コピー完了

記事TOP

労務管理の課題とは - 企業が抱える問題と適切な労務管理で得られる効果

最終更新日:
労務管理の問題点とは。働く環境の整備を担う労務管理業務は、「ヒト」に関わる重要な管理業務です。しかし課題も多く、また勤怠管理や給与計算などの作業に追われてしまい、基幹業務がおろそかになってしまうことも。企業における労務管理の問題点や適切な労務管理で得られる効果を解説するとともに、課題解決に役立つおすすめの労務管理ツールを紹介します。

労務管理とは

労務管理とは、企業において従業員が円滑に働くための環境整備をすることです。従業員の勤怠管理や給与精算、社会保険や労働保険などの手続き、健康診断の企画、労働組合の対策といった、会社の裏方を担う部署が行っていることが該当します。

労務「管理」と言われる通り、従業員の情報、社内ルールの情報、多様な情報を適切に管理・運用することが求められます。

企業における労務管理の問題点

労務管理を行う上で、重要となるのがさまざまな労働関連法規です。2015年の10月に「一億総活躍社会」と首相官邸から声明が出されてから、より多くの人が活躍しやすい環境を整えるため、多くの変更が加えられています。労務管理担当者はそういった変更点を的確に理解し、社内に適用させなければなりません。

しかしその一方で、労働基準法を順守していては今まで通り会社を運営するのは難しい…という状態の企業もあるかもしれません。労働環境を是正しないままであると、その結果「ブラック企業」とのレッテルを張られてしまい、社会的信用も失い、従業員の離職や採用の難航に陥ってしまうことも考えられます。

自社がコンプライアンス上問題のない運営ができているか労務管理者の目線で把握し、必要に応じて改善案を出し、常に訂正することが求められるのです。

労務管理で得られる効果

労務管理は、単に従業員を雇用する上での手続を行うだけではありません。適切に社内の環境を整えることで、社内風紀の維持や、従業員の生産性を向上させる役割もあります。

労務管理をする部署がしっかりとした社内ルールを作り、それを徹底することにより、社内全体の風紀・モラルが高まります。社内ルールを制定する際には、現場の声を元に社員にとって働きやすいものにすることも大切です。もちろん、作ったルールが形骸化しないよう、運用しながら改善していくようにしましょう。

法制度に基づいたルールが運用されれば、社員のモチベーションが上がることが期待されます。モチベーションが上がれば、社員は業務に意欲を持って望み、生産性が向上するようになるでしょう。

「長時間労働こそ美徳」という風潮は、今はもう過去のもの。適切な労働時間で成果を出し、それを十分に評価するような労務管理体制を構築することが、会社にとっても従業員にとっても重要な事なのです。

労務管理におすすめのツール

ここまでは、労務管理に関する問題や管理することのメリットについて紹介してきました。次は、労務手続きを効率的に行えるシステムや環境を整備し健康経営をサポートするツールについて紹介します。

本記事で掲載している労務管理システムや、今回紹介しきれなかったツールの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひツール選定の参考にしてみてください。

ジョブカン労務管理 - 株式会社Donuts

ジョブカン労務管理 - 株式会社Donuts 画像出典:ジョブカン労務管理公式サイト

  • 書類の自動作成
  • 申請手続きがオンラインでできる
  • 従業員の情報に柔軟に対応

ジョブカン労務管理は、社員の入社から退社までに必要となるさまざまな手続きを自動化してくれるクラウド型の労務管理サービスです。電子申請に対応しており、役所への申請もパソコンから簡単に行えます。煩雑な作業の多い労務まわりの業務時間を軽減し、組織の生産性を向上させます。

オフィスステーション - 株式会社エフアンドエム

オフィスステーション - 株式会社エフアンドエム 画像出典:オフィスステーション公式サイト

  • 手続きに必要な情報を自動入力
  • シンプルな画面構造と便利で簡単な機能
  • マイナンバーに完全対応

オフィスステーションは、社会保険や労務保険の手続き業務を効率的に行えるクラウド型労務手続きシステムです。便利で簡単な機能を搭載し、シンプルな画面構造なので誰でも簡単に使えます。登録データから手続きに必要な情報を自動入力でき、データが変更された際にも自動で更新してくれます。また、マイナンバーやe-Gov電子申請APIに完全対応しているので、業務工数を削減することに役立ちます。

楽楽労務 - 株式会社ラクス

楽楽労務 - 株式会社ラクス 画像出典:楽楽労務 公式サイト

  • 各種届出書の必要情報を従業員自身がWeb上で入力
  • 入力情報をもとに届出書を自動作成するので手間や時間を大幅削減
  • CSVファイルでの入出力が可能で、他システムと容易に連携

楽楽労務は、各種届出書のミスを減らし、手軽に作成できる労務管理システムです。届出書に記載する情報は、各従業員が自分自身でWeb上に入力します。手続きの進捗管理や情報の修正も簡単です。届出書は、入力された情報をもとに自動で作成されるため、届出書作成にかかる時間と労力を大きく削減し、人的ミスの防止にも役立ちます。入力された情報をCSVファイルとして入出力できるため、勤怠システムや給与システムなどの他システムとの連携も容易です。

SmartHR(スマートエイチアール) - 株式会社SmartHR

SmartHR(スマートエイチアール) - 株式会社SmartHR 画像出典:SmartHR(スマートエイチアール)公式サイト

  • 人事情報を簡単に収集して各種書類を自動作成
  • 手続きをすべてペーパーレスに
  • 従業員情報を一元管理

SmartHRは、人事・労務の手続きを簡単にするクラウド労務管理システムです。人事情報は従業員に直接入力を依頼・収集でき、それをもとに各種書類が自動で作成されるので、担当者の作業の大幅な削減につながります。すべての手続きがWeb上で完結するので、紙の配布や管理をゼロへ。従業員情報を一元管理することで、煩雑なエクセルでの管理やペーパーワークが不要になります。

ARROW - 株式会社S&A

ARROW - 株式会社S&A 画像出典:ARROW公式サイト

  • 給与計算に連動したタイムカード打刻アプリ
  • クラウド型なので法令改訂も自動で対応
  • 各種書類への自動転記で作業負担が大幅軽減

ARROWは、シフト勤怠管理から給与の自動計算、各種書類への自動転記機能を兼ね備えた労務管理システムです。ICカードのタイムカード打刻と給与計算が連動しており、日々の勤務履歴から給与計算書の作成まで完全に自動化できます。クラウド型のサービスであることから法令改訂なども自動で反映されるため、ユーザーがアップデートしなくても常に最新の状態で利用できます。複雑な年末調整も質問に回答していくだけでスピーディに完了できるので、年末の煩わしいタスクの一つから解放されます。

BeeMyNo(ビーマイナンバー)

  • 二重ログインと二重暗号化で安心のセキュリティ
  • 申請書はマイナンバー記載済み 
  • 閲覧ログの自動作成とダウンロードが可能

BeeMyNo「法的帳票出力」は、申請書や帳票にマイナンバーを記入済みで出力してくれるシステムです。法的な書類の多くはマイナンバーを確認する必要があるものが多く、それらの手間を一気に省いてくれるシステムです。便利さに加えて、情報漏えいが心配な個人情報も二重ログインと二重暗号化で保護しているためセキュリティの側面でも安心です。

キャンペーン:無料トライアル実施中サービスをまとめてご紹介

無料トライアル特典をまとめて比較

今回は人気のサービスの中でも、「無料トライアル期間」や「無料プラン」、その他特典があるサービスを厳選しピックアップしました。
ぜひ、比較・検討にお役立てください。


こちらの記事では、労務管理システムをはじめとする労務管理に役立つサービスを紹介しています。気になるかたはぜひご覧ください。

労務担当者のスキルアップに「労務管理士」

労務管理を担う上で、「社会保険労務士」と「労務管理士」という2つの資格があります。

「社会保険労務士」は社会保険や給与計算、資金調達などのスペシャリスト。資格を得るためには、国家試験に合格しなければなりません。社会保険労務士の資格を取得した人は、社内の労務管理担当として優遇されるだけでなく、資格を活かして独立・開業をすることも少なくありません。

「労務管理士」は民間資格になります(運営は一般社団法人日本人材育成協会・一般社団法人日本経営管理協会)。主に、社内人事制度の改善などの専門知識を有していることを示すものです。社内でのキャリアアップや成長を狙う人には、取得をおすすめする資格です。ただ、社会保険労務士とはできる仕事の領域が異なり、独立に結びつけるまでは難しいかもしれません。

上記2つの資格はいずれも、取得すれば確実にスキルアップにつながります。

労務管理担当者になったら

労務管理を行う上で、それぞれの手続について専門性を高めたり、なにか改善できることはないか周囲に気を配る姿勢も大切ですが、定期的に発生する業務には「効率化」という目線からも切り込んでみましょう。

たとえば、勤怠管理や書類提出スケジュールなどは、クラウドサービスを活用することで業務効率を大幅に上げられます(具体的なサービスについては、以下の記事で紹介しています)。

労務管理は、地味ながら会社にとって無くてはならない存在。今一度その存在意義を見直してみましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

労務管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
労務管理システムの最近更新された記事