Article square balloon green
2018-02-07

CMSを比較 | 世界シェアから見るツール紹介・導入前に検討すべきこと

ブラウザによるWebサイト管理・コンテンツ更新を実現するCMS(コンテンツ管理システム)が、多くの企業から注目されています。CMSの世界・日本シェアから主要製品の比較を行うとともに、導入検討のポイントを解説します。
サイト制作WEB制作ソフト・CMS
Large

おすすめのCMS・オウンドメディア構築サービス

・月間350万PV!強力なドメインパワーの配下でメディア構築
・プロによる記事作成も可能
・キーワード案の相談からリード獲得、分析機能までオールイン

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Web制作ソフト・CMSの資料を無料一括DL

CMSとは

CMSとは、Content Management Systemの略称であり「コンテンツ管理システム」と訳されます。CMSは、いまやマーケティングに欠かすことのできない、重要なチャネルのひとつとなった企業Webサイトを簡単に構築し、ブラウザの画面で管理・コンテンツ更新をできるようにしたものです。

HTML・CSSの知識が必要であった従来のWebサイトでは、テキストや画像があってもコンテンツとして配信することは簡単ではなく「更新が滞っている」状態になりがちでした。

しかし、CMSの普及により営業スタッフが気軽にコンテンツを更新し、タイムリーなメッセージを発信することで活発な企業Webサイトの運営が可能となっているのです。

以下の記事では、CMSについてより詳しく解説しています。

CMS(コンテンツ管理システム)とは | 特徴・種類・ツール - マーケティングにどう活用できるのか | ボクシルマガジン
コンテンツ管理システムであるCMSは、テキストや画像などを含め、統合的にWebサイトを管理していくもので、マーケテ...

現代の企業Webサイトで必要なものとは

2010年頃から徐々に活用が増え始めたCMSですが、現在では数多くの企業Webサイト構築・更新がCMSで行われており、今後もこの流れが継続していくと見られています。それでは、なぜ企業Webサイト運営にこれほどCMSが注目されているのでしょうか。

理由の一つには、市場の縮小とユーザー嗜好の多様化を背景に、マスメディアを活用した不特定多数向けのマーケティング手法が力を失ってきていることがあり、個々の顧客を重視した、複数チャネルでのOne to Oneマーケティングを効果的に行う必要性が生じていることが挙げられます。

これを実現するためには、現代ユーザーがもっとも情報源として活用する「Webサイト」の充実と、ユーザーに有用でタイムリーな情報発信が欠かせないのです。

オウンドメディア運営に最適なCMS

このように、自社製品やサービスのアピールにとどまらず、関連した情報を幅広く発信していくことで、ユーザーをリード・見込み顧客として獲得していく役割を果たすのが「オウンドメディア」です。

しかし上述したように、従来のHTML・CSSによるWebサイト更新の手法では、せっかく発信可能な情報があっても、都度、IT部門への更新依頼、または外注作業が発生することで公開が滞ってしまい、結果的に鮮度のないWebサイトとなってしまいがちです。

これに対し、CMSでオウンドメディアを構築することによって、だれもが、ブラウザでテキスト編集を行う感覚でコンテンツ更新が可能となり、スピーディーでタイムリーな情報発信を実現していくことが可能となるでしょう。

以下の記事では、オウンドメディアについてより詳しく解説しています。

オウンドメディアとは | メリット・事例 - マーケティングにおける位置付け | ボクシルマガジン
デジタルマーケティングの重要性が増すなか、企業にとってのオウンドメディアの存在はもはや不可欠です。媒体としてのペイ...

CMSの市場シェア・種類

競争の激しい現代の市場経済では、マーケティング活動に関しても時代に則した変化を受入れ、進化させていく必要があり、企業WebサイトにCMS導入が加速されているのも、その一環だということができます。

しかし、CMS導入と一口に言っても、それぞれのツールをどのように評価すればいいのか、判断に迷うことが多いかもしれません。そのヒントとなるよう、CMS市場でシェアを占めているツールはなんなのか、ツールにはどんな種類があるのかを、簡単に紹介していきましょう。

膨大な数が存在するCMS

まず、認識しておかねばならない事実として、ここで解説するCMSとは「ブラウザからWebサイトの管理・コンテンツの更新」ができる、狭義のCMSに限定しており、広義のCMSに含まれる、FacebookやTwitterなどのSNSは含みません。

それでも、2年前ほどのデータで800以上のCMSツールが世界中に存在しているといわれており、スクラッチ開発のため公開されていないツール、日本でのみ活用されているツールなどをあわせると、実際はこれを大きく超える膨大な数のツールが存在していると思われます。

こうした現実があることを前提に、まずはCMSの世界シェアはどのようになっているのか、紹介していきましょう。

CMS世界シェア

下図は、世界中で使用されているCMSのツールシェアを、パーセンテージで表したグラフであり、本来は85位まで公開されているものを、10位まで抜粋してあります。

出典:W3Techs Usage of content management systems for websites

これによると、全世界で運営されているWebサイトの49%がCMSツールによって構築されており、全体の29.4%、CMSツール全体では60%で「WordPress」が活用されているのがわかります。

Joomla!」と「Drupal」がそれに続く形とはなっていますが、いずれもCMSツール全体でのシェアは10%にも満たない状況であり、WordPressが圧倒的な人気を誇っているが読み取れます。

CMS日本シェア

これに対して、日本でのCMSツールシェアをパーセンテージで表したグラフが下図になりますが、こちらは3位までしか公開されていません。

出典:W3Techs Distribution of content management systems among websites that use Japanese

世界シェアとは異なり、Webサイト全体でCMSツールが活用されている割合は公開されていませんが、それでも84.5%で「WordPress」が使用されており、日本においての圧倒的な人気が伺えます。

興味深いのは、2位に「Adobe Dreamweaver」が食い込んでいることであり、IT部門がコンテンツの更新を行うという、日本企業の特徴が見えるようにも思えます。

また、3位となっている「MakeShop」は、日本製のEコマースサイト構築ツールであり、世界シェアで見ても73位に食い込むなど、国内での支持の高さを推測することができるでしょう。

オープンソースとパッケージ

こうしたCMSツールは、大きく以下の2つに分けることができます。

  • 無償公開されライセンス料金のかからないオープンソース
  • エンタープライズでの運用を念頭にライセンス料金のかかるパッケージ

しかし、Webサイトを公開するためには、サーバーにホスティングを行う必要があり、オープンソースといえどもすべてが無料で運用できるわけではありません。

世界シェアでTOP3を占めるCMSツールが、いずれもオープンソースである、という事実もまた興味深いといえるのではないでしょうか。

強力なドメインパワーでオウンドメディア構築『ボクシルCMS』

ボクシルCMSは、月間350万PVを誇るビジネスメディア「ボクシルマガジン」のドメインを利用したCMSです。広告に依存しない、Webからの安定的な見込み顧客を支援します。

通常コンテンツマーケティング・オウンドメディアを始める際は、記事を公開して検索上位に来るまでには非常に時間がかかります。強力な「boxil.jp」のドメインパワーを活用することで、効率的なコンテンツマーケティグがスタートできます。記事の内製化が難しい場合は記事作成も可能です

世界シェアTOP3のCMS

それでは、世界シェアTOP3を占める、オープンソースCMSを紹介し、その機能比較を簡単に行ってみましょう。

WordPress

WordPressは、ブログ用のCMSとして圧倒的な世界シェアを誇り、その完成度の高さから愛用者の多いオープンソースCMSです。これがもたらすメリットとして、万単位にもおよぶプラグインが公開されており、これを追加することによって充実したマーケティング機能を搭載することも可能です。

ソースコードが無償のほか、プラグインもほぼ無償となっていることから、導入コストを押さえられるのもメリットであり、中堅規模のコーポレートサイトにも対応可能な堅牢性も併せ持っています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
WordPressの資料を無料DL

Joomla!

Joomla!は、ハーバード大学やLinuxなどのWebサイト構築に使われている、オープンソースCMSです。WordPressよりは難しいものの、Drupalほどの専門知識を必要としない運用が可能となっており、SNS作成、Eコマースサイト構築、ヘルプポータルサイトの構築にアドバンテージを持っています。

テーマや拡張機能のモジュールはやや少なめですが、必要にして十分のテンプレートが用意されており、Joomla!用の高品位なテーマを有償で提供しているサイトも存在しています。

Drupal

Drupalは、数十万ページにおよぶNASAのサイトをはじめ、世界中の企業の大規模サイトを支えるオープンソースCMSです。こちらもアドオンといわれる機能拡張を追加することにより、ECサイト運営やマーケティング機能を実装でき、その柔軟性と拡張性はパッケージ以上といわれるほどの評価を得ています。

オープンソース故に、大規模サイトの運営には開発力が必要になりますが、運用をサポートするベンダーも存在しており、注目のCMSといえるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Drupalの資料を無料DL

WordPress x Joomla! x Drupal

それぞれにインターフェースや扱いやすさ、特徴に違いがある3つのツールですが、オープンソースであるだけに、企業ニーズをすべて満たすには、カスタマイズやプラグイン・モジュールなどの追加も必要になってきます。

以下に、それぞれの主要な項目を比較した表を作成してみました。

WordPress Joomla! Drupal
扱いやすさ 直感的な操作が可能 慣れるまでに少し時間が必要 サイト構築に時間が必要
テーマ 2,000以上 1,000以上 1,800以上
機能拡張 45,000以上 32,000以上 7,000以上
Eコマース機能
SEO ○(追加のチューニングが必要)
モバイル対応
フォーラム機能 ○(機能拡張の追加が必要) ○(機能拡張の追加が必要) ○(機能拡張の追加が必要)
コミュニティ機能 ○(カスタマイズが必要) ○(機能拡張の追加が必要)
サーバーOS Linux Linux / Windows / Mac OS X Linux / Windows
データベース MySQL 4.1以上 MySQL 3.23以上 MySQL 4.1 / 5.x以上
プログラミング言語 PHP 4.3以上 PHP 4.3.10以上 PHP 4.3.2以上

ECサイト向けCMS

簡単にWebサイトを構築できることで圧倒的な人気を誇っているWordPressですが、世界・日本シェアともに、個人によるサイト運営も含まれているため、企業のみに対象を絞った場合、また違った結果がでてくることも予想されます。

その意味においては、日本シェアのNo.3である「MakeShop」をはじめとした、Eコマースで活用されているCMSツールを排除してしまうわけにはいかないでしょう。

MakeShop(メイクショップ)

MakeShop(メイクショップ)は、全世界で15万店舗に導入されている、コストパフォーマンスの高いECサイト構築が可能な、ASPショッピングカートシステムです。毎月5つ以上機能を追加しており、その機能総数は651にもおよびます。

HTMLで独自デザインも可能なネットショップのデザインテンプレート162種類用意、手数料が0円のため、売れれば売れるほど利益が出るシステムになっています。ショップデザインの機能・集客・営業に関わるサポートも充実、ネットショップ初心者でも確実に利益が期待できるサービスとなっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
MakeShopの資料を無料DL

EC-CUBE(イーシーキューブ)

EC-CUBEは、ECサイトで使用するコードをオープンソース化し、350を超えるプラグインなど、高い拡張性や自在な変更が可能なデザインなどを実現した、日本製CMSです。
大規模サイト用にコードを書き換えられるなど、オープンソースならではの利点を活かし、型に縛られないサイト設計が可能、システム担当者のエンジニアがいれば、ライセンス料金をかけずに自由なデザイン/機能を実現するサービスのため、企業独自のオリジナリティを表現するのに最適です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
EC-CUBEの資料を無料DL

Magento

Magentoは、世界中のECサイト構築に使用されているオープンソースのCMSであり、Eコマースに限定すれば、世界No.1のシェアを誇っています。(※CMSツール全体ではシェア4位)

特に越境ECではその強みを発揮しており、各国の商習慣にあわせた細かなパラメーター調整を柔軟に行うことが可能です。反面、最適化にそれなりの知識が必要とされ、日本国内でサポートが可能な制作会社が少ないことから、やや日本では知名度が低くなっているともいえます。

CMS比較検討の前に

世界シェアを誇るCMSの紹介、機能比較とともに、Eコマース向けCMSも紹介してきましたが「だれでもブラウザから更新可能」「ブラウザからサイト管理が可能」ということを実現するため、HTML・CSSでWebサイトを構築してFTPへアップロードする従来手法と比べると、若干の柔軟性に欠けているのは事実です。

それぞれのツール紹介でも触れていますが、これを解決するため、CMSはプラグイン・モジュール・アドオンなどと呼ばれる、拡張機能を追加していけるようになってはいますが、それでも特殊なニーズに対応させるためには、カスタマイズが欠かせません。

企業がCMSの導入を検討する際、まずこの点を理解しておく必要があります。

CMS導入の目的と課題を明確にする

これが意味するところは「ライセンス料金が無料でも、必要な機能をカスタマイズ導入すると100万円になる」「ライセンス料金が50万円でも、必要な機能が搭載されている」という違いが存在することです。

つまり「どのCMSを導入するか」ではなく「CMS導入を検討する目的と、必要な機能を洗い出す」ことが重要であり、何を実現したいのかという課題を明確にしておく必要があるのです。

運用提案のできる制作会社を選ぶ

また、企業内にITリテラシーがない場合や、あっても目的の実現が難しい場合などは、制作会社に外注することも視野に入りますが、その際の判断基準にも注意が必要でしょう。

制作会社にも自社が得意とするCMSが存在し、それをアピールするために「CMS自体の人気度やアドバンテージ」を前面に押し出してくる場合があるからです。

そうした点をアピールするのではなく、自社の目的や課題に対して、どのようにしたら解決へ導くことができるのかという、運用面での提案を行える制作会社を選ぶべきだといえます。

CMSはサイト規模と要件で決める

世界No.1のシェアを誇るWordPressでも、複雑なディレクトリ構造を強いられる際には、サーバーへの負荷が極端に大きくなるという一面を持っており、逆にDrupalでは、直感的なサイト構築を行うことが難しいことから、サイトを立ち上げるまでの時間がかかりがちだという一面を持っています。

こうしたCMSの特徴を把握し、自社のサイト構築をどのような規模で、どのように更新していくかを明確にし、それに最適なCMSを見極めていくことが重要だといえます。サーバー構築やSEOへのチューニングを含め、適切な制作会社の選定とパートナーシップが必要になってくるといえるでしょう。

コンテンツマーケティング・オウンドメディアを始めるなら

・月間350万PV!強力なドメインパワーの配下でメディア構築
・プロによる記事作成も可能
・キーワード案の相談からリード獲得、分析機能までオールイン

月間350万PVを誇るドメインパワーを活用したボクシルCMSで、効率的なコンテンツマーケティングを始めませんか?

月間3,000CV!ボクシル編集長監修『コンテンツSEO完全ガイド』

効率的にリードを獲得したい・サービスのPRをしたい・SEOで検索上位を取りたい、、、といったご要望はありませんでしょうか。オウンドメディアを使ったコンテンツマーティングで効率的に見込み顧客を獲得することが可能ですが、ノウハウがないと何から手をつけて良いかわからないですよね。

「コンテンツSEO完全ガイド」ではコンテンツマーティング、SEO集客に関するポイントや手順について解説しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
コンテンツSEO完全ガイドの無料DLはこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
WEB制作ソフト・CMS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
スマートキャンプ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事