コピー完了

記事TOP

タイムマネジメントとは?成功させる6つのコツ・意味・方法

最終更新日時:
記事の情報は2020-09-17時点のものです。
タイムマネジメントは、やるべき目標を達成するためにタスクを効率的に進め、時間を有効活用するためのビジネススキルです。タイムマネジメントをうまく活用するコツを解説します。

タイムマネジメントとは

タイムマネジメントとは、時間管理とも訳されますが、やるべき目標を達成するためにタスクを効率的に進め、時間を有効活用するためのビジネススキルです。

時間管理ツール比較15選【有料・無料】 - タイムトラッキングを行うべき理由とは
【2022年】スマホ・PCで使えるおすすめの時間管理ツール・アプリの機能や特徴、価格を比較するとともに、使い方も解...
詳細を見る

タイムマネジメントとスケジュール管理の違いや、タイムマネジメントのコツを解説します。

スケジュール管理との違い

スケジュール管理では、予定を把握して遅滞なくこなすことを目標とします。その一方でタイムマネジメントでは目標を設定し、計画にしたがって目標達成のために時間をコントロールするプロセスが重要です

一人ひとりが行う仕事内容も複雑化し、長時間労働が問題視されている昨今、効率よく業務を進め、ワークライフバランスを適性に保つためにも、よりいっそうタイムマネジメントの重要性は増していくでしょう。

タイムマネジメントのポイント

タイムマネジメントを成功させるには、「時間を有効に使う」「自分の能力を客観的に把握する」ことが重要です。とはいえ、一朝一夕には身につかないスキルですから、試行錯誤しながら自分ならではのタイムマネジメント術を確立していきましょう。

自分なりのルールが確立していない場合は、次のポイントを参考にしてみてください。

  • やるべきことをリストにまとめる
  • 頭を使う仕事は午前中に
  • 余裕を持ったスケジューリング
  • 優先順位の付け方
  • 「すぐ終わる仕事」の使い方
  • 締め切りギリギリに取り組まない

やるべきことをリストにまとめる

タイムマネジメントを行うためには、仕事内容を細かく「タスク化」することが大切です。大きな仕事も小さなタスクにすることで、やるべきことが明確になり、スケジュールに落とし込みやすくなります。

たとえば「大掃除をする」のような仕事では漠然としてやる気も起きませんが、「窓を拭く」「テレビ周りのホコリを取る」「掃除機をかける」と細分化すれば、取り組みやすくなります。

タスク管理とは?必要性やToDo管理の方法 - コツや注意点も紹介
タスク管理とは、業務でやるべきことを分解し、優先度や実行する量を決定して進捗を管理することです。タスク管理の必要性...
詳細を見る

頭を使う仕事は午前中に

企画書の作成といった、頭を使う仕事は朝一番の頭が冴えている時間に行いましょう。午後以降だと、予定のずれ込みにより思うように時間が取れなかったり、集中力が切れていたりと、パフォーマンスが落ちてしまうからです。

余裕を持ったスケジューリング

タイムマネジメントをする際には、予定をギュウギュウに詰めないのが大切です。自分の能力を客観的に把握できると思っていても、予想外の事態で起こり、予定にないことへの対応が必要だからです。

午前・午後にそれぞれ予備時間をもうけたり、「これくらいはできる」と思うよりも少ないスケジューリングにしましょう。トライ・アンド・エラーを繰り返して、時間を自分でコントロールし、予定どおりにタスクを進行できる状況を作ってください。

優先順位の付け方

優先順位のルールを作りましょう。「5分程度で終わる仕事なら、その場で終わらせる」「時間が掛かる仕事は空き時間・翌日以降にまわす」など、自分なりのルールがあると、優先順位がつけやすくなります。

優先順位が着けば、スムーズに仕事が進められるようになり、突発的な仕事への対応ができるかどうかも判断しやすくなります。こちらも試行錯誤しながら、ルールを作っていくとよいでしょう。

「すぐ終わる仕事」の使い方

すぐに終わってしまう簡単な仕事は、「モチベーションが上がりにくい」タイミングで挟むようにしましょう。短時間で達成考えられ、その他の仕事へ取り組むためのよい準備運動になります。

たとえば、朝一番や午後の休憩明け、夕方の疲れたタイミングなどにまとめて終わらせるのがおすすめです。

締め切りギリギリに取り組まない

締切のある仕事を行う場合、ギリギリに仕上げるようにしていませんか。突然の予定の変更に対応できるよう、自分内の締め切りは短めに設定し、常に前倒しで進めましょう。

そのほうが精神的にも余裕が生まれますし、依頼主からの信頼感も得られます。

タイムマネジメントを取り入れて、業務のやり方を見直そう

タイムマネジメントは、取り入れようと思ってもすぐに身につくスキルではありません。

日々、予定を立てる→予定どおりに実行する→実行できなかった部分を振り返る→改善点を反映させて翌日の予定を立てるといったPDCAサイクルを繰り返す中で、自分にとってふさわしい仕事のやり方が身につくことでしょう。漫然と仕事をしていても、そこから発展は見込めません。

新たなスキルを身に着け、ビジネスマンとして高みを目指しましょう。

また、時間を管理して効率的に作業をすすめるには正確なプロジェクト管理が欠かせません。

次の記事では低コストで導入できるクラウド型のプロゼクト管理ツールを比較、紹介しているのでぜひ御覧ください!

【2022年】プロジェクト管理ツール比較!おすすめサービスの料金・機能・口コミ
プロジェクト管理ツールを使えば進捗管理、工数・タスク管理、予算管理などを効率化できます。クラウドサービスならフリー...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

プロジェクト管理・工数管理選び方ガイド
プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
プロジェクト管理ツールのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?
【2022年】プロジェクト管理ツール比較!おすすめサービスの料金・機能・口コミ
工数管理ツールおすすめ比較!無料から使えるプロジェクト管理ツール
工数管理とは?おすすめ工数計算ツール比較から導入目的までまとめて解説
タスク管理とは?必要性やToDo管理の方法 - コツや注意点も紹介
時間管理ツール比較15選【有料・無料】 - タイムトラッキングを行うべき理由とは
タスク管理ツールおすすめ比較28選!【無料あり】導入メリットや選び方
個人利用におすすめのプロジェクト管理ツール7選!選び方や利用するメリット
無料のプロジェクト管理ツール8選!導入に失敗しない選定ポイント
おすすめプロジェクト管理アプリ11選!【無料・個人向けあり】