コピー完了

記事TOP

小売業向けERPのおすすめ5選 | 選び方やメリット、解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から44日前のものです)
この記事では、小売業向けのERPを紹介しています。ERPを活用することで解決できる小売業の課題、導入メリットや選び方、サービス比較を解説。導入する小売業向けのERPを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめERPをまとめてチェック!
ERPの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめERPの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なERPを含むサービスを徹底比較しています。ぜひERPを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ERPとは

ERPは「Enterprise Resource Planning(企業資源計画)」の略称で、企業が業務全体を統合的に管理するためのシステムです。企業内の部門やプロセスを統合し、情報の一元に貢献することで、業務効率や経営判断の精度を高めます。

ERPで解決できる小売業の課題

近年の小売業では、インターネットの普及による購買行動や消費者のニーズ、価値観の変化が顕著です。それに伴い、バックオフィス全体をシステムなしで最適化していくのは難しいといえます。ただしこれらの課題はERPで解決できます。

顧客動向や需要予測が難しい

小売業ではインターネットの普及により顧客の購買パターンを把握しにくくなりました。また、オンライン販売と店舗販売の連携、顧客データの一元管理も難しくなっています。オンラインとオフラインが入り交じる今日、両者をデータし活用する仕組みが求められています。

ERPなら販売データを統合し、リアルタイムにて顧客の動向を把握可能です。これにより、需要予測や在庫管理の精度が向上し、顧客満足度の向上に期待できます。

ニーズの多様化に応えられない

価値観やニーズの多様化により、従来の一括りのサービスでは多様な要求に応えられなくなっています。たとえば、消費者は高品質な商品を求める一方で、価格を重視する顧客もいます。顧客情報や購買履歴を管理できていなければ、リピート率は低下していくでしょう。

ERPの導入により顧客データの一元管理や分析ができれば、ニーズに合わせた効果的なマーケティングが可能です。よいマーケティングができれば、費用をかけずとも売上を作れます。

オムニチャネル化による管理の煩雑さ

小売業では、オンラインとオフラインを区別せず運営する「オムニチャネル」が管理の煩雑さへ悪影響を及ぼしています。従来の店舗販売に加えて、オンラインストアやモバイルアプリなど複数の販売チャネルを運営するのは、中小企業にとって大きな負担です。

ERPでは異なる販売チャネル間でのデータを統合することで、リアルタイムでの在庫管理や顧客対応が可能。これにより、チャネルを問わない業務管理が実現し非効率の削減に貢献してくれます。

小売業でERPを導入するメリット

情報を一元管理

ERPの導入により、小売業は情報が一元管理されます。現在はデータが複数のシステムへ分散していたとしても、ERPならそれらを統合できます。たとえば在庫や売上データ、顧客情報を一元化することで、従業員がリアルタイムにて情報を把握可能。共有に時間がかかっていたり、参照するデータが違っていたりするトラブルを避けられます。

入力にかかる工数を削減

ERPを活用することで、業務の自動化や効率化が可能です。基幹システムが分散されている状況では手作業で入力したりデータが重複したりしていたため、工数をかけた割に不正確な情報が蓄積されていました。それがERPなら在庫管理、発注のプロセス、会計処理などが自動化されミスも減らせます。

経営判断の精度・スピード向上

ERPを導入すれば、経営判断の精度とかかるスピードが改善します。従来の手法では、点在したデータを集計するのに工数がかかっていたほか、古い情報を参照するために現状の把握をしづらい状態でした。しかしERPを活用することで、リアルタイムでのデータ収集と分析が可能。管理者は情報を手間なく取得し、迅速に意思決定できます。

小売業向けERPの選び方

ERPを選定する際には、ニーズや課題を的確に把握し、それに適したシステムを選ぶことが重要です。適切なERPの選択により、業務効率が向上し経営課題を解決できます。ここでは、ERPを選定する際のポイントをいくつか紹介します。

導入形態をいずれにするか

ERPにはクラウド型とオンプレミス型の大きく2つにわかれます。厳密にはクラウド型のなかでもいくつかタイプはありますが、導入時の費用やセキュリティ要件に応じてどのような導入形態になるかは、ざっくりとでも先んじて検討をつけておくのがおすすめです。

SaaSとIaaS、オンプレミスの違い

各導入形態の特徴については下図のとおりです。SaaSは中小企業からでも導入しやすいのが特徴。IaaSやオンプレミスはカスタマイズをしやすいものの管理コストも相応にかかるので、管理担当者を配置できる会社での導入が望まれます。

SaaSとIaaS、オンプレミスの特徴

課題に適した機能を搭載しているか

ERPを選ぶ際には、課題やニーズにマッチするかが大切です。たとえば、業種や規模によって必要な機能は異なるため、ERPがそれに適しているかを吟味する必要があります。具体的な課題やニーズを明確にし、それに対応できるERPを選ぶことが成功の鍵です。

導入後のサポートは充実しているか

ERPを選定する際には、導入後のサポートが充実しているかに気を配りましょう。導入後のトラブルシューティングやシステムのアップデートなどは、適切なサポートがなければ業務に支障をきたす可能性があります。どのようなサポートが提供されているのか、サポート窓口の対応時間や対応方法はどうなのかを確認しましょう。

セキュリティや内部統制の対策は十分か

小売業向けERPを選定する際には、セキュリティ対策や内部統制の備えが十分かを確認すべきです。小売業は顧客情報や取引データを取り扱うため、セキュリティの確保が欠かせません。ERPがデータの暗号化やアクセス制御、セキュリティポリシーの遵守といった対策を講じているかを調べましょう。あわせて内部統制に関連した第三者認証を取得しているかチェックするのもおすすめです。

小売業におすすめのERP5選

Biz∫(ビズインテグラル) - 株式会社NTTデータ・ビズインテグラル

Biz∫(ビズインテグラル)は、グループでの会計・経理業務を統合管理できるERPです。本社と各店舗の仕訳、残高、月次状況などのデータを一元管理でき、製品別や顧客ごとに、損益情報を把握できます。ショッピングセンターの精算管理をはじめ、多様な店舗形態に対応可能です。

  • フランチャイズ店舗やショッピングセンターなど多様な店舗形態に対応
  • 豊富な分析コードにより細かな損益データを把握可能
  • 本社と店舗間の会計・経理業務を統合管理

GRANDIT

GRANDITは小売業ならではの業務処理や要件にも対応したERPです。GRANDITには次のような特徴があります。

  • 店舗POSシステムや物流ハンディーターミナルと連携
  • 店舗別の売上日報やリアルタイムでの在庫照会
  • サイズ別や色別に在庫管理できるアパレル向けの機能あり

SMILE V 2nd Edition 販売はバックオフィス業務を支援するDXソリューションで、小売業に役立つ機能が充実しています。SMILE V 2nd Edition 販売には次のような特徴があります。

  • 伝票の入力・チェック機能で人的ミスを防止
  • 管理帳票や各種報告書を作成し多角的にデータを分析
  • インボイス制度に対応し返品や取引後の値引きも処理可能

NetSuite - Shearwater Japan

NetSuite
NetSuite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

NetSuiteはオムニチャネル対応のERPで、小売業のビジネスモデルを一新します。NetSuiteには次のような特徴があります。

  • Webやモバイル、実店舗、コールセンターなどのチャネルを統一
  • 顧客と長期的な関係を築くうえで重要な顧客理解の機能が充実
  • 小規模事業者でも使いやすいスマートフォン対応

CHAINS Z

CHAINS Zはサポートが充実した小売業向けERPです。CHAINS Zには次のような特徴があります。

  • 本部と現場がシステムを使いこなせるよう、運用ノウハウを提供
  • 年2回以上のバージョンアップ
  • 商品マスタや特売マスタ、特売数決定などで小売業に特化

小売業向けのERPを導入しよう

小売業向けのERPのうち最適なサービスを選ぶには、ニーズや予算に合わせて、複数のシステムを比較検討することが大切です。下のボタンからはBOXILが厳選したサービスの資料を無料でダウンロードできます。ぜひサービス選定の参考にしてください。

本記事で紹介しきれなかったサービスについては下の記事にて解説しています。より多くのサービスから検討したい方はあわせてチェックしましょう。

【比較表あり】ERPの比較おすすめ28選!機能・料金・選び方を解説
【2024年最新比較表】ERPの代表的なサービスを徹底比較!搭載している機能や料金、口コミ評価などをまとめて比較で...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ERP(基幹システム)選び方ガイド_20240116.pptx.pdf
ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
ERP(基幹システム)の最近更新された記事