コピー完了

記事TOP

ベルフェイスが総額52億円の資金調達、来期採用に26億円投資でインサイドセールス普及へ本気

公開日:
営業特化型Web会議システム「bellFace」を提供するベルフェイスは、総額52億円の資金調達実施を発表した。bellFaceは2015年のリリース以降1,200社への導入実績を持ち、インサイドセールス市場の成長に貢献している。調達した資金は、26億円を来期300名の人材採用、十数億円をマーケティングに投資するという。

画像出典:ベルフェイス

bellFace」を提供するベルフェイスは2020年2月、8社を引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行など数社からのデットファイナンスを合わせ、総額52億円の資金調達実施を発表した。

資金調達の主な引受先は、THE FUND(新規)、インキュベイトファンド、SMBCベンチャーキャピタル、YJキャピタル、みずほキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、キャナルベンチャーズ。

bellFaceは、営業のオンライン商談を支援するWeb会議ソリューションである。アプリのインストールやデバイスの制限なく、5秒で接続が可能で、商談録画やメモの同時編集、セールスフォース連携といった機能を有している。

調達した資金のうち、十数億程度をマーケティングへ、また少なくとも26億円を「人」に投資するとし、来期300名を目標に人材採用を進める

出典:PR TIMES/ヒラメ筋CMのベルフェイス、52億円の資金調達を実施~26億円を人材採用に投資~

同社はbellFaceを活用したインサイドセールスをすすめており、普及に尽力してきた。代表取締役 中島一明氏は次のようにコメントしている。

ベルフェイスは創業以来、日本では黎明期であった「インサイドセールス」の普及に向け、プロダクト開発とカスタマーサクセスに注力して参りました。インサイドセールスの価値は、単なる交通費や移動時間の削減に留まりません。真の価値は、インサイドセールスに取り組んだ結果得られる 「セールスデータ」 にあるのです。この 「世界が見落としたラストワンマイルの可能性」 を信じ、完全にデータドリブンなビジネスモデルにシフトしていきます。(中島氏コメントより一部抜粋)

新たにリード投資家として参画したTHE FUNDより、シニフィアン共同代表の村上氏は、こうした「セールステック」領域へ期待を寄せる。

金融危機以降、グローバルでは企業が効率化に向けて大きなエネルギーを使うようになりました。その中で、サービス・ソフトウェア産業が更に台頭し、営業現場もインサイドセールスを活用した効率化が進み、大きな成長市場となりました。その中で、日本の効率化が遅れた領域の一つである「営業」に早い段階から着目し、必要なテクノロジー投資、プロダクト開発を行ってきたベルフェイスは、日本の営業現場とビジネスシーンを大きく前進させる可能性があると考えています。(村上氏コメントより一部抜粋)

関連記事
オンライン商談ツールとは | システム比較 - コスト削減で効率的成約を
Web会議・テレビ会議システム比較 - 価格や機能比較表
営業フローの科学で受注率・効率アップ | BtoB営業の成功にインサイドセールスが必要な理由

WEB会議システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
WEB会議システムの最近更新された記事