コピー完了

記事TOP

建設業界向けプロジェクト管理ツールおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から435日前のものです)
BOXILでは、建設業界向けプロジェクト管理ツールのおすすめを、建設業界で役立つ機能とともに紹介します。 また、建設業界でよくある課題について、プロジェクト管理ツールでどのように解決できるのか解説します。

【厳選】おすすめプロジェクト管理ツールをまとめてチェック!
プロジェクト管理ツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめプロジェクト管理ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なプロジェクト管理ツールを含むサービスを徹底比較しています。ぜひプロジェクト管理ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

建設業界で活用できるプロジェクト管理ツールの機能

プロジェクト管理ツールとは、複数の人が関わる工事や施工の進捗や品質を管理するシステムです。プロジェクト管理ツールには写真や図面の共有、工程表の作成・修正、経理作業の効率化などの機能があります。

建設業界では、現場と事務所の連携や、協力会社とのコミュニケーション、納期遵守、品質担保などの機能によって、業務効率を改善したり、顧客満足度を向上させたりします。

建設業界における工事の進捗管理や品質管理の課題

建設業界では、工事の進捗管理や品質管理などを行う必要があり、それにあたって現場と事務所の情報共有が不十分になる課題が発生する場合があります。

普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認しましょう。

現場と事務所の情報共有が不十分

建設業界では、現場で発生した問題や変更点を事務所に伝えるのに時間がかかったり、事務所で作成した工程表や図面が現場に届かなかったりすることがあります。これにより、工事の遅延やミス、トラブルが発生するリスクが高まります。

また、協力会社や発注者とのコミュニケーションも不十分になることで、情報の齟齬や認識の相違が生じることもあります。工事の品質や納期に影響が出る可能性があります。

紙ベースの業務が多くて非効率

建設業界では、工事に関する書類や資料は紙ベースで管理されることが多く、現場や事務所で保管したり、郵送やFAXで送受信したりする必要があります。これにより、書類の作成や管理に多くの時間やコストがかかったり、紛失や破損のリスクが高まったりします。

また、紙ベースの書類は修正や更新が困難であり、最新の情報を共有することも難しいです。工事の進捗や品質を正確に把握することができなくなる場合もあります。

人手不足や高齢化による技術伝承の問題

建設業界は人手不足や高齢化に悩まされており、若い世代への技術伝承が十分に行われていないことがあります。また、経験豊富な職人や技術者が退職したり転職したりすると、そのノウハウや知識が失われる可能性があります。これにより、工事の品質や安全性に影響が出る恐れがあります。

建設業界の課題をプロジェクト管理ツールで解決できる理由

建設業界では、「現場と事務所の情報共有が不十分」「紙ベースの業務が多くて非効率」など工事の進捗管理や品質管理に関する課題がありますが、プロジェクト管理ツールを使えばそれらの課題も解決できます。

工事の進捗管理や品質管理の課題を解決できる理由を、プロジェクト管理ツールの機能や詳細とともに説明します。

現場と事務所の情報共有がスムーズにできる

プロジェクト管理ツールを導入すると、現場で撮影した写真や図面、工程表などのデータをクラウド上にアップロードして、事務所や協力会社とリアルタイムで共有できるため、建設業界で起こりがちな情報共有の不十分さという課題を解決できます。

情報共有がスムーズにできると、工事の進捗状況や品質状況を正確に把握でき、問題や変更点に迅速に対応できます。また、現場への訪問や電話・FAX・郵送などの手間も省けるため、業務効率も向上します。

紙ベースの業務をデジタル化して非効率を排除する

プロジェクト管理ツールを導入すると、工事に関する書類や資料をデジタル化して一元管理できるため、建設業界で起こりがちな紙ベースの業務の非効率さという課題を解決できます。

紙ベースの業務では、書類の作成や管理に多くの時間やコストがかかったり、紛失や破損のリスクが高まったりします。また、紙ベースの書類は修正や更新が困難であり、最新の情報を共有することも難しいです。

デジタル化された書類は、いつでもどこでもアクセスでき、修正や更新も容易です。また、電子契約サービスと連携すれば、契約や注文といった処理もすべてオンラインで行えます。これにより、ペーパーレス化を実現し、環境負荷も低減できます。

人手不足や高齢化による技術伝承の問題を解消する

プロジェクト管理ツールを導入すると、工事に関するノウハウや知識をデータベース化して保存・活用できるため、建設業界で起こりがちな人手不足や高齢化による技術伝承の問題を解決できます。

建設業界は人手不足や高齢化に悩まされており、若い世代への技術伝承が十分に行われていないことがあります。また、経験豊富な職人や技術者が退職したり転職したりすると、そのノウハウや知識が失われる可能性があります。

データベース化されたノウハウや知識は、後継者への教育や研修に活用できます。また、新しい技術や機器を導入する際にも、データベースから必要な情報を引き出せば、教育や研修の時間を短縮できます。これにより、技術革新への対応力も向上します。

おすすめプロジェクト管理ツールの比較表

【特典比較表つき】『プロジェクト管理・工数管理の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『プロジェクト管理・工数管理の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

建設業界向けプロジェクト管理ツールおすすめ比較

建設業界におすすめのプロジェクト管理ツールを紹介します。

ANDPAD - 株式会社アンドパッド

ANDPAD
ANDPAD
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ANDPADは、建築・建設現場向けに開発されたプロジェクト管理ツールです。施工管理やチャット、図面や施主報告、検査や受発注などの機能が搭載されており、現場の効率化から経営改善まで一元管理ができます。

ANDPADはスマートフォンアプリを中心に、現場で必要な情報をクラウド上で共有・管理できるサービスを提供しています。ANDPADを使えば、現場監督や協力会社、施主などの関係者とリアルタイムに情報伝達ができ、最新の図面や工程表を確認できます。

また、検査項目や進捗状況を見える化し、施工品質を安定・向上させることもできます。さらに、受発注業務や引合粗利管理などの経営に関わる情報もひとつに集約できます。

Asana - Asana Japan 株式会社

Asana
Asana
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Asanaは、建設業界のチームワークを最大限に活かせるプロジェクト管理ツールです。タスクやプロジェクト、ゴールやフォームなどの機能が搭載されており、仕事の計画から実行まで一元管理ができます。

Asanaを使えば、タスクやプロジェクトを一覧で確認でき、ガントチャートやカレンダーなどの機能で進捗状況を把握できます。また、フォーム機能で仕事リクエストを受け付けたり、ゴール機能で目標を設定したりすることもできます。さらに、自動化やレポートなどの高度な機能も利用できます。

Zoho Projects - ゾーホージャパン株式会社

Zoho Projects
Zoho Projects
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Zoho Projectsは、クラウドベースで使えるプロジェクト管理ツールです。ガントチャートやタイムシート、カスタマイズなどの機能が搭載されており、プロジェクトの計画から実行まで一元管理ができます。

Zoho Projectsを使えば、ガントチャートでプロジェクト計画を作成し、タスクスケジュールを追跡できます。また、タイムシートで作業時間を記録したり、カスタマイズで自分好みのビューを作成したりすることもできます。さらに、他のZohoアプリや外部サービスアプリと連携できます。


【比較表あり】プロジェクト管理ツール比較!口コミ評判で人気のサービス
【比較表あり】プロジェクト管理ツールの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能、料金プラン、口コミ評価などをま...
詳細を見る

建設業界向けプロジェクト管理ツールで業務を効率化しよう

プロジェクト管理ツールは、工事の進捗管理や図面・写真の共有ができ、建設業界で納期遵守や品質担保に悩んでいる場合におすすめのサービスです。

また、プロジェクト管理ツールでは業界問わず、コラボレーションやコミュニケーションの機能で関係者との連携や情報共有できるメリットもあるため、業務の効率化につながります。

建設業界向けプロジェクト管理ツールを導入する際には、現場とオフィス間のリアルタイム連携や経理・契約関連の自動化・ペーパーレス化の機能が搭載されているか確認し、建設業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

\【無料特典】プロジェクト管理ツールの比較表/

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

プロジェクト管理・工数管理ツールの選び方ガイド20240418.pptx.pdf
プロジェクト管理・工数管理
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
プロジェクト管理・工数管理の最近更新された記事
タスク管理とは?必要性やToDo管理の方法 - コツや注意点も紹介
進捗共有におすすめのタスク管理ツール8選!選び方とスムーズに進めるコツ
無料で使えるおすすめのタスク管理ツール7選!ツールの特徴と選び方
無料のプロジェクト管理ツール8選!導入に失敗しない選定ポイント
【無料】Googleスプレッドシートでガントチャートを作る方法
オンプレミス型のプロジェクト管理ツールおすすめ5選!クラウド型との違い
個人利用におすすめのプロジェクト管理ツール7選!選び方や利用するメリット
おすすめプロジェクト管理アプリ14選!【無料・個人向けあり】
ガントチャートツールの無料(フリー)おすすめ比較!アプリの有無も紹介
時間管理ツールおすすめ比較!タイムトラッキングアプリの選び方【有料・無料】