コピー完了

記事TOP

IT資産管理システムの導入目的やメリットを解説

最終更新日:(記事の情報は現在から354日前のものです)
IT機器全般の効率的な一元管理を実現するIT資産管理システムが注目されています。背景にはセキュリティリスクやコンプライアンス違反を含む問題が大きく影響しています。IT資産管理の導入目的やメリットを解説します。

現在は、IT資産管理システムがなければ成り立たないIT関連企業での導入が目立ちます。しかし、デジタル化が当たり前の時代では、どの企業でも導入して当然の時代がやってくるでしょう。そこで、IT資産管理の意味と目的を解説します。

IT資産管理システムとは

IT資産管理システムとは、ハードウェアやソフトウェア、ライセンス、バージョンなどを正確に把握し、適切に管理するためのシステムです。IT資産は大切な固定資産であるため、棚卸時の照合を確実に行うことはもちろん、正確でセキュアな管理が必要になります。しかし人手で行のは容易ではありません。

IT資産管理とは

IT資産とは、情報処理を目的に所有する資産のことで、パソコンやスマートフォンといった端末、オンプレミスのサーバーやLAN構築のためのネットワーク機器、プリンターやスキャナなどの周辺機器を指します。また、IT資産にはこのようなハードウェアのほか、各端末にインストールされているOSやソフトウェアも含まれます。

次の記事では、IT資産管理についてよりくわしく解説しています。

IT資産管理とは?必要性と目的・ツールの選び方
IT資産管理とは、PCやソフトウェアなどの企業のIT関連固定資産を管理することです。IT資産管理(ITAM)の必要...
詳細を見る

IT資産管理の対象

それでは、IT資産管理の対象となるのは、具体的にどのような備品や製品になるのでしょうか。

ハードウェア・周辺機器

コンピューター本体やスマートデバイス、プリンターやスキャナー、メモリ、ハードディスクなどの周辺機器を含む、ハードウェア全般です。

ソフトウェア・ライセンス

IT資産として存在するすべてのハードウェアで利用されているソフトウェアが対象になります。ソフトウェアのライセンスをだれが利用しているのか、利用されていないライセンスはあるのかを把握。また、バージョンアップの状況やセキュリティホールの修正プログラムも確認する必要があります。

ネットワークインフラ

Ethernetケーブルやハブを含めた、ネットワークインフラも管理が必要です。

IT資産管理システムが持つ機能

IT資産管理システムが持つ代表的な機能を簡単に紹介しておきます。

ネットワーク検知機能

Wi-Fiをはじめとしたネットワークに接続されたハードウェアを検知して情報収集します。端末ごとの分類や不正接続のシャットアウトができる場合もあります。

ソフトウェア管理機能

収集した情報をもとにソフトウェアを特定し、ライセンスの管理や登録をできます。

ソフトウェア配布機能

アプリケーションやOSのセキュリティホールを修正したり、アップデートファイルを配布したり、自動インストールするためのスクリプトの設定したりできます。

リモートコントロール機能

メンテナンスやアップデートをリモートコントロールにて行う機能で、ヘルプデスク設置の際に有効です。

次の記事ではさらに詳しくIT資産管理の内容について記載しています。

IT資産管理とは?必要性と目的・ツールの選び方
IT資産管理とは、PCやソフトウェアなどの企業のIT関連固定資産を管理することです。IT資産管理(ITAM)の必要...
詳細を見る

IT資産管理システムの導入目的

IT資産管理システムは、管理業務を効率化するほか、コーポレートガバナンスや法令遵守の遵守にも重宝します。

内部監査とは?企業経営における役割を理解しリスクマネジメントへ
内部監査とは、企業の業務効率化や不正の未然防止を目的として行われる組織内機能です。一般にはあまり知られることのない...
詳細を見る

ムダなIT資産の見直し

従業員の異動や入退職によって変化するIT資産の使用状況を見直します。使用状況を管理できていれば、「退職者の使用していないコンピューターがあるのに、入社した従業員用に新たなコンピューターを購入してしまう」状況を回避でき、IT資産を有効に活用できます。

セキュリティリスク回避

セキュリティ対策をしている企業であっても、情報漏えいの事例は後を絶ちません。その原因のほとんどが、外出先での端末置き忘れや紛失によるものです。IT資産管理システムなら、紛失時に機密情報をロックできるほか、許可されていないデバイスの使用を制限できます。

コンプライアンス違反回避

コンプライアンス違反は、IT資産管理システムでの監視により、故意であるかないかにかかわらず排除および防止可能です。たとえば、許可なく企業所有のコンピューターにファイル共有ソフトをインストールしてしまう従業員がいるかもしれません。

IT資産管理システムにてテレワークでもリスク回避を

IT関連機器は、使い方の統一が難しく、とくにテレワークやリモートワーク環境では、個人の裁量によるケースが多くなりがちです。

しかし、情報漏えいの原因のほとんどが従業員による不注意だとするならば、なんらかの対策は必須であるといえるでしょう。

ネットワーク経由でIT資産の正確な情報を収集、管理し、制限をかけられるIT資産管理システムは、ガバナンスやコンプライアンスを守っていくのに最適なシステムといえます。

データの重要度がますます大きくなる今後、どのような企業でも必要とするサービスであると予想されるIT資産管理システム、この機会に導入を検討してみましょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
IT資産管理ツールの最近更新された記事