コピー完了

記事TOP

クラウド会計ソフトのメリット・デメリットをまとめてみた!

最終更新日:
近年では会計ソフトもクラウド型のものが増えてきています。ここではそのクラウド会計ソフトについてメリット・デメリットを中心に説明しています。導入を検討されている方は、自分に向いているのかどうかを決める参考にしていただけたらと思います。

キャンペーン:無料トライアル実施中サービスをまとめてご紹介

無料トライアル特典をまとめて比較

今回は人気のサービスの中でも、「無料トライアル期間」や「無料プラン」、その他特典があるサービスを厳選しピックアップしました。
ぜひ、比較・検討にお役立てください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

会計ソフトもクラウドに任せませんか?

経理業務を効率化するため、クラウド会計管理ソフトの導入を検討されている方も多いと思います。近年急速に進化しているクラウド会計管理ソフトですが、「従来の会計ソフトと比べてどんなメリットがあるのか」「導入したことでのデメリットはないのか」といった点が気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、クラウド会計管理ソフトのメリットだけでなく、デメリットについてもしっかり考えていきたいと思います。

クラウド会計ソフトのメリット

まず、クラウド会計ソフトを導入した時のメリットを見ていきましょう。

経理初心者でも始めやすい

経理について学んだことがない人・実務経験がない人でも、分かりやすく入力できる仕組みになっています。もちろん、知識が0という訳にはいきませんが、専門用語も少なく、ヘルプ機能やサポート機能が充実しているので、初心者にとって経理業務のハードルが低くなることは間違いないです。

銀行口座やカード明細は自動連携できる

ネットバンキング対応の銀行口座の入出金明細や、クレジットカード明細を自動で取得できるので、入力の手間が削減できます。他にも、請求書と連携して売掛金を立ててくれたり、仕訳がスムーズになるような補助機能が充実。
会計業務に関する作業量を減らすことができます。

経営状況をリアルタイムで把握できる

入力した数字から、経営状況を判断するためのレポートをすぐに作成することができます。税理士さんの書類待ちということもないので、最新情報を見ながら経営戦略を練ることができます。

決算書・確定申告書類を自動で作成できる

日々の入力作業を行うだけで、貸借対照表・損益計算書などの決算書類を簡単に作成できます。また、確定申告書類作成を補助してくれる機能もあるので、個人事業主にも嬉しいです。

常に最新のソフトを利用できる

パソコンにインストールして使うソフトと違い、ブラウザ経由でサービスにアクセスするので、利用するのは常に最新のシステムです。ソフトが更新するたびに再インストールする必要もなく、パソコンを買い替えてもすぐに利用できます

データバックアップで安心できる

会計データは、クラウドサーバー上に保管されます。遠隔地で管理されるので、パソコンの不具合や災害等で大切な会計データが消失するリスクを減らすことができます。

クラウド会計ソフトのデメリット


クラウド会計ソフトのメリットは、たくさん語られています。もちろん、会計業務に革命的な効率化をもたらしてくれるツールではあるのですが、便利な一方でデメリットもあります。導入にあたっては、これらのデメリットについても認識しておきましょう。

ランニングコストがかかる

ソフトを購入してインストールするものと違い、月額利用料を払うのがクラウド会計ソフトの特徴。つまり、ランニングコストが永続的にかかる事になります。初期費用が安かったり、初年度無料というサービスも有りますが、会計ソフトは長く付き合うもの。長期的な視点で見れば、合計コストが大きくなってしまいます。

手入力の場合、操作が遅い場合がある

ネット口座やクレジットカード利用が多ければ、自動入力の恩恵をうけることができますが、現金での支払いの場合は、従来通り手入力が必要になります。

クラウド会計ソフトは、クラウドサーバーを通じて利用するので、インターネット環境に応じては動きが遅くなってしまいます。インストール型ソフトに比べると、手入力は操作性が劣るものもあるので、現金入力が多い場合、ストレスが溜まってしまうかもしれません…。

セキュリティに不安がある

外部のサーバー上に会計データや、口座・クレカ情報を登録するので、万一トラブルが合った時は被害が大きくなってしまいます。しかし、最近のクラウド会計ソフトはセキュリティも向上していますから、「共有パソコンでパスワードを保存してしまった」「IDのメモを紛失してしまった」といった人為的ミスに配慮できれば、問題は無さそうです。

クラウド会計ソフトはどんな人の向くか


まとめると、クラウド会計ソフトが向く人・向かない人は以下のように分けられそうです。

クラウド会計ソフトが向く人

  • ネットバンキングや、クレジットカードでの決済が多い人
  • 経理についての知識がなく、手軽に始めたい人
  • 複数のデバイスで作業をすることが多い人

クラウド会計ソフトが向かない人

  • これまでに使い慣れている会計ソフトがある人
  • 現金での支払いが多い人

クラウド会計ソフトの導入の判断

いかがでしたか。メリット・デメリットを天秤にかけて、導入を判断してくださいね。
以下の記事では、オススメのクラウド会計ソフトについて厳選して紹介しています。合わせてご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社マネーフォワード
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事