コピー完了

記事TOP

年末挨拶メール作成方法 | 書き方・冬季休業案内例文テンプレート【社外・取引先向け】

最終更新日:
公開日:
失敗しない年末挨拶メールの作り方とは?冬季休業案内のメールを書いたことがない方のために、書き方の例や必須項目、ポイントまで解説します。テンプレートはダウンロードして名前や会社名を少し変えるだけで完成するので手間もかかりません。ぜひ活用してみてください。

冬季休業案内ができる無料テンプレート

自社の冬季休業案内はどのように行っていますか?自社サイトだけでお知らせしていても、取引先には伝わらないかもしれません。

本記事ではボクシルが作成した年末挨拶メール(社外向け)のテンプレート(ひな形)を紹介します。テキスト形式で使いやすいデザインのフォーマットが無料でダウンロードできます。ぜひご活用ください。

年末年始の関連人気記事:年末年始の銀行ATM営業時間まとめ | みずほ・三菱UFJ・三井住友・ゆうちょ

また、初めての方でも安心して年末挨拶メールを発行できるように、年末挨拶メールに最低限必要な記入項目や、一般的によく記載される記入項目もポイント解説します。

年始の挨拶メールの書き方や例文については次の記事をお読みください。

年末挨拶メール以外のテンプレートもご覧になりたい方は下記ボタンからご確認ください。

【無料】テキスト形式で使える年末挨拶メールテンプレート【社外向け】

ボクシルでは、テキスト形式で必要な箇所を記入するだけで簡単に年末挨拶メール(社外・取引先向け)が発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。

次の記事を参考に年末挨拶メールを発行してください。

年末挨拶メール(社外・取引先向け)テンプレート【冬期休暇案内】

冬季休暇案内をお知らせできる年末挨拶メールです。

ボクシルでは、他にもたくさんのテンプレートをご用意しています。他のテンプレートをご覧になりたい方は以下をご覧ください。

年末挨拶メール(社外・取引先向け)の書き方と注意点

年始の挨拶メールをすることはあっても、社外へ向けて年末の挨拶メールをする企業は少ないかもしれません。

そのため、どのように書けば良いのか内容もわからないということもあるでしょう。

基本的に年末の挨拶メールは年末年始の会社の休業期間などを知らせることが多いので、難しく考える必要はありません。

年末の挨拶メールの書き方

件名

まず、メールを送る際に必要なのが件名です。間違っても無題で送ることが内容にしましょう。

また、件名は「誰から」「何の」メールが来ているのかがわかるようにしなくてはなりません。先方はウイルス対策のために誰から来たのかわからないようなメールを開かない可能性があるからです。

年末の挨拶の場合は「〇〇(株)東京太郎より 年末のご挨拶」という件名で良いでしょう。もしここに「お世話になります」という文書を入れてしまっては後ろの文章が見えなくなるので誰から来たのかわからなくなります。

本文の冒頭に宛先

メールの場合は書類で出す時と同じ要領だと思えばわかりやすいかもしれません。宛先は冒頭に書きますが、会社名や部署名、役職などは略さずに書きます。

〇〇株式会社 営業部 部長 〇〇〇〇様」というようになります。

個人に充てる場合は会社名の後に御中は必要ありません。逆に個人名がない場合は会社名の後に御中を入れます。

本文の内容

まずはその年1年お世話になったことへの感謝の気持ちを述べます。

そのうえで、本文で伝えるべき情報を載せましょう。たとえば、年末年始の休業日と業務開始日などです。

本文の例を挙げてみます。


今年も残すところわずかとなりました。
本年は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

早速ではございますが年末年始の営業日(休業日)のご案内をさせていただきたく
ご連絡させていただきました。

なにとぞご了承の上お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。

本年中は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。
来年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


以上のような内容が一般的でしょう。この後に年末年始の営業日や休業日を記載します。

最後に差出人の記載を

メールの文末には差出人を記載します。
件名に書いているのはわかりやすくするためですが、今回はきちんと連絡先なども記載しましょう。

〇〇(株) 東京都・・・・・・・(住所)
 代表取締役 〇〇〇〇(名前)
 電話番号 〇〇‐〇〇〇〇‐〇〇〇〇
 E-mailアドレス

という内容であればとても丁寧な年末の挨拶文になるでしょう。

年末はメールでお世話になった方々への挨拶を

今まで送ったことがなかった方も、本記事を参考にして送ってみてはいかがでしょうか。

人気のビジネステンプレート関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事