Evernote(エバーノート)無料で活用する20の使い方・Scanableで名刺管理

最終更新日:
メモもペンも要らない革新的クラウドサービス「Evernote(エバーノート)」の使い方を解説!名刺管理なども含めその使い方と活用法を20個まとめました。また、ベーシックとプラス、プレミアムプランの違いなど、今さら聞けないevernoteの疑問にすべて答えます。

16. 手書きで簡単にメモをとれる

スマートフォンやタブレットを使って手書きで簡単にメモをとれます。専用のペンを使っている人もいると思いますが、実はEvernoteの手書きメモはペンを使わなくてもキレイにメモをとれます。

上の画像は自動認識の機能をONにしているのですが、かなりキレイに曲線も直線もでていますよね。

スマートフォンの画面ではキレイだけど、実際にPCで見たらどうなのか試したところ、写真のようになりました。パソコンの画面でかなり大きく表示されますが、全く粗さは感じ取れません。綺麗に見えているので安心ですね。

目次に戻る

17.リマインダーの「便利な使い方」

リマインダーとは、「いついつに何があるよー」というのを思い出させてくれる機能ですよね。グーグルカレンダーなど、実際にいろいろなサービスにこのリマインダー機能はついていますし、それをうまく活用できている人も多いと思います。

しかし、リマインダーを本来の機能ではなく、少し違った使い方を紹介してみようと思います。リマインダーを使うと、ノート一覧の一番上にこんな感じで表示がされます。

この機能を利用して、多くなってきたノートの中でも常に最上位で表示したいノートに対してリマインダーを設定してあげます。

そうすると、どんなにノートが増えてもリマインダーとしてノートが表示されるので、常にいつでも簡単にそのノートに飛べます。

本来であれば、何時に何を見たいとかいった使い方をすると思うのですが、それを逆手に取っていつでも見れるようにしておきたいノートを最上位で表示することにも利用できます。もちろん普通の使い方も便利なので使い分けると良いでしょう。

目次に戻る

名刺管理ソフト
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事