コピー完了

記事TOP

MotionBoard Cloudの事例・使い方!特徴や強みも紹介

最終更新日時:
記事の情報は2021-09-17時点のものです。
データ活用が求められている時代に、注目されているMotionBoard Cloud。Excelから抜け出せない、あるいはSalesforceを導入しているもののデータ活用が進まない企業にとってはおすすめです。このクラウド型BIツールは、データを可視化して価値ある情報を見出す大きな武器となります。

膨大なデータは見える化され意味のある分析に変えなければ、宝の持ち腐れです。これを実現するのがBIツールです。今回は、価格と使いやすさを備えたクラウド型BIツールのMotionBoard Cloudを紹介します。

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)とは

ウイングアーク1stが提供するMotionBoard Cloudは、企業の成長に貢献することをゴールとして設計されたツールです。データの表現・可視化機能に優れ、社内に散在するデータを1つにまとめ、オリジナルのダッシュボードを作成できます。

わかりやすさを追求したUIとニーズの多い業務・業種向けのテンプレートが用意されているので、データの扱いに慣れていない人でも利用しやすいことが特徴です。

MotionBoard Cloudの属するBIツールというシステムについて簡単に解説していきます。

BIツールとは

BIツールは、Business Intelligence Toolの略で、企業に蓄積された大量のデータを収集、分析して迅速な意思決定をサポートしてくれるツールです。近年はIT技術の飛躍的な進歩により、ビッグデータをビジネスに活用できるようになりました。BIツールは大量のデータから、新しい価値を見出す分析を専門家でなくても実現できる貴重なツールです。

ビッグデータの活用事例や方法は?サービスも紹介 | 製造業・自治体
ビッグデータを活用している製造業や自治体の事例、活用するための方法、おすすめのサービスなどを紹介します。どのように...
詳細を見る

BIツールが活用される場面

BIツールは、売上情報や人事データ、予算管理など多くの集計および分析をする場面で利用されます。大規模なデータを短時間で分析しわかりやすく表示してくれるので、意思決定のスピードを速められます。また、BIツールによって、新たな角度からの経営判断をできるようになるでしょう。

BIツールの具体的機能

BIツールの代表的な機能について具体的に説明します。

レポーティング機能

BIツールには分析結果を可視化して表示するレポーティング機能があります。定型、非定型レポート、後述するOLAPレポートなど種類は多岐に渡ります。昨今ではスマートフォンから閲覧できるBIツールも増加。また、見やすいダッシュボード形式でリアルタイムに情報を参照できるツールもあります。

ダッシュボード作成ツール比較21選!おすすめシステム・BIツール【無料あり】
ダッシュボードとはBIにおけるレポート機能の一つであり、加工されたさまざまなデータをグラフィカルに表示することによ...
詳細を見る

多次元分析

ユーザー自身が仮説をたてながらデータを多次元に分析できます。この際よく利用されるのが、OLAP(On-line Analytical Processing)分析です。複数の視点や複雑な分析をすることで、これまではわからなかった傾向を見つけられるのが強みとなります。

データマイニング

データマイニングをすると、勘や経験だけでは思いつかないような相関関係を導き出せます。統計学のような専門知識を持たなくても、多くの部分が自動化されているおかげで初心者でも複雑な統計分析が可能です。

シミュレーション

シミュレーションでは、過去のデータをもとに条件の変化によって売上や利益がどのように変化するのかを予測できます。具体的に使われる場面をあげると、経営者が予算編成するようなのが最たるものです。

次の記事では、BIツールの市場規模について詳しく解説しています。

国内BIツールの市場規模は?ビッグデータ・アナリティクス予測 | 注目ツールも紹介
セルフサービスBIの普及が進む中、ビッグデータ活用のビジネスアナリティクス市場規模はどのくらいなのでしょうか。ビジ...
詳細を見る

また、次の記事では、BIツールの導入事例について詳しく解説しています。

BIツール導入事例でわかる業種別の課題と解決方法 - 活用・導入のポイントを紹介
BIツール(ビジネスインテリジェンス)の導入事例を、課題と効果とともに解説します。企業内に存在する情報を分析し、意...
詳細を見る

MotionBoard Cloudの特徴

必要な情報をスマートな画面で確認

MotionBoard Cloudの大きな特徴は、データの見やすさです。BIツールを使う人は経営者層やアナライザー、さらには現場と多岐にわたります。見たい情報も役割によって異なり、MotionBoard Cloudはそれぞれに応じた多彩な表現をダッシュボードで表示可能です。円、折れ線をはじめとした27種類のチャートはボタン1つで切り替えられるほか、業務・業種向けに豊富なテンプレートが用意されています。

Excelをのフローを流用

Excelでデータ入力・加工を行っていた企業は、同様の流れでMotionBoard Cloudにて運用できます。MotionBoard AgentやMotionBoard Bridgeといったオプションを活用すれば、Excel更新時にデータの自動アップロードが可能です。

Bridge Serviceでクラウドとオンプレミスを接続

クラウド版とオンプレミス版を接続することで、強固なセキュリティ対策ができます。クラウド型は便利な反面、データを外部に保存するというセキュリティ上の不安を覚える企業もあるでしょう。本来であればVPNなどの構築が必要ですが、Bridge Service(Professional Editionの機能)を活用することでその問題が解決します。クラウドとオンプレミスという異なるネットワークを簡単な操作でセキュアに接続できます。

自社データに第三者データを重ねる

分析にあたっては、3rd Party Data Galleryという第三者のデータも取り込めます。国勢調査による人口・世帯に関する統計データ、事業者データ、消費・収入・貯蓄、気象、医療・介護など幅広くかつ厳選したデータと組み合せての分析が可能です。

MotionBoard Cloudの導入メリット

MotionBoard Cloudを導入したことで得られるメリットについて説明します。

リアルタイムに確認できる

MotionBoard Cloudはデータをもとにシンプルなダッシュボードで可視化してくれます。もし、データが逐一更新される形式であれば分析状況をリアルタイムにチャートへ反映できます。Excelでは限界があるものの、MotionBoard Cloudはインメモリ技術によって、膨大な情報であったとしても高速処理が可能です。

多くの人が情報を活用できる

わかりやすいユーザーインターフェースのため、プログラミング知識を必要とせずとも分析進められます。個人、部長、経営者などそれぞれの立場でダッシュボードを作成し、戦略立案に役立てられるでしょう。

多くのデバイスに対応

スマートフォンやタブレットといったデバイスに対応しているため、外出先でもオフィスにいるときと同じ操作が可能です。また、ネットワークが利用できない環境であっても分析が可能な、オフライン分析機能を搭載しています。

効率的なレポート作成が可能

棒グラフや円グラフといった基本的なグラフのほかに、たとえば次のような表示方法を利用できます。

  • レーダー
  • ゲージ
  • シグナル
  • 散布図
  • バブルチャート
  • ウォーターフォール
  • ガントチャート

そのため、予算実績管理ボード、スナップショット、フィールドセールスダッシュボードといったレポートを簡単に作成できます。


「MotionBoardと他サービスの違いを具体的に比較したい!」
「BIツールはどこに気をつけて選べばよいのだろう?」
というあなたには、下のボタンにてサービス資料を無料で一括請求するとよいでしょう。

MotionBoard Cloudの利用料金

MotionBoard Cloudは、初期費用が10万円、月額費用が3万円からとなっています。クラウドで利用できるため初期費用が高くなく、使用する状況に応じて月額費用を調整できるのがポイントです。

MotionBoard Cloudの導入事例

MotionBoard Cloudを実際に導入している企業をいくつか紹介します。

アラガン・ジャパン

会社名:アラガン・ジャパン業種:製薬
事業内容:皮膚科、眼科、中枢神経、美容、泌尿器領域を専門領域として世界100か国以上に治療を展開

課題:現場のレポーティング作業負荷が大きい

世界100か国以上で展開する同社グループは、グローバルでSalesforceを導入していました。しかし、Salesforceから抽出する売上レポートでは不十分で、手作業によるExcel加工するなど大きな負担となっていました。改善のため日本独自の機能拡張をしたかったものの、カスタマイズは許されませんでした。

効果:作業負荷が軽減されて生産性向上

課題解決のため、日本独自のSalesforce構築に加えて、MotionBoard Cloud for Salesforceなど3ツールを同時導入しました。BIツールにより日々のレポーティング作業が自動化されて作業負荷が激減しました。細かい設定もできるため、営業担当からの満足度も大きく向上しました。

※参照:ウイングアーク1st「アラガン・ジャパン株式会社 | 導入事例」(2017年11月15日発表)

リコーインダストリー

会社名:リコーインダストリー業種:製造
事業内容:事務機器、光学機器、印刷機器、機械装置、およびこれらの消耗品などの製造・販売

課題:システムの利用者拡大による手間増

間接部門の業務効率化を推進するために、Dr.Sumを採用し、基幹システムなどのデータからレポート作成や分析に利用していました。しかし、グループ4社の経営統合でデータ利用者が急増し、それぞれ業務システムが異なることもあってレポート作成に時間がかかっていました。

効果:企業内のデータ見える化が実現

全社システムの標準化を行い、Dr.Sumに加え、ユーザーインターフェースが易しいMotionBoard Cloudを導入したことで、裾野の広いユーザー層に対応できました。経営層に対するBI要求にも応えられるため、マネジメントサイクルの短縮につながりました。

※参照:ウイングアーク1st「リコーインダストリー株式会社 | 導入事例」(2017年11月10日発表)

日本医科大学

日本医科大学事業内容:1876年に済生学舎として創設。最先端の医学研究を行う大学院棟により、医師、医学者を育成

課題:授業評価アンケートシステムが生かされていない

「授業評価アンケートシステム」を導入して必要なデータをもとにレポートを作成していました。しかし約500名の教職員のうち一部の担当者しかアクセスできず、レポート作成に時間と工数がかかり、活用度合いも把握できませんでした。

効果:授業改善のサイクルスピードアップ

Dr.Sum、およびMotionBoard Cloudを集計・分析プラットフォームとして採用することで、全教職員がシステムにアクセスでき、授業の評価を自ら確認できるようになりました。そのため、授業改善のサイクルスピードが劇的に上がりました。

※参照:ウイングアーク1st「日本医科大学 | 導入事例」(2017年11月5日発表)

MotionBoard Cloudので情報を次のアクションに結びつける!

MotionBoard Cloudは、難しいというBIのイメージを払拭し、だれもがデータを最大限活用できるツールとして認知されています。膨大なデータの中から、企業にとっての宝となる情報を見出し、次のアクションを起こす。競争化時代に生き残るためには、こうした仮説検証サイクルを繰り返していかなければなりません。

次の記事では、おすすめのBIツールも含め、BIツールについてより詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

BIツール比較おすすめ16選 - 機能・料金・口コミ【比較表あり】
BI(ビジネスインテリジェンス)とは何なのか、機能やExcelとの違いを図解しつつ、代表的なBIツールやボクシルお...
詳細を見る

BIはサービスによって、機能や価格もさまざまです。目的に沿ったサービスの比較で効率的なサービス活用が可能になります。次のチャートでは、厳選したサービスの特徴や価格を比較できます。

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

選び方ガイド
BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
BIツールの最近更新された記事