コピー完了

記事TOP

キャリトレの評判・口コミを徹底調査 | 登録前に知っておきたい特徴とポイント

最終更新日:
キャリトレはビズリーチが運営している20代の若手をターゲットにした転職サービスです。キャリトレの評判・口コミを調査し、登録する前に知っておきたいポイントやサービスの特徴をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

キャリトレは、ビズリーチが運営している20代の転職に特化したサービスです。調査結果からキャリトレの総合評価をまとめました。

評価 コメント
総合評価 20代特化の転職サービス。アプリで気軽に転職活動を始められる。
求人量・質 20代特化の求人が多い。ベンチャー企業の求人も。質にはバラツキあり。
提案力 新着求人の通知が多い。スカウトメールあり。
サポート体制 定期的にレジュメなどの更新が必要になる。

そんなキャリトレの評判や口コミを、特徴とともに紹介します。

キャリトレの良い評判・口コミ(メリット)

キャリトレは20代に特化したサービスなだけあって、20代向けの求人は豊富です。新着求人の通知やスカウトメールも多く、毎日求人をチェックしたい方にはおすすめでしょう。

「レコメンドやスカウトが多いのは嫌だな」と、感じる人には合わないかもしれません。

キャリトレ利用者からの良い評判や口コミとして特に多いものをまとめたので、利用を検討する際の参考にしましょう。

「20代に特化した豊富な求人」

キャリトレを利用する2つ目のメリットとしては、登録者の70%が20代ということもあり、若い世代向けの求人が多いということです。

比較的、「高学歴」「ハイキャリア」の若者をターゲットにしているので、大手の有名企業など年収が高い求人も多く含まれています。

>>20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

「レコメンドされた求人が届くので便利」

キャリトレが転職者の好みや希望職種を分析して、その方に合った求人をレコメンドしてくれます。

また、キャリトレから毎日求人情報が届き、ウェブ版でもアプリでも同じように「興味がある」「興味がない」をワンタッチで操作することで、求人に対してアクションができます。

「プラチナスカウトでスピーディーに内定がもらえた」

キャリトレでは、単なる宣伝メールが多く来ます。希望とは異なる職種のメールもありますが、スカウトのメールが多く来るので選択肢が広がります。

スカウトメールの中には、書類選考を省略していきなり面接から始められる「プラチナスカウト」があります。転職者にメールが届いた時点で企業は実績や経歴に興味を持っているため、内定を得やすいと言われています。

特に多い評判は「スカウトメールがたくさん来る」といったものです。スカウトメールが多いと、内定にもつながりやすくなるので、良い評判につながっていると考えられます。

\20代必見!レコメンドされた求人が届く/

その他の口コミ

実際にキャリトレを利用した方のリアルな口コミ()を2件掲載します。参考にしてください。

【評判①】30代女性・技術職・年収700万の口コミ
サイトが見やすく、内容も充実していたので、大変使いやすかったです。給与や勤務地、福利厚生など知りたい情報が正確に掲載されており良かったです。スタッフの方も親切かつ丁寧でしっかりとアドバイスしてくれました。おかげさまで思ったよりも早く転職することが出来ました。ただ求人は地域によって多少ばらつきがあったように思えました。私は地元の熊本県で働きたかったのですが、熊本のような地方における求人はあまりなかった印象です。
【評判②】20代女性・事務職・年収500万の口コミ
大企業はもちろん、中小企業も優良な求人が多くて全体的に質が高いと感じたのでとても満足でした。また人工知能が合う企業を提案してくれるというのが、新しいやり方だし現代的でおもしろいなと感じました。しかし担当者の人が話を聞いたうえで企業を提案してくれる方が当たり外れが少ないと感じたので、私にはあまり合っていないのかなとも思いました。

>>>キャリトレ以外の転職エージェントTOP3をチェックする

キャリトレの悪い評判・口コミ(デメリット)

キャリトレには良い口コミばかりでなく、スカウトメールが悪い評判や口コミにつながっていることも多いようです。

レコメンドやスカウトが多過ぎて煩わしい

レコメンドやスカウトが来ますが、多くが、自分の希望する条件に合わないという悪い口コミがありました。自分に合わないスカウトが来る理由としては、情報の記載が甘かったり、希望職種が漠然としていたりする場合が多いです。

こうしたミスマッチを防ぐためにも、登録の際により詳しく希望やスキルを入力するようにしましょう。

アプリがあるのに連絡がメールばかり

キャリトレはiOSとAndroidの両方で専用アプリを展開しています。それにもかかわらず、連絡がアプリに来るため、「せっかくの案件が埋もれてしまう」「メールで確認するのが面倒」といった評判につながっているようです。

スカウトが多いのはありがたいと感じる人がいる一方で、人によっては煩わしいと感じるケースがあるようです。


その他のおすすめ転職サービスは次の記事をご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

登録前に知っておきたい特徴とポイント

キャリトレには次のような特徴があります。

  • 20代向け
  • 求人数10万件以上
  • 登録が簡単

利用者側は料金が一切かからず無料なのも魅力的です。

求人数が多く無料で利用できるため20代の転職にはいいサービスと言えますが、登録する前に知っておきたいポイント・注意点が2つあるので事前にチェックしておきましょう。

①:転職活動のサポートはあまり期待できない

キャリトレは、dodaマイナビエージェントのような転職エージェントと異なり、担当のキャリアアドバイザーがつかないため、自分で求人情報を集める必要があります。

担当アドバイザーがつかないということは、次のようなエージェントサービスは受けられないので注意しましょう。

  • キャリア面談・相談
  • 求人紹介
  • 応募に必要な書類の指導(履歴書・職務経歴書)
  • 面接対策
  • 面接日調整
  • 給与交渉

手厚いサービスを受けたい場合は、他の転職エージェントにも登録して、転職活動をすることをオススメします。

キャリア面談・相談

転職エージェントに登録すると、最初に担当エージェントと対面または直接の面談になることが多いです。面談では転職活動を効率良く進めるための相談をし、作戦を一緒に考えていきます。

キャリトレのみを利用する場合、転職に関する相談ができずに1人で考えなければいけなため、不安になることが多いです。

求人紹介

転職エージェント利用した場合、キャリア面談・相談の内容から、自分の経験・スキルに合った求人を担当のエージェントが厳選し紹介してくれます。

そのため、ネット公開されていない非公開の求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

キャリトレでは基本的にネット公開されている求人から自分で選択して応募するため、良い案件には応募者が多く倍率も高くなります。

職務経歴書の添削・面接対策のサポート

転職をする際は、履歴書・職務経歴書の提出や面接を受ける必要があります。

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書・面接対策など、転職活動に関するさまざまなサポートが受けられます。

面接日調整・給与交渉

転職エージェントは企業と求職者の間に入ってくれるため、面接の日程調整や給与・待遇の条件交渉を変わりに行ってくれます。

キャリトレを利用する場合は、これらの調整や交渉を普段の仕事と並行して行う必要があることを理解しておきましょう。


手厚いサポートを受けたい場合は転職エージェントに登録しよう

  • 頼れる相手に相談をしながら転職活動を進めたい
  • 本当に転職をするべきなのか悩んでいる

上記に当てはまる方は、転職活動を始める前に一度転職エージェントに相談しましょう。

②:30代以上には向いていない

まずデメリットとしてあげられるのが、20代をメインターゲットにしているので、30代以上の方にはあまり向いていないということです。

30代以上の方の場合は、より幅広い年齢層をターゲットにしたサービスであり、ハイクラスを視野に入れたサービスの方が、希望に近い求人に出会える可能性が高くなります。

そこでおすすめできるのが、キャリトレと同じ会社が運営しているビズリーチです。30代以上の方はこちらを使うことも考えましょう。

キャリトレの登録手順・ログイン方法

キャリトレを利用するには、利用者登録が必要です。登録は「生年月日など基本情報の入力」「希望条件などの登録」「職務経歴などを登録」3段階の流れとなります。

基本情報の記入

まずは、キャリトレのホームページにアクセスし、ページ左にある「さっそく使ってみる」をクリックし、基本情報として生年月日や今までのキャリアなど9つの基本情報を入力する必要があります。具体的には次のようなものです。

  • 希望転職時期(いつまでに転職したいのか)
  • 経験社数
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 性別
  • 現住所
  • 最終学歴
  • 連絡先

就業状況・希望条件を記入

基本情報の入力が終わると、就業状況や、希望する業種や職種、年収といった条件の入力を行います。これらをしっかりと書くことで、より自分の希望に合った企業の紹介が受けられるようになります。入力が必要なのは次の項目です。

  • 直近の業種
  • 直近の職種
  • スキル
  • 直近、あるいは現在の年収
  • 希望勤務地
  • 希望業種
  • 希望職種
  • 希望年収

職務経歴を記入

希望条件などの入力が終わると、職務経歴を入力します。現在の会社やそこでの働き、アピールすべきポイントをしっかりと書きましょう。そうすることで、自分の能力を活かせる企業に出会える可能性が高まります。入力するのは次の項目です。

  • 現在の就業状況
  • 直近の在籍企業のこと
  • 直近の在籍企業の業種
  • 直近の在籍企業での担当業務
  • 直近の担当業務での実績・アピールポイント
  • 直近の業務内容の詳細
  • これまでのマネジメント経験について

>>>キャリトレ以外の転職エージェントTOP3をチェックする

ログイン方法

キャリトレのホームページにアクセス後、右上のログインをクリックすると、上記画面が出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力するとログインができます。

登録後の設定

登録が完了すると、「メール配信の設定」「スカウトサービスの利用設定」「経歴非公開・スカウトNG企業設定」「職務経歴書」の4つの設定ができるようになります。

メール配信では、すべてのメールマガジンが配信されるようになっているなど、設定を変更した方が良い項目もあります。評判のなかには、「関係ないメールが多い」というのもあるので、必要に応じて4つの項目は設定を見直しましょう。

\20代必見!レコメンドされた求人が届く/

キャリトレのアプリ

キャリトレには、iOSとAndroidの両方にスマートフォン用の専用アプリがあります。いつでも簡単に求人のチェックができ、パソコン版同様、ワンタッチで求人を「興味がある」「興味がない」と振り分けられるので便利です。

キャリトレの退会方法

「転職が成功した」「他の転職サービスを利用したい」などといった理由でキャリトレを退会したい場合の手順について紹介します。

キャリトレにログイン後、マイページの設定から退会ページをクリックします。その後、退会理由を記載し、退会完了となります。

キャリトレと併用したい転職エージェントTOP3

転職活動をスムーズに進めるためにキャリトレと併用したいおすすめの転職エージェントは次のとおりです。

それぞれのサービスのおすすめポイントを紹介します。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っています。リクルートエージェントの転職実績データによると年間23,000人の転職決定者のうち約7割は25歳以下〜35歳の方です。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの評判・口コミ | 調査結果からわかる特徴はこちら
20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:20代の転職活動におすすめ
大手人材派遣会社マイナビが提供する20代におすすめの転職エージェントです。国内最大級の転職支援実績をもち、20代に信頼されている転職エージェントNo.1の評価を得ています。また、業界の未経験者にも丁寧にアドバイスしてくれるため、特に20代のはじめての転職活動におすすめです

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの評判・口コミ|20代・第二新卒の転職はこちら
第二新卒の転職におすすめのエージェントはこちら

3位:ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチは年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:年収1,000万円を超える求人が多数
経営幹部などのプロフェッショナル人材向けのハイクラス転職サイトです。管理職や専門職をはじめ、一般職の高額案件などを多数抱えています。幅広い業界の求人を紹介しており、年代も20代から40代までたくさんの方が登録しています。

■ポイント3:キャリアアップを望む20代若手におすすめ
これまでのキャリアや経験を活かして一歩を踏み出したい20代におすすめです。キャリアアップ・年収アップを実現したビジネスパーソンが多くいます。

ビズリーチの評判・口コミは?ハイクラス層向け転職エージェントの特徴はこちら
30・40代・管理職向けハイクラス転職サイトの紹介はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)


薬剤師や医師、看護師といった業界特化の転職サイトランキングはこちらから。

キャリトレの導入を検討されている企業の方へ

キャリトレは月額利用料金5万円から利用でき、「プラチナスカウト」を使うことで採用したい人材に絞りこんだアプローチが可能なため、従来よりも業務効率化を見込めるでしょう。上記で紹介した特徴を押さえて、新卒採用に活用してみてください。

キャリトレ利用で手軽に転職活動を

20代の若手をターゲットにした転職サービスであるキャリトレは、「手軽に登録できて使える」「良質の豊富な求人」などで、利用者を伸ばしている状況です。

キャリトレは、プロフィールや希望条件、職務経歴などの入力で簡単に始められ、「たくさんスカウトが来る」という良い面があります。

書類審査が免除され面接が確約されるプラチナスカウトを活用し、転職して年収アップを実現させることも可能です。

しかし、転職エージェントのように担当者がついてサポートはしてくれないなど、不足している部分もあります。

利用する場合は、他の転職サービスやエージェントと使い分けることも良い選択肢です。

キャリトレとその他転職サイトとの比較はこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

※スマートキャンプ調べ(クラウドワークス経由):過去3年以内に、対象の転職エージェントをご利用された方の口コミ 2019年3月・9月実施

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(20代)の最近更新された記事
20代向け転職サイトおすすめを比較 | 第二新卒や20代後半・女性向けを厳選
フリーター向け求人サイト8選 | 正社員採用・仕事探しに強いサービスを探すなら
第二新卒が大手企業に転職成功するためのポイントとは | 採用されやすい転職理由
第二新卒とは | 期間・新卒との違いや求められるもの - 転職は厳しい?
20代におすすめの転職エージェント19選 | 利用すべき理由と活用方法・選び方
フリーターから正社員就職できる支援サイト・サービス | 方法と準備・利用メリット
フリーター向け就職サイト・エージェントおすすめ16選 | 正社員に転職しやすい職種
20代が未経験職種・業界に転職するときの注意点・ポイント | 転職エージェント・サービスのおすすめ
【正社員】第二新卒の転職サイト | 成功・失敗を分けるポイント - おすすめ転職エージェントも
第二新卒向け転職サイトおすすめ5選 | 就職活動時の注意点