コピー完了

記事TOP

国内BIツールの市場規模は?ビッグデータ・アナリティクス予測 | 注目ツールも紹介

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
セルフサービスBIの普及が進む中、ビッグデータ活用のビジネスアナリティクス市場はどの程度の規模になっているのか。ビジネスインテリジェンスの現在から未来を予測する、その調査結果を解説するとともに、注目BIツールを紹介します。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

MotionBoard Cloud (モーションボードクラウド) MicroStrategy 10 Actionista!(アクショニスタ)
CRMやSFAとの連携
予算管理や営業のダッシュボード
BIの基本機能を網羅
モバイル端末に対応
初めて触る人でもわかりやすい画面
プログラミングなしでも分析可能

BIツールの中でも、ボクシルでとりわけ人気の高いサービスを厳選しました。

目次を閉じる

BIとBA

ビッグデータの重要性が注目されるようになり、さらなる情報化社会が進むなか、今後はデータの蓄積と活用に成功した企業が競争力を持つといわれています。

スマートフォンの普及やインターネットの発達で、データの蓄積は比較的容易になっていますが、それを分析するツールやシステムの進化もまた著しく、活用を検討する多くの企業が市場動向に注目しているといえるでしょう。

そのデータ分析分野では、すでにBI(ビジネスインテリジェンス)ツールの導入と活用が進んでおり、一般化している状況ですが、近年ではBA(ビジネスアナリティクス)ツールがより注目を集めている状況です。

それでは、BIBAとはどのようなもので、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

BI(ビジネスインテリジェンス)とは

BI(ビジネスインテリジェンス)とは、組織内にあるデータを収集・蓄積・分析することにより、企業経営していくうえでの意思決定に役立つ指標を得る手法や技術のことであり、過去から現在までの状況を把握することが目的となります。

具体的には、KPI(主要業績評価指標)KGI(重要目標達成指標)を設定し、ROI(投資対効果)を測定、PDCAサイクルを回すことによって利益拡大を目指します。

BA(ビジネスアナリティクス)とは

BA(ビジネスアナリティクス)とは、BIでの分析結果をベースとしながらも、将来を予測して次に行うべきアクションを提案するという考え方です。
データマイニングを核として予測結果を最適化することにより、意思決定の自動化を実現し、投資を最適化することを目指します。

BAはビッグデータ解析と同列とされることもありますが、具体的には数理計画法機械学習などが用いられる場合が多く、この意味でもBIをより進化させたものといえそうです。

BIとBAの違い

BIもBAも蓄積されたデータを分析するのは同じですが、「過去から現在の状況を明らかにするBI」と「データ分析を元に未来を予測するBA」という違いがあります。

BAでは、過去のデータ分析をベースに、なんらかの施策を講じたケースを演算によってシミュレーション、その結果から最適なものを選ぶという方法論が用いられることも多く、この点でもBIとの違いを見いだせます。

セルフサービスBIの普及

BAのように、より進化した分析技術が注目される一方で、営業の最前線ではセルフサービスBIの導入・普及が大きく進んでいます

セルフサービスBIとは

これまでの一般的なBIでは、企業のシステム部門がユーザーであるビジネス部門の要望を踏まえ、全社的にデータ分析・レポーティングを行うという図式が成り立っており、現場ではこの結果を外部データと組み合わせ、より最適化されたデータ作成のための加工をエクセルなどで行っていました。

この場合のエクセルもセルフサービスBIといえますが、近年これとは別に、グラフィカルな出力が可能なうえ簡単な操作で多彩な表現ができる、多彩なセルフサービスBIツールが次々登場し、あっという間に広く活用されるようになったのです。

セルフサービスBI普及の背景

このようなセルフサービスBIが普及した背景には、蓄積されたビジネスデータと、それの分析結果が信頼に値するものだという認識が浸透し、現場でのより多彩な活用が求められるようになったことクラウドサービスの普及により、部門単位での導入が容易になったことが挙げられるでしょう。

反面、これによって重複したデータ分析が行われることにもつながっており、企業としての対応が課題になっている現実もあります。

ビジネスアナリティクス市場規模

それでは、セルフサービスBIを含むBIツールの市場、それを含むBAの市場は、どの程度の規模になっていて、これからの成長はどの程度が見込まれているのか、ミック経済研究所のプレスリリースをもとに解説してみましょう。

ビジネスアナリティクス調査対象

対象となるビジネスアナリティクス市場ですが、BIを含むビジネスアナリティクス・ソフトウェア、SaaSとなる統計解析、数値解析、テキストマイニングソーシャルリスニングレコメンドエンジンアクセス解析、画像解析、センターデータ解析を「ツール」と定義しています。

このほか、これらの分析を行う人的サービスを「分析サービス」、コンサルティングや導入に関する人的サービスを「構築サービス」と定義しています。

ビジネスアナリティクス総市場推移予測

これらをすべて含む「ビジネスアナリティクス総市場規模」は、2016年度実績で前年比111.5%の2,340億円、2017年度見込みでは前年比112.0%の2,622億円と、好調な推移を見せています。
2024年度には5,555億円規模に拡大すると予測されています。

出典:ミック経済研究所プレスリリース ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版

アナリティクスツール市場動向

この市場規模拡大を支えているのが、2016年度総市場規模55.3%を占める、ビジネスアナリティクス「ツール」市場です。

出典:ミック経済研究所プレスリリース ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版

2024年度までの年平均成長率予測は11.6%増と見込まれており、2016年度実績の1,293億円から、2024年度予測では3,120億円規模になると予測されています。
総市場に占める割合も56.2%を保つと見られています。

ツールの市場規模拡大にともない、構築サービスも成長を続けると見られていますが、分析サービスが市場に占める割合は低いままとなっており、デジタルトランスフォーメーションを見据えた企業が、自社の競争力確保のためのデータ分析基盤構築を急いでいることが読み取れます。

製品カテゴリ別シェア

注目のアナリティクスツール市場ですが、2017年度で売上の25.5%、367億円を占める「BIツール」が大きなシェアを確保しています。

出典:ミック経済研究所プレスリリース ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版

上述したように、セルフサービスBIの需要が拡大するなか、2017年度ではSaaS型の伸びがパッケージ型を上回っている状況ですが、導入金額が小さいことから、BIツール全体の構成比では依然パッケージ型が多数を占め、これらが近い将来に渡って市場をけん引していくと見られています。

注目BIツール紹介14選

拡大を続ける市場規模のなか、依然として強さを発揮しているBIツールですが、その選定のサポートとなるよう、注目のツールを厳選して紹介していきます。

注目のBIツール、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめBIツールをまとめてチェック!

BIツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。新しい企業価値の創造、企業の現状分析、今後の経営施策の構築などさまざまな目的で導入されるBIツールの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

MicroStrategy 2020 - マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

MicroStrategy 2020 - マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 画像出典:MicroStrategy 公式サイト

MicroStrategy 2020(マイクロストラテジー2020)は、ダッシュボード、ピクセルパーフェクトな定型帳票、ビジュアライゼーション、セルフサービスBI、高度分析/予測計算、多次元分析、アラート機能、配信機能、MS Officeとのダイナミックな連携など、すべての機能をカバーするBIツールであり、セルフサービスBIは無料で提供しています。
アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを1つの統合プラットフォームでシームレスに提供し、ニーズに応じてクラウドオンプレミスを問わない展開が可能です。

Alteryx Designer(アルテリックスデザイナー) - アルテリックス・ジャパン合同会社

Alteryx Designer - アルテリックス・ジャパン合同会社 画像出典:Alteryx Designer公式サイト

Alteryx Designerは、短時間でより多くの情報を分析や可視化できるBIツールです。膨大な情報を効率的に集めて分析、問題解決に向けて見やすいチャートを作成できます。プログラミング知識を要することの多い予測分析も、ドラッグ&ドロップで作成可能。Excelをはじめとした各種形式のファイルに、簡単に出力できます。

Tableau(タブロー) - Tableau Japan株式会社

Tableau - Tableau Software 画像出典:Tableau公式サイト

  • 複雑な設定不要で簡単に運用可能
  • 豊富な導入実績によるさまざまなノウハウの共有
  • 最先端グラフィック技術によるデータ表現力

Tableauは、世界で導入実績約35,000社を誇るBIツールです。一般的なBIツールは、運用前に複雑な設定を必要とされることが多く、すぐに運用を始められないことが難点です。しかしTableauでは、「アジャイル型開発」という方式をとっているため、複雑な事前設定の手間が不要ですぐに利用開始できます。また、多種多様な導入実績を誇り、蓄積されたノウハウで業界による独特なニーズにも対応しています。あらゆるデータを最先端グラフィック技術によって素早く高品質にビジュアル化できるので、分析したデータを正確かつよりわかりやすくアウトプットできます。

DOMO(ドーモ) - ドーモ株式会社

DOMO(ドーモ) - ドーモ株式会社 画像出典: DOMO(ドーモ)公式サイト

  • SQLの知識がなくてもデータの結合や変換が可能
  • データソースに直接接続し、大量のデータを素早く集める
  • いつでもどこからでも必要な情報にアクセスできる

DOMO(ドーモ)は、SQLの知識がなくても大量のデータにアクセスし、結合や変換できるBIツールです。データソースに直接接続して、大量のデータを素早く集められます。専門知識がなくともデータ加工できるので、社内の誰もがデータを扱えるようになり、必要なデータにリアルタイムでアクセスできます。また、デバイスを問わずにアクセス可能で、いつでもどこからでも必要なデータにアクセスできるため、スムーズな意思決定が可能です。

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド) - ウイングアーク1st株式会社

MotionBoard Cloud - ウイングアーク1st株式会社 画像出典:MotionBoard公式サイト

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)は、さまざまな環境上に存在するデータを一元的に統合することで「価値ある情報」として可視化することを可能にする、クラウドベースの情報活用プラットフォーム/BIツールです。
さまざまなソースのデータをリアルタイムに分析し、豊富なチャート表現や地図機能などでオリジナルのダッシュボードを瞬時に作成、モバイル端末を利用して社外からでも時間や場所を問わない活用が可能となり、経営や現場の意思決定に役立てられます。
エクセルによるデータ作成がそのままMotionBoard Cloudで可視化され、企業内に点在するデータを最大限活用することも可能です。

Actionista!(アクショニスタ) - 株式会社ジャストシステム

Actionista!(アクショニスタ) - 株式会社ジャストシステム 画像出典:アクショニスタ公式サイト

Actionista!は、だれでも簡単に本格的なデータ分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有できるオールインワンのBIツールです。
データ取り込みから分析まで一連の分析操作をノンプログラミングで実現し、集計方法や分析手法を選択していくだけで簡単に高度な分析が可能なほか、1ライセンスの購入で企業内すべてのユーザーが利用できるという、明快でリーズナブルな価格設定がされています。
国内で開発されているBIツールであるというメリットを最大限生かした、手厚いサポートを受けられることも大きな魅力です。

Qlik Sense(クリックセンス) - 株式会社デジタルスフィア

Qlik Sense - 株式会社デジタルスフィア 画像出典:Qlik Sense公式サイト

Qlik Senseは、ドラッグ&ドロップの簡単操作で、直感的な探索と発見を可能にする次世代のセルフサービス型データビジュアライゼーションBIツールです。
特別なスキルや専門家は不要で簡単にデータを視覚化できます。モバイルにも対応しているため、スマートフォンやタブレットなどすべてのデバイスでデータの視覚化が可能。データベースを介さない独自設計で、面倒なデータベース運用を必要としません。データマネジャを使用すれば、複数データソースを統合して取り込めます。

dataDiver(データダイバー) - 株式会社データビークル

dataDiver - 株式会社データビークル 画像出典:dataDiver公式サイト

dataDiverは、統計に関する専門知識がほとんどなくても誰でも活用できるBIツールです。経営課題を入力するだけで、社内に蓄積されたデータを分析用に自動生成します。専門知識不要で扱えるため、社外のコンサルタントに頼ることなく、社内情報に精通した社員による分析が可能です。また、膨大な仮説の中から統計的に有意なものだけを抽出できるため、分析にかける時間と労力の削減を目指せます。

dataFerry(データフェリー) - 株式会社データビークル

dataFerry - 株式会社データビークル 画像出典:dataFerry公式サイト

dataFerryは、プログラミングの知識不要で、多様なデータソースから簡単にデータ加工できるデータプレパレーションツールです。各種分析やAI開発、RPAなどといったあらゆるデータにおけるデータ加工の作業スピードを上げ、工数を大幅に削減します。社内データだけでなく、社外のデータも簡単に取り込み・結合できるので広範囲でデータの活用が可能です。異常値除外やグルーピング集計、フォーマットの統一といった、データ加工に必要な操作をワンクリックで実行します。

LaKeel BI

LaKeel BIはすぐに利用できるテンプレートを多数搭載したデータの可視化・分析ができるBIツールです。
複数のシステムからデータを抽出・加工できるデータ統合機能やレポートの一括表示ができるダッシュボード機能など、オールインワンで提供されています。

Board

BOARD Softwareは、シンプルで非常に効果的な方法で、組織が業績の単一の見方に達するように支援し、ビジネスインテリジェンス、業績管理、アナリティクス、データディスカバリーをシームレスに単一製品に統合するBIツールです。
さまざまな発生源から生じた情報は、組織全体で共有される仮想データリポジトリに統合されるため、カスタマイズされながらも単一の見方をユーザに提供し、セルフサービスのデータディスカバリー環境で容易に情報を検索し、直感的なデータのやり取りで詳細な分析を行えます。

BizSpread(ビズスプレッド) ※サービス提供終了

BizSpreadは、表計算ソフトウェアを使って、集計や分析の業務の定型作業を行っている多くのビジネスパーソンに向け、簡単なデータ加工を実現するクラウドベースのBIツールサービスを提供します。
実際の業務で役立ちそうなサンプルを多数用意し、定型の集計作業をデータを読み込ませるだけで作業が完了、初めての人たちにも使いやすいBIツールを実現しています。
長年BIシステムを構築・サポートしてきた経験をもとにしたサポート体制も充実しています。

Data Knowledge - 株式会社クロスキャット

Data Knowledge - 株式会社クロスキャット 画像出典:Data Knowledge公式サイト

Data Knowledgeは、多彩な分析レポートで経営を見える化してくれるBIツールです。各個人が必要なタイミングで必要な視点のデータ分析を行え、だれでも簡単にレポートの作成が可能です。純国産のデータ活用ツールとして1987年に開発され30年もの間、現場の声を反映した本当に必要な機能を実装しています。純国産なので使い勝手も良く、BIツールを初めて使う方でも安心です。

GoodData (グッドデータ) - 株式会社サムライズ

GoodData (グッドデータ) - 株式会社サムライズ 画像出典:GoodData公式サイト

GoodDataは、クラウド上のデジタルデータやソーシャルデータ、またマーケティングや販売データの豊富な解析体験を提供するクラウドベースのBIツールです。
デジタルマーケティングを加速したい場合有効な機能が多数実装されており、SalesforceSugarCRMNetsuiteZendeskMarketo、Google Analytics、Webtrends、Compuware-Gomez、Facebook、TwitterなどとのPreBuildコネクタが用意されています。
既存のSaaSソリューションに専門的な分析ツールや分析ノウハウおよび分析サービスを追加し、必要なビジネス解析の追加カスタマイズが簡単に実現可能です。

BIツール ソリューション - 株式会社バルク

BIツール ソリューション - 株式会社バルク 画像出典:株式会社バルク

BIツール ソリューションは、長年の専門領域で培った経験とノウハウで、効率的なデータ連携とセルフサービスBIの設定・運用をサポートするサービスを提供します。
社内に点在しているさまざまなデータを連携・整理し、見やすく共有しやすい帳票を短時間で作成、顧客データ、販売データ、商品データ、各種統計データなど、複数ソースのデータ連携をセキュアな通信で行えるWeb APIを用意可能、長年のマーケティングリサーチで培った分析と可視化のノウハウで対応します。

将来的なBI/BA統合を見据えたツール選定を

BIツールは大きな観点に立つと、すでにビジネスアナリティクスの一部として見られているといえるでしょう。

それはBAツールが、BIツールを一歩進化させたものである、という見方からも判断できます。

膨大なデータを機械学習やAIによって瞬時に解析し、有用な将来予測を一気通貫で現場レベルまで落とし込む、そんな未来が、実は間近に迫っているのかもしれません。

もしかしたら、ツールの選定にも、そうした将来予測が必要になっているのかもしれません。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

BIツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
BIツールの最近更新された記事
BIツールのサービスに興味がありますか?
CLOSE
Jedox
Tableau
Domo
GoodData
Actionista!
Yellowfin
Jedox: 株式会社KSKアナリティクス、Tableau: Tableau Software、Domo: ドーモ株式会社、GoodData: 株式会社サムライズ、Actionista!: 株式会社ジャストシステム、Yellowfin: Yellowfin Japan 株式会社、MotionBoard Cloud: ウイングアーク1st株式会社、Pentaho: 株式会社KSKアナリティクス、LaKeel BI: 株式会社ラキール、BIQQ EC KPI Monitor: オーリック・システムズ・ジャパン株式会社、Analytica: 株式会社ヴィクセス、Data Knowledge: 株式会社クロスキャット、SkyLink: イースト株式会社、MicroStrategy 2020: マイクロストラテジー・ジャパン株式会社、Board: Board Japan株式会社、MIRAI: 株式会社未来館、DataDeck: 株式会社Ptmind、ピーシーキッドアナライザー: 株式会社ピーシーキッド、Qlik Sense: 株式会社デジタルスフィア、KeepData Hub: 大興電子通信株式会社、DeeBoard: ディーテラー株式会社、Alteryx Designer: アルテリックス・ジャパン合同会社、dataDiver: 株式会社データビークル