コピー完了

記事TOP

社食とは?導入メリットや必要な準備・おすすめサービス

最終更新日:
社食とは「社員食堂」の略称で、会社の中にある従業員のための食堂のこと。福利厚生の一環として導入されます。社食導入におけるメリットや導入に必要なこと、さらに社員食堂の導入方法やオススメの社員食堂サービスを解説します。

社食とは

社食とは、「社員食堂」の略称で、会社の中にある従業員のための食堂を指します。企業が福利厚生として持つ食堂施設のことです。

ひと昔前まで、社食は従業員の嗜好や健康を考慮しないケースが多く、「食事ができればいい」程度のものが多くありました。しかし最近では、従業員の健康を意識し、栄養バランスとカロリーを考えたヘルシーメニューを揃える社食が主流になってきています。

また、必要な量だけを食べられるように、ビュッフェ形式の社食を提供する企業もあります。

社食がもたらす企業へのメリット

社食は、社員の健康や満足度を高めるだけでなく、コミュニケーション活性化を含め多くのメリットもあります。社食がもたらす企業側へのメリットを解説します。

従業員同士のコミュニケーションが活発化する

社食は、ランチタイムや休憩時における従業員同士の交流の場となり、コミュニケーションが増え、チームワーク向上につながります。食事中は気軽に話せるので、仕事の話だけでなくプライベートの話もでき、一緒に働く仲間の新しい一面を発見できるでしょう。

従業員の健康管理・維持・増進のサポートができる

社食があれば外に出かける手間がないため忙しい従業員でも昼食をとりやすくなるというメリットがあります。

忙しいと昼食を抜いてしまう傾向がありますが、昼食をとらないと午後の仕事のパフォーマンスを落としてしまう可能性も。

近年は健康を意識したメニューを取り入れた社食サービスも増えているので、従業員に栄養バランスのとれた食事を提供でき、結果として、従業員のパフォーマンス向上や健康管理が期待できます。

採用時のアピール要素として使える

マンパワーグループの調査(2015年)によると、「会社の福利厚生として良いと思うもの」として「食堂・昼食補助」を選択した人が33.9%と、福利厚生の中でも人気を集めていることがわかります。

求人の募集要項で「社食あり」と記載することによって、応募者が増え、入社後のエンゲージメント向上にもつながる可能性があるというメリットが社食にはあります。

社食がもたらす従業員へのメリット

社食の導入は企業側だけでなく従業員にもメリットがあります。食費や健康面にフォーカスしてメリットを解説します。

食費を抑えられる

社食は外食よりも総じて安いため、従業員は食費を抑えられることがメリットです。ただし、量が少ないと感じる人にとっては、「量のわりに値段が高い」と感じることもあるようです。

すぐに食事ができる

会社内に食堂があるので、昼食の時間になったらすぐに食べに行けます。飲食店を探す時間や移動時間がなくなるため、昼食の時間を短縮し、休憩時間が長くなるため午後の生産性向上につながる点がメリットです。

栄養バランスの整った食事ができる

最近の社食サービスは従業員の健康を考慮したメニューが多く、管理栄養士が監修している場合もあり、低カロリーで栄養バランスがよい食事を取れるのもメリットです。

社食の導入に必要なこと

社食をオフィス内に設置する場合には、保健所の許可や税務上の処理が必要です。設備投資の面も含め、社食導入に必要な準備を解説していきます。

設備投資が必要

社食を導入するにあたっては、飲食店を1店舗建てるほどの初期投資が必要になります。さらに導入後には、社食で働くスタッフの人件費や食材費、社食の施設費用などランニングコストもかかります。

ソフトバンクはワンフロア丸々社食になっているため、会社規模が大きくなればなるほどそれだけ費用がかかるということを覚えておきましょう。

保健所の許可が必要

飲食設備を導入するので、管轄の保健所に申請書を提出して許可を受ける必要があります。定期的に、保健所の衛生管理調査にも対応しなければなりません。

社食提供で必要な税務上の処理が必要

社食には税務上の処理があり、現物支給として従業員の給与に上乗せしなければなりません。それに関する税務上の処理作業も発生します。

  • 提供する食費の50%以上を従業員から徴収すること
  • 事業主の負担額が月3,500円(税抜)以下であること

※出典:No.2594 食事を支給したとき|源泉所得税|国税庁

上記を超えると、現物支給の対象になり従業員の給与に課税する必要があります。

社食導入・運営の方法

社食の導入および運営方法には4つのパターンがあります。1食あたりの価格は、どの導入方式でも350円~600円が相場のようです。

  1. 直営方式
  2. 準直営方式
  3. 外部委託方式
  4. お弁当提供方式

1.直営方式

直営方式の社食は、調理師や栄養士などのスタッフを雇用して運用します。

【導入事例】安田生命保険相互株式会社

明治安田生命の社食は、従業員の意見を取り入れながら栄養管理士と一緒にメニューを作り、提供しています。そのため社員からの評価も高いようです。社員食堂の雰囲気も大切にしており、「毎日利用している」という従業員の声も多数あります。

2.準直営方式

順直営方式では、社員食堂運営業務を行う会社を新たに設立して運営・管理を任せます。

【導入事例】株式会社はてな

はてなの社食は、調理スペースを企業内に設けていません。隣接するマンションを借りて、そこで調理し、出来上がった料理を社食スペースに運んで提供しています。

3.外部委託方式

外部委託方式では、調理や配膳、運営を外部業者に委託します。

【導入事例】アマゾンジャパン合同会社

アマゾンジャパンの社食は、オーガニックをコンセプトにする「麹町カフェ」が運営しています。そのため、オーガニック野菜や発芽玄米など健康食材が積極的に取り入れられているのが特徴の社食です。

4.お弁当提供方式

社食とは少し異なりますが、施設的に調理場を導入できない場合にも採用できるのが、お弁当を提供する方式です。

【事例】シャショクラブ

シャショクラブはRETRY(リトライ)が運営している、デリバリー型の社食サービスです。シャショクラブはWebアプリケーションシステムで簡単に宅配ランチの注文ができます。充実した商品を1食あたり約500円という低価格で利用できます。支払いは給料から天引きも可能で、1個からでも注文できます。

【事例】クックパッド株式会社

クックパッド株式会社の社食は、他の社食とは違い食材を無償提供して「まかない」を従業員が各々作って食べるというスタイル。もちろんレシピは、クックパッドを参照して調理しているといいます。

さまざまな社食方式がありますが、厚生労働省の調べによると社食を導入している企業の43.5%が「直営方式」を導入しているようです。


社食ドットコムというサイトでは、ユニークでおしゃれな大企業や自治体の社員食堂をまとめています。社員以外が利用できる社食も紹介しているので、社食のコンセプトやレイアウト、運営方法、メニューなどを参考にしてみてください。

社食サービスの選び方

社食サービスは、従業員の食事時間や快適さを向上させるための食事補助サービスなので、次の基準を参考にサービスを選定する必要があります。

  • 従業員の男女比や年代
  • 昼食の時間帯
  • 価格

従業員の男女比や年代

従業員を起点に社食サービスを選ぶということは、自社の従業員の構成を把握する必要があります。たとえば男性が多い職場なら、「定食や丼ぶりのように量があり、時間をかけず食べられるもの」など、自社の従業員構成に合わせて社食サービスを選びましょう。

昼食の時間帯

業務によっては、一般的な昼食の時間帯に昼休みになるとは限りません。昼食がとれる時間帯に合わせたメニュー選びが重要になってきます。オフィスおかんのように設置型の社食を置くことによって、従業員が時間を選ばず食べられるサービスもあります。

価格

昼食は毎日食べるものなので、数百円、ワンコインなど従業員が利用しやすい価格で提供できることも重要です。前述のとおり、社食の平均価格は350円〜500円程度のため、その価格帯に設定しておくといいでしょう。

GoogleやGMO、楽天といった企業は社食が無料で提供されています。

社食サービスおすすめ7選

食の福利厚生とも言われるデリバリー型社食サービスおすすめ6選を紹介します。これらはオフィスに冷蔵庫を置くだけだったり、お惣菜や弁当をデリバリーをしたりしてくれるサービスのため、社食を設置するスペースがない企業でも気軽に利用可能です。

  1. オフィスおかん
  2. CLOUDMEAL
  3. OFFICE DE YASAI
  4. KIRIN naturals
  5. シャショクル
  6. みんなの食堂
  7. 【番外編】どこでも社食

1.オフィスおかん - 株式会社OKAN

オフィスおかん - 株式会社 OKAN 画像出典:オフィスおかん公式サイト

特徴 | オフィスの食事を美味しく・健康的に・100円で

  • 管理栄養士が監修した惣菜をすべて1品一律100円で提供
  • 冷蔵庫や使い捨ての耐熱皿も含まれており、必要なのは電子レンジのみ
  • 従業員3人から1,000人超まで規模を問わずさまざまな業界での導入実績

<料金プラン>

初期費用 月額利用料(1社あたり)
お問い合わせ 54,600円〜

>>オフィスおかんの詳細・評判・口コミはこちら

2.CLOUDMEAL - 株式会社ダイナプティコ

CLOUDMEAL - 株式会社ダイナプティコ

特徴 | 街のレストランとオフィスをつなぐ“バーチャル社員食堂”

  • 登録レストランは600以上、選べるメニューが500円〜
  • 社員が各自で発注できるため面倒な発注管理業務は不要
  • 月滅にまとめて支払い、会社の負担割合も自由に設定可能

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
0円 0円

>>CLOUDMEALの詳細・口コミ・評判はこちら

3.OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)- 株式会社KOMPEITO

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)- 株式会社KOMPEITO

特徴 | 働くオフィスワーカーに力と健康を

  • コンビニのような200〜300円のサラダやフルーツが100円で提供
  • 一切保存料を使用していない産地直送の野菜やフルーツをハンディサイズで
  • こだわり素材の惣菜を選べる「オフィスでごはん」とも組み合わせ可能

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
50,000円 40,000円〜

>>OFFICE DE YASAIの詳細・口コミ・評判はこちら

4.KIRIN naturals - キリンビバレッジ株式会社

KIRIN naturals - キリンビバレッジ株式会社

特徴 | 企業の課題に沿った健康経営をサポート

  • 出張健康セミナーとスムージーデリバリーをセットで提供
  • 導入しやすい料金設定
  • 自社ニーズにマッチした健康経営施策を提案

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
0円 18,000円〜

>>KIRIN naturalsの詳細・口コミ・評判はこちら

5.シャショクル - スターフェスティバル株式会社

特徴 | オフィスランチをもっとハッピーに

  • 4,000種類以上のメニューを用意、有名店の弁当もリーズナブルに
  • 無人ワゴン販売ではスマホ決済に対応、事前注文&配送型も
  • 東京、横浜、大阪エリアでサービス提供

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
0円 -

>>シャショクルの詳細・口コミ・評判はこちら

6.みんなの食堂 - 日本フードデリバリー株式会社

みんなの食堂 - 日本フードデリバリー株式会社

特徴 | オフィスにあたたかい社食を

  • 初期費用0円、1食500円と、シンプルな料金体系
  • 管理栄養士監修の健康メニューで健康管理にも
  • 社内の“社食スペース”がコミュニケーションの場に

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
0円 -

>>みんなの食堂の詳細・口コミ・評判はこちら

7.【番外編】どこでも社食 - 株式会社シンシアージュ

どこでも社食 - 株式会社シンシアージュ

特徴 | 付近のレストランが社食になる

  • 提携レストランを社食化
  • 会計はスマホアプリで建て替え
  • 請求は月に一度で会計処理も簡単

<料金プラン>

初期費用 月額利用料
要問い合わせ 要問い合わせ

>>どこでも社食の詳細はこちら


上記以外の社食デリバリーサービスは、こちらの記事でさらに解説しています。

美味しい社食で従業員の満足度向上へ

社食は、初期投資や定期的な衛生管理調査が必要になるものの、昨今の健康ブームを受けてメニューが工夫されたサービスも多く、従業員からは非常に満足度の高い福利厚生です。会社のパフォーマンス向上のみならず、採用時の自社PRとしても有効で、大きなアピールポイントになり得ます。

「社食はクオリティが低く値段が高いうえにまずい、美味しくない」という実態から、「コストパフォーマンスが高く、美味しくて栄養面も考えられている」というような変化が起こっています。

社内販売、定期配送などさまざまなサービス形態があるため、企業規模や業態を問わず、スタートアップ企業の採用時のアピールポイントに、そして従業員満足度の向上に、非常に有効な選択肢となるでしょう。

がおすすめです。

今一度、食の福利厚生サービスを充実を考えてみてはいかがでしょうか。


「会社の福利厚生を充実させたいが、どのように導入すべきかわからない」という場合は、福利厚生代行サービスを利用するのも一つの手段です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

オフィスコンビニ
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
編集部のおすすめ記事
オフィスコンビニの最近更新された記事