Article square balloon green
2017-10-18

システム開発とは | 業務管理を最適化するトータルサービス7選

システム開発とは、業務を最適化して管理するためにIT技術を用いてプログラムされたシステムを作ることです。そのポイントとなるのは要件定義の確定にあるといえます。その事例などの解説も交えつつ、おすすめのシステム開発の提供企業7社を紹介します。
その他職種
Large

システム開発とは

システム開発とは、既存の業務の効率化改善や最適化、新たな業務の仕組みを実現させる目的で、ソフトウェアプログラムを使い業務にあわせたシステムを作ることです。

業務管理在庫管理などがそれに該当しますが、実際にシステム開発を行うにあたっては、外部に委託する場合が多いでしょう。

その際に生じる問題点や押さえておくべきポイント、導入の手順を解説するとともに、システム開発サービスを行う企業のご紹介をしていきます。

システムの概念とは

現代のシステム開発は、具体的なコンピューターシステムの構築を指しますが、システム本来の意味は「方法や手順」であり、企業にとってのシステムは「業務の仕組み」そのものを意味します。

つまり、システム開発を企業にとってのシステムに置き換えると「業務の仕組み開発」ということになり、これを効率的に行って全体を最適化するため、現代ではソフトウェアプログラムが使われているのです。

システムを作ることに集中し過ぎ、業務の仕組みがおざなりにならないよう、システムの概念を押さえた開発が重要だといえます。

システム開発を左右する「要件定義」

業務の仕組みを念頭に置いたシステム開発が行えるか、それを左右する要素が「要件定義」です。
システム開発初期段階で、依頼者がシステムをどのようにしたいかの希望を開発者に伝えることを「要求定義」といいます。

依頼者が複数の場合、この要求定義が一致しないこともあり、開発者はその理由を確認しながら「このようなシステムにします」という最終的な要件定義へ落とし込んでいきます。

ここで、依頼者の要求と開発者の要件に違いが生じたまま開発が進んでしまうと、最終的な差異は膨大なものになりかねません。こういった事態を避けるため、要件定義の段階で細かな意思疎通を行い、修正・調整を加えながら最終決定することが非常に重要になります。

システム開発の手順

システム開発に際して、依頼者が押さえておかなければならないポイント、要件定義の意味が理解できたところで、実際の開発手順がどのように進められていくかを見ていきましょう。

開発手順にはシステムによってさまざまな方法論が存在しますが、ここではシンプルに開発初期段階、開発段階、テスト・運用段階の3つに分類して解説します。

手順(1)開発の対象となる業務の手順の洗い出し

開発初期段階は、依頼者が主体になり、どのようなシステムを作るか具体化する作業が中心になります。
上述のように、要求定義を作成して開発者と擦り合わせを行い、最終的な要件定義の作成までを行いますが、大前提として必須になるのが「業務の手順を洗い出し」で課題を解決していく方法を依頼者が把握することです。

この初期段階が最重要なことは後述します。

手順(2)業務に最適なシステムを構築

最終的な要件定義が決定したら、それに沿ってプログラミングを行うなど、実際のシステム構築を行う段階になります。この段階では、必要な機能だけに絞り込んだ開発を専門である開発者に任せてしまうのが得策です。

実際、システムに対する要求は変化していきますが、修正作業が重なるとコストと時間がかかってしまい、結果的に満足のいくシステムに仕上がらない可能性があります。

手順(3)システム導入で効率をアップ・効果測定

システム開発が終了したら、要件定義に沿った形で機能しているかをテストし、実際の運用を開始します。
この段階で開発にあたって投資した金額に見合った効果が得られているか、効果測定を行うと同時に、業務効率を最大限にするためのチューニングを行っていきます。

運用後に浮上した課題に対しても、どのように解決していくかを検討していく必要があるでしょう。

システム開発は初期段階が重要

最終的に完成したシステムは、運用していく上でのコストも発生します。

こういった運用コストは要件定義にしたがった「内部設計」に依存することがほとんどであり、システムの使いやすさは、要件定義にしたがった「外部設計」で決定されたインターフェイスに依存します。

このことからも、開発初期段階で行う要件定義策定が非常に重要であり、最終的なシステムの完成度に繋がることが分かります。

システム開発の利用事例

システム開発というと業務管理システムや在庫管理システムなど、製造業における業務システムを連想しやすいと思いますが、業務の仕組みを開発するという観点で見ると、さまざまな業界で業務システムが稼働していることが分かります。

ここでは、各業界に向けて開発された業務システムの例をいくつかご紹介します。

金融・保険業界

保険業界でのコールセンターシステムでは、顧客情報/コールセンターへの問い合わせ状況データベースを中心としたサーバー環境を構築し、オペレーターおよび後方担当者が連携することにより、情報の蓄積を通じた顧客満足度の向上を行っています。

具体的には、顧客からの問い合わせを受けたオペレーターの端末に自動で対応画面を表示、情報をDBにリアルタイムで入力した上で、後方担当者が情報更新と帳票出力行う連携環境が構築されています。

放送業界

放送業界では、報道番組の自動配信・アーカイブを行うサーバー環境を構築し、人為的なミスと作業量の低減を図っています。

具体的には、番組制作が完了したコンテンツをコンテンツサーバにアップロードすると、データベースに紐づけられた放送チャンネル・時間に沿って自動で配信が行われると同時に、アーカイブも行われるというシステム構成となっており、あってはならない放送事故のリスクを最小限に低減しています。

システム開発サービス7選

ヤマトシステム開発株式会社

  • ヤマトグループ関連会社のシステム開発部門
  • 幅広い業種向けのサービスを展開
  • 物流を組み込んだシステム開発が可能

ヤマトシステム開発株式会社は、ヤマトグループ関連会社という強みを活かした物流、eコマースなどを組み込んだ、柔軟なシステム開発を特徴とするサービスを行っています。

その基本ソリューションはクレジットカード、オンデマンド、セキュリティ、通販、流通サプライなど、多岐に渡っており、これを組み合わせたシステムを採用して導入している業界も、農業、土木・建設、飲食、製造、小売、金融など幅広いものになっています。

Sky株式会社

  • 提案からサポートまでの一貫した開発体制
  • Azure/AWSでのシステム開発実績
  • 分散処理プラットフォーム開発実績

Sky株式会社は、メーカー製スマートデバイス開発で培ったノウハウを活かした、業務系システム開発実績を豊富に備えるシステムインテグレーターです。
その開発実績は金融、医療、放送、製造、自動車などの多岐に渡り、AzureやAWSを利用したクラウドプラットフォームの活用に強みを発揮します。

また、分散処理プラットフォームによるビッグデータ解析にも携わっており、提案からサポートまでの一貫した開発体制で顧客の要望に応えます。

富士ソフト株式会社

  • 高い技術力に裏付けされた提案力に自信
  • 業務システムをトータルサポート
  • 組み込みによる業務ソリューションも提供

富士ソフト株式会社は、グループで1万人を超える技術者集団の高い技術力に裏付けられた、高い提案力に強みを持つITソリューションベンダーです。
これを活用したコンサルティングからシステム開発、データセンターにいたるまでのトータルサポート体制を整えており、さまざまなソリューションを組み合わせた柔軟なシステム開発を可能にします。

また、組み込み・制御テクノロジーを活用した業務ソリューションにも豊富な導入実績を持っています。

クボタシステムズ株式会社

  • 品質保証専任部門による質の高いサービス
  • ISO/IEC27001取得によるセキュリティ
  • プライバシーマーク認証

クボタシステムズ株式会社は、エンジニアリング・ビジネス・パブリックソリューションを組み合わせ、製造業や官公庁・教育機関向けのシステム設計サービスを提供しています。

品質保証専任部門の設置を行うなど、より高い品質のサービスを提供するための取り組みを行っているほか、ISO/IEC27001取得によるセキュリティへの取り組み、プライバシーマーク認証による個人情報の取扱いも重視しており、顧客の信頼を勝ち取ることに成功しています。

品質保証に関連して、ISOについては以下の記事もご覧ください。

ISO(国際標準化機構)とは | 規格・制定手順 | ボクシルマガジン
ISOとは国際標準化機構のことを指します。ISOは組織や企業の品質管理を行うマネジメントシステムを規格化している組...

日本システム開発株式会社

  • 提案から開発・保守までワンストップサービス
  • ISO9001取得による高い品質
  • ECサイト構築/組み込みソフト開発

日本システム開発株式会社は、提案から開発・運用保守にいたるまでをユーザーと一体になって行うワンストップサービスを行っているシステム開発インテグレーターです。
ISO9001取得による高い品質のサービスを実現し、顧客満足度の向上に努めている他、BtoC、BtoB、BtoEなどの幅広いECサイト構築に実績を持っています。

また、Android ・Linuxなどへの組ソフト開発を行う一方でエンジニアの教育サービスも行っています。

大京システム開発株式会社

  • 保守にいたるトータルソリューションの提供
  • クラウド上のWebアプリケーション開発
  • Flexiによるセミオーダー式システム開発

大京システム開発株式会社は、開発から保守にいたるまでのシステム開発を、トータルソリューションとして提供しているサービスです。
早期のシステム稼働やコスト負担を軽減するシステムを実現するため、標準システムをベースにしたFlexiセミオーダー式システム開発を行っており、顧客の幅広い要望に応えます。

また、クラウドを活用したWebアプリケーション開発にも多数の実績を持ち、こちらでもトータルソリューションを提供しています。

エヌ・ティ・ティ・システム株式会社

  • NTTグループのパートナー開発企業
  • 通信・ネットワークに強みを持つ開発力
  • 幅広いシステム/アプリケーション開発

エヌ・ティ・ティ・システム開発株式会社は、NTTグループのパートナーとして豊富なシステム開発実績を持つシステムインテグレーターです。
その成り立ちから、通信・ネットワーク分野のインフラ構築などの開発に大きな強みを持ちますが、長い歴史で培った技術力により、幅広い業務システム開発とアプリケーションソフトウェア開発の実績を持ち、Creation、Challenge、Change、Choiceをキーワードとした活動を行っています。

システム開発を依頼する際の問題点

業務システム開発を行う際、専門のシステムインテグレーターへ発注を行う場合が多くなりますが、依頼者からよく聞かれる不満として「納期が守られない」「要求通りにならない」「都度費用が発生する」などがあります。

これには外注先がさらに下請けに外注するという、構造的な要因が根本にあり、それによって問題が複雑化していることがあげられるでしょう。

要求定義が反映されない

外注先であるシステムインテグレーターは、依頼された業務の専門家ではありません。同様に依頼者はシステムの専門家ではない(場合が多い)ため、両者の認識が一致しないということが多発します。

具体的には「売上」に対する認識が双方で異なっていたため、売上が立つ時点が依頼と異なるシステムができてしまった、という例があります。

さらに、認識の違いが修正されないまま、外注先が下請けにさらなる外注を行うと、伝言ゲームのようになってしまいます。これを回避するためには、依頼者側にもシステムに関したある程度の知識が求められるでしょう。

開発スケジュールの問題

要求定義から要件定義決定の間で、上述のようなディスコミュニケーションが発生したまま開発が進むと、必然的に仕様変更などの修正作業が必要になります。

しかし、アーキテクチャ策定時点でのプログラム変更はともかく、プログラミングが進めば進むほど、修正作業は複雑化して作業量が膨大なものになります。これらの修正作業が下請けに外注されていれば、事態はさらに複雑化します。

これらが要因となり、当初想定した開発スケジュールを守ることができなくなる事態が多発するようになります。

開発費用の問題

システムインテグレーターが採用している料金体系の多くは「開発にかかった時間 × 開発を行った開発者数」となっており、開発するにあたって実際にかかった期間が基準となっています。

つまり開発期間が長引く程、コストが増大することを意味しており、さらに多重請負構造や上述のディスコミュニケーション要因が複雑に絡み合って、無駄なコストが発生する場合が多くなっています。このことからも、開発初期段階での要件定義策定時のコミュニケーションが、開発成功のキーポイントとなることが明白です。

システム開発は要件定義策定が最重要

業務に最適なシステム開発を行う際、そのプロジェクトのキーポイントとなるのは、要求定義策定とそれによって策定された要件定義、その間にある認識の違いを完全に払拭することであるといえます。

要求定義策定を行うには、担当者が対象となる業務に精通している必要があるのはもちろんですが、それに対する要件定義内容の精査が可能な知識、認識の違いを払拭するためのコミュニケーション能力が求められます。

ある意味で担当者にはハードルの高い要求ともいえますが、費用対効果の高いシステム開発を行い、プロジェクトを成功に導くためには、要求を満たす人材の登用が必須の条件となるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事