コピー完了

記事TOP

ビジネススキルとは | 仕事に必要な5つの重要ポイントを解説

最終更新日時:
記事の情報は2017-09-06 08:23時点のものです。
社会人として身につけたい「ビジネススキル」について、その種類や特に強化しておくべきスキルについて説明します。仕事を効率的に進めるために重要なスキルなので、企業に勤めている人も、これから社会人になる人もぜひ参考にしてください。

仕事が「できる人」と「そうでない人」にはどのような違いがあるのでしょうか。

仕事ができる人は、仕事を進めるうえで最低限必要な「ビジネススキル」を持ち合わせています。ビジネススキルとは、一般的にビジネスパーソンが自らの従事する仕事において高いパフォーマンスを発揮するために身につける技術のことです。

業種や職種、役職など、仕事の分野や社会的立場によって必要とされるスキルは違ってくるものですが、どんな社会人にも共通して強化すべきスキルというものもあります。ビジネスパーソンとして身につけておくと良いビジネススキルについて紹介していきます。

ビジネススキルとは

冒頭でも述べたように、ビジネススキルとは社会人ならば仕事で身に着けておくべき知識や技術の体系のようなものであり、それによって自らが勤める企業の利益に貢献するためのものといえるでしょう。

ハーバード大学教授のロバート・カッツ氏によれば、ビジネススキルとは、次の3つに分類できるといいます。

テクニカルスキル

テクニカルスキルとは、ビジネスパーソン一人ひとりが職場において求められる業務を遂行するための一連のスキルを指します。

店先や電話での顧客や取引先に対する対応や基本的なPC操作能力、営業に関する知識などです。

SE(システムエンジニア)などの技術職ならば、各種プログラム言語についての理解などもそのうちに入るでしょう。つまり、テクニカルスキルとは、それぞれの業務を正しく遂行するための能力ということです。

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルとは上司や同僚など同じビジネス環境にいる人と円滑なコミュニケーションをとり、良好な関係を築いていくスキルです。心の知能指数、いわゆるEQ(Emotional Intelligence Quotient)と呼ばれる分野のスキルといえるでしょう。

代表的な例としては、上司に適切なタイミングで「報告」「連絡」「相談」をするスキルや、チームで高いパフォーマンスの仕事をするために情報を提供したり、顧客との商談で有利な交渉をするためのスキルなども含まれます。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、業務において必要となる知識や技術を体系化して覚えるスキル、あるいはそれを適切に実践するための基礎となるスキルといえます。複雑な事柄を整理して表現したり、その場面において「何が本当に重要なのか?」を見極める技術といえるでしょう。

たとえば、論理的思考力や着想力などがこれにあたります。管理職や経営者など、社会的立場が上に行けば行くほど必要とされるスキルです。

身につけるべき「5つの重要ビジネススキル」

社会人として身につけるべきビジネススキルについて、代表的なものを紹介していきます。前述のように、ビジネススキルはいくつかのカテゴリーに分かれますが、そのなかでも重要なものをピックアップしてみます。

1. ビジネスマナー

高校生や大学生が卒業して企業に就職する際に、まずはじめに教えられるのがビジネスマナーでしょう。ビジネスマナーとは業務を遂行するうえで必要とされるさまざまなマナーの総称であり、基本的な挨拶から顧客や上司に対する口に利き方、あるいは名刺の渡し方といったビジネスをするうえで基本となる知識や動作の集積といえます。

特に相手を不快にさせないために身につけるべき基本マナーであり、社会人ならばすべての人が身につけて実践することが推奨されるものです。ビジネスパーソンのなかにはこういったマナーが欠けているような方もいますが、やはり顧客や取引先と良好な関係を築くためにも正しいビジネスマナーを身につけるべきでしょう。

ビジネスマナーを学ぶならこの本!新社会人必見おすすめ本7選はこちら

2. コミュニケーションスキル

対人関係を円滑にし、お互いの意思の疎通をはかりやすくするためのスキルがコミュニケーションスキルです。これは仕事だけに関わるスキルではなく、他者とよい関係を築くための基本となるスキルといえるでしょう。

仕事においては、チーム単位で成果を出すことが求められることが多いため、チームメンバーと適切なコミュニケーションをとることは成果に直結する重要な要素といえます。いわゆる「空気を読む」行動を心がけたり、相手の立場に立って状況を理解するといった考え方が重要となります。

3. 文書作成や基本的なPCスキル

多くの企業では、PCで必要書類を作成したり、さまざまなアプリケーションを用いて業務を遂行する機会があるでしょう。そのため、WordやExcelといった基本的なアプリケーションソフトを使ったり、PC自体に何らかのトラブルが生じた際に適切に対処するための操作スキルが重要となります。

また業務では顧客や取引先にメールを送ったり、会議用の資料を作成したりといったビジネス文書を書くスキルも求められます。冗長な言い回しやくどい表現を避けながら、相手に要点を的確に伝える文章力を身につける必要があります。

4. 問題解決思考スキル

仕事を進める中では、必ず何らかの問題が生じるものです。その問題の本質を捉え、どうすればそれを解決できるのかを論理的に考えて実行に移すためのスキルが必要です。

いわゆる問題解決スキルと呼ばれるものは、主に目の前の問題を正確に定義し、その本質的な原因を理解して、どうすれば解決に導けるのかを論理的に考える技術を指します。

問題解決能力の高い人は企業内でも頭角を現しやすく、周囲から評価されやすくなる傾向がありますから、ビジネスパーソンとして積極的に身につけるべきスキルといえるでしょう。

5. プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションというと、大勢の前でこちらの訴えたいことや伝えたいことを説得力をもって伝えるためのスキルと思われがちです。当然、それも間違いではありません。ですが、もっと身近な場面において、相手にこちらの正確な情報を伝えたり、説得しなければならない状況に直面することは少なくありません。

そういった局面で的確に情報を伝達したり、相手のニーズを読み取って説得力のある話ができるかどうかがビジネスでは極めて重要となります。

日ごろから大勢の前でプレゼンテーションをする機会のない人でも、ある程度は相手を説得するためのスキルを身につけておく必要があるでしょう。上司やチームメンバーを説得するスキルも立派なプレゼンテーションスキルです。

ビジネススキルを身につけられる研修サービス

最後に、これまで挙げてきたようなビジネススキルを身につけられる研修や講習を行っているサービス・企業をいくつか紹介します。

Schooビジネスプラン - 株式会社Schoo

Schooビジネスプラン
BOXIL SaaS AWARD 2021 Autumn 人事・給与部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 6,000本以上の研修動画が1,500円/IDで見放題
  • 研修動画は毎月50~60本追加される
  • 生放送ならコミュニケーションしながら学習

Schooビジネスプランは、最先端のITスキルから汎用的なビジネススキルまで幅広く学べるオンライン研修サービスです。生放送の授業では講師と受講生代表、ユーザーの3者間にてやり取りできます。講師に質問をしたり受講者同士でコメントし合ったりして、双方向のコミュニケーションが可能。研修パッケージは100種類以上も用意しており、全社員が活用できるビジネスにおける基本的なルールやコミュニケーション方法などを受講できます。

卓越した生産性向上の秘訣「5つの選択®︎」 - フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

卓越した生産性向上の秘訣「5つの選択®︎」
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 業務の重要性に沿った、成果を高めるための判断力を養う
  • テクノロジーを活用し、業務負担を減らす能力が身につく
  • セルフマネジメントを学び、常に最高のコンディションを発揮

5つの選択®️︎は、生産性を高め、成果につながる判断力を養う人材育成プログラムです。膨大な情報と知識を扱い、緊急業務の発生が頻繁な現代のビジネスシーンは、疲弊しやすく重大な業務に集中しにくい環境と言えます。重要な業務を見極め、成果を導く業務の判断力と、業務に集中するためのセルフマネジメントを学びます。テクノロジーを活用し、雑多な業務にかかる負担を減らすことで、常に最高のコンディションで業務へ取り組める環境を構築します。

必要なビジネススキルを身につけよう

企業で仕事をするうえで必要となるビジネススキルについて、基本的な説明から特に重要とされるスキルをピックアップして説明してきました。

ビジネススキルは社会人ならだれでも身につけるべき基本的なスキルから、それぞれの業種で必要とされるスキルなど幅広い分野にわたります。

どのスキルを身につけるべきかは人によって変わってきますから、今の自分の置かれた状況や仕事についてできるだけ客観的に把握し、必要なビジネススキルを身につけるようにしましょう。

転職活動への準備も万全にしておこう

「必要なビジネススキルを身に着けたい。でも今の職場では難しい…」と悩むアナタは転職も視野に入れましょう。

会社によって教育体制は大きく変わってきます。特に年齢の若いうちに基本となるビジネススキルを身に着けておかないと、後々苦労しかねません。

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備がおすすめです

まずは転職に最適な時期を把握し、自身の年齢や職業に合わせたサイトに登録、履歴書や職務経歴書の準備をして、面接マナーなどを知っておきましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールからフリーランスに独立する方法|失敗しない選び方と比較ポイント
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
ベンチャー企業とは?意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い
おすすめの法律系資格6選 | キャリアアップ・転職につなげるためには?
転職してすぐ転職はOK?入社後に退職・辞めたいなら取るべき手段【中途・新卒】
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】