コピー完了

記事TOP

医療業界向けeラーニングシステムのおすすめ比較!解決できる課題と事例

最終更新日:(記事の情報は現在から47日前のものです)
BOXILでは、医療業界向けeラーニングシステムのおすすめを、医療業界で役立つ機能とともに紹介します。また、医療業界でよくある課題について、eラーニングシステムでどのように解決できるのか、具体的な事例も含めて解説します。

【厳選】おすすめeラーニングをまとめてチェック!
eラーニングの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめeラーニングの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なeラーニングを含むサービスを徹底比較しています。ぜひeラーニングを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

目次を閉じる

医療業界・看護業界で活用できるeラーニングシステムの機能

eラーニングシステムとは、インターネットを通じて教育や学習を行うシステムです。eラーニングシステムには教材の作成や配信、学習者の進捗管理、成績管理をする機能があります。

医療・看護業界では、動画講座やオンライン研修の機能によって、研修生への繰り返しの教育、時間と場所の調整などによる負担を軽減できます。

医療業界・看護業界における人材育成の課題

医療・看護業界では、新しい技術や知識の習得を行う必要があり、それにあたって人材育成にまつわる課題が発生することもあります。普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

知識・技術が属人化している

医療・看護業界は、専門性が高いうえ多岐にわたる知識を身につける必要があるものの、身につけるための教育プログラムが不足しがちです。また、教育プログラムが統一されていなかったり教育担当者の経験技術が不十分だったりして、人材の質や能力にばらつきが生じることもあります。

教育時間の確保が難しい

医療機関が24時間体制の場合をはじめ、医療・看護業界では研修対象者の時間を確保しにくいといった難点があります。そのため講習に参加したくても参加できず、各スタッフの能力や知識に差が出てしまいがちです。

継続的に学習を続ける必要がある

医療・看護業界は日々進化し続ける分野であり、医療技術や治療法、機器の進歩に合わせて研修対象者に限らずすべての医療従事者は、常に最新の知識や技術を学ぶ必要があります。

しかしながら、現場での多忙さや制度的な制約から、継続的な更新教育を受けることが困難な場合も多いです。とくに地方や中小規模の医療施設では、最新の情報や技術習得の機会が限られていることもあるでしょう。

結果として、医療従事者が新しい医療技術や知識に対応できず、患者への最適な治療を提供することが難しくなることもあります。これは医療の質に直結する問題であり、医療・看護業界全体の課題として捉える必要があります。

リーダーや管理職が育たない

医療業界・看護業界では、リーダーや管理職の育成力に課題を抱えているケースも多く見られます。通常リーダーや管理職を育てるためには、本人の能力やキャリアプラン、勤続年数などに合わせてステップアップするための研修や講義が必要です。

しかし多忙な医療現場では、個別に研修や講義を用意するのは難しく、集団で院内研修を行うのがやっとの状態です。そのため、人材をステップアップさせられず、リーダーや管理職が不足する事態になります。

医療業界・看護業界の課題をeラーニングシステムで解決できる理由

医療・看護業界では、知識や技術の属人化にくわえ、教育時間の確保といった人材育成に関する課題をもつのが現状です。しかし、eラーニングシステムを使えばそれらの課題を解決できます。

医療ノウハウを動画や資料にして共有できる

eラーニングシステムでは、医療ノウハウを動画や資料にして社内へ共有できます。また、医療専門の講師による講座を利用できる機能もあります。これにより医療知識を社内全体に広められ、人材の質向上が可能です。

また学習の進行状況や理解度を管理画面でチェックでき、知識定着の確認テストができるため、教育効果の評価やフィードバックも容易です。医療のノウハウ共有にとどまらず、医師・看護しがスキルとして習得するまでサポートできます。

オンラインで時間や場所を問わず学習できる

eラーニングシステムはオンラインサイトで受講できるので、病院での教育時間や負荷を減らし、医療の品質や患者の満足度を向上するといった本質的な業務に集中できます。

またeラーニングシステムはスタッフが講座の視聴やテストを終えると、自動的に受講結果を送信して管理画面へ記録可能です。そのため育成担当者はサイトの管理画面を定期的に見るだけで、学習進捗に遅延がないかを把握できます。

教材の更新が行いやすい

eラーニングシステム内で扱われる教材は、書籍に比べて最新の医療情報や技術を定期的に更新して提供しやすいのが特徴です。これにより、医療従事者は常に最新の知識を身につけられ、患者へのよりよい医療サービス提供につながるでしょう。

階層別の研修計画を立てられる

医療業界・看護業界向けのeラーニングシステムでは、個人の能力や経験値に合わせ、ラダーや階層別の研修計画を立てられるため、リーダーや管理職を育てられます。eラーニングシステムは教材が豊富で、階層別の人材育成コンテンツもそろっています。

業務に必要な知識や技術はもちろん、リーダー研修やハラスメント防止といった、上に立つ者としての心構えも学べるため、よりよいリーダー・管理職が育てられるでしょう。

医療業界・看護業界にeラーニングシステムを導入するメリット

eラーニングシステムを導入することで、医療・看護業界が抱える課題を解決できるだけでなく、多くのメリットをもたらします。次に、具体的なメリットを詳しく解説します。

集合研修が不要になり感染症対策になる

eラーニングシステムを導入することで、従来必要だった集合研修が不要になるでしょう。とくに現代では、新型コロナウイルスの流行を経て感染症対策が以前よりも重要視される中、この変更は大きな意味をもちます。

たとえば、世間でインフルエンザや新型コロナウイルスのような感染症が流行している状態では、多くの人が一つの場所に集まることはリスクが伴います。しかしeラーニングシステムを利用することで、医療従事者は職場や自宅など、個別の場所で学習を進められ、感染リスクを大幅に低減できるでしょう。

さらに、病院やクリニックといった医療機関は常に感染症のリスクに晒されているため、従業員間の不要な接触を避けることは極めて重要です。eラーニングにより、それぞれの従事者が自身のタイミングで学習を進められるため、病院内での人の動きを減らし、感染の拡大防止にも寄与します。

画一化した研修計画が立てやすい

eラーニングシステムを活用することで、医療業界における研修計画の画一化が容易になります。これは、とくに医療知識や技術のアップデートが頻繁に必要とされる分野で重要です。全スタッフに対して同一の研修内容を提供することで、知識や技術水準の均一化を図れるようになります。

たとえば、新しい医療機器の導入や新しい治療法の採用があった場合、従来の研修方法では個々のスケジュールに合わせた複数のセッションを設ける必要がありました。しかし、eラーニングシステムを用いることで、同じ研修内容を全スタッフが都合に合わせて受講できるようになります。これにより、全スタッフが最新の知識や技術を共有し、医療サービスの質を一定の水準に保てるようになるでしょう。

さらに、画一化された研修計画により、医療機関内での知識の偏りや技術の格差を減らし、全スタッフが均等なレベルでの医療サービスを提供できるようになります。これは、医療機関全体のサービス品質を向上させるうえで非常に重要な要素です。

学習の進捗を上長が把握しやすくなる

eラーニングシステムには学習管理機能が付いていることも多く、上長が部下の学習進捗を把握するのに役立ちます。たとえば、新しい治療法や診断技術に関する研修があった場合、各従業員がどの程度内容を理解し習得しているかを、上長はリアルタイムで確認できます。

従業員が特定の項目で難しさを感じていたり、学習時間が確保できていなかったりする場合に、上長が個別フォローやアドバイスを提供すること、でモチベーションの維持にもつながるでしょう。

さらに、集団での学習進捗を把握することで、部門全体の研修計画の調整や改善が行いやすくなります。たとえば、ある特定の内容で苦戦しているスタッフが多ければ、内容に関する補足研修や資料の提供を行うことで、部門全体の知識レベルを向上できるでしょう。

人的コストの削減になる

eラーニングシステムの導入は、医療業界における人材育成に関わる人的コストを大幅に削減します。従来の対面研修では講師の手配やスケジュール調整、会場の確保、さらには参加者の交通費や宿泊費など、多くのリソースと時間が必要でした。しかし、eラーニングシステムを利用することで、これらのコストと手間が大きく減少します。

eラーニングシステムを利用すれば、一度作成したコンテンツを何度でも利用でき、外部講師の継続的な手配が不要になるでしょう。また、各スタッフが自分のペースで学習できるため、全員が同時に空ける時間を調整する必要もなくなります。

さらに、eラーニングシステムでは、研修の準備や運営に関わる管理者の負担も軽減されます。オンラインでコンテンツの管理や更新が可能なため、研修資料の印刷や配布といった物理的な作業は不要です。これにより、管理者はより本質的な業務に集中できるようになります。

能動的な学習を促せる

従来の対面式研修では、一方的な情報提供が中心になるため、学習スタイルも受動的でした。一方eラーニングでは各スタッフが自分のペースで学習を進められるため、学習者の興味や必要性にもとづいて、より深い理解を促せるようになるでしょう。

たとえば、急患対応や特定の医療技術に関するeラーニングコンテンツを提供することで、医療従事者は経験や知識に応じて、必要な部分を重点的に学習できます。また、患者の対応や症例に応じて、関連するコンテンツを選んだ学習もできます。

さらに、eラーニングシステムでは、自己評価テストやフィードバック機能を利用して、学習進捗状況の自己チェックが可能です。これにより、学習者は理解度を客観的に把握し、必要に応じて学習計画を調整できます。自身の弱点を理解し、それを克服するための学習を行うことで、より深い知識の定着が促されるでしょう。

何度でも復習でき知識の定着につながる

医療業界においては、命に関わる手順や禁忌事項を正確に理解し、応用する能力が不可欠です。実際医師国家試験にも、たとえ他が満点でも選んだ時点で失格になってしまう、「禁忌肢」といった選択肢が用意されています。一方eラーニングシステムを活用することで、医療従事者は必要な知識や技術を何度でも復習し、深く理解できるでしょう。

たとえば、緊急時の対応手順や特定の治療法に関するコンテンツは、頻繁に復習することで、緊急時に迅速かつ正確な対応ができるようになります。また新しい治療薬の使用方法や副作用、患者とのコミュニケーション方法など、医療の現場で直面するさまざまなシチュエーションに対応するための知識も、eラーニングを通じて効果的に学べます。

医療業界・看護業界におけるeラーニングシステムの導入事例

医療業界・看護業界でeラーニングシステムを導入している企業の例を、業務改善例とともに紹介します。

大阪府済生会吹田病院

大阪府済生会吹田病院では、これまで集合研修を行っていましたが、雇用形態や職種が多様化したことで、集合研修に全員参加するのが難しくなりました。またeラーニングシステム自体は導入していたものの、システムが古く効率的に運用できていませんでした。

そこで新たにクラウド型のeラーニングシステムを導入し、自学自習環境を整備。結果集合研修に参加できないスタッフでも、時間や場所を気にせず受講ができるようになりました。また中途入職者に対する研修もeラーニングで行うことで、細かなフォローアップもできるようになったそうです。

※出典:デジタル・ナレッジ「大阪府済生会吹田病院」(2024年4月22日閲覧)

埼玉医科大学国際医療センター

埼玉医科大学国際医療センターは、スタッフの教育項目が多岐にわたり、必要とされる教育内容も増加し続けていることから、集合教育での対応が難しくなりました。また集合教育では出欠以外で評価できず、教育の質や知識定着が確認できていませんでした。

そこで同院でeラーニング研修を導入し、すき間学習の定着を実現。結果経験年数や専門分野に合わせ、スタッフそれぞれに最適化された教育プログラムを提供できるようになりました。また徹底した受講管理で高い受講率を実現し、確認テストを行うことで、知識定着も図れるようになりました。

※出典:デジタル・ナレッジ「埼玉医科大学国際医療センター」(2024年4月22日閲覧)

熊本脳神経外科病院

熊本脳神経外科病院では、これまで幅広い研修を受講・実施してきた一方で、一般スタッフから管理職まで幅広く対応できるカリキュラムは少ない状態でした。また研修のためにスタッフ全員が集まる時間を確保するのが難しいことも課題でした。

そこでeラーニングを導入し、部署や役職関係なく、全職員が足並みをそろえて一貫した教育が受けられる環境を構築。結果スタッフそれぞれが、学んだことを意識できるようになりました。くわえて言語化して教えないため、全体に浸透しているかがわかりにくい基礎的な部分に関しても、eラーニングを通してあらためて教育できるようになったそうです。

※出典:デジタル・ナレッジ「医療法人 熊愛会 熊本脳神経外科病院 様」(2024年4月22日閲覧)

医療業界・看護業界向けeラーニングシステムを選ぶ際のポイント

医療業界・看護業界向けのeラーニングシステムを選ぶ際には、次のポイントを考慮することが重要です。

実務で使えるコンテンツを提供しているか

医療業界向けのeラーニングシステムを選ぶ際には、実際の医療現場で直面するシチュエーションや、最新の医療知識を反映したコンテンツが提供されているかどうかを確認するのが重要です。

たとえば疾患の診断方法や手術の方法、患者対応のスキルアップなど、具体的な臨床現場での活用が想定される内容を含んでいるかをチェックしましょう。

講座の更新頻度はどれくらいか

医療分野では常に新しい知見や技術が登場します。そのため、eラーニングシステムが定期的に内容を更新し、最新の医療情報を提供しているかどうかが重要です。

たとえば、年に数回の定期的な更新があるeラーニングシステムであれば、常に最先端の医療知識を提供していると考えられるでしょう。

自院の予算とコストが見合っているか

eラーニングシステムを導入する際には、コスト面も重要な検討ポイントです。とくに医療機関の予算は限られていることが多いため、予算内で最大限の効果が得られるシステムを選ぶ必要があります。また、コストに見合った品質と内容を提供しているかも確認しましょう。

講座の体験方法はどのようなものが用意されているか

eラーニングシステムは動画コンテンツや簡易的なテストで構成されていることも多いですが、なかにはVR体験やクイズなど、多様な学習体験が提供されているシステムもあります。講座をどのように体験できるかを導入前にチェックし、システムごとに比較しましょう。

また、禁忌肢に対応した教材や実践的なケーススタディが含まれているか、受講者が容易にアクセスできるプラットフォームかどうかも、チェックが推奨されます。

対象とする医療従事者のジャンルは誰か

医療・看護業界向けのeラーニングシステムには医師や看護師、薬剤師など、職種に特化したシステムが存在します。自院スタッフの職種やニーズに合わせて、適切なカリキュラムを提供しているシステムの選定が重要です。

受講者が継続できるような仕組みをしているか

継続的な学習が重要な医療・看護業界では、受講者が長期間にわたって学習を継続できるような、支援体制の整っているシステムがおすすめです。

たとえば進捗状況の追跡機能やリマインダー、学習効果を高めるための追加教材など、学習の継続をサポートする機能があるか確認しましょう。

医療業界・看護業界向けeラーニングシステムおすすめ比較

医療業界・看護業界にて導入されているおすすめのeラーニングシステムを紹介します。導入システムを比較する際の参考にしてください。

Cloud Campus - 株式会社サイバー大学

Cloud Campus
Cloud Campus
BOXIL SaaS AWARD Autumn 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ユーザ登録無制限・定額制で圧倒的な低コスト
  • 高度なITリテラシーは一切不要
  • オリジナルのeラーニングコンテンツを制作できる

Cloud Campusは、オンライン教育を提供できるeラーニングシステムで、医療従事者向けにも活用できます。テキストや動画だけでなく、スライドと動画を組み合わせたビデオスライドが搭載されており、テーマに沿った学習コンテンツを作成可能です。医療・看護業界だけではなく、介護業界や福祉業界でも導入されています。

ひかりクラウド スマートスタディ(eラーニング) - 東日本電信電話株式会社

ひかりクラウド スマートスタディ(eラーニング)
ひかりクラウド スマートスタディ(eラーニング)
BOXIL SaaS AWARD 2022 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 独自のカリキュラムを構築できる
  • ドリルの自動採点で学習経験を支える
  • リアルタイムで講義を提供するライブ機能あり

ひかりクラウド スマートスタディ(eラーニング)は、オンラインで学習コンテンツを作成・配信・管理できるeラーニングシステムです。動画や音声を介した講座やテスト作成、レポート作成などの機能が搭載されており、効果的な研修ができます。医療業界だけではなく、介護業界や製造業界でも広く導入されています。

医療業界・看護業界向けeラーニングシステムで知識・技術の属人化を解消しよう

eラーニングシステムは学習場所や時間を選ばずに学べるため、医療・看護業界で人材育成や教育体制の整備に悩んでいる場合は効果的な解決策といえます。それだけでなく、eラーニングシステムでは業界問わずレポートやテスト機能で学習成果を確認でき、業務効率化につながります。

医療業界向けのeラーニングシステムを導入する際には、コンテンツのカスタマイズやスマートフォン対応が可能か確認し、医療業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

\【限定特典】eラーニングシステムの比較表付き/

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

eラーニング(システム)選び方ガイド.pdf
eラーニング(システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
eラーニング(システム)の最近更新された記事
パッケージ型eラーニングおすすめ8選!プラットフォーム型との違いや導入メリット
オンライン研修ツール比較9 - 3つのタイプと選定ポイント | 導入メリット
中小企業向けのeラーニングシステム8選!選定ポイントと導入メリット
LMS(学習管理システム)比較10選!eラーニングとの違いや導入メリット、選び方
eラーニングはスマホでも学習できる?メリットやおすすめのシステムを紹介
運送業向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題
eラーニングとは - メリット・デメリット | 目的・費用・トレンドまで紹介
【比較表あり】eラーニングシステム(LMS)を徹底比較!機能・選び方を解説
製造業界向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題
サービス業界向けのeラーニングシステムおすすめ比較!解決できる課題と事例