職務経歴書テンプレート | 書き方例・サンプル - ダウンロード無料のフォーマット

公開日:
最終更新日:
職務経歴書の無料テンプレートを2種類用意しました。フーマットの確認やダウンロードに使える転職サイトや、書き方・ポイント、履歴書との違いを解説します。職務経歴書を添削してくれる転職エージェントも紹介するので、書き方に自信がない方は利用してはいかがでしょうか。※初回公開日:16/12/18
求人・転職求人・転職情報(マナー)
Large

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

職務経歴書のテンプレートDLはこちら
職務経歴書の書き方・ポイントはこちら
職務経歴書を添削する転職エージェントはこちら

職務経歴書の無料テンプレートをダウンロードしよう

職務経歴書は履歴書と同様、自己アピールできる数少ない書類です。しかし満足にアピールできている方は少ないはず。

そんな書き方に慣れていない人でも利用できる職務経歴書のテンプレート(ひな形)を紹介します。Word(ワード)で使える職務経歴書の無料フォーマットです。転職活動に活用してください。

記事後半では職務経歴書の書き方について紹介します。記載事項ごとに注意点・ポイントを解説するので、転職活動を始めたばかりの方は参考にしてください。解説を読んでもなお不安な方は職務経歴書を添削してくれる転職エージェントを利用しましょう。

職務経歴書とあわせて用意したい履歴書の書き方、無料テンプレートは次の記事からどうぞ。

履歴書ワードテンプレート | 作成・メール添付のポイント【全6サンプルDL無料】 | ボクシルマガジン
採用活動に欠かせない履歴書。近年ではWordで作成する場合も増えてきましたね。そんな履歴書の書き方やポイント、注意...

職務経歴書以外のテンプレートをチェックしたい方は次のリンクから飛べます。

職務経歴書テンプレート無料【サンプル】

必要箇所を記入するだけで簡単に発行できる無料テンプレートは以下からダウンロードしてください。Wordですぐに編集できます。2種類のテンプレートから好きなデザインをダウンロードし、職務経歴書を書き上げましょう。

職務経歴書テンプレート無料【パターン1】

一般的な採用面接に使えるA4サイズ1枚の職務経歴書です。罫線があるので見やすく書きやすいのがポイントです。

職務経歴書テンプレート無料【パターン2】

こちらも一般的な採用面接に活用できる、A4サイズ2枚組の職務経歴書です。シンプルで見やすく誰でも利用できます。

ボクシルには、他にもたくさんのテンプレートがあります。他のテンプレートもチェックしてはいかがでしょうか。

職務経歴書テンプレート無料【転職サイト】

職務経歴書の無料テンプレートや例文を紹介しているサイトは他にもあります。代表的なサイトは次のとおりです。

リクナビNEXT(リクナビネクスト)

リクナビNEXTでは、3タイプの職務経歴書の書き方「逆編年体」「編年体」「キャリア式」それぞれに最適化されたテンプレートを掲載しています。無料かつ登録なしでダウンロード可能です。Word形式のA4サイズで6種類のテンプレートがあります。

>>> リクナビNEXT公式サイトで求人をチェックする <<<

エン転職

エン転職では、業種ごとに最適化された職務経歴書の見本50種類が掲載されています。営業関連職をはじめ「専門職」「サービス関連職」「IT・Web技術職」「製造業技術職」「建築・土木技術職」「クリエイティブ関連職」などの職務経歴書があります。

採用担当者が重視するポイントも職種・業種に応じて紹介しています。

>>> エン転職公式サイトで求人をチェックする <<<

doda

dodaでは、職種・業種に応じた職務経歴書テンプレートを無料でダウンロードできます。会員登録は不要です。見本の種類が多く参考にしやすいほか、職務経歴書の記入ポイントも丁寧に解説されています。

A4のWord形式でダウンロードでき、第二新卒・英文レジュメの項目があるのも特徴的です。

>>> doda公式サイトで求人をチェックする <<<

職務経歴書と履歴書の違い

転職の面接ではほとんどの場合、職務経歴書と履歴書の提出が求められます。しかし職務経歴書と履歴書の違いはなんなのでしょうか。

職務経歴書にも履歴書にも、一般的なフォーマットなら「自己PR」「志望動機」に関する記入項目が設けられています。

履歴書

履歴書は職歴や学歴のほか、氏名・住所・扶養家族など個人情報を記載する書類です。採用となった場合に人事部にて保管されます。

履歴書ワードテンプレート | 作成・メール添付のポイント【全6サンプルDL無料】 | ボクシルマガジン
採用活動に欠かせない履歴書。近年ではWordで作成する場合も増えてきましたね。そんな履歴書の書き方やポイント、注意...

職務経歴書

職務経歴書は書類選考にて重要な役割を持ちます。経歴や実績、スキルなど能力に関する記載欄多い傾向にあります。

つまり職務経歴書は企業にとって選考の判断材料であり、転職者にとっては「自身をアピールするためのプレゼン資料」となります。

>>>人気転職エージェントTOP3をチェックしてみる

職務経歴書の書き方

職務経歴書を書くときのポイントや注意点を解説します。項目ごとに気をつけるべき箇所があるので、要点を押さえて書きましょう。

  1. 職務要約
  2. 職務経歴
  3. 自己PR
  4. 志望動機

1. 職務要約:客観的な実績

職務要約は自身の概要をまとめる箇所です。職務要約では自己PRをしつつ、200~300字程度にまとめて書きます。採用担当者は忙しいので、伝えたい内容を簡潔に記さないと覚えてもらえません。

コツは客観的に事実を書くこと、具体的な数字を入れることです。この2点に注意して職務要約を書いてみましょう。

2. 職務経歴:スキルや資格を簡潔に

職務経歴は職務経歴書において一番大きなウエイトを占めています。簡潔にわかりやすくのが鉄則です。採用担当者が注目しているのは、直近の職務経歴と実績、仕事内容なので、後述の逆編年体で構成するのがよいでしょう。

スキルや資格は優先順位の高いものを優先して記載しましょう。転職者を具体的にイメージできるように書くのが大切です。

3. 自己PR:キャリアプランを説明

自己PRでは将来の展望を明確にすると良いでしょう。応募企業でどういうスキルが活かせるのか、どのようなことをしていきたいのか、どのように成長していきたいのかを記載します。

4. 志望動機:熱意を表現

志望動機では企業に対してどれだけの熱意を持っているか伝えます。

「なぜこの会社を選んだのか」「どう自分が貢献できるのか」「この会社のどこに惹かれたのか」「どうしてその仕事をやりたのか」を中心に記載しましょう。

熱意があれば就職できると言われることからも、志望動機がどれほど大切なものかわかります。会社に対してどれだけの熱意があるのか、仕事にどれだけの誇りをもっているのかがわかるように書きましょう。

志望理由の例文はこちらの記事をご覧ください。

>>>人気転職エージェントTOP3をチェックしてみる

職務経歴書の書き方ポイント

内容を企業ごとに適応

職務経歴書は「自身をアピールするためのプレゼン資料」です。アピールすることを意識しなければ、経歴を漫然と記入するだけで終ってしまいます。

しかし自分の強みをただ書けばいいわけではありません。採用担当者は自社にマッチした人材を探しているため、応募する企業にマッチした表記をしましょう。自身のスキルがどのように活かせるのかを考え、アピールするのがポイントです。ただし事実と異なる記載は厳禁です。

簡潔かつ具体的に

簡潔に要点が伝わるように書きましょう。文章が読みやすいのはもちろん、見た目がすっきりしているのも重要です。アピールしたい項目を列挙したい気持ちはわかりますが、ぐっとこらえましょう。採用に時間をかけられない担当者が要点をつかめずに読み終えてしまいます。

採用の目に留まる言葉選び

中途採用で企業が求める人材は即戦力です。そのため採用担当者が即戦力だと想像できるキーワードを盛り込めると効果的です。たとえばWebエンジニアの職種なら企業で扱っている開発言語を盛り込むと、採用の目に留まるかもしれません。

職務経歴書の書き方3タイプ

企業からフォーマットが指定されているケースは例外ですが、基本的に職務経歴書の書き方に決まりはありません。しかし職歴やスキルによってアピールしやすい書き方が存在します。

採用担当者にアピールできる履歴書の書き方3パターンを紹介しましょう。採用担当者が読みやすい職務経歴書であれば、理解しやすく良い印象を与えられます。

逆編年体

最新の職歴や経験から順番にさかのぼって記載する「逆編年体」という職務経歴書のタイプです。採用担当者は最新の職歴を先に確認するため、企業に親切な書き方と言えます。

直近の職歴や経験が企業で活かせるスキルである場合は非常に有効です。

編年体

「編年体」とは逆編年体と対照的に、職歴や経験を時系列に沿って記載していく職務経歴書のタイプです。

転職を重ねるケースが少ない日本では主流のタイプで、人材の履歴を追っていけるメリットがあります。デメリットは最新の職歴や経歴が最後まで読まないとわからない点です。

「転職回数が少ない」「業務経験が短い」といったケースに向いているタイプだといえるでしょう。

キャリア式

職種やプロジェクト単位で経験をまとめ記載していく職務経歴書のタイプです。

職歴単位ではなく職種単位で書くのが特徴です。複数の職種を経験しており、企業の職種に応じてアピールポイントを変えられる人に向いています。

転職回数が多くさまざまな職種を経験している、職歴のブランクを目立たなくさせる効果があります。外資系では好まれるタイプですが、都合の悪い職歴を隠そうとしていると勘ぐられる場合もあります。

職務経歴書を添削してくれる転職エージェント

転職時に必要な職務経歴書ですが、書き方がわからない方は多いと思います。転職エージェントは、職務経歴書だけでなく履歴書の添削まで行ってくれるので、自信のない方は登録して相談してみましょう。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3,000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェント登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録は可能です。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)


その他おすすめの転職エージェントはこちらから。

職務経歴書は応募先に対応

書類選考や面接の過程で「職務経歴書」が非常に大きな役割を果たします。職務経歴書は「自身をアピールするためのプレゼン資料」です。企業に合わせてアピールするポイントを変えましょう。

解説した注意点やポイントを元に「アピールできる職務経歴書」を作成してはいかがでしょうか。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事