コピー完了

記事TOP

【沖縄県】転職エージェントおすすめ7選 | 移住のタイミング・転職事情

最終更新日:
沖縄は有効求人倍率が低いので一般的には転職が難しい地域です。また、他の地域と比較すると第一次産業や観光業が中心なので求人バリエーションも本土とはすこし異なります。よって、沖縄に転職・移住したい場合は自分の力だけで転職するのではなく転職エージェントの転職サポートを受けて転職した方が良いです。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>おすすめ転職サイトランキングはこちら

沖縄は一次産業や観光産業が盛んな一方で、製造業など他の地域で盛んな産業があまり発展していない傾向があります。

そして、有効求人倍率は全国平均を大きく下回っています。よって、沖縄へのIターン・Uターン転職には本土の転職とは異なる独特の難しさがあります。

このような理由から沖縄へのI・Uターンを自分一人で成功させるのは困難で、転職エージェントを活用した方が、転職成功確率は高まります。

本記事ではI・Uターン希望者向けにおすすめの転職エージェントや転職成功の秘訣を解説します。

沖縄の求人が多い転職エージェントTOP3

転職エージェントを選ぶ際の軸としてまずは保有求人数が多いエージェントを利用するのが転職の選択肢が広がるのでおすすめです。転職エージェントの中でも特に沖縄の求人を多く扱っているエージェントを3つ厳選して紹介します。

1位:リクルートエージェント

■Point1:日本最大の取り扱い求人数
非公開求人を含めて20万件の求人を取り扱っており、沖縄の求人の最も多く抱えているエージェントです。

■Point2:国内No.1の転職実績
累計30万人の転職をサポートしており、国内エージェントとして最も実績があります。

■Point3:サポート体制が充実
キャリアアドバイザーの質が高い事はもちろん、「面接力向上セミナー」や「エージェントレポート」などのコンテンツや「Personal Desktop」など転職のためのアプリも充実しています。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:準トップクラスの求人数
リクルートエージェントやdodaの日本最大手の求人数に次ぐ求人を取り扱っており、沖縄関連の求人も豊富です。

■Point2:丁寧な転職サポート
最大手と比較すると後発組な分だけ一人ひとりの求職者を丁寧にフォローして実績を上げています。各業界出身者をキャリアアドバイザーに採用し、面接対策、書類添削などの回数の上限を決めずに徹底的にサポートします。

■Point3:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、新卒や20代などの若手社員の転職に強みを持っています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:doda(デューダ)

■Point1:業界2位のエージェントで沖縄求人も多数保有
リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントで沖縄の求人も多数保有しています。

■Point2:非公開求人のレベルが高い
扱っている求人の80%~90%は非公開求人で、質が高い求人を保有しているといわれています。

■Point3:3つのサービスが一度に使える
転職サイト・エージェント・スカウトの機能が集約されており、登録するだけで3つのサービスを同時に利用できます。3つを使いわけることによって自身の転職スピードに合わせた活動を行いやすいです。

doda(デューダ)の転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

沖縄に拠点をもつ転職エージェントTOP4

保有求人数が多い転職エージェントだけではなく、地元に拠点を持つ転職エージェントの方が現地の転職事情に精通していて、役に立つ場合もあります。沖縄県に拠点を持つ転職エージェントを4つ紹介します。

1位:パソナキャリア

■Point1:転職者の67%が年収アップに成功
パソナキャリアを通じて転職した方の67%が転職による年収アップに成功しています。

■Point2:キャリアアドバイザーの質が高い
パソナキャリアではキャリアアドバイザーの社内教育を徹底していることもあり、質の高いエージェントサービスが受けられます。大手エージェントでも珍しい、沖縄の拠点があります。

■Point3:公共事業や農業などに強み
パソナキャリアは、会社として公共事業や農業などへの提案力に強みを持っています。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

2位:JTB沖縄人材バンク

■Point1:旅行代理店最大手JTBのグループ会社
旅行代理店最大手のJTBのグループ会社で、沖縄で転職エージェント事業を行っています。

■Point2:沖縄の観光・旅行業界の求人に特化
JTBで培ったコネクションやノウハウを活かして宿泊施設やウェディング施設など観光・旅行業界に特化して求人を揃えています。

■Point3:移住希望者をサポート
移住希望者に対して住み込み可能な仕事を多数用意していて、実際に移住してきたスタッフが相談にのってくれます。

3位:ジョブアンテナエージェント

■Point1:沖縄発の転職エージェント
内地のサービスではなく地元沖縄から発生した転職エージェントサービスです。

■Point2:沖縄で最大の求人情報数
姉妹サービスの転職サイトは掲載企業3,000件、求人数6,000件以上の沖縄最大の求人情報数を誇り、転職エージェントサービスも地元のコネクションを活かした豊富な求人紹介が期待できます。

■Point3:面接対策や選考日の調整までサポート
求人紹介だけではなく、面接対策や応募書類の添削、選考日の調整まで専任のアドバイザーがサポートします。

4位:リージョナルキャリア沖縄

■Point1:沖縄の特化した転職エージェント
Uターン、Iターン希望者を含めて沖縄で転職したい方をサポートする転職エージェントです。

■Point2:独占求人を多数保有
扱っている求人の80%以上は企業から直接オーダーされたもので、独自求人もたくさん保有しています。

■Point3:キャリアコンサルタントが直接訪問して情報収集
キャリアコンサルタントが直接企業に訪問して情報収集しているので良質な求人が豊富なため、会社の様子も詳細に聞けます。

沖縄の転職事情

沖縄の転職事情は内地とは少し異なります。

農業や漁業などの第一次産業が他の主体で、有効求人倍率は本土と比較してもかなり低くなっています。

また、生活費は安いのですが、平均年収も低くなっています。さらに、一次産業が中心で都会にあるような経理や総務などの一般的な会社のバックオフィス業務に関する求人を探すのは難しくなっています。

有効求人倍率、人気の求人という2つの視点から沖縄県の転職事情について説明します。

沖縄の有効求人倍率

沖縄労働局の発表によると平成30年の全国の有効求人倍率1.62倍に対して、沖縄の有効求人倍率は1.18倍です。つまり5人の求職者に対して6件の求人が用意されている状態となります。仕事を選ばなければ就職は可能ですが、選択肢は少ないと言えます。

ただし、沖縄の有効求人倍率は平成21年度から増加傾向にあり、21年度の0.28倍と比較すると4倍以上まで改善しています。

有効求人倍率は増加しているものの、まだまだ求職者に対して求人が少ない状態だと言えます。

沖縄で人気の求人

沖縄銀行や沖縄電力など、沖縄には地元に密着した上場企業が5つ存在します。これらの企業はいずれも沖縄では平均年収が高く、待遇が良いことから転職先として人気です。

他にも物流や建設、ITなどいろいろな業種の求人自体は存在しますが、求人数は限られており、一次産業や観光産業の求人の方が多い一方で、経理や法務のようなバックオフィス関連の求人はあまり募集されていないので倍率は高くなります。

また、銀行やエネルギー、JAのような地域のインフラ業種は相対的に平均年収が高い傾向があるので人気です。

沖縄での転職を成功させるコツ

沖縄は有効求人倍率が低いので、準備しなければ転職を成功させるのは困難です。沖縄で転職を成功させるためのコツを5つ紹介します。

沖縄の転職フェアに参加する

沖縄は内地とは違う独特の雰囲気があります。

どのような企業が求人を出しているのか、沖縄で企業の雰囲気を知りたいという方は、情報収集のために沖縄の転職フェアに参加しましょう。

転職フェアに参加することによって転職後の沖縄での仕事や生活を具体的にイメージしやすくなります。

沖縄で開催される就職フェアは本州と比較すると少ないですが、たとえば大手転職サービスのdodaが開催する「doda転職フェアセレクト」、マイナビが開催する「マイナビ転職フェア」などのイベントが開催されています。

転職前に移住をしない

Uターン・Iターンの希望者は転職前に移住をしないようにしましょう。

就職先を決めずに移住すると、移住から採用までの空白期間をネガティブに捉えられたり、再就職までの間金銭面で苦労したりする可能性が高いです。

また、有効求人倍率が低いのですぐに希望の職業に就けるとは限りませんし、ずっと希望の仕事が見つからない可能性もあります。

よって、移住してから仕事を探すのは非常にリスクが高いので、先に仕事を探してから現地へ移住するべきです。

ちなみに、沖縄への移住を考えている方は次のWebサイトが便利なので参考にしてみてください。

おきなわ移住の輪ー結ー

転職エージェントは複数登録しておく

転職エージェントには複数登録しておいた方が良いです。転職エージェントによって保有している求人は異なり、転職サポートも業界や職種の得意・不得意があります。さらに同じ転職エージェントでも担当するキャリアアドバイザーによっても転職の成功確率は変化します。

会社や担当者による誤差を排除して、転職を成功させるためには複数の転職エージェントに登録するべきです。複数の転職エージェントを利用するのは一般的なことですし、利用料金もかかりません。

最低でも大手のエージェントと地域密着型のエージェント1社ずつ位は登録しておいた方が良いでしょう。

同じ求人に複数のエージェントから応募しない

同じ企業の求人に対して、複数のエージェントから絶対応募しないようにしてください。

複数の転職エージェントから同じ求人に対して同じ求職者は応募した場合、「きちんと応募先をチェックせずに手当たり次第応募しているのではないか?」という印象を企業に抱かれるかもしれません。

また、転職エージェントは企業から採用に対する成果報酬を受け取るので、採用が決定したときにどこの成果になるか転職エージェント同士で揉める原因にもなります。

担当が合わないと感じたら変更してもらう

転職エージェントを利用する際には、担当するキャリアアドバイザーによって転職成功するかどうかがかなり影響します。

キャリアアドバイザーとの相性が悪いと良い求人をなかなか紹介してもらえない、内定を獲得できないケースも発生するかもしれません。

そうした場合は、担当者を変えてもらいましょう。担当を変えるのはよくあることですし、転職成功が第一目標のはずなので、担当と合わないなと思った場合は、早めに電話やメールで転職エージェントの担当者替えをお願いしましょう。

沖縄転職する際は転職エージェントを活用しよう

沖縄は本土と比較すると有効求人倍率が低いため転職するのが困難な地域です。

ただし、転職エージェントを利用することによって効率的な転職活動が可能となります。沖縄以外の地域からUターン・Iターンを狙う方はもちろんのこと、すでに沖縄県在住の方も転職する際はエージェントを利用しましょう。

ただし、エージェントを使って転職する場合でも、複数の転職エージェントを同時に利用する、一つの求人に複数のエージェント経由で応募しないなどいくつかの注意点があるので、これらを守ったうえで転職活動を行ってください。

他地域への転職もお考えの方へ

他地域への転職をお考えの方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

>>>おすすめ転職エージェントランキングはこちら


本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(地域別)の最近更新された記事
名古屋の転職フェア | 2019年のイベント・合同説明会開催情報まとめ
大阪のおすすめ転職エージェント13選 | 評判・口コミ・特徴から徹底比較
名古屋の転職エージェントおすすめ13選 | 評判・口コミ・特徴から徹底比較
海外に転職するか悩んだら|失敗しない方法や将来を見据えた働き方
福岡のおすすめ転職エージェント11選 | 評判・口コミ・特徴から徹底比較
富山県の転職エージェントおすすめ比較 | 転職フェア - Uターン・Iターン
20・30代が海外で働くには?就職する方法やおすすめの仕事・職種を紹介
広島のおすすめ転職サービス比較 | 年代別正社員になるためのコツ - 転職フェア
広島県のおすすめ転職エージェント3選
新潟県のおすすめ転職エージェント3選