労務管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

大企業向け「労務管理システム」おすすめ6選!選定のポイントと導入のメリット

最終更新日:(記事の情報は現在から54日前のものです)
大企業におすすめの労務管理システムをボクシル編集部が解説。大企業が抱える課題や、労務管理システムを選定する際のポイント、導入するメリットを紹介します。ぜひツール選びの参考にしてください。

【厳選】おすすめ労務管理システムをまとめてチェック!
労務管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ労務管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な労務管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ労務管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

大企業が抱える労務業務の課題

労務管理システムを導入していない大企業が労務業務で抱えている課題についてまとめました。あなたの企業でも同様の課題を抱えていれば、大企業向けの労務管理システムで解決できる可能性があります。

入退社の手続きが大変

大企業では従業員数が多い分、入退社の手続きも膨大な量になります。入社時には雇用契約書の作成や社会保険・労働保険の加入手続き、退職時には離職票の作成や年金事務所への手続きなど、煩雑な作業が伴います。

これらを紙ベースで行う場合、書類の印刷・配布・回収・保管といった手間もかかり、担当者の負担は大きいです。また、手続きの漏れやミスが発生するリスクも高まります。

労務管理にリソースが多くかかっている

勤怠管理や給与計算、年末調整といった労務管理業務は、従業員数が多い企業であればあるほど、その作業量も膨大になります。

これらの業務を手作業で行う場合、担当者は膨大な時間と労力を費やすことになり、本来注力すべき業務に手が回らなくなる可能性もあります。

大企業が労務管理システムを導入するメリット

大企業が労務管理システムを導入して得られるメリットは次のとおりです。

入退社の手続きが効率化できる

労務管理システムを導入することで、入退社に関わる各種手続きを効率化できます。従業員はWeb上で必要な情報を入力するだけで手続きが完了するため、担当者は書類の印刷や押印、郵送といった手間が省けます。

また、システム上で手続きの進捗状況を確認できるため、担当者は状況をリアルタイムで把握でき、手続きの漏れや遅延を防げます。

労務トラブルの防止につながる

労務管理システムでは勤怠管理や給与計算にも対応したサービスもあります。そうしたサービスは、労働時間や残業時間の正確な記録を可能にします。これにより、サービス残業や過重労働といった問題を未然に防ぎ、コンプライアンス遵守を徹底できます。

また、給与計算も自動化されるため、計算ミスによる未払い残業代といったトラブルを回避できます。

大企業が労務管理システムを選定する際のポイント

大企業が労務管理システムを選定する際は、いくつかのポイントが存在します。代表的なポイントについて解説します。

電子申請に対応しているか

大企業では、各種申請手続きの件数も膨大になります。紙ベースでの申請は、書類の作成・提出に時間がかかり、業務効率が低下する原因となります。

電子申請に対応しているシステムであれば、Web上で行政への申請が可能になるため、業務のスピードアップにつながります。また、申請書類の紛失や保管場所不足といった問題も解消できます。

すでに導入しているシステムと連携できるか

人事システムや給与計算システムなど、すでに複数のシステムを導入しているケースでは、労務管理システムがこれらのシステムと連携できるかを確認することは重要です。

連携することで、データの二重入力や転記ミスを防ぎ、業務効率をさらに向上させられます。

十分なセキュリティ対策が施されているか

従業員の個人情報や企業の機密情報を扱う労務管理システムには、強固なセキュリティ対策が不可欠です。情報漏えいや不正アクセスといったリスクを最小限に抑えるため、アクセス権限の設定やデータの暗号化といったセキュリティ機能が搭載されているかを確認しましょう。

また、システムを提供するベンダーのセキュリティ体制や第三者機関によるセキュリティ認証の有無も確認しておくと安心です。

おすすめ労務管理システムの比較表

【特典比較表つき】『労務管理システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『労務管理システムの資料15選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

大企業におすすめの労務管理システム6選

大企業におすすめの労務管理システムを紹介します。

クラウドハウス労務 - 株式会社Techouse

クラウドハウス労務
クラウドハウス労務
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

クラウドハウス労務は、大手法人向けのセミオーダー型労務管理システムです。クラウドハウス労務は次のような特徴があります。

  • 高いカスタマイズ性により実現する各社に応じたセミオーダー型設計
  • 入社手続きの自動化や雇用契約の電子化、社員情報の一元管理などが可能
  • 専任担当者による導入支援や電話・メールでの問い合わせ対応などサポートが充実

SmartHR - 株式会社SmartHR

SmartHR
SmartHR
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

SmartHRは、データ活用により組織改善を図る人事労務管理システムです。SmartHRには、次のような特徴があります。

  • 入社手続きが3ステップで完了できる
  • 電子署名が可能な文書配布機能を搭載
  • 人事評価やスキル・学習管理、配置シミュレーションなどタレントマネジメント機能も充実

ジョブカン労務HR - 株式会社DONUTS

ジョブカン労務HR
ジョブカン労務HR
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ジョブカン労務HRは、帳票作成を自動化できる労務管理システムです。ジョブカン労務HRは、次のような特徴があります。

  • 情報の入力・更新が必要な際は、従業員にワンクリックで入力依頼できる
  • ストレスチェックや電子契約の機能を搭載
  • 勤怠管理や経費精算、給与計算など豊富なシリーズを展開

オフィスステーション 労務 - 株式会社エフアンドエム

オフィスステーション 労務
オフィスステーション 労務
BOXIL SaaS AWARD Winter 2022 BOXIL SaaS AWARD Winter 2022 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

オフィスステーション労務は、いつでも好きな機能を拡張できるアラカルト型の労務管理システムです。オフィスステーション労務は次のような特徴があります。

  • 同社シリーズに勤怠や有休管理、年末調整などがあり、必要なものだけ利用できる
  • 社会保険や雇用保険など100種類以上の帳票作成に対応
  • 女性管理職比率や育児休業取得率などのデータをグラフや表で可視化できる

社労夢Company Edition - 株式会社エムケイシステム

社労夢Company Edition
社労夢Company Edition
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

社労夢 Company Editionは、社労士事務所での実績・ノウハウに、企業に必要な機能を追加した労務管理システムです。社労夢 Company Editionは次のような特徴があります。

  • 入退社や育休・産休、高年齢雇用継続などの手続き進捗管理を可視化できる
  • 既存の人事システムや給与計算システムとシームレスに連携できる
  • 公文書をダウンロード後に命名規則を設定して保存できる

LaKeel HR - 株式会社ラキール

LaKeel HR
LaKeel HR
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

LaKeel HRは、散在する人事データを統合し戦略人事を推進する人事労務管理システムです。LaKeel HRは次のような特徴があります。

  • 勤怠や給与を含む労務や人材育成や評価など人事・労務のデータを一元管理できる
  • カスタマイズには柔軟に対応
  • 契約から稼働後半年間は専任のコンサルタントが伴走し、業務フローの共有や改善ポイントをアドバイス

サービス選びは比較して検討しよう

労務管理システムを選ぶ際は、自社の状況に合った機能が備わっているか、他システムとの連携が可能か、運用コストはどの程度かなどを踏まえて検討することが重要です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくとよいでしょう。

労務管理システムは、次の記事でも詳しく紹介しています。

クラウド労務管理システム21選【比較表あり】ソフトの機能・価格・選び方
労務管理システムとは、従業員名簿や雇用手続き、電子申請、勤怠管理などの人事労務業務を効率化するサービスです。労務管...
詳細を見る
【厳選】おすすめ労務管理システムをまとめてチェック!
労務管理システムの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ労務管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的な労務管理システムを含むサービスを徹底比較しています。ぜひ労務管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

労務管理システム選び方ガイド_20240701.pptx.pdf
労務管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
労務管理システムの最近更新された記事