コピー完了

記事TOP

仕事したくないときの心理 | 理由と解決策・対処法 - 転職のコツやポイント

最終更新日時:
記事の情報は2019-06-06時点のものです。
「仕事したくない」と考える理由や解決策を紹介。転職するときのコツ・ポイント、おすすめの転職エージェントも解説します。仕事をしたくない場合は、ただ悩むのではなく原因を明らかにしましょう。原因がわかれば解決策も簡単にわかります。

若者の3割「できれば働きたくない」

電通は18~29歳の若者を対象とした、労働に関する調査を実施しました。調査によると、約29%の人は「できれば働きたくない」と回答していることがわかりました。

働くことへの意識については、18~29歳の約4割が「働くのは当たり前だと思う」(39.1%)一方で、「できれば働きたくない」(28.7%)が約3割に上ることが分かった。
電通総研、「若者×働く」調査を実施

給料やボーナスにも5割が不満

給料は、仕事の動機として欠かせない要素です。しかし半数以上の若者は、給料やボーナスに満足していないことが明らかになっています。

働く上での不満を聞いたところ、18~29歳では「給料やボーナスが低い」(50.4%)、「有給休暇が取りづらい」(23.8%)、「仕事がマンネリ化している」(17.6%)が上位に挙がった。
電通総研、「若者×働く」調査を実施

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別完全まとめ | 年収中央値の違いは?
仕事を探すうえで平均年収は強い関心事の1つですが、性別、年齢、働く都道府県によっても平均年収は異なります。年収につ...
詳細を見る

【働いている人向け】仕事したくない理由と解決策

仕事をしていれば、なにかしらの悩みが生まれるのは当然です。仕事で悩んでいる方が、気持ちよく仕事をするための解決策を紹介します。仕事をしたくない気持ちがある方は参考にしてみてください。

上司・同僚との人間関係が悪い

毎日のように顔を合わせる上司や同僚との相性は重要です。関係が悪いとスムーズに仕事ができず、ストレスにつながります。

人間関係の不満は抱え込まず、信頼できる人物に相談しましょう。第三者に話すことで気持ちが落ち着き、冷静に向き合えることもあります。

部署やチームを変えてもらうよう、人事部に相談するのも策です。それでも解決に至らない場合は、転職して人間関係を一新するのが良いでしょう。

仕事が辛いときの原因と対処法 | 心の限界サインとは
「仕事が辛い」という思いが長期に渡って消えない場合は、ひどいストレス状態にある恐れがあります。心身が限界を感ている...
詳細を見る

労働時間が長い

労働時間があまりに長いと、仕事をやめたくなる要因の一つになりえます。残業が続く環境では、仕事へのモチベーションも下がりかねません。

仕事が終わらない方は、時間の使い方を見直してみましょう。ダラダラと仕事を続けるより、集中力のあるうちに仕事を終わらせる方が効率的かもしれません。

もし労働環境を変えるのが難しい場合は、環境の整った会社に移ることも視野に入れましょう。

仕事を辞めたいならすべきこと7選 | 兆候や辞め方、転職の進め方とは
「仕事を辞めたい」と思ってもすぐに退職の道を選ぶのは望ましくありません。気持ちが変わり後悔する可能性があるからです...
詳細を見る

仕事にやりがいを感じない

やりがいを感じられず、仕事をしたくないこともあるでしょう。やりがいを感じられないときは、自分が何にやりがいを感じるのかをあらためて考えてみましょう。

やりがいがわからない状態では、どこの職場に行っても同じ悩みを抱えかねません。何をすれば仕事をしたくなるのか、仮説でもかまわないので考えておきましょう。そのうえで今の会社でやりがいを見つけられないか検討し、解決できない場合は転職も検討しましょう。

経営方針・社風が合わない

経営方針や社風が合わず、悩みを抱えている人も多いでしょう。経営方針や社風はすぐには変わらず、原因が解消されにくい傾向にあります。

経営方針・社風を自分の力で変えるのはかなり難しいです。全社的な同意が得られないと、変更できない部分なので、変わることを期待するのは避けるべきです。

自分がどの職業に適しているのかは、適職診断を使って判断してみるといいかもしれません。

適職診断おすすめ10選 | 転職への活用方法からメリット・デメリットまで
就職活動を進めるために必要とされることが多い適職診断。就職や転職を目指している方向けに、どういう診断がおすすめかを...
詳細を見る

正当に評価されない

正当に評価されないことは、モチベーション低下につながります。評価が不適切だと感じている方は、普段の振る舞いにも気をつけてみましょう。仕事の成果ではなく、印象で評価を落としているかもしれません。

周囲への気遣いや、服装・身だしなみは、評価へと間接的につながります。社風やビジョンに適した行動ができれば、成果を評価されやすくなるでしょう。

正しい努力をしても評価されない場合は、会社に問題があります。自分の頑張りを認めてくれる会社へ転職することも考えましょう。

【働いていない人向け】仕事したくない理由と解決策

離職していて仕事をしたくない場合、再就職には多くのエネルギーを要します。仕事を離れた時間が長いと、さまざまな不安が台頭します。仕事をしたくないときは、どのように対処すれば良いのでしょうか。

人間関係が怖い

仕事をするうえで、人と接することは避けられません。学生時代や前職で人間関係にトラブルを抱えていた方は、人間関係に不安を抱え、仕事への一歩が踏み出せないことかもしれません。

転職を支援するサービスに相談すれば、自分にマッチした求人を紹介してもらえますし、職場の雰囲気を教えてもらえます。職場の状況を認識しておけば、入社後のミスマッチは減らせます。

無職の期間が長く採用で不利になりそう

無職の期間が続くと、採用で不利にならないか不安な方もいるでしょう。

無職の期間があっても、家庭の事情や病気、怪我など、働けない正当な理由がある場合は問題になりません。また、働く意欲をしっかりと伝えられれば、無職の期間をカバーできる可能性があります。

日本は人材不足に悩んでいる企業が多く、働き手が有利な環境にあります。転職活動を進めれば、無職の期間があったとしても、就職できる可能性があります。

自分に合う労働条件・仕事内容がなさそう

職場を選ぶ際、仕事内容や労働条件は重要なポイントです。しかし、求人票やネットの情報のみではわかりづらいことも多く、不安に思う方が多いでしょう。

転職エージェントでは、労働条件や仕事内容、風土など、求人票・ネットに掲載されていない情報も教えてもらえます。疑問や不安はコンサルタントが解決してくれるので、安心して転職活動に臨めます。

フリーター向け転職エージェントおすすめ12選!30代以上も転職できる
20代のフリーター・30代以上のフリーター、それぞれにおすすめの転職エージェントを解説します。フリーターが転職する...
詳細を見る

働く意欲が湧かない

働く意欲が湧かないときは、生活リズムを整えましょう。長期間仕事から離れていると、堕落した生活に陥りやすく、仕事へのやる気が消失してしまいます。

規則正しい生活や適度な外出をするように努めましょう。働いている人と同じ生活リズムにすることで、仕事へのハードルを下げられます。

転職のコツと気をつけるべきポイント

転職はむやみやたらに進めても良い結果を得られません。コツをつかんで活動しましょう。なぜ転職するのか明らかにする、会社に勤めながら転職をするといったコツがあります。

転職する理由・条件を明確にする

転職するときは「働きたくない理由」を明確にしましょう。理由が不明瞭な状態では、転職先でも同じ悩みを抱えねません。

働きたくない理由を明確にすれば、大切にしたいことも明らかになります。自分の価値観を理解して、企業の選択ミスを減らすことにつなげましょう。

転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか
転職面接時に「なぜ転職したのですか?」と理由を聞かれるのがほとんどです。企業は転職理由を聞くことで、転職希望者とこ...
詳細を見る

転職先が決まる前に仕事を辞めない

転職がすぐに成功する保証はありません。会社を辞めると収入が途絶えるので、金銭面で苦労しかねません。精神的に余裕を持つために、現職で仕事をしながら転職活動を進めましょう。

会社に在籍しながらでも転職活動はできます。面接を就業時間後に行うなど、時間を考慮してくれる企業もあります。転職活動を安心して進められるように、転職先が決まるまでは会社を辞めないようにしましょう。

また失業手当の給付日数が近い場合は、もらえないと損してしまうため、こちらも確認しておきましょう。

失業手当(失業保険)の金額計算方法 | もらえる条件・期間・手続き - アルバイトはできる?
失業手当とは、失業者の生活を安定させ、再就職を支援するために給付される手当のことです。退職理由が会社都合なのか自己...
詳細を見る

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントはそれぞれに強みがあります。利用するときは、複数の転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントは独自の求人を取り扱っていることもあり、他では探せない求人と出会えます。コンサルタントの対応や求人の質を比べられるので、自分にあった転職エージェントも選べます。そのため、ぜひ複数の転職エージェントにしましょう。

転職エージェントは複数利用・掛け持ちすべき?併用メリット・デメリット【注意点まとめ】
転職時に登録する転職エージェント、何社登録していいかわからないですよね。「複数利用は伝えるべき?」「途中で求人提案...
詳細を見る

転職すると決めたなら【おすすめ転職エージェントTOP5】

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

■Point1:20万件以上の豊富な求人
20万件以上の求人を取り扱っており、トップクラスの求人数を誇っています。求人の数は選択肢の数に直結するので、希望にあった会社を紹介してもらえる確率が上がります。

■Point2:土日祝日・平日20時以降も相談可能
相談は土日や祝日、平日の20時以降でも受け付け可能です。仕事で忙しい方でも仕事を辞めて時間調整する必要がありません。

■Point3:大好評の面接セミナーをはじめとする手厚い転職サポート
リクルートエージェントのサポートは充実しています。履歴書や職務経歴書の添削を行ってもらえるほか、満足度99%の面接セミナーが開催されています。転職成功に向けて全面的なバックアップを受けられる転職エージェントだといえます。

2位:マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

■Point1:若手向けの求人が豊富
マイナビエージェントは、若者の転職を主にサポートしており、「20代に信頼されている転職エージェント」で1位に選ばれています。20代、30代向けの転職マニュアルをはじめ、役立つコンテンツが豊富です。

■Point2:豊富な情報量に基づく的確なマッチング力
転職者・企業双方の希望が叶える転職を目指しています。転職者からは求める条件や展望を、企業からはビジョンや希望している人物像をヒアリングしています。

■Point3:独占求人を所有
数多くの求人に加え、独占求人も所有しています。マイナビエージェントでしか出会えない求人を紹介してもらえます。

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

ハイクラス求人 ビズリーチ

■Point1:高収入を手にできるハイクラス求人が豊富
ビズリーチは、40代を始めとしたエグゼクティブ向けにサービスを展開しています。能力の高い方を希望している企業が多く、求人の3分の1以上は年収1,000万円を超えています。

■Point2:良質なヘッドハンターによる転職サポート
ヘッドハンターは、独自の審査基準を通過した実力のある者ばかりです。ヘッドハンターは、能力によってランク分けされており、実力が一目でわかります。

■Point3:女性のサポートも充実
ビズリーチは、女性向けのサービス「ビズリーチ・ウーマン」を運営しています。女性の転職成功談や、企業と女性に関するデータなど、有益な情報を得られます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

4位:ハタラクティブ

■Point1:職歴を問わず利用可能
ハタラクティブは、若年層の転職サポートに特化しています。社会人経験のない、既卒やフリーター、ニートの方が転職している実績もあります。職歴に関係なくサポートを受けられるのが特長です。

■Point2:専任のキャリアアドバイザーによるサポート
15万人以上の転職をサポートした実績があります。経験豊富な専任のキャリアドバイザーが、マンツーマンで転職をサポートしてくれます。

■Point3:厚生労働省からの事業受託実績
ハタラクティブは「若者キャリア応援制度」受託事業者として、厚生労働省から認定を受けていたサービスです。国が認めたサービスとして、一定の信頼感があります。

ハタラクティブの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

5位:パソナキャリア



■Point1:7割近くが年収アップに成功

パソナキャリアは、丁寧なサポートが特徴の転職エージェントです。書類の添削や面接の対策など、多くのことをサポートしてくれます。そのため、パソナキャリアを通じて転職した方の67.1%は、年収アップに成功しています。

■Point2:女性へのサポートが充実
パソナキャリアでは、女性の転職サポートに力を入れています。女性転職者をサポートする特別チームや、女性専任のキャリアドアイザーがいるので、男性には相談しにくい悩みも気軽に相談できます。

■Point3:企業からのスカウトサービス
登録した情報をもとに、マッチした求人を知らせてくれるスカウトサービスが便利です。仕事で忙しく求人を探す暇がない方でも、問題なく就職できます。


その他のおすすめ転職サービスは次の記事ご覧ください。

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

仕事したくない原因から解決策を見つけよう

「仕事をしたくない」という悩みは、多くの人が抱える悩みです。ただし、漠然と「仕事をしたくない」と思っているだけでは、悩みは解消されません。

なぜ「仕事をしたくない」と感じるのか、原因を明らかにしましょう。要因を突き詰めることで、適切な対処法を考えられるだけでなく、仕事に何を求めているのかをはっきりさせられます。

まずは、今の職場で悩みを解決できないか、じっくり考えてみましょう。努力しても解決に至らない場合は、転職するのも一つの手です。適切な解決策を見つけ、気持ちよく仕事をしましょう。

その他のおすすめ記事一覧

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
ビジネススキルとは | 仕事に必要な5つの重要ポイントを解説
転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか
ベンチャー企業とは?意味・定義・特徴・例・中小企業・スタートアップとの違い
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは?就職を成功させよう
ニートの就活を完全攻略 | 履歴書の空白期間や注意点を知ろう
ニートが就職を成功させるには?おすすめの就職支援・業界・職種
ニートを脱却し再就職する方法 | 働きたい、仕事をしたいなら取るべき行動とは
ブラック企業とは - 見分け方|特徴や注意点・情報収集の方法
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職年齢の限界や平均は何歳?「35歳がリミット」は本当なのか【40代必見】