退職挨拶メールの送り方&書き方 | マナー・時期・注意すべき7つのポイント【無料テンプレート4種】

公開日:
最終更新日:
退職時の挨拶メール失敗しない送り方・書き方のマナーは?いつ、どのような時期に出せばいいのか?相手によって気を遣うべきことはあるのか?メールで挨拶していいのか?など、送信時の注意ポイント7つの解説とともに、テンプレート4種類を紹介します。
求人・転職求人・転職情報(マナー)
Large

退職時の挨拶メールの送り方と書き方のマナーを解説

退職時の挨拶メールを出すときに「いつ出せばいいのか?」「相手によって気を遣うべきことはあるのか?」「そもそもメールで挨拶していいのか?」など、迷ってしまいますよね。

退職するからといって適当に送るのではなく、このようなときこそお世話になった方たちに、ちゃんとマナーを守って感謝の気持ちを伝えるべきではないでしょうか。

退職時の挨拶メールの送り方と書き方を7つのポイントにまとめました。退職届・退職願のテンプレートについてはこちらの記事から無料ダウンロードできます。

退職時の挨拶メール、気を付けるべき7つのポイント

1. 退職時の挨拶は本当にメールでも良いのか

そもそも、退職という節目の挨拶をメールで送ってしまっても良いのでしょうか。ちゃんと挨拶回りをするなり、はがきなどを送るべきだという声もあるかと思います。

もちろん、優先順位をつけてそれらを先に行えばより丁寧ではありますが、メールでの挨拶でも失礼ということはありません

特にお世話になった方に対しては、挨拶回りをした後に挨拶メールも送ることが一般的となっているようですが、それほど親密ではない人の場合はメールだけでも問題はありません。

電子メールが一般的に普及している時代ですので、ちゃんとした文面であれば、一斉配信しても問題はありませんので、退職する前に送りましょう。

退職するときにはメールで挨拶してもOK!その際の7つのポイント | ボクシルマガジン
退職の挨拶をメールでする上で注意する点をご存じですか?いよいよ退職、、お世話になった社内の人や社外の人に挨拶したい...

2. 退職時の挨拶メールはいつ送る?タイミング

退職時の挨拶メールをいつ送ればいいのかは、その会社によってタイミングが異なります

社内に送る場合は、その会社の習慣に合わせて送れば問題ありませんが、そういう習慣がない場合は、最終出勤日に送ることが一般的なようです。

社外に送る場合は、退職の2~3週間前に送ることが一般的と言われています。後任担当者への引継ぎを円滑にするために、この程度の期間は必要だと考えておきましょう。

3. 退職時の挨拶メールを「同僚」に送る時の注意点

退職の挨拶メールを同僚に送るときは、間違えて他の人に送ってしまわないように、細心の注意を払いましょう。気心の知れた同僚に送る場合、くだけた内容にしてしまうケースもあると思いますが、それを他の方に送ってしまうと失礼になってしまいます。

メールソフトのTOやCCやBCCは、1クリックで押せてしまいますので、誤送信がないように気を付けましょう。

4. 退職時の挨拶メールを「上司」に送るときの注意点

上司に退職メールを送る場合は一斉配信をせず、個別にに送りましょう。複数上司がいる場合は、それぞれの上司に個別にメールを送ることがおすすめです。

「そこまで気にしなくても良いんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、相手によってはそういう部分を気にする人もいらっしゃいます。お世話になった感謝の気持ちを個別メールに載せて、後を濁さない心構えが大切です。

5. 退職時の挨拶メールを「社外に」送るときの注意点

社外に退職時の挨拶メールを送るときには、公私混同でなあなあにならないように注意しなければなりません。

押さえておかなければならないポイントは、退職日をしっかり書くことと、引継ぎについて書くこと、今までの感謝の気持ちを伝えることの3つです。

これらがなければ、相手に不信感や今後の不安を覚えさせてしまいますので、必要最低限のことと考えておきましょう。

また、私用の連絡先を書かないこともビジネスマンのたしなみです。あくまでも仕事上のお付き合いと割り切りましょう。

6. お世話になった方々には個別に退職の挨拶メールを送ろう

特にお世話になった方に対しては、一斉メールや内容をコピーペーストしたメールではなく、個別に文面を作って、相手が自分のために書いてくれたとわかるような内容で感謝の気持ちを伝えましょう。

たとえば一斉メールが届いたあとに、今度は個別のメールが届いたら、2通目は明らかに自分だけに書いてくれたんだとわかってもらえます。

ちょっとした配慮で、お世話になった方への感謝の気持ちの伝わり方が変わってくるのです。

7. 退職時の挨拶メールをもらったら返信したほうが良いのか

退職時の挨拶メールをもらったら、ちゃんと返信しなければならないのでしょうか。結論から言うと、この場合は特に返信は必要ありません

相手は多くの人に送っていますので、逆に全員から返信が来たら退職直前なのに困りますよね?場合によっては読み切れないこともあります。

ビジネスメールですので、特に気遣う必要はありません。もちろん、送ってはいけないということではありません。

退職メールの書き方 | テンプレート・例文

退職メールを送信する際のマナーは以上のとおりですが、どのような文面にしたらよいのか、迷ってしまいますよね。

そこで本記事ではボクシルが作成した退職メールのテンプレート(ひな形)を紹介します。
ドキュメント名式で、ケースに応じた退職メールのテンプレート・例文が無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

退職メール以外のテンプレートもご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

また、以下の記事では退職届・願いのテンプレートも紹介しています。あわせてご覧ください。

退職届・退職願とは?無料ワードテンプレート | 書き方・注意点・ポイント | ボクシルマガジン
退職届・退職願を書く時になったら…?実際よく耳にする言葉ですが、書き方や注意点をご存知ですか?意外と知らない退職届...

>>>人気転職エージェントTOP3をチェックしてみる

退職挨拶メール(社外訪問日程の場合)

取引先の方への退職挨拶メールのテンプレートとなり、後任担当者の引き継ぎを兼ねて、相手方を訪問する場合の例になります。

相手方への感謝の気持ちと退職日、後任担当者がだれになるのかを明記し、訪問する日程を打診します。日程は必ず3つ程度の候補を挙げ、日程調整に何度もメールのやり取りが生じないように配慮しましょう。

退職挨拶メール(社外訪問なしの場合)

取引先の方への退職挨拶メールのテンプレートとなり、後日あらためて後任担当者が挨拶に伺う場合の例になります。

相手方への感謝の気持ちと退職日、後任担当者がだれになるのかを明記し、自身が挨拶に伺えないことをお詫びしましょう。

退職挨拶メール(社内・上司への挨拶文)

自社内の上司への退職挨拶メールテンプレートとなり、出勤最終日、すなわち最後の挨拶の例になります。

最終日のため、時間軸は「本日」となっていますが、タイミングによっては変更する必要があるので注意してください。取引先への挨拶メール同様、相手方への感謝の気持ちと今後のご健勝を忘れずに記載します。

退職挨拶メール(社内・全体への挨拶文)

自社内全体を対象とした退職挨拶メールテンプレートとなり、出勤最終日、すなわち最後の挨拶の例です。

個人を対象にした挨拶文ではないため、具体的なことは記載しないようにするといいでしょう。
取引先への挨拶メール同様、全員への感謝の気持ちと今後のご健勝を忘れずに記載します。

以下の記事でも退職挨拶メールのテンプレートを紹介しているので、あわせてご覧ください。

退職挨拶メールを簡単に作成できる無料テンプレート | 書き方【社外・社内両用】 | ボクシルマガジン
退職時に、今までお世話になった方々へ挨拶メールを送りましょう。何度も描いたことがある人はいないと思います。そこで、...

マナーを考慮した退職時の挨拶メール

退職時の挨拶メールは、社内にはその会社の慣例のタイミングで、社外へは引継ぎなども考慮して2~3週間前くらいに送りましょう

送る場合は同僚や上司、社外や特にお世話になった方など、それぞれ送り方に配慮して感謝の気持ちを伝えることが大切です。

その配慮が、あなたがその会社で最後に行う仕事だといえるかもしれません。後を濁さない退職もビジネスマンのたしなみだといえるでしょう。

退職時に役立つ関連記事

退職証明書はいつ必要?記載項目や必要な場面もご紹介 | 無料テンプレートあり | ボクシルマガジン
退職証明書とは?離職票との違いは?いつ発行するの?何を書けばいいの?何のために発行するの?そんな疑問にお答えします...
退職金をもらったら?損をしないための税金7つのポイント | ボクシルマガジン
退職金を貰ったは良いが、税金で損をしたら大変ですよね?退職金はサラリーマンにとって、一生に一度か二度の大金を手にす...
退職祝いとして送りたいおすすめプレゼントTOP7【部下編】 | ボクシルマガジン
頑張ってくれた部下に退職祝いを贈りたい!可愛い部下の退職、とても寂しいですよね。でも、可愛がっていたからこそ「最後...
退職祝いとして送りたいおすすめプレゼントTOP7【上司編】 | ボクシルマガジン
上司への退職祝いTOP5:スタイリッシュな時計贈り物に時計を選ぶのは、感謝の気持ちを伝える意味でもおすすめです。時...

転職を考えている方必見!人気転職エージェントTOP3

転職を考えている方向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413人のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事