コピー完了

記事TOP

不動産業界におすすめのSMS送信サービス!利用すべき理由や導入方法

最終更新日:(記事の情報は現在から179日前のものです)
不動産業界はSMS送信サービスを利用すべき業界の1つです。不動産業外では更新、家賃督促など重要な連絡があり、物件情報も頻繁に更新されるため、確実に相手にすぐ届く情報伝達ツールが求められます。なぜSMS配信サービスが有効なのか、おすすめのシステムや導入方法とともに紹介します。

【厳選】おすすめSMS送信サービスをまとめてチェック!
SMS送信サービスの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめSMS送信サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なSMS送信サービスを含むサービスを徹底比較しています。ぜひSMS送信サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

不動産業界で注目されているSMS配信サービスとは

近年、不動産業界ではSMS配信が注目を集めています。SMS配信とは顧客に対してショートメールで情報提供することを指します。そして、SMS配信サービスとはSMS配信をサポートするシステムのことです。

不動産業界は顧客にさまざまな情報提供する機会が多いため、簡単かつタイムリーに連絡できるSMS配信サービスを利用する企業が増加しています。

【比較表あり】SMS送信サービスおすすめ比較!価格・機能・口コミ評価
おすすめSMS送信サービスの料金や機能、導入企業、無料トライアルの情報を比較・紹介します。SMS送信サービスの利用...
詳細を見る

不動産業界における顧客対応の課題

不動産業界においては昔から顧客対応が一つの課題でした。

未契約の顧客には物件情報を提供したり、見学会のスケジュール調整をしたり、既契約の顧客になっても家賃の督促・更新案内など、さまざまな連絡を適切なタイミングでかつ見逃さないように伝えなければなりません。

不動産業界特有の顧客対応の課題としては次の4つが挙げられます。

入居者に対して家賃督促、更新案内などを実施するのに手間がかかる

不動産業界の中でも賃貸物件を仲介している企業の場合は、入居者に対する家賃督促や更新案内などに手間がかかります。とくに更新手続きは手続きの期限があり、家賃督促も失敗すれば未収金が発生するため重要度が高い案内と言えるでしょう。

こうした案内のために電話連絡をする不動産会社も多いですが、日中は電話に出ない入居者も多く、メールを送っても埋もれる可能性があります。こうした場合でも入居者に確実に案内を伝えるために、SMS配信が必要です。

内覧予約者や物件オーナーが日程を忘れてしまう可能性がある

内覧予約があった場合のカギの受け渡しといったシチュエーションでも、ミスは発生しがちです。オーナーとの意思疎通がうまくいかず、内覧が必要な部屋の鍵の受け渡しでトラブルが発生することもあるかもしれません。あるいは内覧予約者が、うっかり時間を間違えているといったことも考えられます。

こういった事態を防ぐためには関係者に適切なタイミングでリマインドして、日程忘れを防止しなければなりません。ただし、電話で行うと手間がかかるため、関係者へのリマインドはSMSで行う不動産会社も増えています。

最新の物件情報をタイムリーに届けるのが困難

「不動産は水もの」とも言われるとおり、取引可能な物件は頻繁に入れ替わります。よって、顧客の希望に合致した物件が公開されれば、すぐに顧客に伝えるべきです。

しかし、案内メールが後回しになったり、電話がつながらなくタイムリーに物件情報を伝えられなかったりすると、他の希望者が契約する場合もあります。

SMSメールであれば、簡単に情報を伝えられ、ユーザーのスマートフォンに直接届けられるため、ほかの希望者が現れる前に契約を決めやすくなるでしょう。

契約の進捗管理に手間がかかり、手続きの抜け漏れが発生しやすい

不動産業界において手間がかかることの1つが契約手続きです。たとえば不動産登記の変更、不動産取得税の支払い、家賃保証会社の審査といったように、不動産取引だからこそ要求される手続きも数多く存在します。

こういった手続きを当事者が失念すると、円滑な取引ができず、取引時のトラブルに発展するケースも存在します。

契約の進捗管理を適正に行い、抜け漏れの発生を防ぐためにはSMS配信サービスを導入し、顧客に進捗状況をリマインドするのがおすすめです。

不動産業界でSMS配信サービスを導入するメリット

SMS配信サービスを導入するメリットは次のとおりです。

  • 時間・場所の制約を受けずに入居者に連絡できる
  • 手間をかけずにタイムリーに情報を伝えられる
  • 開封率が高く見忘れを防げる
  • 連絡業務を効率化できる

不動産業界は顧客とのコミュニケーションの際に、素早く、確実に伝えなければならない事項が多くあります。不動産業界が抱えるこれらの問題を解決するためには、SMS配信サービスの導入が必要です。

SMS配信サービスを導入するメリットを、4つのポイントに絞って解説します。

時間・場所の制約を受けずに入居者に連絡できる

時間・場所の制約を受けずに入居者と連絡を取れるのが、SMS配信サービスを利用するメリットです。

入居者に更新や滞納といった情報を確実に伝えるためには電話がもっとも有効ですが、日中仕事で電話に出られない入居者も存在します。結果、何度も連絡する手間がかかるのはもちろん、そもそも電話がつながらなければ要件さえ伝えられないケースも発生します。

SMSで連絡をすれば、時間や場所の制約にとらわれずに日中でも連絡可能です。

手間をかけずにタイムリーに情報を伝えられる

手間をかけずにタイムリーに情報を伝えられるのも、SMS配信サービスを使用するメリットです。たとえばメールマガジンを送付する場合、HTMLメールを作成すると画像の用意や、CSSでの装飾といった作業が必要であり、メール送付まで時間がかかります。

一方でSMSは文字だけのコミュニケーションだからこそ余計な作業が必要なく、用件だけをシンプルに相手に伝えられます。希望に合致した物件が公開されたときや、ちょっとしたリマインドなどさまざまな連絡を、手間をかけずにタイムリーに実施できるのです。

開封率が高く見忘れを防げる

SMSは開封率が高いため、見忘れを防げるのもSMS配信サービスを利用するメリットです。

メールマガジンと比較すると、SMSは開封率が高いといわれています。メールマガジンはさまざまな企業が送付しており、重要なお知らせを送信しても、日々送られるメールの中に埋もれることが多々あります。

一方でSMSの場合は、スマートフォンに直接届き、1日に届く件数も少ないため埋もれることはありません。文字数が限られている、画像や動画などの送信は難しいといった一定の制限はありますが、相手先に情報を届けるのであればSMSの方が確実です。

連絡業務を効率化できる

SMS配信サービスを活用すればSMS送信を効率化できます。ユーザーの都合に合わせて電話をする必要もなく、はがきやDMのように郵送に時間がかかることもありません。

ただし、SMS自体は便利なツールですが、各キャリアが提供しているSMS配信システムは送信可能数が限定されていたり、機能がシンプルだったりします。そのため、通常のキャリアが提供している配信ツールは使いにくく、使い続ければすぐに限界が訪れます。

よって、本格的なSMSマーケティングを実施するのであれば、SMS配信のために専用のサービスを契約すべきです。SMS配信サービスを活用すれば、効率的にSMS送信業務ができ、より多くの顧客にタイムリーに情報提供できます。また分析ツールを活用すれば、到達率や文面のURLがクリックされた数といった要素も分析できるため、根拠に基づいたSMSマーケティング改善が実現できます。

\【限定特典】SMS送信サービスの比較表付き/

不動産業界向けSMS送信サービスの導入方法

不動産業界の企業がSMS送信サービスを導入する場合、次の3つのステップに従ってサービスを導入すべきです。

  1. SMS配信で顧客に連絡したい内容を明確にする
  2. 顧客情報を整備し、SMSを送信できる体制にする
  3. SMSを送信し、必要に応じてオペレーションを改善する

それぞれの導入のポイントについて説明します。

SMSで顧客に連絡したい内容を明確にする

一口に不動産業界といっても不動産管理や不動産投資、賃貸仲介、ディベロッパーなど業態によって顧客と連絡を取るタイミング、内容は多様です。よって、SMS配信サービスの導入を検討している場合は、何を顧客に伝えたいかを考える必要があります。

SMS配信サービスに向いているのは、緊急性の高い、重要度の高い連絡です。一方でメルマガのような画像を使う、長文のコミュニケーションには不向きです。これらを考慮して何にSMS配信サービスを利用するかを検討してください。

顧客情報を整備し、SMSを送信できる体制にする

SMS配信サービスを利用して効率的に情報伝達を行うためには、顧客情報の整備が必要です。顧客情報を整備するといっても、SMS配信は携帯電話番号さえ知っていれば実現できます。とくにCRMといったツールを活用し、顧客管理の仕組みがすでに構築されている企業であれば、導入のハードルは低くなるでしょう。

顧客管理の仕組みを構築していない企業は、まず顧客管理の方法を決め、営業・接客のどの段階で顧客情報を取得するかオペレーションを検討してください。

SMSを送信し、必要に応じてオペレーションを改善する

各種マーケティング施策と同様にSMS配信サービスでも、PDCAサイクルを回す必要があります。

SMS配信サービスの中には、配信したSMSのURLのクリック回数を確認する機能や、正常に送信できたか確認できる機能を搭載したツールもあります。

こういった機能を活用すればどのSMSの反響が良くて、どれが悪いといったことが一目瞭然になるため送信する時間帯、文面などを工夫して反響率向上が可能です。

おすすめSMS送信サービスの比較表【料金・機能・口コミ評価】

【特典比較表つき】『SMS送信サービスの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『SMS送信サービスの資料11選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

不動産業界におすすめのSMS配信サービス

不動産業界でSMS配信サービスの導入を検討している場合に、とくにおすすめのシステムを5種類紹介します。

KDDI Message Cast - Supership株式会社

KDDI Message Cast
KDDI Message Cast
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 初期費用・月額費用0円から導入が可能
  • 660文字までの長文SMSも送付可能
  • 画像や動画が送れる「+メッセージ」の利用もできる

KDDI Message Castは、国内直収型のSMS配信サービスです。

短縮URL機能も搭載されているため、物件情報のように情報が多く、外部リンクの貼り付けが必要なSMSでも対応できます。初期費用、月額費用は0円で、SMS送信数による従量課金であるため、毎月のSMS送信数が定まっていない企業でも安心して使用できます。

※出典:KDDI Message Cast公式サイトより(2023年5月18日閲覧)

空電プッシュ - NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

空電プッシュ
空電プッシュ
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • NTTグループが開発したSMS配信サービス
  • 国内主要携帯4キャリアに直接接続
  • IDS、WAF、データ暗号化などセキュリティ対策も充実

空電プッシュは、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供している、SMS配信サービスです。

国内最大規模の送信性能と主要4キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天)への直接接続により、大規模なSMS配信であっても高い到達率が実現可能です。サポートもきめ細かく、24時間365日電話での故障問い合わせ窓口を用意しています。不動産・住宅、建設・工事などさまざまな業態で活用されています。

※出典:空電プッシュ公式サイト「特長」(2023年5月18日閲覧)

Digima - 株式会社コンベックス

  • 住宅・不動産業界に特化した営業支援システム
  • メール・SMS・電話などのコミュニケーション履歴を集約できる
  • SMS・メールで自動的に顧客フォローを行うため、対応の抜け漏れを防げる

Digimaは、株式会社コンベックスが提供している営業支援システムです。住宅・不動産業界向けの営業支援システムとして開発されたツールであるため、SMSに限らずメール、電話などを組み合わせたアプローチにも対応しています。

広告媒体や自社ホームページに入力された問い合わせを自動的にDigimaが収集。営業担当者の代わりに、Digimaが自動でメール・SMSのフォローを行ってくれます。よって、営業・マーケティングに割く手間を大幅に削減できます。

SMSハンター - リビン・テクノロジーズ株式会社

  • 1通当たり配信単価9円から利用できる
  • 不動産ビジネス向けのSMSテンプレートを、300種類用意している
  • ステップメールにより長期でオート追客できる

SMSハンターは、リビン・テクノロジーズ株式会社が提供しているSMS配信サービスです。不動産業界に特化したSMS配信サービスで、テンプレートが豊富です。また従量課金制であり到達保証がついているため、費用は確実に届いたSMSの分しか発生しません。

ランディングページ作成ツールが標準搭載されているため、反響率アップも期待できます。また、「不動産売却用」「不動産購入用」「不動産投資用」「自由シナリオ」の4つのシナリオから独立したステップ配信が可能であり、顧客のニーズに応じてアプローチの仕方を変化できます。

※出典:SMSハンター公式サイトより(2023年5月18日閲覧)

KASIKA - Cocolive株式会社

  • 自動追客と顧客の可視化で資料請求からの来場者数アップを狙う
  • 大手ポータルサイトとデータ連携し、素早く顧客データを取り込める
  • 自動生成のメールマガジンで、効率的に顧客をフォローする

KASIKAは住宅・不動産業界で働く営業担当者をサポートするSMS配信サービスです。不動産業界に特化した配信システムで工務店、売買仲介、新築マンションなどさまざまな業態の企業で使用できます。

Web問い合わせから効率にモデルハウス、住宅展示場などへの来場を促すために各種機能を取り揃えています。また、優良顧客を抽出したり、顧客の行動履歴や好みな物件を調べるための顧客カルテ機能があったりと、顧客分析機能が豊富です。


【2024年07月】SMS送信サービス人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
SMS送信サービスのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

SMS配信サービスで不動産業界の顧客対応を効率化する

SMS配信サービスは、開封率が高い、効率的に情報伝達ができるといったメリットがあり、連絡・調整が多い不動産業界におすすめのサービスです。導入の際は次のような手順で行うことを推奨します。

  • SMSで顧客に連絡したい内容を明確にする
  • 顧客情報を整備し、SMSを送信できる体制にする
  • SMSを送信し、必要に応じてオペレーションを改善する

SMS配信サービスをより深く検討したい方は、サービス資料を請求し比較するとよいでしょう。

【厳選】おすすめSMS送信サービスをまとめてチェック!
SMS送信サービスの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめSMS送信サービスの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なSMS送信サービスを含むサービスを徹底比較しています。ぜひSMS送信サービスを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

新選び方ガイド:SMS送信サービス導入ガイド_20240219.pptx.pdf
SMS送信サービス
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
SMS送信サービスの最近更新された記事