コピー完了

記事TOP

ウォーターフォール型開発・モデルとは?定義やメリット・デメリット - アジャイル開発との関係

最終更新日:
公開日:
ウォーターフォール型開発・ウォーターフォールモデルとは、各工程が終わるまで次には進まず、かつ前の工程には戻らないという開発手法です。その詳細とメリット・デメリットを解説し、ウォーターフォール開発の欠点を補うアジャイル開発についても説明します。。

ウォーターフォール型開発とは

ウォーターフォール型開発とは何か、ご存じですか?

ウォーターフォール型開発とは、システム開発で用いられる開発手法の一つです。
1970年に提唱されました。

これは、システムの開発工程を「計画(要件の定義)」「外部の設計」「内部の設計」「プログラム自体の設計」「プログラミング」「テスト」などの工程に分けて、一つ一つを完了させ、順番に進行する方法です。

各工程が終わるまで次には進まず、かつ前の工程には戻らないという開発手法で、各工程ごとに成果物を作り、各工程の品質を確保するという特徴があります。

工程が水が流れるように進み、元の状態には戻らない性質から、ウォーターフォールと呼ばれています。

ウォーターフォール開発のメリット

ウォーターフォール型開発は、全体的な計画を立てやすいのが最大のメリット。スタート時に要件を定義し、詳細に落とし込んでいくので、最初にやるべき事項を洗い出してスケジュールを立てられます。

全体を把握して、工程別にタスクを分配することができますから、プロジェクト全体の進捗管理がスムーズという点もメリットです。

さらに、各工程で完成させてから、次の工程へと進むので、参加者の入れ替わりに強いです。最初に仕様書が決められていて、それぞれの段階が何をやるかが明らかですから、人員変動がよくある場合にも、引継ぎがスムーズに行えます。

ウォーターフォール型開発のデメリット

しかし、古くから取り入れられているウォーターフォール開発にも、問題点があります。

第一に最初しか要件を定義できないので、進行中に変更が生じたときの負担が大きいということ。実際、ユーザーの要望を取り入れるのは、要件定義や基本設計を行う段階でのみ。となると、完成物を見たときに、新たな発見から、変更注文が発生するかもしれません。

いくら完成していても、またやり直し。結果的に、最終完成までの期間も長期化します。テスト段階になるまで、発注者に実物を確認してもらえないないので、ユーザーの意見が取り入れにくい開発手法です。

また、途中で仕様変更された時のロスも大きいです。前の工程で仕上がったものをベースに進んでいくので、「少しだけやり直す」ということができないのです。

ウォーターフォール型開発の弱点を補う”アジャイル開発”

開発にもスピードが求められ、ウォーターフォール開発の欠点を補う新たな開発手法が主流になってきました。それはアジャイル開発です。

アジャイル開発は、使用や設計が変更するのは当たり前という前提の開発手法で、おおよその設計を決めたら、短期間で「設計→実装→テスト」を行い、このサイクルと繰り返して、少しずつ開発を進めていく方法です。

小単位で実装とテストを繰り返しますから、ミスや問題があっても、原因がすぐに突き止められます。また、テスト版が早めに出来上がるので、ユーザーから意見や感想をもらい、意見を反映させながら作り上げられます。仕様の変更や追加にも、柔軟に取り入れられるのがメリットです。

ただ、その一方で、全体の進捗管理が難しいというデメリットがあります。ですから、プロジェクトマネジメントに携わる人は、アジャイル開発が主流であるという前提のもと、高い調整スキルが求められています。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
タスク管理&ToDoリスト管理ツール・アプリまとめ | 無料から使える
プロジェクト管理ツール比較おすすめ19選|無料プランあり・テレワークに最適
工数管理ツールおすすめ比較 | 無料から使えるプロジェクト管理ツール
シンプルで簡単なタスク共有サービスまとめ | チームで簡単情報共有!
タスク管理とは?方法・やり方・必要性 - コツや注意点も
時間管理ツール比較8選 | 機能・特徴・活用ポイント【スマホ・PC】
施工管理とは | 施工管理技士の仕事内容・役割・必要な資格やスキルを解説
工数管理とは?おすすめ工数計算ツール比較から導入目的までまとめて解説
日報が作成できる無料ワードテンプレート | 書き方・活用法
Asanaの使い方・登録・料金・Slackタスク連携方法 | 無料でプロジェクト管理を