASの仕組みやメリット、機能などの違いを理解して比較検討しましょう。

キャンペーン:無料トライアル実施中サービスをまとめてご紹介

無料トライアル特典をまとめて比較

今回は人気のサービスの中でも、「無料トライアル期間」や「無料プラン」、その他特典があるサービスを厳選しピックアップしました。
ぜひ、比較・検討にお役立てください。

本記事を読んだうえで、ファイルの保存・共有を効率化させるオンラインストレージの容量・料金を詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひツール選定の参考にしてみてください。

記事の後半ではダウンロードできる資料の一部を公開しています。

ファイルサーバーとNASは、ネットワークを経由してファイルの保存や共有を行う役割を持つという点では大きな違いはありません。一般的には、NASの方がファイルの保存&共有に特化していて、ファイルサーバーはファイルの保存&共有以外にも機能を拡張できるイメージです。

本記事ではファイルサーバーを紹介していきますが、その前に下の記事をご覧になるとより理解が深まるでしょう。Google DriveDropboxといった有名なクラウドサーバーを5つほど比較しており、以下で説明する内容もすっと頭に入ってくるでしょう。

1. ファイルサーバーとは

ファイルサーバーとは、ファイルを保存するためのコンピュータ全般を指します。処理速度の高いサーバーだけでなく、普段使っているパソコンをファイルサーバーにすることもできます。ファイルサーバーは、インターネットのような外部ネットワークに接続されている場合もあれば、ローカルネットワークで特定の端末のみが接続できるようにアクセスやIDの制御をしていることもあります。

いずれにしても、複数のコンピュータからネットワーク経由でファイルの置き場所にアクセスするために、ファイルサーバーは必要不可欠な存在と言えるでしょう。


ファイルサーバーの重要性をより知りたい方には下の記事がおすすめです。ファイルサーバーのメリットを10こほど紹介しているので、今まで導入が不要だと思いこんでいた人にも気づきがあるかもしれません。

【具体例】ファイルサーバー

ファイルサーバーの定義はあいまいで、ざっくり言えば「ネットワークにつながっていて、ファイルを保存している場所」です。パソコンであっても大型汎用機でも、クライアントのパソコンからアクセスしている先の場所がファイルサーバーである、と言えます。

GoogleDrive
Googleはさまざまなサービスをクラウド上から提供していますが、そのうちの一つにGoogle Driveがあります。スプレッドシートやドキュメントといったファイルをGoogleのクラウド上にサーバに置いておけば、複数のパソコンからそこにアクセスして利用できます。その意味ではGoogle Driveのようなクラウドサービスも、ファイルサーバーの一つと言えるでしょう。

2. NASとは

NASはネットワーク・アタッチド・ストレージ(Network Attached Storage)の略ですが、ネットワークHDD、ネットワークハードディスクなどとも呼ばれています。普段、パソコンを使用しているときに外付けのハードディスクを取り付けている方は多いかと思いますが、NASはハードディスクがネットワークに接続されているイメージです。

ハードディスクをケーブルなどで物理的にパソコンに接続するのではなく、ネットワーク経由で複数のパソコンから接続できるという意味では、NASは、広義のファイルサーバーの一つと言えるのです。

【特徴】単体で機能

NASは、ファイルをハードディスクに保存しておき、そこにネットワークからアクセスして共有するという機能に特化しています。ファイルサーバーにはサーバー用OSやOfficeをはじめとするドキュメント編集ソフトなどをインストールでき、コンピュータと異なり、ファイルを直接編集できるものが多いです。

一方、NASには最低限のOSやソフトはインストールされていますが、ドキュメント編集ソフトなどは含まれないことが多いです。つまり、サーバーのハードウェアやソフトウェアが一つの筐体にまとまっており、機能を抑えてファイルを置くことに特化したファイルサーバーがNASと言えます。

3. ファイルサーバー・NAS比較

機能面の比較

ファイルサーバーの機能

ファイルサーバーの中には、アップロードしたファイルの編集を、直接ファイルサーバー上で行えるものもあります。あるいはGoogle ドライブのようなクラウドサービスの場合、さまざまな機能を持っているため、ユーザーがソフトを持っていなくてもクラウド上でファイル編集できるわけです。

クラウドサービスではなくオンプレミスでファイルサーバーを用意する場合、ハードディスクがネットワーク上にあるだけ、といったほぼNASのようなファイルサーバーもあります。

NASの機能

NASは上述の通りファイル保存・共有に特化したファイルサーバーと言えます。そのため、NAS上でそのままファイル編集できないものが多いでしょう。一旦ローカル環境にファイルを落としてきて、編集して再度アップするイメージです。いずれにしても、用途に応じて必要な機能を明確にしたうえでファイルサーバーとNASを比較検討しましょう。

メリットの比較

ファイルサーバーのメリット

ファイルサーバーは単にファイルを入れて共有するだけではなく、さまざまな機能拡張やカスタマイズが可能です。ファイルサーバーのコンソールで操作することもできますし、遠隔操作でファイルサーバーにアクセスして設定することもできます。OSやソフトの機能を利用すれば、便利に活用できます。

NASのメリット

NASはファイルの保存・共有に特化しているので処理が軽く、また勝手にファイルを編集される心配が少ないです。無駄な機能は付けずになるべく処理を軽くしたい、というときにメリットがあります。

>>>人気のレンタルサーバーTOP3をチェックする

デメリットの比較

ファイルサーバーのデメリット

ファイルサーバーのデメリットは、場合によっては不要な機能が含まれていることです。また、パソコンをファイルサーバーとして利用する場合、遠隔操作で誰かがファイル編集でき、制限をかけることもできるという面倒な場合もあります。また結果的に処理が重くなる可能性があるでしょう。

NASのデメリット

NASのデメリットは、ファイルサーバーと比べて機能に制限があることです。NASのなかには、OSを入れたりソフトを入れられたりするものもあるかもしれませんが、ファイルサーバーのように豊富な機能拡張は難しい場合があります。

使用シーンの比較

ファイルサーバーの使用時

ファイルの保存、共有だけでなく、直接編集やその他の処理をしたいのであれば、NASよりもファイルサーバーの方が良いでしょう。ファイルサーバーといってもいろいろありますが、少なくともOSが入っていて、ソフトを入れられるファイルサーバーが良いでしょう。これらがあれば自由に操作できます。

NASの使用時

無駄な機能は付けずにファイルの保存・共有だけをしたいならNASが良いかもしれません。中途半端にファイルサーバーを使用すると、FTPでミスをしたり、コマンドを打ち間違えてデータを破損するようなリスクもあります。

FTPとは、インターネット上でコンピュータ同士がファイル転送をするときに使われる通信上の約束ごとのこと。
引用:FTP - インターネット用語辞典 - | OCN

4. ファイルサーバーをさらに知りたい方へ

ファイルサーバーとNASの違いを説明してきましたが、重要な機能や仕組みに大きな違いがないことがおわかりいただけたと思います。基本的にはファイルサーバーの方が用語の定義が幅広く、NASも広義の意味でファイルサーバーの一種になります。ただ用語そのものよりも、機器の役割とネットワークの仕組みを知ることが重要です。そうすれば、それぞれの用語の意味が曖昧であっても、自分の頭の中で切り分けられます。

今回の内容を踏まえれば、下の記事に掲載されているファイルサーバーの比較も理解できると思います。より実践的な知識ををつけたい方やサーバーを検討したい方は、ぜひご覧ください。

【個人・法人向け】人気レンタルサーバーTOP3

個人・法人のどちらでも使える人気のレンタルサーバーを3つ紹介します。

1位:mixhost

  • マルチCPU・SSD RAID環境による高速性
  • HTTP/2対応LiteSpeedレンタルサーバー
  • 必要なリソースを必要なだけ

mixhostは、ビジネスで利用できる高品質とマルチCPU・SSD RAID、HTTP/2対応LiteSpeedなどによる高速性を両立したレンタルサーバーです。

マルチドメイン・データベース・メールアドレスが無制限のほか、独自SSLやWAF、ウィルススキャンでのセキュリティ面も万全です。急なアクセス増加にもダウンタイムゼロで対応可能なため、ムダなコスト増加を回避でき、必要なリソースを必要なだけ利用可能です。

2位:XSERVER(エックスサーバー)

  • ストレスフリーの高速環境
  • 大量のアクセスにも強い負荷体制
  • 運用サイト140万件、稼働率99.99%以上

エックスサーバーは、20コアCPU&192GBメモリー、RAID10オールSSD構成の高速環境と、同時アクセス処理に最適化されたnginxによる高負荷耐性を兼ね備えるレンタルサーバーです。

24時間365日のメール問い合わせが可能で、運用サイト140万件を支えるサポート体制も充実しています。自動バックアップをはじめとした、さまざまなサイト運営サポート機能も搭載しています。

3位:wpXクラウド

  • WordPress運用に最適な高速レンタルサーバー
  • サイト運営状況に応じた柔軟な拡張
  • 万全のセキュリティと多彩な機能

wpX Speedは、SSDストライピングや高性能CPUの採用、独自のチューニングで高速なWordPress運営を実現したレンタルサーバーです。

そのこだわりはセキュリティ面にも反映されており、WordPressのぜい弱性をカバーし、独自SSLも無料で利用可能となっています。さらに想定された月間PVに応じて7段階のプランを用意、サイトの成長にあわせて柔軟な拡張ができます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

オンラインストレージ
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
オンラインストレージの最近更新された記事
Googleドライブが同期されない時の対処方法 | 便利な使い方・裏技まとめ
Dropbox vs OneDrive vs box | オンラインストレージの料金プラン・容量・評判を法人&個人で比較
Google Oneとは?特典・プラン料金・支払い方法 - ファミリー共有でお得に
共同編集の方法 - メリット | クラウドストレージのツール
Box(ボックス)クラウドストレージの使い方・機能解説 | 導入事例や評判も
データ共有をクラウド化するメリット・デメリット | 注目サービス
クラウドストレージのシェア・市場規模 | 人気オンラインストレージ11選
オンラインストレージ導入事例 | 法人なら絶対に見るべきポイントと活用術
法人向けファイル共有サービス徹底比較 - オンラインの料金・容量
社外秘のPDFをネット上で公開中!?ファイルの保管場所にはご用心