{{ message }}
Article square balloon green
2018-04-20

セミナー集客のノウハウ伝授 | 集客を増加させるためにすべきこと

企業がセミナーで継続的に集客するためのポイントについて解説していきます。多くの企業が集客に失敗する原因を説明し、恒常的に集客し続けるためのコツを押さえておきましょう。
その他その他ビジネス
Large

いまや業界や業種を問わず、多くの企業が自社の商品やサービスを顧客に認知してもらうためにセミナーを開催しています。

初めから商品を購入する意思を持っている顧客ならばともかく、買うべきかどうか迷っている段階の顧客を成約まで結びつけるのは簡単なことではありません。それはあなたも普段から身に染みて感じていることでしょう。

企業セミナーは、そういった見込み顧客に興味をもたせるための情報やノウハウを提供し、そこから自社商品の売込みをかける手法として多くの企業が実践し、実際に成功を収めています。

本記事では、企業がセミナー集客をする際に、最低限押さえておかなければならない点について解説していきます。

開催前にまずやるべきこと

まず、実際にセミナーを開催する前にやるべきことを、順を追って説明していきます。

セミナー開催の目的を明らかに

セミナーを開催するにあたっては、まず「何のためにセミナーを開くのか」という目的を明らかにしておかなければいけません。

多くの企業にとってセミナーを開く目的は、自社の商品を購入してもらい継続的な利益を上げることでしょう。ただ、最終的な目的はそこにあるにしても、そこに至るまでのどのプロセスをセミナーの目的とするかで、構成や提供すべき情報が変わってきます。

たとえば、顧客の持つ悩みや問題を解決するための知識を提供するのか、すでに自社の商品を使っている既存客向けにさらに詳しいノウハウを提供するのかでは、セミナーの構成や進行を変えなければいけません。

コンセプト設定

セミナーの目的を明らかにしたら、次にその核となるコンセプトを決めます。これは言い換えれば他のセミナーと差別化するためのポイントのことであり、顧客が自社のセミナーを受けるに値する理由づけのことです。

たとえば、販売店を営む顧客向けに集客のノウハウを伝授するためのセミナーを開くのであれば、「過去に倒産の危機に瀕しながらも、独自の集客ノウハウによって経営を改善させた」といった具体的な実績を前面に押し出せば、参加者は実績のない講師の開くセミナーよりも魅力的に感じます。

ターゲット設定

コンセプトを決めたら、集客すべきターゲットを設定します。

上述のように、コンテンツありきで盲目的に集客するのではなく、ターゲットを設定したうえでしっかりとリサーチをして、顧客の抱える課題や悩み、問題点を明らかにしておく必要があります。

もし、セミナーで提供したい情報と顧客ニーズに乖離があれば、ターゲットを変更するか提供するコンテンツに変更を加える必要が出てくるでしょう。

開催日から逆算してスケジューリングする

セミナーの内容が決まったら、開催日から逆算するように具体的なスケジュールを決めていきます。

イベントページを立ち上げたり、顧客にDMを送ったりする段取りを決め、できるだけスケジュールどおりに実行するようにします。集客の一部をアウトソーシングする場合は、その企業との打ち合わせなどにも時間をとられるため、ある程度余裕をもったスケジューリングをすることが重要です。

当然、参加者の都合も考慮しなければならないため、告知や申し込みに関する情報は、最低でも1か月以上前にする必要があります。

セミナー案内が作成できる無料テンプレートをご紹介!【早い!簡単!無料!】 | ボクシルマガジン
ここではセミナー案内を送付する際に使用できる無料テンプレートをご紹介します! このテンプレートひとつで毎回文章を作...

セミナー集客を成功させるためのアイデア

次に、セミナーの集客を成功させるために役立つノウハウやアイデアをいくつか紹介します。

顧客リストを活用する

もっとも簡単で集客率の高い手法は、すでに自社が所有している顧客リストに対して、セミナーの詳細を記載したDMやメルマガを流すことです。

既存客向けに新商品を売り込みたい場合はもちろん、他社と共同で行うセミナーなども、両社の顧客リストに対して情報を発信することで高い集客率を得ることが可能になります。

オンラインを活用する

自社サイトに恒常的に多くの訪問者がいるならば、ホームページの目立つ場所にセミナーの開催情報や申し込みページへのリンクを掲載するとよいでしょう。

これは多くの企業が実践していることですが、リンクをクリックしていきなり申し込みページに飛ぶよりも、セミナー専用のサイトに飛ばして詳細を説明してから申し込みページに誘導した方が有効です。

専用サイトではセミナーの概要をはじめ、参加することで得られる具体的なベネフィットや、これまで実際に参加した人の声などを掲載するとよいでしょう。

SNSを活用する

SNSによる集客も多くの企業が実践していることです。TwitterやFacebook、Instagramなどにたくさんのフォロワーをもっていれば、告知をシェアしてくれたり、リツイートなどで情報を拡散してくれたりする可能性が高くなります。

また、Facebookの広告はターゲティングのしやすさや精度も高いといわれていますから、予算に余裕があるならば積極的に活用することをおすすめします。

Facebook広告とは | メリット・費用・配信方法・導入のポイント | ボクシルマガジン
ここでは、Facebook広告の運用する際にかかるコストとその効果について解説します。また、Facebook広告の...

リスティング広告を活用する

広いリード層に発信する方法としては、ディスプレイやインフィードなどのリスティング広告を活用するやり方が有効となります。

Facebook広告などのように、ターゲット層にピンポイントにリーチするわけではありませんが、ある程度の規模のセミナーを開催するためには、リスティング広告などを活用しなければ人数が集まらないかもしれません。

効果的なランディングページ(LP)やコピーなどと組み合わせれば、たとえ新規の見込み顧客でも十分に集客できる可能性があります。

セミナーを成功に導くPDCA

続いて、恒常的にセミナー集客をしていくためのポイントについて解説します。

A/Bテストを繰り返し実行する

セミナー集客用のLPやメール、DMなどのA/Bテストを繰り返し、しっかりと効果を測定することが重要です。レイアウトやコピーの文言などを何パターンか用意し、どちらがより反応が高かったかを定量的に測定し、効果の高かったものを残していきましょう。

一つの媒体に対して何パターンか用意することになるため、人によっては非効率で面倒に感じられるかもしれません。

しかし長い目でみれば、A/Bテストを繰り返すのと盲目的に同じ集客ツールを使い続けるのとでは、成果に圧倒的な差が出てきます。

年間スケジュールを作成する

セミナーを何回も開催する場合は、全体を見通せる年間スケジュールを作成して集客方法を改善し続ける必要が出てきます。

また開催ごとに上手くいった点や改善点を洗い出し、地道な改善を繰り返すことが大事です。

特に計画から準備、セミナー当日の運営までの全体を通じて改善点を洗い出すことが重要で、それによって徐々に効率的で無駄のないセミナー運営が実現でき、費用対効果の大きいセミナー開催が可能になります。

セミナー管理システム9選|運営効率化と開催の効果を最大限に発揮するために | ボクシルマガジン
自社の製品を知ってもらい、ユーザーや消費者と接触できる機会を持つことができるのがセミナー。ですが、セミナーも準備に...

セミナー集客のメリット

これまでセミナー開催にあたっての集客のポイントを紹介してきましたが、一番初めの目的設定でつまづいている方もいるかもしれません。

何のためにセミナーを開催するのか、ここで改めてメリットを振り返ってみましょう。

セミナーによる集客のメリットとしてもっとも大きいのは、提供するコンテンツの内容や話の流れを自社で完全にコントロールできることでしょう。

営業活動では自社の商品やサービスを説明する必要が出てきますが、はじめからそういった話をしてしまうと、聞き手である見込み顧客にとっては退屈だったり、興味を惹かれなかったりすることが多くなります。

一方、セミナーという形式をとれば、聞き手(つまり見込み顧客)にとって知りたい情報や役立つノウハウ・コツなどを伝授しつつ、その流れで自然に自社の商品・サービスの説明に入ることが可能になります。

これによって成約率が高まり、安定した収益に結びつけられます。

セミナー集客ができない原因

しかし、セミナー集客に成功している企業もいるなかで、なかなか見込み顧客を集客できずにいるセミナーも少なくありません。

特にこれまでセミナーを開催したことのない企業が集客に失敗してしまう原因として、主に以下の点が考えられます。

集客するターゲットが曖昧なままである

集客対象とするターゲット顧客が曖昧なままセミナーを開催し、芳しい反応を得られなかったというケースは非常に多くあります。

たとえ自社のもつ商品や提供するスキル・ノウハウに自信をもっていたとしても、単なる思いつきでセミナーの内容を決めてしまうのは避けるべきです。聞き手である見込み顧客がはじめからこちらの提供する商品をすぐにでも購入したいと考えるケースは稀です。

まずしっかりとターゲット顧客の悩みや関心ごとは何かをリサーチし、セミナーで提供する情報がそれを解決できるような魅力的なものに見えるように工夫をする必要があります。

顧客にとって内容が魅力的でない

これもターゲットが曖昧なために失敗してしまうケースとつながりますが、顧客の興味分野と異なるコンテンツを提供しても、当然ながら反応はよくなりません。

最終的に提供したい商品やサービスの情報から逆算して、セミナーのコンテンツを決めてしまうケースは多くあります。

しかし、顧客ニーズのリサーチをしておかなければ、提供する情報は顧客にとってピントのずれたものになってしまったり、まったく興味の惹かれないものになったりすることが往々にしてあります。

セミナーのコンテンツは商品ありきではなく、顧客ニーズありきで構成を考えなければいけません。

参加に関する顧客の不安を取り除けない

セミナーを活用した営業手法が一般的になっている今では、参加する側も主催企業の「自社の商品を売り込みたい」という最終的な狙いを知っています。

そのため、参加にあたっては「無理な営業を掛けられないか」といった不安をもつことに加え、会場の雰囲気が自分に合っているかといった「快適さ」に関する部分も気になっていることを押さえておく必要があります。

こういった不安を取り除くためにも、事前にレジュメを公開したり、実際の会場の様子を写真で紹介したりして、参加者の不安をできるだけ取り除いてあげる工夫をすることが大事です。

告知が足りない

何度もセミナーを開催するつもりならば、有料の広告を出すなど恒常的に集客できる仕組みを戦略的に考えておかなければなりません。

企業ブログやSNSで情報を発信するだけのセミナー告知をしている企業は多くあります。しかし、これはすでに自社に興味をもってくれている顧客に対しては有効である反面、それ以外のターゲット層を恒常的に集客し続けるには、あまり適切な媒体ではありません。

特に新規の見込み客を安定して惹きつけたいと考えるならば、ある程度お金をかけて積極的に広告を出していく必要があります。

セミナー集客の成功は地道な改善から

以上、企業セミナーの集客方法について解説してきました。セミナー成功のコツは、ターゲット顧客のニーズをしっかりと調査し、その人々に訴求するコンテンツを提供することにあります。

多くの企業が「商品ありき、サービスありき」で一方的な情報を提供するセミナーを開いてしまっていますが、恒常的に集客するためには顧客のニーズをしっかりと把握しなければいけません。

そのうえでA/Bテストを繰り返し実行し、実際に結果の出る集客法を自分なりに確立することが重要となります。継続的な改善ことが、最終的な成功のためのカギなのです。

また、セミナーに関連してオンラインセミナー動画配信である「ウェビナー(Webinar)」については以下の記事もご覧ください。

ウェビナー(Webinar)とは | オンラインセミナー動画配信 - メリットや成功のポイントを解説 | ボクシルマガジン
近年オンラインで有効なマーケティング手法として注目されているウェビナー(Webinar)について、そのポイントや導...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ