Article square balloon green
2016-11-03

プロマネとは何か?その意味や良いプロマネになるための役割や条件を解説

その他その他ビジネス
Large

プロマネとは何か

プロマネとは何か、ご存知ですか?
プロマネとは、事業プロジェクトをスムーズにすすめるために責任がある存在です。プロジェクトマネージャーやPMとも言われます。

プロジェクトが成功するは、プロマネの手腕に大きく左右されるともいえます。経験を重ねて自己流の手法を取り入れることもできますが、プロマネに必要なスキルやノウハウは多岐に渡ります。
経験や勘に頼ったプロジェクトマネジメントでは、再現性も低く、上手く行かないことも。

今回の記事では、新人プロマネや、これからプロマネとしての活躍を目指している人に、プロマネや業務で果たしている役割や、プロマネに求められる資質を解説します。


プロマネの役割

プロマネの大きな役割は、プロジェクトの進行をチェックし、確認・管理すること。といっても、プロジェクト管理にはさまざまな工程があります。
プロマネとしての業務を、いくつか具体的に見てみましょう。

  • クライアントと内容について打ち合わせをする
  • 納期までに完成できるかを確認する
  • 必要な作業を、メンバーに適切に振り分ける
  • メンバーのやる気を管理する
  • メンバーの取り組んだものについてアドバイスや評価をする
  • メンバー間の問題を処理する
  • 技術的に難易度の高い部分が発生したら、仕様を変更するか、別の方法を選ぶかを判断する
  • スケジュールの進捗状況を把握し、遅れている場合は対処する

それぞれ複合的な要素が絡んでいますが、大きく3つにまとめると「意思決定」進捗管理」「対人関係の調整」に分けられます。

プロマネの役割 1. プロジェクトの意思決定

プロジェクトを進めるにあたっては、意思決定を求められる場面が多く発生します。スケジュール、仕様、方針、役割分担…こういった決定を迅速に・的確に行うのがプロマネです。一つ一つの内容を曖昧にしないということも大切です。
ただ、独裁的な決定をすると、メンバーの反感を得ることも。プロマネは適宜意見を聞いたり、目的や決定の意図を伝えて、納得感のある決定ができるようにしましょう。

プロマネの役割 2. プロジェクトの進捗管理

プロマネが全体を俯瞰し、進捗状況を管理することは、スムーズな進行に欠かせません。ついつい、自分も作業部隊として手を動かしたくなるかもしれませんが、そこをこらえて全体把握に注力してください。
プロマネは常に進捗状況を上司やメンバーと共有し、ストレスのない進行ができるよう、フォローします。

プロマネの役割 3. 対人関係の調整

対人関係の調整には、プロマネ自身がチームメンバーから信頼を得ていることも必要ですし、チームメンバー間の一体感を醸成することも重要です。
うまく人間関係を構築するには、プロマネが自らの意見を押し付けるよりも「周りの意見を聞く」姿勢をもつこと。一人ひとりの置かれた状況を詳しく知ることは、適切な業務分担にも役立ちますし、お互いの信頼関係の構築にも役立ちます。


良いプロマネになるために

誰しも、良いプロマネになりたいと奮闘しているもの。最後に、良いプロマネになるために「注意した方がいいこと」をまとめておきます。現在プロマネとして活躍されている方も、改めて確認してみてください。

  • 上手く行った要因・上手く行かなかった要因をはっきりさせ、次に活かす
  • 成果物を確認して終わりではなく、それに対する評価を行う
  • メールばかりではなく、直接対話の機会を持つ
  • 対話の時は、自分の意見を言わない(聞き手になる)
  • 問題点やリスクを洗い出し、把握する
  • 定期的に進捗確認のミーティングを行う
  • 報告は具体的に行う


プロマネとは何か?その意味や良いプロマネになるための役割や条件を解説のまとめ

プロマネの能力が、プロジェクトの成功には欠かせません。プロマネには現場の知識も必要ですが、特に必要なのは、リーダーシップ。
プロマネに就任する人、今後プロマネとしての活躍を目指す人は、実務スキル以外にも目を向けて、知識を習得しましょう。

プロマネのための資格試験もありますから、それを目指すのもいいかもしれませんね。プロマネとしてのスキルや経験を積めば、自分自身のキャリアアップにも繋がるでしょう。

Boxil(ボクシル)への会員登録はこちらから


法人向けクラウドサービス比較 Boxil(ボクシル)とは

法人向けクラウドサービス比較 Boxil(ボクシル)では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがBoxilです。ぜひ、登録してみてください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事