コピー完了

記事TOP

売上計画書が作成できる無料テンプレート!書き方もご紹介

最終更新日:
公開日:
売上計画書をエクセルで作成できるテンプレートをご紹介しています。テンプレートをご紹介したあと、作成するときの注意点を併せて説明します。記事のなかでは、ご紹介したテンプレートは無料でダウンロードしていただけます。

売上計画書テンプレートで事業効率化

自社で商品を売り上げるとき、前もって計画を立てて、計画通りに生産していくことが重要になります。その際にいくらくらいの売上になるのかも一緒に計画しておきましょう。

本記事ではボクシルが作成した売上計画書のテンプレート(ひな形)をご紹介します。エクセルで簡単に使える、様々なデザインののフォーマットが無料でダウンロードできるので、ぜひご活用ください。

また、初めての方でも安心して売上計画書を発行できるように、売上計画書に最低限必要な記入項目や、一般的によく記載される記入項目もご紹介します。

売上計画書以外のテンプレートもご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

【無料】エクセルで使える売上計画書テンプレート

ボクシルでは、エクセルで必要な箇所を記入するだけで簡単に売上計画書が発行できる無料のテンプレートをダウンロードできます。

2種類のテンプレートの中からお好きなデザインのテンプレートをダウンロードして、以下の記事を参考に売上計画書を発行してくださいね。

売上計画書テンプレート【タテ】

一つの売上計画書で数社分が入っているのが特徴です。

売上計画書テンプレート【ヨコ】

横向きの売上計画書です。大きな備考欄がついているのが特徴です。

ボクシルでは、他にもたくさんのテンプレートをご用意しています。
他のテンプレートをご覧になりたい方は以下をご覧ください。

信頼性を高める売上計画書の書き方

売上計画書は綿密なリサーチと市場調査により売上の根拠となるデータを収集することができるので提供する製品やサービスの売上計画や予測を立てられます。この売上計画書は事業計画書と共に起業時に必要な書類で、金融機関や公庫などで融資をしてもらう際に信頼性を高める役割もあります。

それぞれの商品個別での売り上げや年齢層によって集計を分けたり、地域別、月間別、年間、平均値など、売上計画書を見ただけですぐに売上に関する知りたい情報を知ることができるような計画書が望ましいでしょう。

売上計画書に必要な内容

売上計画書は一瞬で売上がどのように推移しているのか、前月比などが明確にわかるようにしなくてはなりません。複数の取り扱い商品やサービスがある場合は、それぞれの商品やサービスごとに毎月の売り上げ計画を書く方が分かりやすいですし、前月と比べて何%上昇しているかなども記載されているとわかりやすいでしょう。

また、得意先や顧客がが多い場合は得意先の会社や顧客ごとに分けることも必要です。最終的に1年間の売上が集計されるようにエクセル関数を使うと数値を入力するだけですので簡単に作ることができます。

そして、計画表ですので実際には書きませんが実績売上を書く欄も用意しておくと事業の進み具合や修正点もわかりやすくなります。

日本政策金融公庫で紹介されている売上予測公式を使う

売上予測はなかなか難しいものですが、日本政策金融公庫が紹介している売上予測の計算公式を使うと簡単に売り上げ予測を計算することができます。

例えば、コンビニエンスストアや販売としての店舗を構える販売業の場合の計算公式は「1㎡(または1坪)あたりの売上×売り場面積」が公式となり、この場合の1㎡あたりの売上高は小企業経営指標にある業界平均金額が14万円ですので、この公式に当てはめて計算します。

次に、飲食店や美容・理容業などのサービス業の場合は「客単価×席数×回転数」となり、自動車販売業やビル清掃業、化粧品販売業などの労働集約的な業種の場合は「1従業員の売上高×従業員数」となります。この場合の従業員は販売員のことです。

このように業種別で売上高を計算することができますので利用しましょう。

売上予測は顧客層や商圏によっても異なる

売上予測は全て同じように計算すればよいということはではありません。
年代によっても購入する商品は違ってきますし、商圏によっても売れる商品が違ってきます。また、顧客層が会社なのか一般消費者なのかでも違ってきますので、それぞれの顧客に対してどのようにアプローチしていくかも重要となります。

これらのアプローチ方法なども記載し、それに合わせて売上高なども変動するということを頭に入れて計算していきましょう。

サービスや商品によっては稼働率に限界がある

これも頭に入れて売上計画書を作成しなければならないことですが、商圏が狭い、またはお客様に店舗の設備利用してもらう場合は稼働率に限界が生じます。
例えば飲食店の場合は座席数以上のお客様を増やすことはできませんし、小売業やサービス業の場合は商圏の人口×入店割合が1日の限界稼働率となります。

ただ、この稼働率に関しては実際に営業を始めてみないとわからないところですので、できれば会社独自でリサーチしたり、専門のリサーチ会社に依頼するなどして調査してもらう方が確実でしょう。

エクセルで作成できる売上計画書テンプレート!のまとめ

これで売上計画書をうまく作成することが出来ますね。上手に活用してください。

売上計画書をはじめとしたマネジメント層に読んでいただきたい記事をいくつかピックアップしたので、こちらも併せてご覧ください!

https://boxil.jp/manager/a1597)


ボクシルでは売上計画書の作成に役立つBIのクラウドサービスを比較したり、資料を請求したりできますので気軽に覗いてみてくださいね。また、BIの選び方ガイドもございますのでご覧になってください!

BIのクラウドサービスについて気になった方はこちらから資料ダウンロード!

人気のビジネステンプレート関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

予算管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
予算管理システムの最近更新された記事