コピー完了

記事TOP

表計算ソフト無料おすすめ7選比較!Excel以外の高機能フリーソフト

最終更新日:(記事の情報は現在から99日前のものです)
表計算ソフトの基本的な説明から、Excel(エクセル)以外の高機能な表計算ソフトを比較紹介します。業務効率の改善に使える無料ソフト(フリーソフト)を中心に紹介するので、コストをかけずに表計算ソフトを使用したい方は、ソフトの選び方も参考にぜひ活用してください。

ビジネスデータを統合的に分析したいものの、表計算ソフトでは限界を感じていませんか。BIツールならデータの統合から分析、レポーティング、予測分析に至るまでを高速で実施。適切な意思決定をサポートします。
【特典比較表つき】BIツールの資料ダウンロードはこちら(無料)

表計算ソフトとは

表計算ソフトとは、数値データの集計や分析、複雑な計算などを行えるソフトウェアの総称です。スプレッドシートと呼ばれる格子状のセルが配置され、ユーザーはセルに数値やテキストを入力し、数式を使って計算やデータ処理を行います。

多くの人が知っているとおり、代表的な表計算ソフトはMicrosoft Excelです。最近ではExcel以外にも無料で使える表計算ソフトが多く出回っており、コストをかけなくても複雑な計算をしたり、見やすい表をつくったりできるソフトウェアが豊富にあります。

そこで本記事では、「安く表計算ソフトを導入したい」方や、「ちょっとしたデータ分析に使える無料ソフトを知りたい」方のために、Excel以外の無料の表計算ソフトのおすすめを紹介するとともに、ビジネスシーンで役立つ表計算ソフトの活用法について解説します。

表計算ソフトの代表格:Microsoft Excel

表計算ソフトの代表といえばMicrosoft Excelです。

表計算の基本となる四則演算をはじめ、データの並べ替えやフィルタ機能によって複雑なデータの分析が可能で、世界で最も利用されている表計算ソフトとして不動の地位を確立しています。

とくに関数は470種類以上が備わっており、実務で利用すると便利なものが数多くあります。

ただし、近年はExcelの類似ソフトの増加や、高機能の代替ソフトが多くリリースされており、より低コストで同じレベルのパフォーマンスを発揮できるため、Excelユーザーがより安価なソフトウェアに流れているのが現状です。

※参照:Microsoft「Excel 関数 (アルファベット順) - Microsoft サポート」(2024年1月10日閲覧)

Excelを無料で使う方法やフリーの表計算ソフトについては、こちらの記事でも紹介しています。

Excelを無料で使う方法とフリー表計算ソフト7選!ダウンロード方法と選び方
Excel(エクセル)を無料で使う方法を紹介します。ダウンロードしなくてもオンラインで利用できるサービスや無料スマ...
詳細を見る

ビジネスシーンにおける表計算ソフト活用法

表計算ソフトは、ビジネスで使うさまざまな数字やデータを集計・分析したり、自動計算をさせたりできる便利なツールです。

基本的な機能としては、売上高や顧客情報などのデータの集計・分析、自動計算などが挙げられます。また、顧客データをグラフ化して報告書を作成したり、関数を用いて経営データを視覚化したりするのも可能です。

ビジネスにおける表計算ソフトの活用例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 売上管理:売上高、売上原価、販売費、一般管理費などのデータを集計・分析して、経営状況を把握する
  • 顧客管理:顧客の属性情報、購入履歴、アンケート結果などのデータを集めて、顧客ニーズを把握する
  • 人事管理:従業員の勤怠状況、給与情報、評価結果などのデータを集めて、人事評価や人材配置に役立てる
  • プロジェクト管理:プロジェクトの進捗状況、タスクの進捗状況、予算などのデータを集計して、プロジェクト管理を行う


上記を表計算ソフトですべてまかなおうと考えていませんか。グループウェアなら売上管理やプロジェクト管理機能を搭載しているため、導入も運用も楽々です。
グループウェア各社提供のサービス資料で⇒使える機能を見てみる(無料)

表計算ソフトでできること

続いて、表計算ソフトの代表的な機能について、図を交えつつ簡単に説明します。

表計算

基本的な四則演算から、関数を利用して複雑な計算ができます。セルに数式を入力することで計算を実行でき、セル内の数値を変更するとそれに合わせて計算し直してくれます。関数を用いて合計を出したり、平均値を算出したりも可能です。

グラフや図表の作成

作成した表のデータのグラフ化もできます。円グラフや棒グラフ、折れ線グラフなど、データに応じた適切なグラフを選択可能です。シートのデータ範囲を指定するだけで簡単に作成できます。

データ管理

顧客リストや売上状況など、ビジネスに重要な各種データの管理ができます。データの絞込みや検索、並び替えも簡単に可能です。

プログラムの作成

VBAと呼ばれるプログラミング言語を用いて、動きを自動化したり、アプリケーションやゲームを開発したりできます。また、複数の伝票の自動作成や、データの自動集計など、複雑な処理を自動化することで効率的な作業が実現できます。


図表やデータ管理に時間を取られていませんか。また、機能のシンプルな表計算ソフトで課題を見える化できていますか。時間をかけず高度なデータをしたいならBIツールがおすすめです。
BIツールのサービス資料を無料で見てみたい

表計算ソフトおすすめ7選比較【無料】

それでは、Excel以外の無料で使える表計算ソフトについて比較紹介します。

Libre Office

  • 自由に使えるオフィススイート
  • フリーのオープンソースソフトウェア
  • Windows、Mac、Linuxで利用可能

LibreOfficeは、OpenOffice.orgから派生したオープンソースのオフィススイートです。フリーソフトウェアとして自由にダウンロードでき、再配布も可能です。表計算ソフト「Calc」のほか、グラフ、データベース、数式エディター、ワープロソフト、プレゼンテーションソフトなどで構成され、Microsoft Officeとの高い互換性もあります。

LibreOfficeに関しては、次の記事でも解説しているので参考にしてください。

Libre Office×Apache OpenOffice徹底比較 | 無料、互換性や更新頻度・違いとは
Open OfficeであるApache Open Office×Libre Officeを比較します。無料で利用...
詳細を見る

Google スプレッドシート

  • Webブラウザ、Android、iPhone・iPadアプリ対応
  • 複数人による同時編集が可能
  • Excelとほとんど同じ操作でわかりやすいインターフェース

Google スプレッドシートは、Googleが提供するブラウザ環境で動作するクラウドタイプの表計算ソフトです。複数人で同時編集でき、データのやりとりに関する利便性が高く、Excelの基本的な機能を備えているほか、アドオンを導入することでさらに作業を効率化できます。データの更新がリアルタイムで反映されるため、常に最新のデータをメンバー全員が把握できます。Androidアプリ、iPhone・iPadアプリも利用可能です。

Apache Open Office

  • オープンソース方式のオフィススイート
  • Microsoft Excelとの互換性
  • Windows、Mac、Linuxに対応

Apache Open Officeは、オープンソース方式で開発されているオフィススイートであり、その開発プロジェクトの総称です。Microsoft Officeと同様の操作性やデータ互換性があり、WordやExcelなどのファイルの読み書きが可能です。表計算ソフトの「Calc」、ワープロソフトの「Writer」など6つのソフトから構成されています。Excelから移行した際にも違和感なく使えます。

Apache Open Officeに関しては、次の記事でも解説しているので参考にしてください。

Libre Office×Apache OpenOffice徹底比較 | 無料、互換性や更新頻度・違いとは
Open OfficeであるApache Open Office×Libre Officeを比較します。無料で利用...
詳細を見る

Numbers

  • Mac・iOS用の無料表計算ソフト
  • シンプルでわかりやすい構成
  • Excelとの高い互換性と豊富なテンプレート

Numbersは、Appleが開発しているMacおよびiOS用の表計算ソフトです。Mac環境にはデフォルトで搭載されており、シンプルでわかりやすいインターフェースのため、根強いファンの多いソフトです。サポートされている関数は280以上と、Excelに比べれば少ないものの、ビジネスで利用する報告書レベルの統計・経理処理などには問題ありません。美しいグラフやマクロ機能などの諸機能も充実しています。

※参照:Apple「Numbers - Macでの互換性 - Apple(日本)」(2024年1月10日閲覧)

Polaris Office Web

  • インストール不要・登録不要
  • リアルタイムでデータを共同編集
  • スマートフォン・タブレットでの閲覧を最適化

Polaris Office Webは、韓国発のオンラインオフィスソフトです。インストール不要・登録不要で、Webブラウザから無料で利用できます。Microsoft Word、Excel、PowerPointなどのOfficeドキュメントとの互換性を備えており、オンラインで閲覧・編集・保存・共有が可能です。

WPS Office 2

  • Excel互換表計算ソフトWSP Spreadsheets
  • 30日間の無料体験版あり
  • Windows/Mac対応

WPS Office 2は、キングソフトが提供する、多くの民間企業・官公庁・教育機関に選ばれているビジネス向け総合オフィスソフトです。Microsoft Officeに似たインターフェースと操作性をもち、高いファイル互換性があります。Excelの操作性や表示形式に最大限近づけた、高い互換性を持つ表計算ソフトWSP Spreadsheetsが含まれており、Excelの代替品として乗り換える人も多いようです。

Zoho Sheet

  • 無料のコラボレーションスプレッドシート
  • iOSとAndroidアプリを利用可能
  • AIによるデータ分析機能

Zoho Sheetは、Excelと高い互換性がある無料のオンラインスプレッドシートソフトです。スプレッドシート上で共同作業のコメント、話し合い、レビューをリアルタイムに直接行えます。約40種類のチャートと350以上の一般的な関数をサポート。動的ピボットテーブルビルダーが含まれており、自動データ処理機能、AIによるデータ分析機能により、データを効果的に分析する強力なツールとして使用できます。

Zoho Office Suiteに含まれる、Microsoft Word互換の高機能ワードプロセッサーZoho Writer、プレゼンテーションソフトZoho Showも無料で利用できます。

※出典:ZOHO Japan「オンラインスプレッドシートソフトウェア | スプレッドシートを無料で作成 - Zoho Sheet 」(2024年1月10日閲覧)


そのほかの表計算できるソフトを探している方には、BIツールがおすすめです。BIツールは次の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【比較表あり】BIツール比較おすすめ20選 | 機能・料金・選び方を解説
代表的なBIツールやボクシルおすすめのサービスを機能や特徴に注目して比較します。BIツールの導入に成功するための選...
詳細を見る

無料の表計算ソフトの選び方

無料の表計算ソフトを選定する際には、次のポイントに注意して選ぶことをおすすめします。

  • 無料プランの制限
  • ブラウザベースかインストール型か
  • Microsoft Excelとの互換性
  • 有料プランの価格・機能の確認
  • スマートフォンで閲覧・編集できるか

無料プランの制限

表計算ソフトの無料プランでは、ユーザー数や機能、サポートなどが制限されている場合があります。

表計算ソフトの無料プランの内容を比較して、自社の望む運用が持続的に可能なのかを十分に検討しましょう。

ブラウザベースかインストール型か

最近の表計算ソフトは、大きく分けて「インストール型」と「ブラウザベース」の2種類があります。

Google スプレッドシートをはじめ、ブラウザベースの利便性が注目されていますが、自社の環境や利用目的に合わせて、適切なほうを選択することが大切です。

ブラウザベースの表計算ソフトは、外出先やテレワークで利用できるのがメリットですが、インターネット接続が不安定な環境では、利用できなくなる可能性があります。また、データはクラウド上に保存されるため、万一に備えてバックアップを取っておくことも重要です。

Microsoft Excelとの互換性

さまざまな表計算ソフトを紹介しつつも、やはりMicrosoft Excelは多くのユーザーを抱えるソフトです。

外部とのデータのやりとりを考えた場合、広く普及しているExcelとの高い互換性をもっているほうが圧倒的に有利になります。

表計算ソフトを導入する前に、Excelとの互換性がどうかは必ず確認しておきましょう

有料プランの価格・機能の確認

無料で利用できる高機能の表計算ソフトは多くありますが、将来的にビジネスの成長に伴い有料プランへのアップグレードが必要となるかもしれません。

そのため、事前に無料の表計算ソフトの有料プランの価格や条件、機能についても確認しておきましょう。

スマートフォンで閲覧・編集できるか

最近はスマートフォンやタブレットなどから、表計算上のデータの閲覧や編集が可能なクラウドタイプのものが増えており、外出先から気軽に利用できます。

営業先で必要なデータを活用したいといったニーズがある場合は、スマートフォン対応の表計算ソフトを選択するとよいでしょう。クラウドタイプのものであれば、インターネット回線さえつながっていれば、ほとんどの場合外部からでも閲覧・編集可能です。


無料のソフトを検討している理由は、コスト削減にあると思います。しかし機能の制約は人件費を加味すると、結果的にコスト増加へつながます。BIツールなら、多機能ながら価格を抑えたプランがあります。
BIツール各社が提供しているサービス資料で⇒機能や料金の詳細を見る(無料)

表計算ソフトは自社のビジネス環境に適したものを!

表計算ソフトの基本について説明するとともに、Excel以外の無料で使える表計算ソフトを紹介しました。自社のビジネス環境や業務に合った表計算ソフトを選択することは、業務効率を大きく改善させ、仕事のパフォーマンスの向上に寄与します。無料の表計算ソフトを選定する際には、次のポイントに注意して選ぶことをおすすめします。

  • 無料プランの制限
  • ブラウザベースかインストール型か
  • Microsoft Excelとの互換性
  • 有料プランの価格・機能の確認
  • スマートフォンで閲覧・編集できるか

最近はブラウザタイプの表計算ソフトが主流となりつつありますが、高度な機能を必要とする場合やビジネス環境によっては、インストールタイプのほうがよいかもしれません。

必要な機能を洗い出し、自社の環境での運用に適したソフトウェアをしっかりと検討してから導入を進めましょう。

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
新選び方ガイド:BIツール選び方ガイド_20231017.pptx.pdf
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
BIツールの最近更新された記事