{{ message }}
Article square balloon green
2017-08-09

eラーニングとは|社員教育・研修 - eラーニングの歴史、導入のメリットやLMSを解説

eラーニングは、インターネットを利用して社員の教育や研修を行う仕組みです。インターネット環境の整備や普及によって、新しい学習の形態としてニーズが高まるeラーニングの目的やメリット・デメリット、LMSについて徹底的に解説します!
- PR -
- PR -
Large

eラーニングとは

eラーニングとはネットワークを活用した教育や研修のことで、学びを電子化したものです。一般的にはパソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットを利用して学ぶ学習形態のことをいいます。

またeラーニングは、「Webラーニング」「ITラーニング」「ICTラーニング」など、さまざまな呼び方がされていますが、意味は全て同じです。

eラーニングに至るまで

はじめにeラーニングに至るまでの変革を紹介します。

アナログ時代

デジタルデバイスが一般的になるまで、学習の形態はいわゆる集団授業、集団研修の形式が通常でした。多くの受講者が1つの場所に集まり、テストの採点や学習状況の確認も人の手によって行われていました。

しかし、このやり方では時間やコストの面で非効率が多く、新たな学習形態が模索されました。

CD-ROMを活用した学習

デジタル化・電子化の第一歩としてCD-ROMを活用した学習形態が構築されるようになりました。

これはCD-ROMの大容量である特徴を生かしたもので、各個人が自由に場所や時間を選択できること、何度も再生することができることなどがメリットとして挙げられました。

しかし、一度配布してしまうと内容の修正が難しいこと、受講者の学習状況を確認できないことなどの課題があり、より柔軟に対応でき、さらに受講者との双方向性を持った形態が必要とされてきました。

eラーニングへ

こうした流れを受けて誕生したのが、eラーニングです。

eラーニングはインターネット回線を利用して受講したり、テストを受けたりできますから、受講者が時間や場所を選択できることはもちろん、各受講者の学習状況も簡単に把握できるようになりました。

ブレンディッドラーニングの誕生

eラーニングは完璧ではありません。従来の集団授業には、自由に質問をできる環境、他の受講者がいることによる競争意識の醸成といった特徴があります。

そこで考えられたのがブレンディッドラーニングです。これは、eラーニングの方式に受講者への支援、ソーシャルネットワークなどを混ぜ合わせて(ブレンドして)より良い学習形態を目指すものです。

今後は、このブレンディッドラーニングが主流になっていくものと思われます。

eラーニングのメリット(受講者側)

それでは、受講者側にとってのeラーニングのメリットを解説します。

時間や場所の制約を受けない

eラーニングは、基本的にネット環境が整っているところであれば受講できます。最近ではスマートフォンなどのモバイル端末での受講も可能となっています。

進捗状況や理解度がすぐに確認できる

受講後のテスト結果や受講の進み具合などがすぐに確認できるのもeラーニングの大きな特徴です。

講師の質によって差が出ない

集団の授業や研修は毎回同じ講師が担当するわけではありません。その講師の質によって理解度や進捗に差が出てしまうことも事実です。ですが、eラーニングを活用すれば同質の授業を全員が受けることができます。

eラーニングのメリット(講師側、企業側)

講師や企業側からのメリットを紹介します。

細かい費用がかからない

集団での授業や研修は会場のレンタル代、交通費、印刷代などの細かい費用がかかります。eラーニングを活用すれば、これらの細かい費用を低減することができます。

それぞれのレベルにあった授業の提供が可能

これは受講者側のメリットでもありますが、eラーニングでは受講者の理解度やレベルに応じて適した授業を提供することができます。

eラーニングのデメリット

モチベーションの維持が難しい

eラーニングでは他の受講者の状況を確認することが少なく、競争意識の欠如によってモチベーションの維持が難しくなってしまいます。

実技を伴う場合は適さない

制作など、実技を伴う教育を行う場合、eラーニングは適していません。

適切な教材がないと効果的な教育ができない

受講者のレベルに合致した授業が無い場合に新たに教材を作る必要性が生まれ、対応しきれない場合があります。

eラーニングの今後

eラーニングは今後、デメリットをカバーするようなサービスが次々と生まれることが予想されています。

ソーシャルネットワークとの連携

掲示板、ブログ、その他SNSなどを活用して、受講者間でコミュニケーションを取れるように工夫するやり方が広がっています。

これによって受講者のモチベーションを維持することができるようになります。

受講者への支援

受講の進捗や支援を行う「メンター」や、受講内容のサポートを行う「チューター」などが受講者に対してサポートを行うサービスが多く登場しています。


これらの動きはeラーニングのデメリットを解消する動きとして、今後も広がっていくと思われます。

学習管理システム(LMS)

eラーニングを導入するにあたり、教材ごとに管理システムを利用していると学習状況が一元化されず、わかりづらいことがあります。これを解消するのが学習管理システム(LMS)です。

学習管理システムはそれ自体がeラーニングを運用している訳ではなく、eラーニングの運用をしていると考えてください。

学習管理システムには、大きく2つの機能があります。


1. 受講者と教材の管理
2. 受講者の進捗管理

eラーニングのシステムを運用するには不可欠なツールですので、一緒に導入を検討してください。

eラーニングの規格

上の学習管理システムとeラーニングを連携させるために、eラーニングには世界水準の規格があります。
この規格は、「SCORM」と呼ばれています。この規格を導入していないサービスだと上手く連携できない可能性がありますので、これを導入しているサービスを選ぶようにしましょう。

eラーニングシステム

eラーニングを導入する場合にはeラーニングシステムを導入する必要があります。
以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

eラーニングシステム比較・解説・サービス一覧|無料&有料【2017年最新版 】 | ボクシルマガジン
クラウドeラーニング(オンライン学習)無料・有料の人気サービスの機能・価格を一覧表にしました!2017年最新版とな...

eラーニングを導入して業務効率化を!

eラーニングを導入することは、授業の質、研修の質を向上させるには欠かせないものです。
現在の研修や授業の形態に疑問を持っている場合にはぜひ導入を検討してみてください!

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業はボクシルを活用することで、効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
eラーニング
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Mogic株式会社、株式会社イー・コミュニケーションズ、東日本電信電話株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ