コピー完了

記事TOP

【2023年最新】見積管理システムおすすめ比較!機能や選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から19日前のものです)
見積管理システムの代表的なサービスを徹底比較!各サービスの特徴や機能などをまとめて比較できます。また、本記事では見積管理システムの導入で失敗しない選び方や導入メリットも紹介します。

見積管理システムとは?

見積管理システムとは、見積書を作成・管理するための専用システムです。Excelをはじめ、スプレッドシートで見積書を管理するのに比べ、見積書をスムーズに送付できるのに加えて、承認フローも効率化できます。

業界や業種にかかわらず、見積書の管理は必須の作業であるため、多くの企業が見積管理システムを導入しています。会計システムSFAなどと連携できる製品も多く、経理担当者のみならず、すべての社員の業務効率化を実現できるのが魅力です。

見積管理システムの機能

見積管理システムに実装されている代表的な機能としては、次のものが挙げられます。

機能名 機能詳細
見積書の作成機能 テンプレートから簡単に見積書を作成できる
見積書の管理機能 作成した見積書を整理してデータベースに保管できる
承認フローの作成機能 システム上で見積書の承認フローの設定ができる
データ分析機能 見積書のデータを分析して適正価格を導き出したり、営業活動に役立つ情報を抽出したりする機能
営業管理・支援機能 商談管理や案件管理など、営業管理のための機能

機能の使い勝手は製品によって異なるので、無料トライアルや試用版などが利用できるならば、事前に操作性の確認が必要です。

見積管理システムの選び方

見積管理システムを導入する際には、次の点を意識しましょう。導入にかかる費用はもちろんですが、製品のタイプや機能性、導入形態などにも注目する必要があります。

製品・サービスのタイプ

見積管理システムは、見積書の作成に特化したタイプをはじめ、販売管理システムと一体化したタイプなどがあります。さまざまな帳票を作成できるサービスの中に、見積書の作成・管理が可能な製品もあるので、目的に応じて最適な製品タイプを選ぶことが大事です。

製造業や設備業など、特定の業界に特化した見積管理システムも少なくありません。

対応できる業務や機能性

見積書の作成・管理に加えて、請求書や納品書などの帳票の管理も可能なシステムが多く、さらに営業管理・販売管理にも対応している製品もあります。業務環境に応じて、必要な領域をカバーできるシステムを選びましょう。

また、一つひとつの機能性もしっかり確認しましょう。経理担当者をはじめシステムを利用する従業員が、使いやすいものを選ぶ必要があります。

他サービスとの連携

営業管理システムをはじめ、他の製品・サービスとの連携が可能かも確認しましょう。すでに営業管理システム販売管理システムなどを導入している場合、連携できる見積管理システムを選択すれば企業全体の業務効率化を実現できるでしょう。

顧客の情報と見積書のデータを連携できれば、スムーズに見積書を作成できるだけではなく、顧客の求めに応じて適切な価格の提示が可能になります。

【特化タイプ】おすすめの見積管理システム

おすすめの見積管理システムを比較します。まずは見積書の作成・管理に特化したタイプのサービスを紹介します。多くの見積書管理システムは見積書の作成以外にも機能は有していますが、その中でも特に見積書の作成業務を効率化できる製品を紹介します。

ジョブカン見積/請求書 - 株式会社DONUTS

ジョブカン見積/請求書
ジョブカン見積/請求書
BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 誰でもクラウド上で見積書・請求書を簡単に作成
  • 申請・承認機能も完備
  • 30日間の無料お試し版が利用できる

ジョブカン見積/請求書は見積書と請求書の作成をクラウド上で完結できる、代表的な見積管理システムです。5種類のテンプレートから最適なものを選択でき、見積書から注文書の作成も可能です。さらに承認機能も完備されており、任意のタイミングで承認のメールを送信できます。

また、見積書・請求書のステータス管理や消費税の自動計算機能に加えて、ユーザー権限の付与も可能なので、安全に帳票の管理ができます。30日間の無料お試し版も利用できるので、まずは導入して使い勝手を確認してみましょう。

マネーフォワード クラウド請求書 - 株式会社マネーフォワード

マネーフォワード クラウド請求書
マネーフォワード クラウド請求書
BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 見積書や納品書・請求書の管理を効率化
  • ワンクリックで郵送やメール送付が可能
  • 入金状況が一目でわかる

マネーフォワード クラウド請求書は見積書・納品書・請求書の作成から送付、保管まで一元管理で効率化できるシステムです。インボイス制度や電子帳簿保存法に対応しており、作成した帳票はワンクリックで郵送やメール送付ができるのが特徴です。

一目で入金の状況を確認もできるので、請求漏れが防げるのに加えて、作成した請求書はマネーフォワードクラウド会計に自動で反映されます。すでに同システムを利用している企業は、追加で導入するとよいでしょう。

見積デザイナー

  • 基幹システムとの連携が可能
  • 柔軟なカスタマイズ性が魅力
  • 見積書の提示後に勝敗フラグを設定できる

見積デザイナーは、カスタマイズ性に優れた見積管理システムで、環境に合わせて機能構成を選択できるのが特徴です。基幹システムとの連携も可能で、CSVとXMLなどのデータ形式による連携により、データ入力の手間とミスを削減します。

見積提示後の受注・失注のフラグを設定できるのも特徴であり、販売にかかる戦略を練るのに役立ちます。見積状況の視覚化と業務スピードの向上、テンプレートによる作成の手間の削減など、経理担当者の負担を大幅に軽減できるでしょう。

見積Rich

  • 見積書・納品書・請求書の作成と管理が可能
  • 柔軟かつ厳格な承認フロー
  • テンプレートで作成時間を削減

見積Richは、見積書の作成から承認手続き、納品書や請求書の発行まで対応できるシステムです。最大で100ユーザーが利用できます。ワークフローを柔軟に設定できるのが特徴で、外出先からも承認ができるので、管理者の出張や外出の多い企業にもおすすめです。

さらに過去の見積書やテンプレートにより、見積書の作成自体の時間も削減でき、発行した見積書は自動的に暗号化されるので、セキュリティも安心です。無料で最大2か月のお試し期間もあります。

Sales Quote Assistant

  • 四則演算の設定が可能
  • AI(人工知能)の搭載による生産性の向上
  • あらゆる業種・業態に対応できる

Sales Quote Assistantは営業担当者と営業支援スタッフの業務効率と、顧客対応力を向上させる見積管理システムです。四則演算の設定が可能で、任意に見積フォーマットを作成できます。

AI機能が搭載されているのが特徴で、商品登録のアシストや登録ミスの予防、価格表記の間違いのチェックなどをしてくれます。さらに独自のSFA「Sales Force Assistant」とのシームレスな連携ができ、見積書に関する情報の入力とともに、商談情報の入力も可能です。

ツカエル 見積・請求書オンライン

  • シンプルでわかりやすい管理画面
  • 月額550円から気軽に利用できる
  • 豊富なカスタマイズ機能を搭載

ツカエル 見積・請求書オンラインはシンプルな画面で、誰でも簡単に見積書や請求書、納品書などを作成できるクラウドサービスです。そのまま使えるテンプレートが豊富で、柔軟にカスタマイズができるのが特徴です。

月額550円から気軽に利用できる料金設定も魅力で、年間契約を結ぶ場合は、さらに低料金で運輸が可能です。社員数の多い中小企業だけではなく、スタートアップが初めて見積書の管理システムを導入する企業にも、おすすめできます。

見積管理システム(アイディックシステム)

  • 見積書の作成・管理にかかる機能が豊富
  • シンプルな画面構成で使いやすい
  • 原価入力による粗利の確認も可能

アイディックシステムの見積管理システムは、見積書の作成から履歴の照会、テンプレートの作成まで対応できるシステムで、簡単に見積書を作成できるセット機能や転記機能、請求書発行機能などを備えています。PDF出力による見積書のメール送信や、データの共有も可能です。

さらに、原価入力による粗利の確認や表紙の印刷なども可能で、見積書の作成・管理に関することならば、あらゆる状況に対応できるでしょう。

【一体化タイプ】おすすめの見積管理システム

次に、販売管理システムをはじめ、他の管理システムと一体化したタイプの見積管理システムを紹介します。経理業務以外にも、営業やマーケティング部門の業務効率化にも役立ちます。

freee販売 - freee株式会社

freee販売
freee販売
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 商談や受注に関するさまざまな情報を一元管理
  • 必要事項を入力するだけでスムーズに見積書を作成
  • 収益の状況を自動で可視化

freee販売は見積書の作成から売上の管理まで、幅広く対応できるクラウドシステムです。案件ごとに多くの情報を一元管理でき、各所に散在しがちな情報を整理できます。インボイス制度や電子帳簿保存法にも自動対応しており、法制度の改正にもベンダーが迅速に対応してくれます。

さらに、売上や仕入の状況、粗利の実績などを視覚化できるので、営業戦略の構築や経営判断にも活用できるのが特徴です。人気の会計ソフトfreee会計とのデータ連携も可能です。

楽楽販売 - 株式会社ラクス

楽楽販売
楽楽販売
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2023
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 経理や販売にかかるルーチンワークを自動化
  • リアルタイムでの情報共有
  • 現場での仕様に合わせて柔軟にカスタマイズ

楽楽販売はExcelでのデータ管理から脱却し、販売管理を効率化するためのシステムです。見積書や請求書の管理も可能で、プロジェクトや作業の進捗管理にも対応しています。過去の見積りや受注の状況をそのまま転記が可能で、独自の承認フローの設計により、帳票の作成・管理にかかる時間を短縮できます。

また、営業案件の管理から販売管理、見積書の作成にかかる受発注管理まで、幅広く対応できるので、バックオフィス業務をまとめて効率化したい企業におすすめです。

アラジンオフィス - 株式会社アイル

アラジンオフィス
アラジンオフィス
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 販売管理と在庫管理のパッケージシステム
  • 業種に特化した製品を提供
  • 見積りから発注管理まで幅広くカバー

アラジンオフィスは株式会社アイルが提供する、販売管理・在庫管理パッケージシステムです。業務・業種別に独自のパッケージを導入できるのが特徴で、見積りから案件管理、収支管理、在庫管理まで一貫してカバーできるので、業界・業種にかかわらず広く導入されています。

ベンダー独自の「CROSS-OVERソリューション」により、店舗管理からWeb受発注システムなど、環境に合わせて最適なソリューションを提案してもらえるのも魅力です。

見積管理システムを導入するメリット

見積管理システムを導入するメリットとしては、次の点が挙げられます。社内のペーパーレス化を実現できるとともに、業務フローの最適化や受注確率の向上にもつながるでしょう。

  • 社内のペーパーレス化を実現できる
  • 見積書の作成・承認フローを最適化できる
  • 受注の可能性が高まる

社内のペーパーレス化を実現できる

見積書の作成から管理までシステム上でできるので、社内のペーパーレス化に貢献できる点がメリットです。

見積書のみならず、請求書や納品書の管理に加えて、販売管理や在庫管理までカバーできるシステムも多いです。

業務に求められる書類をすべてクラウド上でやり取りできるようにすれば、紙の管理にかかるコストも大幅に削減できるでしょう。

見積書の作成・承認フローを最適化できる

見積書を作成・受領して、上長から承認を受けるまでの業務フローを簡略化・効率化できることも、見積管理システムを導入する大きなメリットです。

管理者が出張の場合や、テレワークをしている場合などでも、クラウド型のシステムならばスムーズに承認を得られるでしょう。申請側も、外出先から手軽に見積書や請求書に関する対応ができるので、外回りの多い営業担当者の負担も軽減できます。

受注の可能性が高まる

スピーディーに見積書を作成でき、分析機能も利用できる製品が多いので、営業戦略の改善にも役立ちます。戦略の改善により、受注率もアップできるでしょう。

特に販売管理システムや在庫管理システムなどと一体化しているサービスならば、業務フロー全体の見直しも可能です。収集・分析した情報を経営戦略のブラッシュアップにも活用できる点もメリットです。

見積管理システムの導入で業務効率化を実現

見積管理システムは外出先や出張先から見積書の作成や承認が可能になるので、スピーディーに必要な帳票を作成し、売上に結び付けられるメリットがあります。環境に合ったシステムを慎重に選択し、生産性の向上を実現しましょう。

最後に、見積管理システムを導入する際の選び方をおさらいしておきます。

  • 製品・サービスのタイプ
  • 対応できる業務や機能性
  • 他サービスとの連携
  • ベンダーのサポート体制

見積管理システムをより深く検討したい方は、紹介したサービスの資料請求をして比較することをおすすめします。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超