コピー完了

記事TOP

不動産業界向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題と事例

最終更新日:(記事の情報は現在から47日前のものです)
BOXILでは、不動産業界向けeラーニングシステムのおすすめを、不動産業界で役立つ機能とともに紹介します。また、不動産業界でよくある課題について、eラーニングシステムでどのように解決できるのか、具体的な事例も含めて解説します。

【厳選】おすすめeラーニングをまとめてチェック!
eラーニングの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめeラーニングの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なeラーニングを含むサービスを徹底比較しています。ぜひeラーニングを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

目次を閉じる

不動産業界で活用できるeラーニングシステム

eラーニングシステムとは「electronic learning」の略語で、インターネットを通じて学習機会を提供するシステムです。現在の主流はWebサイトにアクセスして勉強を行う形式であり、教育者と受講者はもちろん、受講者同士でコミュニケーションを行えるのが魅力です。

不動産業界に対応したeラーニングシステムでは、不動産売買や不動産投資のオンライン講座によって、専門知識の習得をサポートしたり社員教育にかかる手間やコストを削減したりできます。

eラーニングシステムの主な機能

eラーニングシステムでは動画視聴やテスト実施機能があり、サーバーに保存された教材を、受講者がインターネットからアクセスして利用するため、時間や場所を問わず学習ができます。また学習進捗管理機能もあり、教育者はテスト結果も踏まえて学習がどの程度進んでいるかを把握でき、効率的な管理を実現します。

不動産業界の特性と人材育成の重要性

不動産業界は、国民生活に直結する重要な産業であり、住宅やオフィス、商業施設など、さまざまな不動産の取引や管理に携わっています。不動産業界の業務は多岐にわたり、高い専門性をもつ点が特徴です。

まずは、不動産業界の特性と、人材育成が重要である理由について解説します。

不動産取引は複雑性で専門知識が必要

不動産取引は、物件の評価、法的手続き、金融知識など、さまざまな専門知識が必要とされます。物件の価値を正確に判断し、適切な価格設定を行うためには、市場動向や地域特性などの熟知が欠かせません。

また、不動産取引には、宅地建物取引業法をはじめとするさまざまな法規制があり、これらを遵守しながら取引を進めていく必要があります。

こうした複雑な業務を遂行するためには、専門的な知識とスキルをもった人材が不可欠です。

顧客対応が重要で高いコミュニケーション能力を求められる

不動産業界では、顧客との信頼関係を第一に考える必要があります。

住宅や商業施設などの不動産は、顧客にとって大きな投資であり、人生の重要な意思決定の一つです。そのため、顧客の要望をしっかりと理解し、適切なアドバイスを行うことが求められます。

また、不動産取引は長期間にわたることが多く、顧客とのコミュニケーションを密に取る必要があります。高いコミュニケーション能力をもち、顧客との信頼関係を構築できる人材が不可欠です。

市場動向の変化に対応できる力が必要

不動産市場は、経済情勢や政策変更、社会情勢など、さまざまな要因によって大きく変化します。こうした変化を的確に捉え、柔軟に対応することも欠かせません。

たとえば、人口動態の変化や技術革新などによって、不動産へのニーズが変化することもあります。こうした市場の変化を察知し、新たな事業機会を創出することが重要です。

市場動向を分析し、先を見据えた戦略立案のできる人材が必要とされています。

人材育成と継続的な教育の重要性

このように、不動産業界では専門性が高く、顧客対応が重要であるため、人材育成が非常に重要です。新人教育はもちろん、経験者に対しても継続的な教育が欠かせません。

顧客対応スキルやコンプライアンス意識を高めるための教育だけでなく、法改正や市場動向の変化に対応するために、常に新しい知識やスキルを身につける必要があります。

不動産業界における人材育成の課題

不動産業界では、人材育成にさまざまな課題を抱えています。業界特有の事情や、事業構造に起因する問題があり、効果的な人材育成を行うためには、こうした課題に適切に対処しなければなりません。

次に、不動産業界における人材育成の主な課題について詳しく解説します。

営業所ごとに社員教育を行う必要がある

不動産業界では、多くの企業が複数の営業所をもっています。各営業所は、地域特性や顧客層が異なるため、それぞれにあわせた社員教育が必要です。

しかし、営業所ごとに教育体制を整備することは、コストや労力の面で負担が大きくなります。また、教育内容や質にばらつきが生じやすく、全社的な人材育成の統一性を保つことが難しくなりがちです。

業務が属人化している

不動産業界では、顧客に対して営業担当者を固定するケースが多く見られます。これは、顧客との信頼関係を重視するためですが、一方で業務の属人化を招く要因にもなっています。

それゆえに、手順やノウハウが他の従業員へ共有されずに完結することもあり、成績優秀な上司や先輩のスキルが蓄積されません。また、担当者が離職した場合、顧客との関係性が失われるリスクもあります。

結果として、業務を通じて得られた知識を人材育成に生かせず、社員の営業スキルを平準化できない課題があります。

営業所が多いためオフラインでの教育・研修が難しい

不動産業界の企業は、多くの営業所をもっているため、オフラインでの教育・研修を実施するのが難しい状況にあるのも特徴です。

すべての営業所から社員を集めて研修を行うには、多大な時間と費用がかかります。また、営業所の業務に支障をきたしてしまうかもしれません。そのため、効率的かつ効果的な教育・研修の方法が求められています。

法改正や市場変化への対応力の育成が必要

不動産業界では、法改正や市場の変化が頻繁に起こります。たとえば、民法の改正や、空き家問題への対応など、常に新しい知識やスキルが欠かせません。

これらの変化に対応できる人材を育成することは重要ですが、教育内容の更新や、タイムリーな研修の実施には課題があります。

コンプライアンス意識の徹底が必要

不動産取引には、さまざまな法規制があり、コンプライアンスの徹底が求められます。しかし、営業現場では、法令遵守よりも成約を優先するような意識が生まれやすい環境にあるのも事実です。

コンプライアンス意識を徹底するための教育は必要ですが、一度きりの研修では効果が限定的です。継続的な教育と、実践での定着が課題となっています。

不動産業界の課題をeラーニングシステムで解決できる理由

不動産業界では人材育成にさまざまな課題を抱えていますが、eラーニングシステムを導入することで、これらの課題を効果的に解決可能です。

次に、不動産業界の課題をeラーニングシステムで解決できる理由について詳しく説明します。

ノウハウを社内ルールとして格納・共有できる

eラーニングシステムを活用することで、営業現場で蓄積されたノウハウや成功事例を、社内ルールとして格納・共有可能です。また、不動産に特化した講師の講座を利用する機能もあります。

ベテラン社員の知見を教材化し、全社的に共有することで、業務の属人化を防ぎ、組織全体のスキルアップを図れます。また、教材をアップデートすることで常に最新のノウハウを共有でき、継続的な人材育成も可能です。

さらに、学習の進捗状況や理解度を管理画面で確認できるため、教育効果の把握やフィードバックも簡単に行えます。ノウハウ共有だけで終わらず、社員がスキルとして身につけるまでサポート可能です。

オンラインで時間や場所を選ばず学習・管理が可能

eラーニングシステムはオンラインで学習できるため、時間や場所の制約を受けずに、教育・研修を実施できます。

営業所に行かなくても、自宅や移動中など空き時間を活用して学習できるため、業務への影響を最小限に抑えられます。

さらに、オフライン研修のような会場や講師を準備する必要もないため、現場の教育にかかる負担およびコストを削減し、生産性向上や売上拡大へ本格的に取り組める副次的な効果がある点も特徴です。

営業所ごとの教育を統一し質が担保できる

eラーニングシステムを導入することで、営業所ごとに行っていた教育を統一し、質を保てます。同じ教材を使用することで、教育内容のばらつきを防ぎ、全社的な人材育成の統一が可能です。

また、優れた教材を全社で共有することで、教育の質を高めることにもつながります。

法改正や市場変化に迅速に対応した教育が可能

eラーニングシステムでは、法改正や市場変化にあわせて、教材をすばやくアップデートできます。アップデートによって新しい知識やスキルを迅速に全社に広めやすくなり、対応力の高い人材育成が可能です。

また、タイムリーな研修をオンラインで実施できるため、効率的に最新の情報を共有できます。

コンプライアンス教育を継続的に実施できる

eラーニングシステムを活用することで、継続的なコンプライアンス教育の実施も可能です。

オフラインでは、同じ内容の研修や勉強会を何度も実施するのは非現実的です。しかしeラーニングであれば定期的に教材を配信したり、テストによる理解度の確認を行ったりすることで、コンプライアンス意識の徹底を図れます。

また、実際の業務での行動変容を促すために、ケーススタディやロールプレイングなどの実践的な教材も活用可能です。

不動産業界におけるeラーニングシステムの導入事例

不動産業界でeラーニングシステムを導入している企業の例を、業務改善例とともに紹介します。

株式会社BALLEGGS

東京の城南エリアで不動産仲介や管理を行っているBALLEGGSでは、eラーニングシステムを導入したことで、OJT頼みの教育から脱却し、全社員で共通の価値観を定着できました。BALLEGGSでは、これまで新入社員の教育は属人的なサポートで対応していました。

しかし新入社員の数が約2倍に急増したことで、今後属人的なサポートだけは対応できなくなると考え、社員の学びが深められるeラーニングを導入。eラーニングでは一般的な教材のほかにも、自社オリジナルのコンテンツを作成し、教材として活用しました。

結果会社全体で共通した考え方や仕事の仕方が定着し、一貫した軸をもてるようになったことで、新入社員の迎え入れやフォローも会社全体でスムーズにできるようになったとのこと。またオンライントレーニングに参加したことで、社員の主体的な学びが引き出せるようになりました。

※出典:FCE「Smart Boarding導入事例|コンサルティング支援との相乗効果を発揮。 ”社員に求める姿”に紐づいた、ズレのない教育を実現!」(2024年6月3日閲覧)

三井不動産株式会社

オフィスビルや大型商業施設、住宅を中心に展開する総合不動産デベロッパーである三井不動産では、eラーニングシステムの導入で、DXの知識・スキルの全社的な底上げを図っています。三井不動産の人事部では、長期経営方針の一つである「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」を実現すべく、2022年4月から全社員が対象のDX研修を実施しています。

このDX研修のなかで、ステップ1では自社で制作した動画やテキストを教材として学習し、ステップ2・3でeラーニングシステム・サービスを活用。システムを活用し、ステップ2ではDXの必須知識、ステップ3ではDXの基礎・応用知識が学習できる体制を構築しました。

最終的にはDXマスター人材と呼ばれる人材を全社的に育成し、DX推進の基盤構築を目指しています。実際に受講した社員によれば、ステップ3まで修了すると、取引先とDXの専門用語で会話ができる程度には、成長を感じられたとのことです。

※出典:ベネッセコーポレーション「全社DX研修を実施し、 不動産×デジタルのイノベーションを目指す | Udemy Business」(2024年4月7日閲覧)

不動産業界向けのeラーニングシステムで学べるコンテンツの例

不動産業界向けのeラーニングシステムでは、業務に直結する多様なコンテンツを学べます。基礎的な知識から専門的なスキルまで、幅広い内容をカバーしており、不動産業界の人材育成に効果的です。

次に、不動産業界向けのeラーニングシステムで学べるコンテンツの例をいくつか紹介します。

賃貸管理業務の基礎と応用

賃貸管理業務は、不動産業界の重要な業務の一つです。eラーニングシステムでは、賃貸管理業務の基礎知識から、管理受託の方法、投資分析、税務、法律など、実践的な内容まで幅広く学べます。また、物件写真の撮り方といった、具体的なスキルも習得できます。

売買仲介に必要な知識とスキル

不動産の売買仲介は、専門的な知識とスキルが求められる業務です。eラーニングシステムでは、購入編、売却編、物件調査・重要事項説明編など、売買仲介に必要な知識を体系的に学習できます。また、セミナー編では、顧客との信頼関係を構築するためのコミュニケーションスキルも学べます。

建築知識とインテリア風水

不動産業界では、建築に関する知識が重要です。eラーニングシステムでは、営業に必要な建築知識や、インテリア風水と家相の知識など、不動産物件の価値を理解するための知識を学べます。また、建売住宅を訴求する技術のように、営業に直結するスキルも習得できます。

マンション売買に特化した知識

マンションの売買仲介には、専門的な知識が必要です。eラーニングシステムには、マンション売買に特化した知識を学べる講座も存在します。マンションの構造や管理組合の運営など、マンション特有の事情を理解し、顧客に適切なアドバイスができるようになります。

相続コンサルティングのスキル

不動産の相続は、複雑な問題が絡むことも多く、専門的なコンサルティングスキルが必要です。eラーニングシステムでは、相続に関する法律知識や、相続税の計算方法など、相続コンサルティングに必要なスキルを学べます。

賃貸リーシングと賃貸管理(PM)の実務

賃貸物件のリーシングと管理は、不動産業界の主要な業務です。eラーニングシステムでは、賃貸リーシングと賃貸管理(PM)の実務に関する知識とスキルを学習できます。入居者の募集方法や、トラブル対応、物件の維持管理など、実践的な内容を習得可能です。

このように、不動産業界向けのeラーニングシステムでは、業務に直結する多様なコンテンツを学習できます。基礎知識から専門的なスキルまで、体系的に学習できるため、不動産業界の人材育成に非常に効果的です。

また、不動産業界に特化した講座だけでなく、ビジネススキル研修や自己啓発といった一般的な講座も用意されており、不動産業界向けのeラーニングシステムだけで幅広い教育が実施できます。

不動産業界向けeラーニングシステムおすすめ比較

不動産業界に特化したおすすめのeラーニングシステムを紹介します。導入するシステム選びの参考にしてください。

きょういくん

きょういくんは、不動産業に特化したeラーニングシステムです。不動産売買や不動産投資、資産活用、相続対策など、不動産に関する豊富なコンテンツが用意されています。独自の動画やコースを作成する機能も搭載されており、業務効率化や人材育成に役立ちます。

またビジネスマナーやプレゼンスキル検定など、汎用的なスキルの学習機能もあり、ビジネススキルから不動産実務領域まで幅広くカバーしたいならおすすめのサービスです。

スターカレッジ

スターカレッジは、賃貸管理ビジネスに特化したeラーニングシステムです。 賃貸管理業務の基礎や管理受託の方法、投資分析、法律、物件写真の撮り方からビジネスマナーに至るまで幅広く豊富な種類の講座が用意されています。もちろん24時間365日賃貸管理に関する学習が可能です。

スターカレッジは不動産業のなかでも、賃貸の教育に特化したいならおすすめのサービスです。

CORE BRAINS

CORE BRAINSは、不動産業界に特化したeラーニングシステムです。不動産売買・賃貸やリーシング実務などの講座がWebサイトに公開されており、ジャンルごとに教材が購入できます。新入社員・不動産業界未経験者向けの基本編、管理職向けの講座もあり、特定の社員へ向けたオンライン講座が必要な場合におすすめです。

不動産業界におけるeラーニングシステム導入のポイントと注意点

不動産業界でeラーニングシステムを導入する際は、業界特有の事情を考慮し、効果的に運用できるよう準備することが重要です。

最後に、不動産業界におけるeラーニングシステム導入のポイントと注意点について解説します。

不動産業務に特化したコンテンツの選定

不動産業界は業務内容が多岐にわたり、高い専門性をもつ点が特徴です。eラーニングシステムを導入する際は、不動産業務に特化したコンテンツを選定することが重要です。

賃貸管理、売買仲介、物件調査、重要事項説明など、業務に直結するコンテンツを中心に、体系的なカリキュラムを構成しましょう。また、法改正や市場変化にあわせて、コンテンツを定期的にアップデートすることも忘れてはいけません。

営業所ごとの特性を考慮した運用方法の設計

不動産業界では、営業所ごとに地域特性や顧客層が異なるため、一律の教育では効果が限定的になることがあります。

eラーニングシステムを導入する際は、営業所ごとの特性を考慮した運用方法の設計が重要です。

たとえば、地域に応じたコンテンツの提供や、営業所ごとの学習進捗の管理などが考えられます。また、営業所間での情報共有や、優良事例の横展開なども効果的です。

スマートフォンやタブレットでの学習環境の整備

不動産業界では営業活動で外出することが多いため、パソコンでの学習だけでは不十分な場合があります。

eラーニングシステムを導入する際は、スマートフォンやタブレットでの学習環境を整備することも欠かせません。

モバイル端末に最適化された教材の提供や、オフライン学習機能の導入などにより、場所や時間に左右されず学習できる環境を整えましょう。

実践的な演習やロールプレイングの導入

不動産業界では、顧客対応や売買交渉など、実践的なスキルが求められます。eラーニングシステムを導入する際は、知識の習得だけでなく、実践的な演習やロールプレイングを取り入れることが重要です。

たとえば、顧客対応のシミュレーションや、売買交渉のロールプレイングなどを通じて、実務で必要なスキルを身につけるようにしましょう。

eラーニングと集合研修のブレンド型学習を検討する

不動産業界では営業所が多く、オフラインでの集合研修が難しい場合もあります。一方で、対面での学びも重要なのは事実です。

そのため、eラーニングシステムを導入したとしても、eラーニングと集合研修のブレンド型学習を検討することもおすすめします。

たとえば、基礎知識はeラーニングで学び、実践的なスキルは集合研修で磨くといった、両者の長所を生かした学習設計が効果的です。

不動産業界向けeラーニングシステムで業務を効率化しよう

eラーニングシステムは、オンラインでの学習やノウハウ共有が簡単にできておすすめです。また動画講座や学習進捗管理によって人材育成を見える化できるメリットがあり、社員全体のスキルアップにつながります。

不動産業界向けeラーニングシステムを導入する際は、賃貸管理や不動産売買などの業界専門知識に特化した講座が搭載されているかを確認し、業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

\【限定特典】eラーニングシステムの比較表付き/

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

eラーニング(システム)選び方ガイド.pdf
eラーニング(システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
eラーニング(システム)の最近更新された記事
パッケージ型eラーニングおすすめ8選!プラットフォーム型との違いや導入メリット
オンライン研修ツール比較9 - 3つのタイプと選定ポイント | 導入メリット
中小企業向けのeラーニングシステム8選!選定ポイントと導入メリット
LMS(学習管理システム)比較10選!eラーニングとの違いや導入メリット、選び方
eラーニングはスマホでも学習できる?メリットやおすすめのシステムを紹介
運送業向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題
eラーニングとは - メリット・デメリット | 目的・費用・トレンドまで紹介
【比較表あり】eラーニングシステム(LMS)を徹底比較!機能・選び方を解説
製造業界向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題
サービス業界向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題と事例