コピー完了

記事TOP

Web制作ソフト選定の3つのポイント | 初めてのWebサイト制作・初心者必見

最終更新日:
公開日:
これからWebサイトを制作したい場合、選択肢として3つあります。 1. オンラインで提供されているWeb制作サービスに登録(無料・有料)に登録して制作する 2. AmebaブログやHatenaブログといっあ無料ブログ作成サービスを利用する 3. CMSを導入して一からWebサイトを構築する 4. Web制作ソフトを購入して制作する

これからWebサイトを制作したい場合、選択肢として3つあります。

  1. オンラインで提供されているWeb制作サービスに登録(無料・有料)に登録して制作する
  2. AmebaブログやHatenaブログといっあ無料ブログ作成サービスを利用する
  3. CMSを導入して一からWebサイトを構築する
  4. Web制作ソフトを購入して制作する

最も簡単なのが無料ブログサービスで、その次がWeb制作サービスの利用、次にWeb制作ソフトを購入して制作する方法、最初の自分で一からすべてを構築する方法です。

この簡単さの順番は制作できるWebサイトの自由度に比例していて、一からてを構築する方が自由度はかなり高いと言えます。

これらの中で今回焦点を当てたいのは、Web制作ソフトを購入して制作する方法です。
価格は多少張るものの2番目に自由度が高くクオリティの高いWebサイトを作り出せます。

しかしWeb制作初心者は「どのソフトを購入すればいいのか?」正直わからないとうい方も多いでしょう。これから初めてWebサイト制作をする方に向けて、Web制作ソフトの選び方を紹介したいと思います。

また、Web制作ソフトの比較記事は記事の後半で紹介しているので、あわせてご覧ください。

1. 目的を明確にする

皆さんが制作したいWebサイトはどんなものですか?ECサイト?メディアサイト?またはブログ?人により制作したいWebサイトはそれぞれかと思います。

Webサイトの種類以外にもアフィリエイト目的であったり単なる趣味での運用であったり、細部まで突き詰めていけばかなり目的が明確になってくるはずです。

一口にWeb制作ソフトといっても皆さんが制作するWebサイトが千差万別なように、Web制作ソフトにもそれぞれ得意不得意や特徴などがあります。

自分にマッチしたWeb制作ソフトを導入するためにはまず細部まで目的を明確にすることが大事です。

2. Web制作ソフトの種類を知る

Web制作ソフトは大別すると以下の4つに分類できます。

初心者向け統合ソフト

初心者のWeb制作ソフトはコレ1つあれば足りる!というくらいさまざまな機能を実装してているWeb制作ソフトです。

基本的はドラッグ&ドロップなどのマウス操作で制作でき、必要に応じてHTMLやCSSといった言語を使用して編集も行えます。

価格は若干高めですが、掲示板やアクセスカウンタといった機能も簡単に付けられます。

初心者向け軽量タイプソフト

HTMLやCSSでの編集はなく、完全にドラッグ&ドロップでWebサイトが制作できます。
数あるレイアウトの中か好みのものを選択し、ロゴやボタンなどに関してもフリー素材として利用できます。

デザイン性のあるWebサイトを素早く制作したい方にはおすすめ

テンプレート型

すでに用意されているテンプレートを選択し、あとはパーツを張り付けていくだけでWebサイトが制作できます。

お洒落なテンプレートが多く提供されていることから洗練されたWebサイトを制作できます。

テンプレートを利用するのでHTMLやCSSでの編集できません。

上級者向けのソフト

初心者向けのようにマウス操作で制作することも可能ですが、基本的にはHTMLやCSSといったソースを使用して直接編集します。

入力補完機能や文法のチェック機能など、ソースでの編集を支援するための機能が多く実装されています。

HTMLやCSSスキルをすでに持っている方にはおすすめです。

3. 自分のスキルを把握する

前述した4種類のWeb制作ソフトから自分に合ったものを選ぶことになりますが、まずは自分のスキルを把握しましょう。

ちょっとHTMLやCSSの知識があるという方なら統合ソフトを、それらの知識がまったくないのなら軽量ソフトやテンプレート型を、スキルがあるのなら上級者向けソフトと、スキルに合わせて選択しましょう。

まとめ

以上3つのポイントを押さえることが、Web制作ソフト選ぶうえで大切です。
Webサイトを制作する目的を明確にし、Web制作ソフトの種類を知って、自分のスキルを把握したうえでソフトを選択する。

Web制作ソフトによって備えている機能も異なるので、自分に必要な機能を備えているかを見極めるのも大切です。

月間3,000CV!ボクシル編集長監修『コンテンツSEO完全ガイド』

効率的にリードを獲得したい・サービスのPRをしたい・SEOで検索上位を取りたい、、、といったご要望はありませんでしょうか。オウンドメディアを使ったコンテンツマーティングで効率的に見込み顧客を獲得することが可能ですが、ノウハウがないと何から手をつけて良いかわからないですよね。

「コンテンツSEO完全ガイド」ではコンテンツマーティング、SEO集客に関するポイントや手順について解説しています。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

WEB制作ソフト・CMS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ユニソンプラネット
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
WEB制作ソフト・CMSの最近更新された記事
CMSとHTMLの違いとは | 最適なWebサイト構築のために知っておきたいこと
クラウドCMS・Web制作ツール比較 - ホームページ作成に欠かせないサービスのおすすめ
CMS一覧 | サイト構築オープンソース・パッケージ・EC向けなど紹介【フリーあり】
[PR]コーポレートサイト運営現場は、DXが進まない会社の縮図だった
コンテンツ管理システム(CMS)とは | 特徴・種類・ツール - マーケティングにどう活用できるのか
【無料あり】簡単手軽なスマホアプリ作成ツール2選
SEO(検索エンジン最適化)とは | デジタルマーケティングの基礎知識
プログラミング言語の種類と選び方|将来性の高いおすすめ言語一覧【2020年最新】
CMSを比較 | 世界シェアから見るおすすめツール紹介・導入前に検討すべきこと
CMSでサイト作成するメリット・デメリットまとめ | 比較・導入のポイント