{{ message }}
Article square balloon green
2017-12-14

IT資産管理ツールの市場規模 | 拡大の背景とAI活用を視野に入れる今後の展開

ハードウェア/ソフトウェアを含むIT機器を資産として管理するIT資産管理ツール/ソリューションが注目を集めています。パッケージ/クラウドを含めたその市場規模はどのような状況にあるのか、おすすめのツールとともに紹介します。
セキュリティIT資産管理ツール
Large

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産管理ツールの資料を無料DL

近年、IT資産管理の重要性が増しています。

IT資産管理とは、企業内で利用されるコンピューターなどのハードウェア、アプリケーションなどのソフトウェア、周辺機器やネットワークインフラを含めたIT機器を資産として管理していくことをいいます。

なぜIT資産管理が注目されているのか、今後はどのような展開を見せるのかを解説していきます。

IT資産管理ツールに求められる要素の変化

IT資産管理ツールが人気になった要因として、刻一刻と変化するIT機器の進化があり、それに起因する時代背景がツールの変化を要求していることが挙げられます。

ここではIT資産管理ツールの変遷をみていきます。

IT資産管理ツールとは

2000年代初頭、企業における情報処理の重要性が高まり、効率化の追求が行われるようになると、それまで部署やチームで共有していたコンピューターは「ひとり1台」従業員個々に割り当てられるようになりました。

このため端末数が増加し、IT資産管理とともにPCライフサイクル管理やヘルプデスクの効率化が求められるようになり、IT資産管理ツールが登場し始めたのです。

この時点で重視されていたのは、ハードウェア/ソフトウェア情報の自動収集機能、端末のリモートコントロールなどです。

内部統制強化

2005年以降、個人情報保護法や日本版SOX法などが制定され、個人情報の漏えい防止とともに内部統制強化が企業に求められるようになります。

これをきっかけに、IT資産管理ツールには個々のPC操作ログの取得、持ち出し制限制御などの機能が実装されるようになりました。

内部統制を強化する方法として、ワークフローシステムの導入も挙げられます。

ワークフロー導入で内部統制を強化する方法 | 事例から見る業務効率化の実態 | ボクシルマガジン
ワークフローシステムとは業務効率化に伴って企業の内部統制を強化するシステムであり、近年その需要が高まっています。業...

労務管理強化

2009年以降になるとリーマンショックによる不況の波が日本にも押し寄せてきます。

これによって多くの企業がコスト削減を迫られることになり、IT資産管理にも大きな影響をおよぼしました。

具体的にはIT資産に関わるコスト削減とともに、従業員の残業抑制にともなう労務管理が必須となり、操作ログを可視化することによってムダな残業を減らす、有償アプリケーションの稼働状況を分析してムダな資産を減らすという方向にシフトしていくことになります。

以下の記事では、労務管理について詳しく解説しています。

労務管理とは?企業の抱える問題点と労務管理の果たすべき役割 | ボクシルマガジン
労務管理とは?企業における労務管理の問題点や労務管理で得られる効果について解説します。労務管理や勤怠分析におすすめ...

ライセンス違反対策

さらにソフトウェアメーカーによる本格的なライセンス監査も開始され、SAM(ソフトウェア資産管理)が重視されるようになります。

IT資産管理ツールでもSAMに高度な対応を求められるようになり、ソフトウェア有償・無償棚卸機能や台帳作成機能などが実装されるようになりました。

内部不正対策

2014年には内部犯行による大規模情報流出事件が発生し、それまで不正行為の抑止効果が期待されていた操作ログの概念に変化が生じるとともに、スマートデバイスの持ち出し制御があらめて見直されることになります。

つまり、これまで制御が甘かったスマートデバイスの扱いを強化すると同時に、何かあったときのために操作ログを収集するのではなく、不正行為などを防止するために操作ログを活用する方向へとシフトされていくことになったのです。

IT資産管理ツールのエンドポイントマネジメント化

IT資産管理ツールは「IT資産管理」「ソフトウェア資産管理」「リモートコントロール」「ファイル配布」など、端末に係る情報取得と制御に重点をおいて進化してきました。

しかし、時代とともに「不正PC遮断」「アプリケーションID監査」「メール管理」「サーバー監視」「デバイス制御」「Webアクセス管理」「操作ログ管理」という、内部不正対策が求められるようになってきました。

これは端末およびユーザーの行動すべてを含む、包括的な「エンドポイントマネジメント」を行うということにほかなりません。

外部脅威対策

さらに内部不正対策を行ううえで「Webアクセスを含むネットワーク管理」マルウェア対策」を実践していくことがIT資産管理ツールに求められ、結果的にサイバー攻撃などの外部脅威への対策も必須になっていることで、ますますエンドポイントマネジメントツールとしての性格が強くなっているのです。

以下の記事では、マルウェア対策について詳しく解説しています。

マルウェア対策を徹底解説!スマートフォン・対策ソフトなど | ボクシルマガジン
今や誰もが持っていると言っても過言ではないパソコン。ネットショッピング、ネットバンキングなど様々な利用法があります...

ツールの統合と全体の最適化

現状では、包括的に機能を統合したIT資産管理ツールはそれほど多くはなく、さまざまなツールが用途に応じて個別に適用されている状態だといえるでしょう。

上述したようにIT資産管理という概念は大きく変化してきており、個別ツールの連携が取れていない場合、それぞれを活用してセキュリティを含む目的を達成することが難しくなります。

今後はバラバラに運用されているツールの統合をはかり、広い意味でのIT資産管理に最適化させていく環境整備が必要になってくるでしょう。

IT資産管理ツールの市場規模

PCやスマートデバイスの進化が著しく、それらの活用方法が多様化する現代では、一般的にもIT資産管理ツールに対する概念が変化しているといえます。

2013年に矢野経済研究所が発表したプレスリリースでは、2013年度における「IT資産管理ソリューション」の市場規模は約311億円と予測されていました。

しかし、2017年4月に同様の調査が行われた際には、このカテゴリーが「クライアント運用管理ツール」に変更されており、IT資産管理の概念が、広くエンドポイントとなるクライアント全般を管理するという認識になっていることがわかります。

クライアント運用管理ツールの市場規模

それでは3年を経て、クライアント運用管理ツールの市場規模はどの程度成長しているのでしょうか。

下図は、2016年度までの実績および、2017年から2020年までの予測をもとに、クライアント運用管理ツールの市場規模をグラフ化したものです。

出典:矢野経済研究所 セキュリティウォッチ〜クライアント運用管理編

カテゴリー名変更が行われたため、2013年までの調査結果とは関連性がないようにも思えますが、2015年度実績が約396億円と、当時の予測とほぼ一致しており、2016年度には約427億円規模と、順調に拡大しているのがわかります。

今後の予測でも年8%前後での成長が見込まれており、堅調に市場規模が拡大する予測です。

IoT/ハイブリッドクラウドが拡大の要因

すでに解説したように、市場拡大の要因のひとつにはIoT進展による管理デバイスの多様化と急増があり、これにともなう内部不正要因や外部脅威リスクを排除したい、という企業の思惑が大きく影響していると思われます。

それに関連し、クラウド環境でツールを提供するサービスが大きく普及したことで、部署単位、チーム単位でそれらを独自に導入するケースも増加しており、ぜい弱性をついたセキュリティリスクを回避するため、これらを正確に把握・管理する必要性が高まってきていることも考えられます。

以下の記事では、IoTとクラウドの関係性とその活用法について詳しく解説しています。

IoTとクラウドの関係性 | 活用事例・方法・今後の展望とは | ボクシルマガジン
現在IoTが爆発的に普及しています。その背景にはIoTが抱えていた課題が解決されたことが挙げられます。IoT普及の...

IT資産管理ツールの今後の展開

今後も堅調な市場拡大が見込まれるIT資産管理ツールですが、これまでも時代の要求に応じて進化を遂げてきた歴史があり、その時々に応じた柔軟な対応が続けられていくことが予想されます。

それでは、現時点でIT資産管理ツールに求められ、実装と進化が予測されている機能とはなんでしょうか。

サイバーセキュリティ対策

エンドポイントマネジメントツールとして、統合的な機能を実装しつつあるIT資産管理ツールでは、現在もっとも注目されているのが外部脅威対策サイバーセキュリティ対策です。

これは、企業が今後3年間で強化していきたいと考える、IT投資項目アンケートでも一目瞭然です。

出典:矢野経済研究所 セキュリティウォッチ〜クライアント運用管理編

これに加え、従来はサーバを標的とすることの多かったサイバー攻撃が、ユーザーデバイスを標的としたものにシフトしつつあることが挙げられます。

出典:VERIZON DBIR 2016 REPORT

こうしたサイバー攻撃は年々巧妙化しており、一般的なセキュリティソフトウェアでは防御できなくなっているケースが増加しています。

以下の記事では、サイバーセキュリティ対策について詳しく解説しています。

サイバーセキュリティ対策まとめ | 一般的な対策・経営ガイドラインを解説 | ボクシルマガジン
ここでは、サイバーセキュリティの対策についての基礎知識を紹介し、経済産業省が出しているサイバーセキュリティ経営ガイ...

AIの活用へ

こうした状況の中、ベンダーではサイバーセキュリティ対策AIの活用を視野にいれ、開発を進めています。

その活用方法も「攻撃を早期発見して被害を最少化する」方向と「攻撃そのものを防止する」方向に別れており、いずれも自己学習型の異常検知技術が適用されています。

これらがさらなる市場拡大につながることも予測されており、完成度次第では成長率の大幅アップも期待できるでしょう。

また、IT資産管理ツール本来の機能である、IT資産最適化にもAIの活用が検討されており、開発が進められています。

おすすめIT資産管理ツール/サービス5選

IT機器の活用が多様化するなか、それを管理するIT資産管理ツールも多様化しており、導入検討にあたっては、IT資産規模や目的に応じてさまざまな製品を候補とすることが可能でしょう。

以下では、そのなかでもおすすめのIT資産管理ツール/サービスを厳選して紹介します。

e-Survey+

e-Survey+は、コストシミュレーションなどの企画・調達から、導入・展開、ソフトウェアの利用許可の有無確認やライセンス違反の確認などの運用・保守、資産の撤去・廃棄まで、IT資産のライフサイクルのすべてを徹底的にサポートするIT資産管理ツールです。

社内にある個人情報や、サーバまたはPCで保有している情報資産を分類分けして管理することにより、セキュリティレベルを高め、情報資産の価値、リスクグループ管理、資産の持ち出し状況を把握します。
そして正確な情報資産台帳によりリスクアセスメントの精度を向上させます。

部門ごとで管理者や、情報の変更を行わず管理情報の閲覧のみをさせたい使用者へ権限を与えることでシステム管理者の負荷を軽減します。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
e-Survey+の資料を無料DL

IT機器の現物管理 Assetment Neo

Assetment Neoは、IT機器の資産管理に必要な機能と、バーコードやRFIDを活用して棚卸し業務を1/5まで効率化するIT資産管理ツールです。

購入時の未納品一覧、キッティング未対応一覧、在庫一覧、移動・貸出時の申請・承認処理、履歴/期限管理のほか、部門ごとの月ごと利用料金の自動計算に対応し、バーコードやRFID、スマートフォンを活用した棚卸しで大幅な業務効率向上を実現し、IT資産の現物管理を強力にサポートします。

AssetViewなどのソフトウェアと連携することにより、さらに効率的なIT資産管理も可能となります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Assetment Neoの資料を無料DL

IT資産管理DREAMS 「インベントリツール運用サービス(ITMS)」

IT資産管理DREAMS インベントリツール運用サービスITMS(Inventory Tool Management Service)は、インベントリツールの運用(機能設定、データ収集、データベースへの反映)を代行し、収集データを分析して月次レポートとして報告を行う、導入社数120社以上管理端末30万台超のIT資産管理アウトソーシングサービスです。

ツールの導入が済んでいない企業のために、クラウド型のインベントリツールも提供しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産管理DREAMS 「インベントリツール運用サービス(ITMS)」の資料を無料DL

IT資産管理DREAMS「データベース提供・運用支援サービス」

IT資産管理DREAMS データベース提供・運用支援サービスは、クラウドでIT資産管理専用データベース「DREAMS DB」の提供と、登録データメンテナンスの支援を行います。

また、台帳データを分析して、月次レポートとして報告することで、IT資産管理のPDCAサイクル確立に向けてサポートしています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産管理DREAMS「データベース提供・運用支援サービス」の資料を無料DL

IT資産運用最適化サービス

IT資産運用最適化サービスは、ライフサイクルマネジメントにおける「企画・設計」「導入」「運用」「撤去・更新」の4つの各フェーズを状況・要望に応じてトータルでご提供するアウトソーシングサービスです。

「機器管理」「ライセンス管理」「契約管理」など、ライフサイクルにかかわる情報を一元管理できるクラウドサービス「PCLC-Web」を活用し、顧客とキッティングセンター間の「キッティング作業依頼」「作業進捗報告」を行います。

そのため、機器の動きと情報(ライセンス、所在情報)が自動連携され、差異が発生しがちな各種台帳の更新漏れを未然に防ぎます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産運用最適化サービスの資料を無料DL


その他、おすすめのIT資産管理のクラウドサービスは以下から。

IT資産管理はクラウドで!おすすめのサービス9選を紹介 | ボクシルマガジン
最近は多くのサービスがインターネットを通して提供されるクラウド型にシフトされてきていますが、IT資産管理も例外では...

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産管理ツールの資料を無料一括DL

情報化社会で重要度の増すIT資産管理ツール

デジタルトランスフォーメーションが進展する中で、多様な働き方を実現する働き方改革も推進されており、IT機器の活用も多様化しています。

このような状況でさまざまなリスクを回避し、安全なデータ管理を行っていくためにも、IT資産管理ツールが果たす役割はますます重要度を増しており、それが市場規模拡大傾向にも表れているといえるでしょう。

それと同時に、IT資産管理の持つ意味合いも変化しており、目的を明確にしたうえで包括的な見地に立ったツール選定を行うことが重要だといえます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
IT資産管理ツールの資料を無料一括DL

また、情報資産におけるIT資産管理ツール導入の重要性については以下の記事で詳しく解説しています。

IT資産管理ツールで社内の情報資産はどう変わるのか | 事例から見る活用法 | ボクシルマガジン
IT機器全般の効率的一元管理を実現するIT資産管理ツールが注目されていますが、そこにはセキュリティリスクやコンプラ...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事